<<< 前 2019年度 2020年度 2021年度
 先端生命医科学研究所
概要 当該年度の研究費受入状況 受賞学術賞
社会における活動 学術雑誌 著書
学会発表


教授:
   有賀 淳
   清水 達也
   村垣 善浩
   大和 雅之
   正宗 賢
准教授:
   田村 学
   松浦 勝久
   岡本 淳
   北原 秀治
   原口 裕次
講師:
   秋山 義勝
   小林 純
   関根 秀一
   高橋 宏信
   中山 正道
   齋藤 太一
   吉光 喜太郎
助教:
   菊地 鉄太郎
   関谷 佐智子
   高木 亮
   増田 信奈子
   本間 順
   楠田 佳緒
   佐々木 大輔
   堀瀬 友貴
   山口 智子
   山中 久美子
■ 概要
先端生命医科学研究所
東京女子医科大学・先端生命医科学研究所は、昭和44(1969)年5月1日に、“医用技術研究施設”として、初代施設長・三浦茂教授のもとに発足した。昭和51(1976)年5月に櫻井靖久教授が施設長に就任し、施設名を医用工学研究施設に改め、今日の基盤を確立させた。平成11(1999)年4月には岡野光夫教授が施設長を引き継ぎ、平成13(2001)年4月大学院の先端生命医科学系専攻の設立と同時に施設名を現在の名称に改め、医学と工学のさらなる融合を行う体制を確立した。平成28(2016)年4月から清水達也教授が所長となり、以下の活動を行っている。
 2001年に大学院医学研究科に先端生命医科学専攻を新設し、その研究拠点を先端生命医科学研究所でスタートさせている。先端工学外科、遺伝子医学、代用臓器学、再生医工学、統合医科学の5分野からなり博士(医学)を取得した本専攻の修了生を医学と工学の両領域で輩出している。
 先端医療テクノロジーと医学の融合の重要性に着目した研究活動を展開し、オリジナルでユニークな研究成果を上げてきている。現在までの研究所のあゆみは下表に示すように、医学と工学の連携を基盤としており、大型国家プロジェクトを中心に新しい教育・研究を実施し、Nature, News Weekなど著名な雑誌に紹介されるなど世界的な評価を受けている。


先端生命医科学研究所
先端工学外科分野
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 受賞学術賞
1.  松浦勝久 公益財団法人 宮田心臓病研究振興基金, 令和2年度未成年心臓血管病の学究等に対する奨励
2.  小林 純 令和2年度熊谷研究助成表彰
3.  藏本吾郎 第73回日本産科婦人科学会学術集会 JSOG Congress Encouragement Award
4.  先端工学外科学分野 経済産業省 令和3年度産業標準化事業表彰(産業技術環境局長表彰)
5.  筧 路加 Honorable Mention, Protein Report主催 2021 Student Essay Contest
全件表示(13件)
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  HyperSCOT 211011【掲載】新建築10月別冊 精密な高度医療をより安全に
2.  SCOT 210713【掲載】最前線で働く人に聞く日本一わかりやすい5G この1冊でネットワークと都市の未来が見えてくる 第3章 人びとの暮らしと社会を変えるスマートシティ
3.  SCOT 210715【掲載】InfoCom T&S D2D(医師対医師)向け医療ソリューション市場の動向 ~加速するロボティクス・データ×通信×ITの融合
4.  岡野光夫 【出演】YouTube 8bitNews<Hun Hori>  坂田薫の「SCIENCE NEWS」#7 『貼って治す??日本発!細胞シート工学!!』
5.  秋山義勝 2111[座長] 第43回日本バイオマテリアル学会大会 合成高分子セッション
全件表示(35件)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 14 1 7 15 14 23  0 8 0 1  38 53  12 2  9 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. TAKADA Takuma, SASAKI Daisuke*, MATSUURA Katsuhisa*, MIURA Koichiro, SAKAMOTO Satoru, IIDA Tatsuro, HOMMA Jun, SHIMIZU Tatsuya, HAGIWARA Nobuhisa:  Aligned human induced pluripotent stem cell-derived cardiac tissue improves contractile properties through promoting unidirectional and synchronous cardiomyocyte contraction.  Biomaterials  281 :121351 , 2021.12   DOI:10.1016/j.biomaterials.2021.121351
2. TAKAGI Ryo, TANUMA-TAKAHASHIAkiko, AKIYAMASaeko, KANEKOWatkana, MIURAChika, YAMATOMasayuki, SHIMIZUTatsuya, UMEZAWAAkihiko*:  Laminin-511-derived recombinant fragment and Rho kinase inhibitor Y-27632 facilitate serial cultivation of keratinocytes differentiated from human embryonic stem cells.  Regenerative Therapy  18 :242-252 , 2021.12   DOI:10.1016/j.reth.2021.07.004
3. YAMAMOTO Kazuhisa*, MORINO Tsunetaro, KASAI Yoshiyuki, KOMORI Manabu, YAMATO Masayuki, KOJIMA Hiromi:  Preclinical assessment of transplantable human nasal mucosal epithelial cell sheets.  Regenerative Therapy  18 :59-65 , 2021.12   DOI:10.1016/j.reth.2021.03.006
4. Noda Masashi, Tatsumi Kohei*, Matsui Hideto, Matsunari Yasunori, Sato Takeshi, Fukuoka Yasushi, Hotta Akitsu, Okano Teruo, Kichikawa Kimihiko, Sugimoto Mitsuhiko, Shima Midori, Nishio Kenji:  Development of alternative gene transfer techniques for ex vivo and in vivo gene therapy in a canine model.  Regenerative therapy  18 :347-354 , 2021.12   DOI:10.1016/j.reth.2021.08.009
5. YAMAMOTO Kazuhisa*, MORINO Tsunetaro, KASAI Yoshiyuki, KIKUCHI Shun, KOMORI Manabu, YAMATO Masayuki, KOJIMA Hiromi:  Cell sheet transplantation prevents inflammatory adhesions: A new treatment for adhesive otitis media.  Regenerative therapy  18 :457-463 , 2021.12   DOI:10.1016/j.reth.2021.10.001
全件表示(36件)
総説及び解説
1. 村垣善浩:  デジタルヘルスへの期待と課題-デジタル手術・治療の開発でみえたもの-.  医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス  52 (8) :625-630 , 2021.12
2. YAMAGUCHI Toshihiro, KITAHARA Shuji, KUSUDA Kaori, OKAMOTO Jun, HORISE Yuki, MASAMUNE Ken, MURAGAKI Yoshihiro:  Current Landscape of Sonodynamic Therapy for Treating Cancer.  Cancers  13 (24) :6184-6184 , 2021.12   DOI:10.3390/cancers13246184
3. 田村学, 村垣善浩, 山口智子, 正宗賢, 高橋正泰, 佐藤生馬, 藤野雄一, 中島毅:  スマート治療室(手術室)における5Gネットワークの応用.  BE 建築設備  72 (11) :50-57 , 2021.10
4. 貝淵信之:  間葉系幹細胞シートによる顎骨壊死の新規治療法.  BIO Clinica  36 (12) :80-83 , 2021.10
5. 貝淵信之, 岩田隆紀, 古賀陽子, 岡本俊宏:  間葉系幹細胞シートを用いた骨吸収抑制薬関連顎骨壊死の新規治療法.  バイオマテリアル-生体材料-  39 (4) :240-245 , 2021.10
全件表示(16件)
症例報告
1. Daisuke Murakami*, Hideaki Harada, Masayuki Yamato & Yuji Amano:  Cytomegalovirus‐associated esophagitis on early esophageal cancer in immunocompetent host: a case report.  Gut Pathogens  13 (1) :24 , 2021.4   DOI:10.1186/s13099-021-00418-4
その他
1. 清水達也:  目標は「本物」のステーキ! 再生医療技術で作る培養肉.  ヘルシスト  46 (1) :6-9 , 2022.1
2. MURAKAMI Daisuke*, YAMATO Masayuk, ARAI Makoto, NISHINO Takayoshi:  Artificial intelligence in colonoscopy.  The lancet. Gastroenterology & hepatology  6 (12) :984-985 , 2021.12   DOI:10.1016/S2468-1253(21)00379-4
3. 村垣善浩:  AI surgeryを実現するスマート治療室SCOT.  ネイチャーインタフェイス  21 (3) :12-15 , 2021.12 Link
4. 豊島拓樹, 清水達也:  細胞培養が切り開く食の未来(細胞培養の食への応用).  高砂香料時報  188 :27-30 , 2021.11
5. SEKINE Hidekazu*, OKANO Teruo:  A Short Commentary Based on our Article Entitled “Capillary Networks for Bio-Artificial Three-Dimensional Tissues Fabricated Using Cell Sheet Based Tissue Engineering”.  Journal of Stem Cells Research Development & Therapy  7 (2) :1-4 , 2021.7   DOI:10.24966/SRDT-2060/100070
全件表示(10件)
ページの先頭へ
■ 著書
1. 齋藤太一:  <総論 3>グリオーマ摘出における各摘出器具の利点と使い分け(バイポーラまたはCUSA))
ⅰ.「吸引管とバイポーラ派」の立場から.  脳神経外科手術 基本手技のバリエーション  237-240.  メディカ出版,  大阪, 2021.10
2. SASAKI Daisuke, MATSUURA Katsuhisa, SHIMIZU Tatsuya:  Contractile Force Measurement of Engineered Cardiac Tissues Derived from Human iPS Cells.  Pluripotent Stem-Cell Derived Cardiomyocytes, Methods in Molecular Biology book series (MIMB, volume 2320)  161-170.  Humana,  New York, USA, 2021.7 Link
3. 山中久美子, 清水達也:  培養肉生産に向けたサスティナブルな培養液開発.  代替プロテインによる食品素材開発 植物肉・昆虫食・藻類利用食・培養肉が導く食のイノベーション  280-288.  エヌ・ティー・エス,  東京, 日本, 2021.7
4. 村垣善浩:  自動化やAIで進化するスマート治療室 5Gで実現する新しい医療の未来.  日経ムック 5G×産業変革  90-93.  日本経済新聞社,  東京都, 2021.6
5. 福井敦, 齋藤太一, 田村学, 村垣善浩:  症例12 左前頭葉神経膠腫摘出術 覚醒下手術(言語マッピング).  医師・臨床検査技師・臨床工学士・手術室看護師のための術中神経マッピング・モニタリング実践ケーススタディ  62-65.  エサップ,  奈良県橿原市, 2021.5
全件表示(9件)
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎NAKAYAMAMasamichi, TONEGAWA Junichi, KIKUCHI Akihiko, OKANO Teruo: Micropatterned thermoresponsive surfaces via physical block copolymer coatings for fabricating cell sheets with designed morphological structures.  2022 Hawaii-Joint Symposium-SFB+JSB,  Virtual Meeting,  2022/01
2. ◎KOBAYASHI Jun, LEE Hyukjin, YAMATO Masayuki, OKANO Teruo: Messenger RNA delivery for fabrication of hepatocyte tissues secreting angiogenic factors.  The 43rd Annual Meeting of the Japanese Society for Biomaterials and The 8th Asian Biomaterials Congress,  Nagoya (Online),  2021/11
3. ◎NAKAYAMA Masamichi, TONEGAWA Junichi, KIKUCHI Akihiko, OKANO Teruo: Micropatterned smart surfaces via physical polymer coatings for fabricating cell sheets with on-demand morphological structures.  The 43rd Annual Meeting of the Japanese Society for Biomaterials and the 8th Asian Biomaterials Congress,  Virtual Meeting,  2021/11
4. ◎TAKAHASHI Hironobu: Current strategies for structural and physiological maturation of in-vitro engineered human muscle tissues.  6th TERMIS World Congress 2021,  Maastricht, Netherland,  2021/11
5. ◎MURAGAKI Yoshihiro, FUKUYA Yasukazu, IKUTA Soko, NITTA Masayuki, SAITO Taiichi, TSUZUKI Shunsuke, MARUYAMA Takashi, KAWAMATA Takakazu: TUMOR RECURRENCE PATTERNS AFTER SURGICAL
RESECTION OF INTRACRANIAL LOW-GRADE GLIOMAS.  The 2021 Society for Neuro-Oncology the 26th Annual Scientific Meeting and Education Day,  Boston,USA(web),  2021/11
全件表示(114件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者