photo
    (最終更新日:2021-01-15 14:36:10)
  マサムネ ケン   MASAMUNE Ken
  正宗 賢
   所属   研究施設 研究施設  先端生命医科学研究所
   職種   教授
■ 著書
1. 部分執筆  画像情報を統合する手術室の開発「術中 蛍光イメージング実践ガイド -ラボからオペ室まで-」 2020/09/30
2. 部分執筆  Text Mining Method for Building New Business Strategies, Paradigm Shift in Technologies and Innovation Systems 2019/12/28 Link
3. 部分執筆  スマート治療室開発概要と今後の展望「スマート医療テクノロジー ~AI、ビッグデータの利活用による次世代手術システムと医療経営~」 2019/10/25 Link
4. 部分執筆  序論 最新テクノロジーがもたらす新しい医療の将来展望「スマート医療テクノロジー ~AI、ビッグデータの利活用による次世代手術システムと医療経営~」 2019/10/25 Link
5. 部分執筆  スマートウォッチを用いた振り子運動の定量的解析とその可能性「別冊整形外科 整形外科診療における最先端技術」 2019/04
全件表示(9件)
■ 学術雑誌
1. 原著  Clinical Evaluation of a New Touchless Interface That Uses Hand-gestures and Voice Operation Named "Opect3D" in Cerebral Blood Vessel Cases 2020/12/25
2. その他  手術用ナビゲーションシステム
スマート治療室 2020/12/01
3. 原著  Development of a Semiautomatic Dura Mater Suturing Device for Preventing Cerebrospinal Fluid Leakage in Transsphenoidal Surgery. 2020/11/25
4. 総説  標準脳機能アトラスの投影による未来予測手術の具現化 2020/11/25
5. 総説  5G時代のスマート治療室 2020/11/14
全件表示(94件)
■ 学会発表
1. One theater iMRIからhyper SCOTへの発展 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2020/12/12
2. Efficiency of Using Augmented Reality Technology in Training of Central Venous Access (ポスター,一般) 2020/11/29
3. How to Build AR/MR Phantom for Interventional Radiology Using Medical Images (ポスター,一般) 2020/11/29
4. Smart Cyber Operating Theater (SCOT) realized by Internet of Things (IoT) (口頭発表) 2020/11/28 Link
5. 手術室における機器のレイアウトモニタリングに向けた相互運用性のある位置計測システムのプロトタイプ設計 (口頭発表,一般) 2020/11/23
全件表示(361件)
■ 教員審査
1. 東京女子医科大学早稲田大学共同大学院
■ 社会における活動
1. 2020/11~2020/11 【第29回日本コンピュータ外科学会大会】シンポジウム(2)「手術ナビゲーションの新展開」座長
2. 2020/11~2020/11 【16th Asian Conference on Computer Aided Surgery】Japan Session: Chairs Link
3. 2020/09~2020/09 【日本機械学会 2020年度年次大会】J162 情報・知能・精密機器,機素潤滑設計,ロボティクス・メカトロニクス  オーガナイザー
4. 2020/09~2020/09 【日本機械学会 2020年度年次大会】J163 情報・知能・精密機器,ロボティクス・メカトロニクス,バイオエンジニアリング  オーガナイザー
5. 2019/11~2019/11 【The 15th Asian Conference on Computer Aided Surgery】Oral Session 1 Surgical Robotics and Instrument I 座長 Link
全件表示(14件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2019/08~  【中小企業庁】高効率に骨髄幹細胞採取が可能な安全かつ低侵襲ハイパフォーマンス技術開発 競争的資金等の外部資金による研究 
2. 2018/04~2020/03  【JSPS】 次世代手術室内スマートネットワークSCOTとOR.netの発展的融合 国際共同研究 (キーワード:ネットワーク 発展的 次世代 net スマート)
3. 2018/04~2021/03  【JSPS】スマートフォンを用いた拡張現実感による仮想透視システムの開発と画像下治療での活用 基盤研究(C) (キーワード:オペレーションシステム Holo ウエアラブル・デバイス 拡張現実感 Windows)
4. 2017/09~  【AMED】AI Surgery実現のための基盤となる臨床情報解析装置-C.I.A.の開発 競争的資金等の外部資金による研究 (キーワード:Surgery CIA 臨床情報)
5. 2017/04~2019/03  【JSPS】ドラッグデリバリー型光温熱薬剤と加温制御機構を駆使した高効率がん治療システム 基盤研究(B) (キーワード:低侵襲医療 / 低侵襲治療システム / 光温熱)
全件表示(8件)
■ 現在の専門分野
医用システム, 医療技術評価学, 知能機械学・機械システム, ヒューマンインターフェース・インタラクション, 機械力学・制御, 外科学一般 (キーワード:コンピュータ外科) 
■ 受賞学術賞
1. 2019/02 内閣府 第1回 日本オープンイノベーション大賞 厚生労働大臣賞 (医療のIoT化を実現するスマート治療室SCOTの開発)
2. 2016/09 公益財団法人日本デザイン振興会 GOOD DESIGN AWARD (治療室のモデルルーム [スマートサイバー治療室]) Link
■ 取得特許
1. 2019/11/28 Puncturing instrument and puncturing device(US20190357940A1) Link
■ 所属学会
1. 看護理工学会
2. 2017~ ∟ 理事
3. 日本コンピュータ外科学会
4. 2014/10~ ∟ 理事
5. 日本ロボット学会
全件表示(17件)
■ 学歴
1. 1999/03
(学位取得)
東京大学 博士(工学)
2. 1995/03~1995/09 東京大学 工学系研究科 精密機械工学専攻 博士課程中退
3. 1993/04~1995/03 東京大学 工学系研究科 精密機械工学専攻 修士課程修了 修士(工学)
4. 1989/04~1993/03 東京大学 工学部 精密機械工学科 卒業 学士(工学)
■ 職歴
1. 2005/08~2014/03 東京大学 大学院情報理工学系研究科 助教授・准教授
2. 2004/10~2005/07 東京電機大学 理工学部知能機械工学科 助教授
3. 2000/04~2004/10 東京電機大学 理工学部生命工学科 講師
4. 1995/10~2000/03 東京大学 大学院工学系研究科精密機械工学専攻 助手
■ ORCID
https://orcid.org/0000-0002-1103-6207