(最終更新日:2020-06-03 15:13:59)
  セキネ ヒデカズ   Sekine Hidekazu
  関根 秀一
   所属   研究施設 研究施設  先端生命医科学研究所
   職種   講師
■ 著書
1. 部分執筆  Cell Sheets for Cardiac Tissue Engineering, Organ tissue engineering 2021/08/29 Link
2. 部分執筆  細胞シート工学を基盤とした立体臓器製造技術「バイオ3Dプリント関連技術の開発と応用場」 2019/08/27 Link
3. 部分執筆  3次元組織構築のためのバイオリアクタの開発「細胞培養加工施設の構築と運営管理の省力・省コスト化」 2018/10 Link
4. 部分執筆  Cell Sheet Tissue Engineering for Heart Failure, Etiology and Morphogenesis of Congenital Heart Disease 2016/06
5. 部分執筆  Organ-Like Tissue Fabrication, Myocardial Tissue Engineering 2015/02
全件表示(8件)
■ 学術雑誌
1. 原著  A novel method to align cells in a cardiac tissue-like construct fabricated by cell sheet-based tissue engineering. 2020/06
2. 原著  Intermittent application of external positive pressure helps to preserve organ viability during ex vivo perfusion and culture 2020/03
3. 原著  Allogeneic adipose-derived mesenchymal stem cell sheet that produces neurological improvement with angiogenesis and neurogenesis in a rat stroke model. 2020/02
4. 原著  Engineering of functional cardiac tubes by stepwise transplantation of cardiac cell sheets onto intestinal mesentery. 2020/01/02
5. 原著  Microfluidic vascular-bed devices for vascularized 3D tissue engineering: tissue engineering on a chip. 2019/12/20
全件表示(62件)
■ 学会発表
1. Maturation and Improvement of Contractile and Relaxation Capacity of Human Induced Pluripotent Stem Cell Derived Engineered Cardiomyocyte Tissue (ポスター,一般) 2019/11/27
2. Improvement of Relaxation Function is a Novel Index of Maturation in Human Induced Pluripotent Stem Cell-Derived Engineered Cardiomyocyte Tissues (ポスター,一般) 2019/11/17
3. Advanced Maturation in Human Induced Pluripotent Stem Cell-Derived Engineered Cardiomyocyte Tissues in Terms of Contractile and Relaxation Capacity (口頭発表,一般) 2019/11/13
4. ヒト臨床応用を目指した高機能立体心筋組織の開発 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2019/11/08
5. In Vivo Vascularization for Tissue and Organ Fabrication (口頭発表,特別・招待講演等) 2019/10/16
全件表示(170件)
■ 教育上の能力
●当該教員の教育上の能力に関する大学等の評価
1. 2019/04/08 吉岡守正記念教育賞
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2019/12~2020/11  微小環境の恒常性維持を目指した3次元毛細リンパ管組織の創製 その他の補助金・助成金  Link
2. 2019/04~2022/03  インビボプリバスキュラリゼーションによる血管付き高機能心筋組織の創製 基盤研究(B)(一般) 
3. 2019/04~2022/03  高速な3次元組織化を実現する細胞パッチ法を利用した革新的ヒト腫瘍モデルの創製 基盤研究(B)(一般) 
4. 2014/10~2019/03  細胞シート工学を基盤とした革新的立体臓器製造技術の開発 競争的資金等の外部資金による研究 
5. 2014/04~2017/03  ヒト3次元心筋組織モデルの作製 基盤研究(C) 
全件表示(7件)
■ 講師・講演
1. 2019/05/08 ティッシュエンジニアリングのための血管生物学
2. 2018/05/30 ティッシュエンジニアリングのための血管生物学
3. 2017/05/31 ティッシュエンジニアリングのための血管生物学
4. 2014/08 最先端ティシュエンジニアリング
5. 2014/07 細胞シート工学による再生治療と臓器作製に向けた挑戦
全件表示(7件)
■ 受賞学術賞
1. 2011/03 第3回 日本再生医療学会 Young Investigator's Award 基礎研究部門優秀賞
2. 2010/09 Tissue Engineering & Regenerative Medicine International Society Asia pacific, Best Poster Award.
■ 取得特許
1. 2017/12/11 管状組織作製デバイス、管状組織作製キット及び管状組織の作製方法(特願2017-236746)
2. 2016/07/25 血管床における流体の灌流方法並びに該方法の実施装置(特開2016-131551(P2016-131551A))
3. 2013/10/23 細胞シート積層化物の製造方法、それより得られる血管網を有する細胞シート積層化物及びその利用方法(5322332)
■ 所属学会
1. 日本再生医療学会
2. 2012/08~2014/10 ∟ 評議員
3. 日本再生医療学会
4. 2014/11~ ∟ 代議員
5. 2019/04~ 日本臓器保存生物医学会
■ 学歴
1. 2008/08/06
(学位取得)
自治医科大学(JMU) 博士(医学)
2. 2001/04~2003/03 国際医療福祉大学大学院 修了 保健医療学修士
■ 科研費研究者番号
60541737
■ その他
関連ウェブサイト Google Scholar: Link