<<< 前 2020年度 2021年度 2022年度
 先端生命医科学研究所
概要 当該年度の研究費受入状況 当該年度の主催学会・研究会
受賞学術賞 社会における活動 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   有賀 淳
   清水 達也
   村垣 善浩
   大和 雅之
   正宗 賢
准教授:
   田村 学
   松浦 勝久
   北原 秀治
   原口 裕次
講師:
   秋山 義勝
   小林 純
   関根 秀一
   高橋 宏信
   中山 正道
   吉光 喜太郎
助教:
   菊地 鉄太郎
   関谷 佐智子
   高木 亮
   髙田 卓磨
   増田 信奈子
   本間 順
   佐々木 大輔
   山口 智子
   山中 久美子
■ 概要
先端生命医科学研究所
東京女子医科大学・先端生命医科学研究所は、昭和44(1969)年5月1日に、“医用技術研究施設”として、初代施設長・三浦茂教授のもとに発足した。昭和51(1976)年5月に櫻井靖久教授が施設長に就任し、施設名を医用工学研究施設に改め、今日の基盤を確立させた。平成11(1999)年4月には岡野光夫教授が施設長を引き継ぎ、平成13(2001)年4月大学院の先端生命医科学系専攻の設立と同時に施設名を現在の名称に改め、医学と工学のさらなる融合を行う体制を確立した。平成28(2016)年4月から清水達也教授が所長となり、以下の活動を行っている。
 2001年に大学院医学研究科に先端生命医科学専攻を新設し、その研究拠点を先端生命医科学研究所でスタートさせている。先端工学外科、遺伝子医学、代用臓器学、再生医工学、統合医科学の5分野からなり博士(医学)を取得した本専攻の修了生を医学と工学の両領域で輩出している。
 先端医療テクノロジーと医学の融合の重要性に着目した研究活動を展開し、オリジナルでユニークな研究成果を上げてきている。現在までの研究所のあゆみは下表に示すように、医学と工学の連携を基盤としており、大型国家プロジェクトを中心に新しい教育・研究を実施し、Nature, News Weekなど著名な雑誌に紹介されるなど世界的な評価を受けている。


先端生命医科学研究所
先端工学外科分野
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度の主催学会・研究会
1.  CARS2022  (大会長 村垣善浩  )  ,東京都  2022/06
2.  第31回日本コンピュータ外科学会  (会長 正宗 賢 : 一般社団法人日本コンピュータ外科学会 )  ,東京都  2022/06
ページの先頭へ
■ 受賞学術賞
1.  若林憲信 日本機械学会 第34回バイオエンジニアリング講演会 Outstanding Student Poster Presentation
2.  山口智子 第52期バイオメディカル・カリキュラム 未来医学セミナー最終発表会 優秀賞
3.  岡野光夫 国立研究開発法人 物質・材料研究機構(NIMS), NIMS Award 2022
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  SCOT 【掲載】220525 テレコミュニケーション6月号, 特集【徹底解明】5G SAとWi-Fi 6E
2.  昭和電線×FATS 【掲載】220421鉄鋼新聞 昭和電線ケーブルシステム、東京女子医大と医療用「非接触給電技術」開発推進
3.  清水達也 【掲載】220615 Foovo, 培養肉の法整備を目指す議員連盟が発足、年内に試食実現のための提言へ
4.  清水達也 【講演】220613細胞農業および培養肉製造技術の現状と課題, 「細胞農業によるサステナブル社会推進議員連盟」設立総会
5.  村垣善浩 【Web】220701 BUSINESS EVENTS TOKYO, NEWS, CARS 2022-コロナ禍を経て、東京でも多くの海外参加者が国際会議に参加
全件表示(8件)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 3 0 1 5 5 10  0 1 0 2  14 27  1 12  1 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. KOBAYASHI Shinichiro, KANAI Nobuo, YAMATO Masayuki, EGUCHI Susumu*:  Allogeneic transplantation of epidermal cell sheets followed by endoscopic submucosal dissection to prevent severe esophageal stricture in a porcine model.  Regenerative therapy  21 :157-165 , 2022.12   DOI:10.1016/j.reth.2022.06.008
2. KIKUCHI Tetsutaro*, MATSUURA Katsuhisa, SHIMIZU Tatsuya:  In vitro circulation model driven by tissue-engineered dome-shaped cardiac tissue.  Biofabrication  14 (3) :035020 , 2022.6   DOI:10.1088/1758-5090/ac77c1
3. ONODERA Mikoto, SAITO Taiichi, FUKUI Atsushi, NITTA Masayuki, TSUZUKI Shunsuke, KORIYAMA Shunichi, MASAMUNE Ken, KAWAMATA Takakazu, MURAGAKI Yoshihiro:  The high incidence and risk factors of levetiracetam and lacosamide-related skin rashes in glioma patients.  Clinical neurology and neurosurgery  :epub-epub , 2022.6   DOI:10.21203/rs.3.rs-1731972/v1
4. SUZUKI Mika, KIMURA Tsuyoshi, YOSHIDA Yukina, KOBAYASHI Mako, HASHIMOTO Yoshihide, TAKAHASHI Hironobu, SHIMIZU Tatsuya, ANZAI Shota, NAKAMURA Naoko, KISHIDA Akio:  In Vitro Tissue Reconstruction Using Decellularized Pericardium Cultured with Cells for Ligament Regeneration.  Polymers  14 :2351 , 2022.6   DOI:10.3390/polym14122351
5. TAKAHASHIHironobu, YOSHIDAAzumi, YAMANAKAKumiko, SHIMIZUTatsuya:  Harvest of quality-controlled bovine myogenic cells and biomimetic bovine muscle tissue engineering for sustainable meat production.  Biomaterials  287 :121649 , 2022.6   DOI:10.1016/j.biomaterials.2022.121649
全件表示(15件)
総説及び解説
1. KAIBUCHI Nobuyuki*, IWATA Takanori, KAWASE-KOGA Yoko, OKAMOTO Toshihiro:  Novel Cell Therapy Using Mesenchymal Stromal Cell Sheets for Medication-Related Osteonecrosis of the Jaw.  Frontiers in Bioengineering and Biotechnology  10 :10:902349 , 2022.5   DOI:10.3389/fbioe.2022.902349
2. 山口智子, 吉光喜太郎, 岡本淳, 齋藤太一, 田村学, 北原秀治, 楠田佳緒, 正宗賢, 村垣善浩:  医工融合によって開発するスマート治療室SCOT.  泌尿器科  15 (4) :454-459 , 2022.4
3. 山中久美子, 清水達也:  サステナブルな培養液の開発.  生物工学会誌  100 (4) :165-168 , 2022.4   DOI:10.34565/seibutsukogaku.100.4_165
4. 吉光喜太郎, 堀瀬友貴, 青木祐也, 森広芳文, 油川雄司, 小原壯太郎, 北牧拓也, 正宗賢, 村垣善浩:  5Gを活用した手術支援戦略に対する取組みの実際.  電子情報通信学会誌  105 (4) :314-319 , 2022.4
その他
1. 村垣善浩, 岡本 芳晴, 小川久美子, 野村 祐介, 蓜島由二:  疾患動物の診断・治療データを用いた医療機器の安全性・有効性評価の基本的考え方.  レギュラトリーサイエンス学会誌  12 (2) :179-193 , 2022.5   DOI:https://doi.org/10.14982/rsmp.12.179
ページの先頭へ
■ 著書
1. Higashi Yuhei, Homma Jun, Sekine Hidekazu:  Organ Bioluminescence Imaging Under Machine Perfusion Setting for Assessing Quality of Harvested Organ Preservation.  Methods in molecular biology, Bioluminescence: Methods and Protocols  309-320.  Springer Nature,  New York, USA, 2022.7
2. 正宗賢, 吉光喜太郎, 田村学, 北原秀治, 山口智子, 村垣善浩:  第6章 
スマート治療室のためのセンサ・ロボティクス・AI技術.  センサ医工学
最新医療センシングの研究開発  131-138.  シーエムシー出版,  東京都, 2022.5
3. Sekine Hidekazu, Okano Teruo:  Tubular Cardiac Tissue Bioengineered from Multi-Layered Cell Sheets for Use in the Treatment of Heart Failure.  Methods in Molecular Biology  227-242.  Springer Nature,  Switzerland AG, 2022.5 Link
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎TSUZUKI Shunsuke, MURAGAKI Yoshihiro, NITTA Masayuki, MARUYAMA Takashi, SAITO Taiichi, FUKUI Atsushi, KORIYAMA Shunichi, KUWANO Atsushi, IKUTA Soko, TAMURA Manabu, ISEKI Hiroshi, KAWAMATA Takakazu: Information-guided surgery centered on intraoperative magnetic resonance imaging ensures quality and safety with ultra-low mortality.  26th Annual Conference of the International Society for Computer Aided Surgery(ISCAS),  Tokyo,  2022/06
2. ◎HORISE Yuki: Multi-perspective Engineering Research toward Advanced Medical Care.  CARS2022 Special Joint Session from JSCAS,  Tokyo,  2022/06
3. ◎NAKAMURA Asahi, SATO Ikuma, TAMURA Manabu, YAMAGUCHI Tomoko, KUSUDA Kaori, YOSHIMITSU Kitaro, MURAGAKI Yoshihiro, MASAMUNE Ken, FUJINO Yuichi: Construction of Surgical Process Identification System via 5G network in awake brain tumor surgery.  26th Annual Conference of the International Society for Computer Aided Surgery(ISCAS),  Tokyo,  2022/06
4. ◎BAMBA Yoshiko, OGAWA Shimpei, TOKITOU Fumiaki, OWATARI Hiroka, MORITA Satoru, ITABASHI Michio, SUZUKI Kazufumi, IWADOH Kazuhiro, YAMAGUCHI Tomoko, MASAMUNE Ken, YAMAGUCHI Shigeki: Effective surgical education and development of an AI operation system designed for safety improvement and optimal cancer surgery by digitizing.  Computer Assisted Radiology and Surgery 36th International Congress and Exhibition,  Tokyo,  2022/06
5. ◎FUJII Yu, OGIWARA Toshihiro, GOTO Tetsuya, HONGO Kazuhiro, MURAGAKI Yoshihiro, HORIUCHI Tetsuyoshi: Brain tumor surgery using middleware OPeLiNK for integrating intraoperative information.  Computer Assisted Radiology and Surgery 36th International Congress and Exhibition,  Tokyo,  2022/06
全件表示(55件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者