(最終更新日:2019-08-02 09:34:14)
  タカハシ ヒロノブ   TAKAHASHI Hironobu
  高橋 宏信
   所属   研究施設 研究施設  先端生命医科学研究所
   職種   講師
■ 著書
1. 部分執筆  Intelligent Surfaces for Cell Sheet Engineering, Principles of Regenerative Medicine 2019/08 Link
2. 編集・監修  「細胞社会学」 2016/09
3. 部分執筆  Sociocytology Illuminated by Reconstructing Functional Tissue with Cell Sheet Based Technology, Hyper Bio Assembler for 3D Cellular Systems 2015/07 Link
4. 部分執筆  細胞シート工学で実現する組織再生技術の新展開「再生医療2015 幹細胞と疾患iPS細胞の研究最前線」 2015/02
5. 部分執筆  再生医療用細胞シート「高分子ナノテクノロジーハンドブック-最新ポリマーABC技術を中心として-」 2014/03
6. 部分執筆  Chapter 23. Intelligent surfaces for cell and tissue delivery, Smart materials for drug delivery 2013/06
7. 部分執筆  6. 細胞シート工学「再生医療叢書 2組織工学」 2013/03
■ 学術雑誌
1. 総説  Thermally-triggered fabrication of cell sheets for tissue engineering and regenerative medicine. 2019/01
2. 原著  Engineered human contractile myofiber sheets as a platform for studies of skeletal muscle physiology 2018/09
3. 原著  Human neural tissue construct fabrication based on scaffold-free tissue engineering 2016/10
4. その他  再生医療の進歩と臨床応用 細胞シート工学による組織再生技術の臨床応用と今後の展開 2016/01
5. 総説  Cell sheet-based tissue engineering for organizing anisotropic tissue constructs produced using microfabricated thermoresponsive substrates 2015/11
6. その他  【医療・創薬に向けた立体臓器をつくる 細胞の性質を利用し、工学的に組み上げる】 細胞シート技術の医療応用と最新技術 2015/05
7. 原著  Engineered small diameter vascular grafts by combining cell sheet engineering and electrospinning technology 2015/04
8. 原著  Anisotropic cellular network formation in engineered muscle tissue through the self-organization of neurons and endothelial cells 2015/02
9. 原著  The use of anisotropic cell sheets to control orientation during the self-organization of 3D muscle tissue 2013/10
10. 原著  Terminal-functionality effect of poly(N-isopropylacrylamide) brush surfaces on temperature-controlled cell adhesion/detachment 2013/08
全件表示(18件)
■ 学会発表
1. 藻類動物細胞共生リサイクル培養による革新的食料生産法の確立 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)) 2019/07/31
2. ヒトiPS細胞由来運動神経と配向化筋組織の共培養による神経筋接合部を持つ複合組織の構築 (口頭発表,一般) 2019/03/23
3. 組織モデルとしての応用を目指した収縮能を有するヒト骨格筋組織の構築 (口頭発表,一般) 2019/03/23
4. 組織モデルとしての応用を目指した組織工学手法によるヒト骨格筋組織の構築 (ポスター,一般) 2018/11/24
5. 温度応答性パターン化基材からフィブリンゲルへの連続培養による配向神経筋組織の作製 (ポスター,一般) 2018/11/13
6. フィブリンゲルを用いたヒト骨格筋組織の機能化と継続的な収縮運動による成熟化 (口頭発表,一般) 2018/11/12
7. Engineering a functional muscle tissue using a fibrin-based gel for tissue modeling (口頭発表,一般) 2018/09/11
8. Functionalization of a human skeletal muscle tissue construct using a fibrin-based gel for tissue modeling (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2018/09/07
9. Effective development of neuromuscular junction in co-culture with hiPS cell-derived motor neurons and oriented engineered muscle tissue (ポスター,一般) 2018/09/06
10. ヒトiPS細胞由来運動神経と配向化筋組織の細胞間相互作用による分化促進効果 (ポスター,一般) 2018/03/23
全件表示(96件)
■ 受賞学術賞
1. 2014/01 第23回インテリジェント材料・システムシンポジウム 高木賞
2. 2016/11 日本バイオマテリアル学会 科学奨励賞
3. 2012/06 World Biomaterials Congress Poster Award
■ 所属学会
1. 高分子学会
2. 日本バイオマテリアル学会
3. 日本再生医療学会
■ 学歴
1. 2003/04~2006/03 九州大学大学院 工学府 材料物性工学専攻 博士課程修了 工学博士
■ 職歴
1. 2018/03~ 東京女子医科大学 先端生命医科学研究所 講師