(最終更新日:2022-05-20 13:24:39)
  タムラ マナブ   TAMURA Manabu
  田村 学
   所属   研究施設 研究施設  先端生命医科学研究所
   職種   准教授
■ 著書
1. 部分執筆  脳神経外科領域における画像誘導治療「医用工学ハンドブック」 2022/02/21
2. 部分執筆  症例12 左前頭葉神経膠腫摘出術 覚醒下手術(言語マッピング)「医師・臨床検査技師・臨床工学士・手術室看護師のための術中神経マッピング・モニタリング実践ケーススタディ」 2021/05/31
3. 部分執筆  第9章 MR検査室の設計と運用
9-3 MR 手術室の設計,運用と安全「MRI安全性の考え方 第3版」 2021/05/06
4. 部分執筆  画像情報を統合する手術室の開発「術中 蛍光イメージング実践ガイド -ラボからオペ室まで-」 2020/09/30
5. 部分執筆  Ⅲ.AI外科治療編
Chapter4 AIによる脳外科治療「放射線治療AIと外科治療AI
医療AIとディープラーニングシリーズ」 2020/04/21
Link
全件表示(20件)
■ 学術雑誌
1. 総説  医工融合によって開発するスマート治療室SCOT 2022/04/28
2. 原著  Numerical Calculation Method for Brain Shift Based on Hydrostatics and Dynamic FEM 2022/04/18
3. 原著  Combining Pre-operative Diffusion Tensor Images and Intraoperative Magnetic Resonance Images in the Navigation Is Useful for Detecting White Matter Tracts During Glioma Surgery. 2022/01/20
4. 総説  スマート治療室(手術室)における5Gネットワークの応用 2021/10/28
5. 原著  Awake craniotomy with transcortical motor evoked potential monitoring for resection of gliomas within or close to motor-related areas: validation of utility for predicting motor function. 2021/09/24
全件表示(102件)
■ 学会発表
1. 覚醒下手術とCCEPモニタリングを併用した優位半球前頭葉弁蓋部に進展する神経膠腫の摘出戦略 (口頭発表,一般) 2022/04/16
2. 術中MRIを核とした情報誘導手術による治療成績 ―手術の質と安全性の確保― (口頭発表,一般) 2022/04/16
3. 深層学習を用いた神経膠腫の分類予測 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2022/04/16
4. 進化するスマート治療室 Hyper SCOT (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2022/04/15
5. 高速通信ネットワークを介した脳腫瘍摘出手術工程解析における外科手術支援環境の構築 (口頭発表) 2022/01/25
全件表示(374件)
■ 社会における活動
1. 2022/01 スマート治療室
2. 2021/11~2021/11 【第30回日本コンピュータ外科学会大会】シンポジウム⑥ 座長
3. 2019/11~2019/11 【第28回日本コンピュータ外科学会大会】シンポジウム① New Medical Imaging―Optical Coherence Tomography(OCT)― 座長
■ 講師・講演
1. 2022/04/16 術中MRIガイドライン(第一版)の現状と今後(東京都)
2. 2021/03/04 標準脳機能アトラスの投影による未来予測手術の具現化(東京都(Zoom開催))
■ 学歴
1. 1989/04~1995/03 和歌山県立医科大学 医学研究科 卒業
2. 2005/11~2006/10 Université de la Méditerranée Faculté de Médecine Service de Neurochirurgie Fonctionnelle et stéréotaxique Diplôme de AFSA (Attestation de Fonction Spécialisée Approfondie)
3. 2009/03/10
(学位取得)
和歌山県立医科大学 博士(医学)