<<< 前 2018年度 2019年度 2020年度 | 2021年度 | 2022年度 次 >>>
 先端生命医科学研究所
概要 当該年度の研究費受入状況 受賞学術賞
社会における活動 学術雑誌 著書
学会発表


教授:
   有賀 淳
   清水 達也
   村垣 善浩
   大和 雅之
   正宗 賢
   ジヤン レジス
准教授:
   田村 学
   松浦 勝久
   岡本 淳
   北原 秀治
   原口 裕次
講師:
   秋山 義勝
   小林 純
   関根 秀一
   高橋 宏信
   中山 正道
   齋藤 太一
   吉光 喜太郎
助教:
   菊地 鉄太郎
   関谷 佐智子
   高木 亮
   増田 信奈子
   本間 順
   楠田 佳緒
   佐々木 大輔
   孫 瀟
   堀瀬 友貴
   山中 久美子
■ 概要
先端生命医科学研究所
東京女子医科大学・先端生命医科学研究所は、昭和44(1969)年5月1日に、“医用技術研究施設”として、初代施設長・三浦茂教授のもとに発足した。昭和51(1976)年5月に櫻井靖久教授が施設長に就任し、施設名を医用工学研究施設に改め、今日の基盤を確立させた。平成11(1999)年4月には岡野光夫教授が施設長を引き継ぎ、平成13(2001)年4月大学院の先端生命医科学系専攻の設立と同時に施設名を現在の名称に改め、医学と工学のさらなる融合を行う体制を確立した。平成28(2016)年4月から清水達也教授が所長となり、以下の活動を行っている。
 2001年に大学院医学研究科に先端生命医科学専攻を新設し、その研究拠点を先端生命医科学研究所でスタートさせている。先端工学外科、遺伝子医学、代用臓器学、再生医工学、統合医科学の5分野からなり博士(医学)を取得した本専攻の修了生を医学と工学の両領域で輩出している。
 先端医療テクノロジーと医学の融合の重要性に着目した研究活動を展開し、オリジナルでユニークな研究成果を上げてきている。現在までの研究所のあゆみは下表に示すように、医学と工学の連携を基盤としており、大型国家プロジェクトを中心に新しい教育・研究を実施し、Nature, News Weekなど著名な雑誌に紹介されるなど世界的な評価を受けている。


先端生命医科学研究所
先端工学外科分野
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  【AMED】先進的医療機器・システム等技術開発事業  (研究課題番号:19he1602003h0003)
 研究課題:AI Surgery実現のための基盤となる臨床情報解析システム- C.I.A.の開発  (研究代表者:正宗 賢)
 研究補助金:39,000,301円  (代表)
2.  【JST】研究成果展開事業 共創の場形成支援(センター・オブ・イノベーション(COI)プログラム) COI拠点  (研究課題番号:JPMJCE1305)
 研究課題:スマートライフケア社会への変革を先導するものづくりオープンイノベーション拠点  (研究代表者:村垣善浩)
 研究補助金:59,422,400円  (代表)
3.  【AMED】再生医療実現拠点ネットワークプログラム 技術開発個別課題  (研究課題番号:20bm0404038h0203)
 研究課題:ヒトiPS細胞と生体臓器骨格の融合による新たな再生臓器移植法の開発 ~再生部分肝臓作製のための三次元浮遊攪拌懸濁培養を用いたヒトiPS細胞由来血管内皮細胞誘導手法の開発  (研究分担者:松浦勝久)
 研究補助金:7,150,000円  (分担)
4.  【JST】未来社会創造事業 探索可能型 持続可能な社会の実現「将来の環境変化に対応する革新的な食料生産技術の創出」  (研究課題番号:20-201031452)
 研究課題:3次元組織工学による次世代食肉生産技術の創出  (研究分担者:清水達也)
 研究補助金:85,800,000円  (分担)
5.  【AMED】橋渡し研究戦略推進プログラム  (研究課題番号:20lm0203124h0001)
 研究課題:Cellm-001による初発膠芽腫治療効果無作為比較対照試験  (研究代表者:村垣善浩)
 研究補助金:89,273,142円  (代表)
全件表示(52件)
ページの先頭へ
■ 受賞学術賞
1.  大矢貴史 日本生体医工学会 2020年度 Yong Investigator Award 最優秀賞(工学系)
2.  戸部友輔 The 11th Asian Pacific Conference on Medical and Biological Engineering, The First Prize Award for t
3.  大矢貴史 日本画像学会 ICJ2019 Fall, 研究奨励賞
4.  川村洋平 日本機械学会 2020年茨城講演会, 優秀講演賞
5.  藤田真央 日本機械学会 2020年茨城講演会, 優秀講演賞
全件表示(10件)
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  FATS 【掲載】200907 日経産業新聞  「ダビンチ」主要特許切れ 手術支援ロボ「戦国時代」に 診断にAI/治療優先度を助言 コロナで「遠隔」加速
2.  FATS 【掲載】200908 日経産業新聞 Web版 手術ロボ大競争 川重・スタートアップ、ダビンチを猛追
3.  FATS 【掲載】201215 医理産業新聞(1079)1面 AMED:「医工連携イノベーション推進事業(開発・事業化事業)」を採択
4.  FATS SCOT 【掲載】200407 JAPAN GOV, We Are Tomodachi Cutting-edge Operating Theater Connected by IoT
5.  FATS SCOT 【掲載】200623 日経BPBeyond Health ~健康・医療Disruptive Innovation~ 遠隔地から“神の手”、高度医療の地域偏愛をなくせ [遠隔手術編] 5Gが描く未来の手術
全件表示(86件)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 16 1 8 18 29 38  0 4 0 3  43 59  2 7  12 4
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 石田志保, 楠田佳緒, 山下和彦, 角典以子, 田中 聖人:  RFIDタグを用いた手術器械使用率の検討.  日本手術医学会誌  42 (1) :16-21 , 2021.3
2. FUKUI Shohei, KAWAI Toshikazu, NISHIZAWA Yuji, NISHIKAWA Atsushi, NAKAMURA Tatsuo, IWAMOTO Noriyasu, HORISE Yuki, MASAMUNE Ken:  Locally operated assistant manipulators with selectable connection system for robotically assisted laparoscopic solo surgery.  International journal of computer assisted radiology and surgery  16 (4) :683-693 , 2021.3   DOI:10.1007/s11548-021-02338-9
3. HARAGUCHI Yuji*, SHIMIZU Tatsuya*:  Three-dimensional tissue fabrication system by co-culture of microalgae and animal cells for production of thicker and healthy cultured food.  Biotechnology letters  43 (6) :1117-1129 , 2021.3   DOI:10.1007/s10529-021-03106-0
4. GOTO Hiroshi, KOMAE Hyoe*, SEKINE Hidekazu*, HOMMA Jun, LEE Sunghoon, YOKOTA Tomoyuki, MATSUURA Katsuhisa, SOMEYA Takao, ONO Minoru, SHIMIZU Tatsuya:  Continuous measurement of surface electrical potentials from transplanted cardiomyocyte tissue derived from human-induced pluripotent stem cells under physiological conditions in vivo.  Heart and vessels  36 (6) :899-909 , 2021.3   DOI:10.1007/s00380-021-01824-z
5. AKIYAMA Yoshikatsu*:  Influence of poly(N-isopropylacrylamide) (PIPAAm) graft density on properties of PIPAAm grafted poly(dimethylsiloxane) surfaces and their stability.  Heliyon  7 (3) :e06520 , 2021.3   DOI:10.1016/j.heliyon.2021.e06520
全件表示(62件)
総説及び解説
1. THORP Hallie, KIM Kyungsook*, KONDO Makoto, MAAK Travis, GRAINGER David W., OKANO Teruo*:  Trends in Articular Cartilage Tissue Engineering: 3D Mesenchymal Stem Cell Sheets as Candidates for Engineered Hyaline-Like Cartilage.  Cells.  10 (3) :643 , 2021.3   DOI:10.3390/cells10030643
2. 村垣善浩:  ロボット手術の最前線 AI×ロボット実装を目指す高機能版スマート治療室Hyper SCOT.  東京女子医科大学雑誌  91 (1) :82-87 , 2021.2   DOI:10.24488/jtwmu.91.1_82
3. 貝淵信之:  間葉系幹細胞シートによる顎骨壊死の新規治療法.  Medical Science Digest  47 (2) :35-37 , 2021.1
4. 中山正道:  リビングラジカル重合-可逆的付加開裂連鎖移動重合.  Drug Delivery System  36 (1) :69-71 , 2021.1
5. KAIBUCHI Nobuyuki, IWATA Takanori, OKAMOTO Toshihiro, KAWASE-KOGA Yoko, YAMATO Masayuki:  Cell therapy for medication-related osteonecrosis of the jaw: update on treatment strategies.  European Cells and Materials  41 :31-39 , 2021.1   DOI:10.22203/eCM.v041a03
全件表示(18件)
症例報告
1. SAITO Taiichi, MURAGAKI Yoshihiro, TAMURA Manabu, MARUYAMA Takashi, NITTA Masayuki, TSUZUKI Shunsuke, FUKUI Atsushi, KAWAMATA Takakazu:  Correlation between localization of supratentorial glioma to the precentral gyrus and difficulty in identification of the motor area during awake craniotomy.  Journal of neurosurgery  134 (5) :1490-1499 , 2020.5   DOI:10.3171/2020.2.JNS193471
その他
1. TOBE Yusuke, SAKAGUCHI Katsuhisa*, HOMMA Jun, SANO Kazunori, KOBAYASHI Eiji, SEKINE Hidekazu, IWASAKI Kiyotaka, SHIMIZU Tatsuya, UMEZU Mitsuo:  Reconstruction of a Vascular Bed with Perfusable Blood Vessels Using a Decellularized Porcine Small Intestine for Clinical Application.  International Federation for Medical and Biological Engineering Proceedings  82 :284-292 , 2021.3   DOI:https://doi.org/10.1007/978-3-030-66169-4_35
2. 正宗賢:  研究室紹介
東京女子医科大学 先端生命医科学研究所 先端工学外科学.  ロボット  (259) :63-64 , 2021.3
3. 正宗賢, 村垣善浩:  スマート治療室SCOT の研究開発と ICU 分野への展開.  医療機器学  91 (1) :34-38 , 2021.2   DOI:10.4286/jjmi.91.34
4. 矢野一男, 大和雅之:  医療機器の製造販売に向けた日米欧の医療機器規制と治験を含めた臨床評価.  バイオマテリアル-生体材料-  39 (1) :48-53 , 2021.1
5. 齋藤太一:  1 脳腫瘍の分類と悪性度.  Brain Nursing  36 (12) :10(1186)-11(1187) , 2020.12
全件表示(16件)
ページの先頭へ
■ 著書
1. MURAGAKI Yoshihiro, OKAMOTO Jun, MASAMUNE Ken, ISEKI Hiroshi:  Smart Cyber Operating Theater (SCOT): Strategy for Future OR.  Multidisciplinary Computational Anatomy
Toward Integration of Artificial Intelligence with MCA-based Medicine  389-393.  Springer,  Switzerland, 2021.1
2. 齋藤太一, 丸山隆志, 村垣善浩:  8 Insular glioma の手術.  悪性脳腫瘍のすべて ―Neuro-Oncologyの教科書―  146-156.  メディカ出版,  大阪, 2020.10 Link
3. 都築俊介, 村垣善浩:  2 膠芽腫(GBM)の手術 ─ 我々の流儀2:迅速な術前準備と安全・確実な腫瘍摘出.  悪性脳腫瘍のすべて ―Neuro-Oncologyの教科書―  84-94.  メディカ出版,  大阪府, 2020.10 Link
4. 都築俊介, 岡本淳, 田村学, 正宗賢, 村垣善浩:  画像情報を統合する手術室の開発.  術中 蛍光イメージング実践ガイド -ラボからオペ室まで-  299-309.  メジカルビュー社,  東京都, 2020.9
5. SEKINE Hidekazu, HOMMA Jun, SHIMIZU Tatsuya:  Cell Sheets for Cardiac Tissue Engineering.  Organ tissue engineering  1-19.  Springer International Publishing,  Switzerland, 2020.5 Link
全件表示(7件)
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎KOBAYASHI Jun, LEE Hyukjin, YAMATO Masayuki, OKANO Teruo: Creation of transplantable hepatocyte sheet tissues by using thermoresponsive cell culture surfaces.  11th World Biomaterials Congress,  オンライン開催,  2020/12
2. NAKAYAMA Masamichi: Stimuli-responsive polymer nanocoatings on culture substrates for smart cell adhesion control.  The 30th Frontier Scientists Workshop,  Virtual Meeting,  2020/11
3. ◎OHARA Mutsuki, SANPEI Sohta, SEO Chanjin, OHYA Jun, MASAMUNE Ken, NAGAHASHI Hiroshi, MORIMOTO Yuji, HARADA Manabu: Developing Thermal Endoscope for Endoscopic Photothermal Therapy for Peritoneal Dissemination.  2020 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS),  Las Vegas, NV, USA (Virtual),  2020/10
4. ◎MIURA Koichiro, MATSUURA Katsuhisa, FURUTANI Yoshiyuki, HAYAMA Emiko, YAMASAKI Yu, SASAKI Daisuke, ITO Masamichi, MORITA Hiroyuki, TOYODA Masashi, UMEZAWA Akihiro, NAKANISHI Toshio, Nobuhisa Hagiwara, KOMURO Issei, SHIMIZU Tatsuya: Contractile measurement of human bioengineered cardiac tissue using iPS cells derived from dilated cardiomyopathy patients with lamin variant.  第84回日本循環器学会学術集会,  Online,  2020/07
5. TAKADA Takuma, MATSUURA Katsuhisa, SASAKI Daisuke, SHIMIZU Tatsuya, Nobuhisa Hagiwara: The Novel Strategy for Fabricating Aligned Human iPS Cell-derived Cardiac Tissue Model for Disease Research and Drug Development.  第84回日本循環器学会学術集会,  Kyoto (Online),  2020/07
全件表示(127件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者