<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度
 先端生命医科学研究所
概要 当該年度の研究費受入状況 受賞学術賞
社会における活動 学術雑誌 著書
学会発表


教授:
   有賀 淳
   清水 達也
   村垣 善浩
   大和 雅之
   正宗 賢
   ジヤン レジス
   バエ ハン
准教授:
   岩田 隆紀
   松浦 勝久
   小林 英津子
   岡本 淳
講師:
   秋山 義勝
   小林 純
   関根 秀一
   高橋 宏信
   中山 正道
   チエルノフ ミハイル
   原口 裕次
   鷲尾 薫
助教:
   菊地 鉄太郎
   関谷 佐智子
   高木 亮
   増田 信奈子
   本間 順
   生田 聡子
   楠田 佳緒
   小西 良幸
   佐々木 大輔
   越智 千晴

   堀瀬 友貴
   前田 真法
■ 概要
先端生命医科学研究所
東京女子医科大学・先端生命医科学研究所は、昭和44(1969)年5月1日に、“医用技術研究施設”として、初代施設長・三浦茂教授のもとに発足した。昭和51(1976)年5月に櫻井靖久教授が施設長に就任し、施設名を医用工学研究施設に改め、今日の基盤を確立させた。平成11(1999)年4月には岡野光夫教授が施設長を引き継ぎ、平成13(2001)年4月大学院の先端生命医科学系専攻の設立と同時に施設名を現在の名称に改め、医学と工学のさらなる融合を行う体制を確立した。平成28(2016)年4月から清水達也教授が所長となり、以下の活動を行っている。
 2001年に大学院医学研究科に先端生命医科学専攻を新設し、その研究拠点を先端生命医科学研究所でスタートさせている。先端工学外科、遺伝子医学、代用臓器学、再生医工学、統合医科学の5分野からなり博士(医学)を取得した本専攻の修了生を医学と工学の両領域で輩出している。
 先端医療テクノロジーと医学の融合の重要性に着目した研究活動を展開し、オリジナルでユニークな研究成果を上げてきている。現在までの研究所のあゆみは下表に示すように、医学と工学の連携を基盤としており、大型国家プロジェクトを中心に新しい教育・研究を実施し、Nature, News Weekなど著名な雑誌に紹介されるなど世界的な評価を受けている。


先端生命医科学研究所
先端工学外科分野
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 受賞学術賞
1.  松浦勝久 平成30年度女子医大医師会賞
2.  三浦康一郎 23th ISHR 2019, ISHR日本部会 Travel Award
3.  大矢貴史 日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2018, 若手優秀講演フェロー賞
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  FATS SCOT 【AMEDプレスリリース】190403 「スマート治療室」のハイパーモデルが臨床研究開始―IoT・ロボット・AIを活用する未来型手術実現に向けた実証実験を開始―
2.  FATS SCOT 【Forbes】190308 Open Innovation In Japan Breaks New Ground In The Operating Room
3.  FATS SCOT 【IITUジャーナル】1904 スポットライト「医療」✕「5G] / NTTドコモ 奥村幸彦
4.  FATS SCOT 【INNERVISION】190405 東京女子医科大学にスマート治療室「SCOT」のハイパーモデルが完成,臨床研究を開始
5.  FATS SCOT 【MONOist】190404 自動車に次ぐ輸出産業となるか、「スマート治療室」の最上位モデルが完成
6.  FATS SCOT 【We Are Tomodachi】1904 Supring/Summer Cutting-edge Operating Theater Connected by IoT
7.  FATS SCOT 【eiicon lab】190408 東京女子医科大・デンソー・日立など参加、「スマート治療室」のハイパーモデルが臨床研究開始
8.  FATS SCOT 【innavi net】190403  「スマート治療室」のハイパーモデルが臨床研究開始〜IoT・ロボット・AIを活用する未来型手術実現に向けた実証実験を東京女子医科大学で開始〜
9.  FATS SCOT 【m3.com】190408 スマート治療室にハイパーモデル
10.  FATS SCOT 【学校法人東京女子医科大学プレスリリース】190404 「スマート治療室」のハイパーモデルが臨床研究開始 ~IoT・ロボット・AIを活用する 未来型手術実現に向けた実証実験を開始~
全件表示(18件)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 4 1 1 4 8 5  0 4 0 1  7 11  4 3  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. KAIBUCHI Nobuyuki, IWATA Takanori, ONIZUKA Satoru, YANO Kosei, TSUMANUMA Yuka, YAMATO Masayuki, OKANO Teruo*, ANDO Tomohiro:  Allogeneic multipotent mesenchymal stromal cell sheet transplantation promotes healthy healing of wounds caused by zoledronate and dexamethasone in canine mandibular bones.  Regenerative Therapy  10 :77-83 , 2019.6
2. MORINO Tsunetaro, TAKAGI Ryo, YAMAMOTO Kazuhisa, KOJIMA Hiromi, YAMATO Masayuki*:  Explant culture of oral mucosal epithelial cells for fabricating transplantable epithelial cell sheet.  Regenerative therapy  10 :36-45 , 2019.6
3. KOJIMA Shigehiro, SAKAMOTO Tsuguo, NAGAI Yuko, MATSUI Yutaka, NAMBU Kyojiro, MASAMUNE Ken:  Laser Speckle Contrast Imaging for Intraoperative Quantitative Assessment of Intestinal Blood Perfusion During Colorectal Surgery: A Prospective Pilot Study.  Surgical innovation  26 (3) :293-301 , 2019.6
4. MIYABE Yoei, SEKIYA Sachiko, SUGIURA Naoko, OKA Masatoshi, KARASAWA Kazunori, MORIYAMA Takahito, NITTA Kosaku, SHIMIZU Tatsuya*:  Renal subcapsular transplantation of hepatocyte growth factor-producing mesothelial cell sheets improves ischemia-reperfusion infury.  American Journal of Physiology-Renal Physiology  :Epub ahead of print , 2019.5
5. TAKEMAE Kazuhisa , OKAMOTO Jun, HORISE Yuki, MASAMUNE Ken, MURAGAKI Yoshihiro:  Function of Epirubicin-Conjugated Polymeric Micelles in Sonodynamic Therapy.  Frontiers in Pharmacology  10 :1-10 , 2019.5
6. HORISE Yuki, MAEDA Masanori, KONISHI Yoshiyuki, OKAMOTO Jun, IKUTA Soko, OKAMOTO yoshiharu , ISHII Hiroshi, YOSHIZAWA YOSHIZAWA,Shin, UMEMURA Shinichiro, UEYAMA Tsuyoshi , TAMANO Satoshi , SOFUNI Atsushi , TAKEMAE Kazuhisa , MASAMUNE Ken, ISEKI Hiroshi, NISHIYAMA Nobuhiro, KATAOKA Kazunori , MURAGAKI Yoshihiro:  Sonodynamic Therapy with Anticancer Micelles and High-Intensity Focused Ultrasound in Treatment of Canine Cancer.  Frontiers in Pharmacology  10 :1-11 , 2019.5
7. Akimoto Jun, Nakayama Masamichi*, Takagi Soichi, Okano Teruo:  Efficient intrahepatic tumor generation by cell sheet transplantation to fabricate orthotopic hepatocarcinoma-bearing model mice for drug testing.  Journal of Biomedical Materials Research Part A  107 (5) :1071-1079 , 2019.5
8. NOMURA Masashidaga, SAITO Kuniaki, AIHARA Koki , NAGASE Genta, YAMAMOTO Shogo , TATSUNO Kenji , USEDA Hiroki., FUKUDA Shiro , UMEDA Takayoshi , TANAKA Shota , TAKAYANAGI Shunsaku , OTANI Ryohei, NEJO Takahide, HANA Taijuna, TAKAHASHI Satoshi , KITAGAWA Yosuke, OMATA Mayu , HIGUCHI Fumi , NAKAMURA Taishi , MURAGAKI Yoshihiro, NARITA Yoshitaka, NAGANE Motoo, NISHIKAWA Ryo, UEKI Keisuke, SAITO Nobuhito, ABURATANI Hiroyuki, MUKASA Akitake:  Publisher Correction: DNA demethylation is associated with malignant progression of lower-grade gliomas.  Scientific Reports 9  9 :E-pub , 2019.5
9. KANZAKI Masato*, TAKAGI Ryo, YAMATO Masayuki, ISAKA Tamami:  Off-the-Shelf Cell Sheets as a Pleural Substitute for Closing Visceral Pleural Injuries.  Biopreservation and biobanking  17 (2) :163-170 , 2019.4
10. Takahara Shingo, Inoue Shin-Ichi*, Miyagawa-Tomita Sachiko, Matsuura Katsuhisa, Nakashima Yasumi, Niihori Tetsuya, Matsubara Yoichi, Saiki Yoshikatsu, Aoki Yoko*:  New Noonan syndrome model mice with RIT1 mutation exhibit cardiac hypertrophy and susceptibility to β-adrenergic stimulation-induced cardiac fibrosis.  EBioMedicine  42 :43-53 , 2019.4
全件表示(12件)
総説及び解説
1. 関根秀一:  細胞シートの多層化と組織スケールアップ.  PHARMSTAGE  19 (3) :6-9 , 2019.6
2. 糟谷祐輔, 岡本淳, 村垣善浩:  麻酔科学の未来予想図:次世代手術室 Smart Cyber Operation Theater と麻酔診療.  麻酔  68 (5) :488-495 , 2019.5
3. KOBAYASHI Jun*, KIKUCHI Akihiko, AOYAGI Takao, OKANO Teruo*:  Cell sheet tissue engineering: Cell sheet preparation, harvesting/manipulation, and transplantation.  Journal of Biomedical Materials Research Part A  107 (5) :955-967 , 2019.5 Link
4. KOBAYASHI Jun, OKANO Teruo*:  Design of temperature-responsive polymer-grafted surfaces for cell sheet preparation and manipulation.  Bulletin of the Chemical Society of Japan  92 (4) :817-824 , 2019.4 Link
その他
1. 楠田佳緒, 岡本淳, 堀瀬友貴, 小林英津子, 田村学, 伊関洋, 正宗賢, 村垣善浩:  AI surgeryを実現するスマート治療室SCOT.  人工臓器  48 (1) :24-25 , 2019.6
2. 村垣善浩:  「スマート治療室」のハイパーモデルが臨床研究開始.  映像情報Medical  51 (5) :89-89 , 2019.5
3. 堀瀬友貴, 岡本淳, 丸山隆志, 田村学, チエルノフミハイル, 楠田佳緒, 泉美喜雄, 小林英津子, 伊関洋, 正宗賢, 村垣善浩:  5Gによる遠隔高度医療の実現~スマート治療室SCOTのモバイル化~.  経営情報誌「オムニ・マネジメント」2019  28 (5) :325-8-13 , 2019.5
ページの先頭へ
■ 著書
1. TAKAHASHI Hironobu, SHIMIZU Tatsuya, OKANO Teruo:  Intelligent Surfaces for Cell Sheet Engineering.  Principles of Regenerative Medicine  469-484.  Elsevier,  Amsterdam, Netherlands, 2019.8 Link
2. 村垣善浩:  1章.成人膠芽腫 改訂のポイント 総論.  脳腫瘍 診療ガイドライン 1.成人脳腫瘍編 2.小児脳腫瘍編 2019年版 第2版  9-58.  金原出版株式会社,  東京都, 2019.5 Link
3. 戸部友輔, 清水達也:  脱細胞化小腸を用いた組織再生研究の現状.  脱細胞化組織の作製法と医療・バイオ応用  131-139.  シーエムシー出版,  東京, 2019.4
4. 安井謙二, 堀瀬友貴, 正宗賢, 岡崎賢:  関節窩骨欠損症例に対するリバース型人工肩関節全置換術と3Dプリンタを用いた関節窩再建計画の工夫.  別冊整形外科
整形外科診療における最先端技術  130-133.  南江堂,  東京都, 2019.4 Link
5. 安井謙二, 堀瀬友貴, 内山英昭, 正宗賢, 岡崎賢:  スマートウォッチを用いた振り子運動の定量的解析とその可能性.  別冊整形外科
整形外科診療における最先端技術  70-72.  南江堂,  東京都, 2019.4
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎KOBAYASHI Tatsuya, NITTA Masayuki, MORI Kentaro, MURAGAKI Yoshihiro, KAWAMATA Takakazu, ICHIMURA Koichi , TOMIYAMA Arata: Regulatory mechanism of acquired resistance against Talaporfin sodium-mediated photodynamic therapy-induced glioblastoma cell death.  17th international photodynamic association World Congress,  Boston,U.S.A.,  2019/06
2. ◎MURAGAKI Yoshihiro: Intraoperative photodynamic therapy of glioblastoma: the Japanese experience.  17th international photodynamic association World Congress,  Boston,U.S.A.,  2019/06
3. ◎HORISE Yuki, OKAMOTO Jun, YOSHIMITSU Kitaro, ISEKI Hiroshi, MASAMUNE Ken, MURAGAKI Yoshihiro: Analysis of Interaction Forces During Phantom-Based Vascular Intervention Procedure.  2019 16th International Conference on Ubiquitous Robots (UR),  Jeju, Korea,  2019/06
4. ◎FUJII Yu, GOTO Tetsuya, OGIWARA Toshihiro, OKAMOTO Jun, MURAGAKI Yoshihiro, HONGO Kazuhiro: Glioma surgery in Standard Smart Cyber Operation Theater (SCOT): initial experience of 5 cases.  CARS2019 Computer Assisted Radiology and Surgery,  RENNES, FRANCE,  2019/06
5. ◎MURAGAKI Yoshihiro: Smart Cyber Operating Theater (SCOT) realized through Internet of Things (IoT).  CARS2019 Computer Assisted Radiology and Surgery,  RENNES, FRANCE,  2019/06
6. ◎NAGAME Tomohiro, HANAFUSA Akihiko, KOGUCHI Taro, SHIMIZU Fumika, MASAMUNE Ken, MURAGAKI Yoshihiro, ISEKI Hiroshi, NOMURA Kenichi: Development of brain surgery assistance system that integrate forceps with continuous tumor resection function and tumor cell isolation device.  CARS2019,  Rennes,France,  2019/06 Link
7. ◎KOBAYASHI Jun, AKIYAMA Yoshikatsu, YAMATO Masayuki, OKANO Teruo: Temperature-dependent binding of growth factors and cells to a heparin-immobilized thermoresponsive surface.  Society For Biomaterials 2019 Annual Meeting and Exposition,  Seattle, USA,  2019/04
8. ◎森浩輝, 稲井慶, 杉山央, 村垣善浩: Deep Learning を用いたASD心電図診断.  第55回日本小児循環器学会総会・学術集会,  北海道札幌市,  2019/06
9. ◎堀瀬友貴: ???.  第12回COINS全体会議,  川崎市,  2019/06
10. ◎清水達也: 細胞シート技術を基盤とした再生医療と創薬モデルの構築.  第31回日本内分泌外科学会総会,  東京,  2019/06
全件表示(25件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者