(最終更新日:2021-01-18 19:09:03)
  アキヤマ ヨシカツ   AKIYAMA Yoshikatsu
  秋山 義勝
   所属   研究施設 研究施設  先端生命医科学研究所
   職種   講師
■ 著書
1. 部分執筆  超薄膜状ハイドロゲル「バイオ3Dプリント関連技術の開発と応用」 2019/08/28 Link
2. 部分執筆  5.35 - Biomaterials: Temperature-Responsive Polymer, Comprehensive Biotechnology 2019/07 Link
3. 部分執筆  3.2 材料と応用 細胞シート「第4版 現代界面コロイド化学の基礎」 2018/05 Link
4. 編集・監修  「細胞社会学」 2016/09
5. 部分執筆  Sociocytology Illuminated by Reconstructing Functional Tissue with Cell Sheet Based Technology, Hyper Bio Assembler for 3D Cellular Systems 2015/07 Link
全件表示(11件)
■ 学術雑誌
1. その他  先端生命医科学研究所とバイオメディカル・カリキュラム50年の歴史 2020/05
2. 原著  Temperature-responsive culture surfaces for insect cell sheets to fabricate a bioactuator 2019/01 Link
3. 総説  Design of temperature-responsive cell culture surfaces for cell sheet-based regenerative therapy and 3D tissue fabrication 2018/10 Link
4. 原著  Poly(N-isopropylacrylamide)-Grafted Polydimethylsiloxane Substrate for Controlling Cell Adhesion and Detachment by Dual Stimulation of Temperature and Mechanical Stress 2018/09 Link
5. 原著  Effect of temperature changes on serum protein adsorption on thermoresponsive cell-culture surfaces monitored by a quartz crystal microbalance with dissipation 2018/05 Link
全件表示(71件)
■ 学会発表
1. 温度応答性高分子Poly(N-acryloylnipecotamide)の合成およびその評価 (口頭発表,一般) 2020/11/04 Link
2. UCSTを有する温度応答性高分子Poly(N-acryloyl nipecotamide)の合成と評価 (口頭発表,一般) 2020/09/18
3. 温度応答性高分子 ポリ(N-アクリロイルニペコタミド)の相転移挙動に関する評価 (ポスター,一般) 2020/05/18
4. Temperature-dependent binding of growth factors and cells to a heparin-immobilized thermoresponsive surface (ポスター,一般) 2019/04/03
5. 伸展可能なポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)固定化ポリジメチルシロキサン表面の伸展刺激による表面物性の変化 (口頭発表,一般) 2019/01/11
全件表示(227件)
■ 社会における活動
1. 2019/01 第28回インテリジェント・ナノ材料シンポジウム(座長)
2. 2017/06 The 2nd International Symposium on Bio-Therapeutics Delivery, Session III. A3 Special Session, Chair
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2018/04~2022/03  mRNA送達による立体細胞組織内タンパク質発現を利用した脈管形成と血管新生誘導 科学研究費補助金 基盤研究(B)  Link
2. 2018/04~2021/03  力学刺激環境場を利用した肝組織機能と構造の維持・制御のための新たな試み 科学研究費補助金 基盤研究(C)  Link
3. 2014/04~2017/03  物理的な伸縮を利用した新規な細胞培養表面基材の開発 科学研究費補助金 基盤研究((C)  Link
4. 2010/04~2012/03  機械的刺激を用いた新規温度応答性細胞培養表面の開発 科学研究費補助金 若手研究(B)  Link
5. 2007/04~2008/03  基材界面物性を利用した温度応答性超薄膜ゲルの設計と細胞シート回収への応用 科学研究費補助金 若手研究(B)  Link
全件表示(7件)
■ 講師・講演
1. 2014/07/04 温度応答性細胞培養表面の開発状況(東京大学駒場キャンパス数理科学大講堂)
2. 2014/05/15 Temperature-responsive Cell Culture Surfaces for Cell-sheet-based Regenerative Medicine(China, Beijing, Beijing Institute of Technology) Link
3. 2007/07/20 生体ナノ空間としての基底膜による 細胞機能制御機構に関する ナノバイオテクノロ ジー(東京、国立市)
■ 委員会・協会等
1. 2019/09/01~ 研究開発型スタートアップ支援事業 ピアレビュア(NEDO)
■ 現在の専門分野
生体医工学・生体材料学, 高分子化学, ナノバイオサイエンス, ナノ材料工学 (キーワード:バイオマテリアル、温度応答性高分子、高分子合成、メカノバイオロジー、無機化学、マイクロポーラスマテリアル) 
■ 取得特許
1. 2019/04/12 機能性層の評価方法(特許第6511350号)
2. 2017/09/08 細胞培養用基材及びその製造方法(特許第6202621号)
3. 2016/08/05 強カチオン交換基を有する温度応答性吸着剤、及びその製造方法(特許第5981133号)
4. 2016/04/08 伸縮可能な温度応答性基材、製造方法及びその利用方法(特許第5911678号)
5. 2016/03/04 細胞培養基材の評価方法(特許第5894732号)
全件表示(16件)
■ 所属学会
1. 2013/04~ Society for Biomaterials
2. 2013/04~ 日本再生医療学会
3. 2017/04~ ∟ 代議員
4. 2008/04~ 日本バイオマテリアル学会
5. 2015/04~2017/10 ∟ 評議員
全件表示(6件)
■ 学歴
1. 2001/03/20
(学位取得)
東京理科大学 博士(工学)
2. 1994/04~1996/03 東京理科大学 理工学研究科 応用生物科学専攻 修士課程修了
3. 1990/04~1994/03 東京理科大学 理工学部 応用生物科学科 卒業
■ 職歴
1. 1996/04~1997/01 ファルマシアバイオテク株式会社(現 GEヘルスケア バイオサイエンス株式会社)に入社 研究開発室に配属
2. 1997/02~2001/03 財団法人 高分子素材センター(現 化学技術戦略推進機構)へ出向 高度刺激応答材料グループに配属 研究員
3. 2001/04~2002/03 アマシャムファルマシアバイオテク株式会社(現GEヘルスケアバイオサイエンス株式会社)研究開発室に配属 研究員
4. 2002/04~2008/03 東京女子医科大学 先端生命医科学研究所 助手
■ 科研費研究者番号
20349640
■ ORCID
https://orcid.org/0000-0002-4918-6294