(最終更新日:2019-08-19 16:02:37)
  キタハラ シユウジ   KITAHARA SHUJI
  北原 秀治
   所属   医学部 医学科  解剖学(顕微解剖学・形態形成学)
   職種   講師
■ 著書
1. その他  「留学のすすめ」 2016/12 Link
2. 編集・監修  「未来の選択 僕らの将来は、政策でどう変わる?」 2011/07
■ 学術雑誌
1. 原著  Dual PD-1 and VEGFR-2 blockade promotes vascular normalization and enhances anti-tumor immune responses in HCC. 2019/08
2. 原著  IMP dehydrogenase-2 drives aberrant nucleolar activity and promotes tumorigenesis in glioblastoma. 2019/08
3. 総説  Does anti-vascular therapy reprogram the immunosuppressive microenvironment in gastric cancer? 2019
4. 総説  How immunotherapy and targeted therapy are changing gastrointestinal cancer treatment. 2019
5. 総説  Role of microenvironment and transient tissue hypoxia in regeneration of the endometrium 2019
6. 原著  Combing the Angiotensin Receptor Blocker Losartan and the CXCR4 Inhibitor AMD3100 Increases the Efficacy of Radiotherapy in a Metastatic Osteosarcoma Mouse Model 2018/12
7. 原著  Lymph node metastases can invade local blood vessels, exit the node, and colonize distant organs in mice. 2018/03
8. 原著  Morphological characterization of pulmonary microvascular disease in bronchopulmonary dysplasia caused by hyperoxia in newborn mice. 2018/01
9. 原著  Requisite role of vasohibin-2 in spontaneous gastric cancer formation and accumulation of cancer-associated fibroblasts. 2017/09
10. 原著  Overcoming sorafenib evasion in hepatocellular carcinoma using CXCR4-targeted nanoparticles to co-deliver MEK-inhibitors. 2017/03
全件表示(36件)
■ 学会発表
1. 世界で活躍する女性医師・研究者育成に向けて (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2018/09/24
2. アジュバント誘導性マウスリンパ管モデルにおける腫瘍形成機構 (ポスター,一般) 2018/06/23
3. Novel Strategies and Approaches for Effective Therapy in Gastric Cancer (ポスター,一般) 2018/04/28
4. MNU誘導性視細胞変性モデルマウスにおける血管系の解析—脈絡膜毛細血管板の変化について (ポスター,一般) 2018/03/29
5. アジュバント誘導性リンパ管腫における腺腫形成機構 (口頭発表,一般) 2018/03/29
6. 腫瘍血管正常化を介した腫瘍微小環境のリプログラミングを目指して (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2018/03/28
7. ApcMin/+マウス小腸の腺腫形成領域筋層の組織構造の変化 (ポスター,一般) 2018/03
8. 抗VEGFR2療法はどのように胃癌における腫瘍内微小環境を変化させるか (口頭発表,一般) 2018/01/26
9. 抗VEGFR2療法はどのように胃癌における腫瘍内微小環境を変化させるか (ポスター,一般) 2017/12/10
10. Novel strategies and approaches for immunotherapy in gastrointestinal tumors (口頭発表,特別・招待講演等) 2017/11/04
全件表示(81件)
■ 主要学科目
解剖学、組織学、発生学
■ 教員審査
1. 2018/04 大学院講義(電子顕微鏡による研究法)
■ 社会における活動
1. 2018/10 The 14th Asia Pacific Sociological Association Conference
2. 2018/10 Cancer X Summit2019 運営委員 Link
3. 2018/04~ 実験医学 モニターアドバイザー
4. 2017/03 研究者 x 高校生-The Science Meeting in Boston
5. 2016/09 日米高校生平和会議
6. 2016/09~ 朝日新聞ウェブロンザ Link
7. 2016~ The Japan-US Science Forum in Boston
8. 2016~ Japan Forum for Asian Science and Technology
9. 2015/03~ 海外日本人研究者ネットワーク Link
10. 2014/09~2017/06 ハーバード松下村塾
全件表示(11件)
■ 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 2019/04~ 看護学部 解剖生理学 消化器系講義
2. 2019/04~ S5 消化器系:肝臓、胆嚢、膵臓の正常構造(講義、実習)
3. 2019/04~ S1 細胞、組織研究法(実習)
4. 2019/04~ S2 胎児臓器観察(人体発生学実習)
5. 2019/04~ S1 人体の成り立ち
6. 2017/08~ S6 感覚器:聴覚器の正常構造(講義、実習)
7. 2011/04~2014/07 附属看護専門学校 解剖生理学:骨、筋、妊娠と出産(講義、実習)
8. 2018/04~ S5 高血圧・内分泌系:内分泌臓器正常構造(講義、実習)
9. 2017/08~ S2 腺上皮:内分泌腺の正常構造(講義、実習)
10. 2017/08~ S4 呼吸器系:縦隔の正常構造(講義)
●その他職務上特記すべき事項
全件表示(20件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2018/04~2021/03  腫瘍内微小環境リプログラミングによる新規治療法の開発 基盤研究(C) 
2. 2018/04~2019/03  腫瘍内微小環境リプログラミングによる新規治療法の開発 競争的資金等の外部資金による研究 (キーワード:胃がん、血管、分類)
3. 2016/04~2017/03  微小循環系の制御による消化管腫瘍の悪性化阻止への試み 藤田記念医学研究振興基金助成事業 
4. 2013/04~2016/03  微小循環系の制御による消化管腫瘍の悪性化阻止への試み 若手研究(B) 
5. 2012/04~2015/03  後障害なき生存を目指して~新生児期肺障害モデルにおける肺胞微小循環系の再生の試み 基盤研究(C) 
6. 2012/04~2014/03  正常血管再生療法は新しい癌治療戦略になり得るか? 挑戦的萌芽研究 (キーワード:腫瘍血管、血管新生、再生治療、癌治療)
7. 2012/04~2014/03  正常血管を再生させることは腫瘍内の微小環境変化の改善につながるか? G-COE若手研究 
8. 2011/04~2014/03  消化管の多段階発癌におけるVasohibinファミリーの発現に関する病理組織学的研究 国内共同研究 
9. 2010/04~2013/03  腫瘍血管は消化管腫瘍の新たな診断基準となり得るか? 若手研究(B) 
10. 2010/04~2012/03  放射線耐性腫瘍における微小循環系の形態的特性の解析 国内共同研究 
全件表示(15件)
■ 講師・講演
1. 2019/02 がんを理解する〜最新の研究から〜
2. 2018/07 Fight Cancer〜がんと戦う〜
3. 2018/02 腫瘍内微小環境リプログラミングによる新規治療法の開発 〜VSAH2-/-/Foxc2+/-マウス作成を目指して〜
4. 2017/11 抗VEGFR2 療法はどのように胃癌における腫瘍内微小環境を変化させるか(東京女子医科大学)
5. 2017/07 Role of Tumor Microenvironment in Tumor Progression and Treatment Response(Boston University, Boston, USA)
6. 2017/06 Novel Strategies and Approaches For Immunotherapy in Gastrointestinal Tumors(MGH, Boston, USA)
7. 2017/04 有効ながん治療のための腫瘍内微小環境の再構築(東京医科歯科大学)
8. 2017/03 研究者 x 高校生(Harvard University, Boston, USA)
9. 2017/02 がんと向き合う(マサチューセッツ工科大学、ボストン、USA)
10. 2016/07 有効ながん治療のための腫瘍内微小環境の再構築(昭和大学)
全件表示(17件)
■ 委員会・協会等
1. 2018/06/11 AMEDと海外日本人研究者ネットワークの意見交換(単独参加)
2. 2018/03/30 海外日本人研究者ネットワークとJSTとの意見交換会(JST招聘)
3. 2018/01/29 JSPS主催研究者国際交流のための意見交換会
4. 2017/01/27 在ボストン日本総領事館、科学技術における意見交換会
5. 2016/11/12 文部科学省 科研費における意見交換会
6. 2015/10/03 JSPS主催 海外特別研究員派遣者懇談会
7. 2015/03/20 JSPS主催 海外特別研究員派遣者懇談会
■ 現在の専門分野
解剖学一般(含組織学・発生学), 実験病理学, 消化器外科学, 医療社会学, 経済統計, 政治学 (キーワード:血管新生、腫瘍) 
■ 受賞学術賞
1. 2018/09 吉岡博人記念総合医学研究奨励賞
2. 2018/02 第10回消化器疾患プロジェクト会議研究奨励賞
3. 2018/01 稲門医学会学術集会 優秀演題賞
4. 2014/11 三越財団海外留学渡航助成賞
5. 2011/11 日本消化器癌発生学会研究奨励賞
6. 2010/04 日本血管生物医学会 Travbel Award2010
7. 2010/02 第18回 佐竹高子研究奨励賞
8. 2009/11 第20回 日本消化器癌発生学会優秀演題賞
9. 2008/03 優れた業績による返還免除認定(大学院第一種奨学金)
10. 2007/06 第16回 日本癌病態治療研究会奨励研究賞
■ 所属学会
1. 2017/12 American Association of Anatomists
2. 2010/08~ 日本血管生物医学会
3. 2017/11 ∟ 評議員
4. 2004/04~ 日本解剖学会
5. 2004/05~ The Asia Association of Oral and Maxillofacial Surgeon
6. 1999/06~ 日本口腔外科学会
7. 2009/04~2014/07 日本消化器癌発生学会
8. 2011/04~2014/07 日本周産期新生児医学会
9. 2012/04~2014/07 日本美術解剖学会
■ 学歴
1. 2018/04~ 早稲田大学 政治経済学研究科 公共政策(医療経済) 博士課程
2. 2004/04~2008/03 東京女子医科大学 医学研究科 形態学系専攻解剖学・発生生物学分野 博士課程修了 博士(医学)
3. 1993/04~1999/03 日本歯科大学 歯学部 卒業 歯学士
■ 職歴
1. 1999/04~2004/03 東京女子医科大学附属第二病院 歯科口腔外科 医療練士
2. 2008/04~2010/03 東京女子医科大学 医学部 解剖学・発生生物学講座 特任助教
3. 2010/04~2018/01 東京女子医科大学 医学部 解剖学・発生生物学講座 助教
4. 2009/04~2017/07 東京女子医科大学看護専門学校 非常勤講師
5. 2010~ 東北大学 加齢医学研究所 共同研究員
6. 2014/08~2017/07 Harvard Medical School/Massachusetts General Hospital Department of Radiation Oncology Research fellow
7. 2018/02~ 東京女子医科大学 医学部 解剖学・発生生物学講座 講師
■ 科研費研究者番号
40510235
■ その他
朝日新聞Webronza記事 Link