<<< 前 2019年度 2020年度 2021年度 | 2022年度 次 >>>
 先端生命医科学研究所
概要 当該年度の研究費受入状況 当該年度の主催学会・研究会
受賞学術賞 社会における活動 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   有賀 淳
   清水 達也
   村垣 善浩
   大和 雅之
   正宗 賢
准教授:
   田村 学
   松浦 勝久
   岡本 淳
   北原 秀治
   原口 裕次
講師:
   秋山 義勝
   小林 純
   関根 秀一
   高橋 宏信
   中山 正道
   齋藤 太一
   吉光 喜太郎
助教:
   菊地 鉄太郎
   関谷 佐智子
   高木 亮
   増田 信奈子
   本間 順
   楠田 佳緒
   佐々木 大輔
   堀瀬 友貴
   山口 智子
   山中 久美子
■ 概要
先端生命医科学研究所
東京女子医科大学・先端生命医科学研究所は、昭和44(1969)年5月1日に、“医用技術研究施設”として、初代施設長・三浦茂教授のもとに発足した。昭和51(1976)年5月に櫻井靖久教授が施設長に就任し、施設名を医用工学研究施設に改め、今日の基盤を確立させた。平成11(1999)年4月には岡野光夫教授が施設長を引き継ぎ、平成13(2001)年4月大学院の先端生命医科学系専攻の設立と同時に施設名を現在の名称に改め、医学と工学のさらなる融合を行う体制を確立した。平成28(2016)年4月から清水達也教授が所長となり、以下の活動を行っている。
 2001年に大学院医学研究科に先端生命医科学専攻を新設し、その研究拠点を先端生命医科学研究所でスタートさせている。先端工学外科、遺伝子医学、代用臓器学、再生医工学、統合医科学の5分野からなり博士(医学)を取得した本専攻の修了生を医学と工学の両領域で輩出している。
 先端医療テクノロジーと医学の融合の重要性に着目した研究活動を展開し、オリジナルでユニークな研究成果を上げてきている。現在までの研究所のあゆみは下表に示すように、医学と工学の連携を基盤としており、大型国家プロジェクトを中心に新しい教育・研究を実施し、Nature, News Weekなど著名な雑誌に紹介されるなど世界的な評価を受けている。


先端生命医科学研究所
先端工学外科分野
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  【AMED】先進的医療機器・システム等技術開発事業  (研究課題番号:21he1602003h0005)
 研究課題:AI Surgery実現のための基盤となる臨床情報解析システム- C.I.A.の開発  (研究代表者:正宗 賢)
 研究補助金:39,839,513円  (代表)
2.  【経済産業省】政府戦略分野に係る国際標準開発活動  (研究課題番号:SSU52-426-戦38)
 研究課題:スマート治療室に関する国際標準化  (研究分担者:村垣善浩)
 研究補助金:9,785,000円  (分担)
3.  【AMED】医工連携イノベーション推進事業 開発・事業化事業  (研究課題番号:21he1222008j0002)
 研究課題:匠の技で世界最高解像度をもちナビ機能を併用できる国産手術顕微鏡システムの開発  (研究分担者:村垣善浩)
 研究補助金:3,300,000円  (分担)
4.  【JST】研究成果展開事業 共創の場形成支援(センター・オブ・イノベーション(COI)プログラム) COI拠点  (研究課題番号:JPMJCE1305)
 研究課題:スマートライフケア社会への変革を先導するものづくりオープンイノベーション拠点  (研究代表者:村垣善浩)
 研究補助金:7,020,000円  (代表)
5.  【JST】未来社会創造事業 探索加速型 研究領域:持続可能な社会の実現「将来の環境変化に対応する革新的な食料生産技術の創出」  (研究課題番号:21-201031452)
 研究課題:3次元組織工学による次世代食肉生産技術の創出  (研究分担者:清水達也)
 研究補助金:84,630,000円  (分担)
全件表示(54件)
ページの先頭へ
■ 当該年度の主催学会・研究会
1.  第39回日本脳腫瘍学会学術集会  (会長 : 村垣善浩 )  ,神戸市  2021/12
2.  第21回日本再生医療学会総会  (大会長 : 清水達也(東京女子医科大学 先端生命医科学研究所 所長) )  ,オンライン  2022/03
ページの先頭へ
■ 受賞学術賞
1.  松浦勝久 公益財団法人 宮田心臓病研究振興基金, 令和2年度未成年心臓血管病の学究等に対する奨励
2.  小林 純 令和2年度熊谷研究助成表彰
3.  藏本吾郎 第73回日本産科婦人科学会学術集会 JSOG Congress Encouragement Award
4.  先端工学外科学分野 経済産業省 令和3年度産業標準化事業表彰(産業技術環境局長表彰)
5.  筧 路加 Honorable Mention, Protein Report主催 2021 Student Essay Contest
全件表示(18件)
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  髙田卓磨、佐々木大輔、松浦勝久 【掲載】220304 科学新聞6面 心筋細胞の配向制御 組織全体の収縮・弛緩機能が向上 東京女子医大が成果
2.  髙田卓磨、松浦勝久 【プレスリリース】220201 心筋細胞の配向制御により、心筋組織の新たな機能特性を発見 ~再生医療・疾患・創薬研究用心筋組織構築や心疾患の病態解明へ展開~
3.  HyperSCOT 【掲載】211011 新建築10月別冊 精密な高度医療をより安全に
4.  SCOT 【掲載】210713 最前線で働く人に聞く日本一わかりやすい5G この1冊でネットワークと都市の未来が見えてくる 第3章 人びとの暮らしと社会を変えるスマートシティ
5.  SCOT 【掲載】210715 InfoCom T&S D2D(医師対医師)向け医療ソリューション市場の動向 ~加速するロボティクス・データ×通信×ITの融合
全件表示(50件)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 15 1 8 19 26 27  0 11 0 4  46 81  14 6  9 2
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. ENDO Yuki, HOMMA Jun, SEKINE Hidekazu*, MATSUURA Katsuhisa, SHIMIZU Tatsuya, NIINAMI Hiroshi:  Bioartificial pulsatile cuffs fabricated from human induced pluripotent stem cell-derived cardiomyocytes using a pre-vascularization technique.  NPJ Regenerative medicine.  7 (1) :22 , 2022.3   DOI:10.1038/s41536-022-00218-7 Link
2. OKAMOTO Yuta, HARAGUCHI Yuji*, YOSHIDA Azumi, TAKAHASHI Hironobu, YAMANAKA Kumiko, SAWAMURA Naoya, ASAHI Toru, SHIMIZU Tatsuya*:  Proliferation and differentiation of primary bovine myoblasts using Chlorella vulgaris extract for sustainable production of cultured meat.  Biotechnology progress  38 (3) :e3239 , 2022.3   DOI:10.1002/btpr.3239
3. MIURA Koichiro, MATSUURA Katsuhisa*, YAMASAKI Itoyama Yu, SASAKI Daisuke, TAKADA Takuma, FURUTANI Yoshiyuki, HAYAMA Emiko, ITO Masamichi, NOMURA Seitaro, MORITA Hiroyuki, TOYODA Masashi, UMEZAWA Akihiro, ONOUE Kenji, SAITO Yoshihiko, ABURATANI Hiroyuki, NAKANISHI Toshio, HAGIWARA Nobuhisa, KOMURO Issei, SHIMIZU Tatsuya:  Functional Evaluation of Human Bioengineered Cardiac Tissue Using iPS Cells Derived from a Patient with Lamin Variant Dilated Cardiomyopathy.  International heart journal  63 (2) :338-346 , 2022.3   DOI:10.1536/ihj.21-790
4. TAKAHASHI Hironobu*, OIKAWA Fumiko, TAKEDA Naoya, SHIMIZU Tatsuya:  Contraction Control of Aligned Myofiber Sheet Tissue by Parallel Oriented iPS Cell-derived Neurons.  Tissue engineering. Part A  :Epub ahead of print , 2022.3   DOI:10.1089/ten.TEA.2021.0202
5. HASUI Nobuhiro, SAKAGUCHI Katsuhisa*, OGAWA Tetsuya, SAKAMOTO Yoshihiro, SHIMIZU Tatsuya*:  In vitro ballooned hepatocytes can be produced by primary human hepatocytes and hepatic stellate cell sheets.  Scientific reports  12 (1) :5341 , 2022.3   DOI:10.1038/s41598-022-09428-x
全件表示(48件)
総説及び解説
1. 楠田佳緒, 正宗賢, 村垣善浩:  医療機器IoT化により未来医療型治療を実現するスマート治療室SCOT.  医工学治療  34 (1) :3-6 , 2022.3
2. IWASAKI Kengo, PENG Yihao, KANADA Ryuhei, UMEDA Makoto, ISHIKAWA Isao:  Stem Cell Transplantation and Cell-Free Treatment for Periodontal Regeneration.  International journal of molecular sciences  23 (3) :1011 , 2022.1   DOI:10.3390/ijms23031011
3. 村垣善浩:  デジタルヘルスへの期待と課題-デジタル手術・治療の開発でみえたもの-.  医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス  52 (8) :625-630 , 2021.12
4. YAMAGUCHI Toshihiro, KITAHARA Shuji, KUSUDA Kaori, OKAMOTO Jun, HORISE Yuki, MASAMUNE Ken, MURAGAKI Yoshihiro*:  Current Landscape of Sonodynamic Therapy for Treating Cancer.  Cancers  13 (24) :6184 , 2021.12   DOI:10.3390/cancers13246184
5. 田村学, 村垣善浩, 山口智子, 正宗賢, 高橋正泰, 佐藤生馬, 藤野雄一, 中島毅:  スマート治療室(手術室)における5Gネットワークの応用.  BE建築設備  72 (11) :50-57 , 2021.10
全件表示(19件)
症例報告
1. MURAKAMI Daisuke*, HARADA Hideaki, YAMATO Masayuki, AMANO Yuji:  Cytomegalovirus‐associated esophagitis on early esophageal cancer in immunocompetent host: a case report.  Gut Pathogens  13 (1) :24 , 2021.4   DOI:10.1186/s13099-021-00418-4
その他
1. MORITA Satoru, SUZUKI Kazufumi,, YAMAMOTO Takahiro, KUNIHARA Motoki, HASHIMOTO Hiroyuki, ITO Kayo, FUJII Shuhei, OHYA Jun, MASAMUNE Ken, SAKAI Shuji:  Mixed Reality Needle Guidance Application on Smartglasses Without Pre-procedural CT Image Import with Manually Matching Coordinate Systems.  Cardiovascular and interventional radiology  45 (3) :349-356 , 2022.3   DOI:10.1007/s00270-021-03029-3
2. 清水達也:  藻類の光合成の力を培養肉に.  科学  92 (2) :94-96 , 2022.2
3. 清水達也:  目標は「本物」のステーキ! 再生医療技術で作る培養肉.  ヘルシスト  46 (1) :6-9 , 2022.1
4. MURAKAMI Daisuke*, YAMATO Masayuk, ARAI Makoto, NISHINO Takayoshi:  Artificial intelligence in colonoscopy.  The lancet. Gastroenterology & hepatology  6 (12) :984-985 , 2021.12   DOI:10.1016/S2468-1253(21)00379-4
5. 村垣善浩:  AI surgeryを実現するスマート治療室SCOT.  ネイチャーインタフェイス  21 (3) :12-15 , 2021.12 Link
全件表示(12件)
ページの先頭へ
■ 著書
1. 村垣善浩, 田村学:  脳神経外科領域における画像誘導治療.  医用工学ハンドブック  333-341.  エヌ・ティー・エス,  東京, 2022.2
2. 野口哲英:    あなたが変える医療 50のアイコン  1.  さんが出版,  東京, 2022.1
3. 大和雅之:  コラム 細胞培養系における細胞外マトリックスと温度応答性培養皿.  細胞外マトリックス実験法 コラーゲンの基礎研究から再生医療への応用まで  427-429.  丸善出版,  東京(日本), 2021.12
4. TAMURA Manabu, SATO Ikuma, MURAGAKI Yoshihiro:  Normalized Brain Datasets with Functional Information Predict the Glioma Surgery.  Multidisciplinary Computational Anatomy
Toward Integration of Artificial Intelligence with MCA-based Medicine  173-180.  Springer Singapore,  Singapore, 2021.12
5. MURAGAKI Yoshihiro, OKAMOTO Jun, MASAMUNE Ken, ISEKI Hiroshi:  Smart Cyber Operating Theater (SCOT): Strategy for Future OR.  Multidisciplinary Computational Anatomy
Toward Integration of Artificial Intelligence with MCA-based Medicine  389-393.  Springer Singapore,  Singapore, 2021.12
全件表示(15件)
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎NAKAYAMA Masamichi, TONEGAWA Junichi, KIKUCHI Akihiko, OKANO Teruo: Micropatterned thermoresponsive surfaces via physical block copolymer coatings for fabricating cell sheets with designed morphological structures.  2022 Hawaii-Joint Symposium-SFB+JSB,  Virtual Meeting,  2022/01
2. ◎AKIYAMA Yoshikatsu: Synthesis and characterization of new temperature-responsive polymers,
poly(N-acryloylpiperidine) derivatives.  Society for Biomaterials/Japanese Society for Biomaterials Hawaii Joint Symposium,  Honolulu, USA,  2022/01
3. ◎KOBAYASHI Jun, LEE Hyukjin, YAMATO Masayuki, OKANO Teruo: Ex Vivo Gene Delivery for Fabrication of Hepatocyte Sheet Tissues Secreting Angiogenic Factors.  Society for Biomaterials/Japanese Society for Biomaterials Hawaii Joint Symposium,  Honolulu, USA (Online),  2022/01
4. ◎KOBAYASHI Jun, LEE Hyukjin, YAMATO Masayuki, OKANO Teruo: Messenger RNA delivery for fabrication of hepatocyte tissues secreting angiogenic factors.  The 43rd Annual Meeting of the Japanese Society for Biomaterials and The 8th Asian Biomaterials Congress,  Nagoya (Online),  2021/11
5. ◎NAKAYAMA Masamichi, TONEGAWA Junichi, KIKUCHI Akihiko, OKANO Teruo: Micropatterned smart surfaces via physical polymer coatings for fabricating cell sheets with on-demand morphological structures.  The 43rd Annual Meeting of the Japanese Society for Biomaterials and the 8th Asian Biomaterials Congress,  Virtual Meeting,  2021/11
全件表示(158件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者