(最終更新日:2020-06-30 14:32:32)
  ムラガキ ヨシヒロ   MURAGAKI Yoshihiro
  村垣 善浩
   所属   研究施設 研究施設  先端生命医科学研究所
   職種   教授
■ 著書
1. 部分執筆  Ⅲ.AI外科治療編
Chapter4 AIによる脳外科治療「放射線治療AIと外科治療AI
医療AIとディープラーニングシリーズ」 2020/04/21
Link
2. 部分執筆  NEWS FROM INDUSTRY
パネル組立型ERの可能性「BIO Clinica 2020年 3月号
最新の災害医療」 2020/02/10
3. 部分執筆  Text Mining Method for Building New Business Strategies, Paradigm Shift in Technologies and Innovation Systems 2019/12/28 Link
4. その他  ・対談 医学博士・生命医科学博士 村垣善浩 × アクセンチュア 保科学世
スマート治療室が見据えるAI×手術による医療の進化「日経ムック AIフロンティア」 2019/12/12
Link
5. 部分執筆  3タイプSCOTの開発「スマート医療テクノロジー ~AI、ビッグデータの利活用による次世代手術システムと医療経営~」 2019/10/25 Link
全件表示(69件)
■ 学術雑誌
1. 原著  A novel reaction force-fluorescence measurement system for evaluating pancreatic juice leakage from an excised swine pancreas during distal pancreatectomy 2020/06/08
2. 原著  A Method to Extract Feature Variables Contributed in Nonlinear Machine Learning Prediction 2020/05/07
3. 原著  Dual Regulation of Histone Methylation by mTOR Complexes Controls Glioblastoma Tumor Cell Growth via EZH2 and SAM 2020/05/04
4. その他  Genetic Analysis in Patients With Newly Diagnosed Glioblastomas Treated With Interferon-Beta Plus Temozolomide in Comparison With Temozolomide Alone 2020/05/04
5. 原著  Correlation between localization of supratentorial glioma to the precentral gyrus and difficulty in identification of the motor area during awake craniotomy. 2020/05
全件表示(419件)
■ 学会発表
1. A method for estimation of brain function positions based on the standard brain model using retrospective information in awake surgery for glioma (口頭発表,一般) 2020/06/24
2. Overlay of brain structure and estimated brain function position onto microscopy using pre- and intraoperative MRI in awake surgery for glioma (口頭発表) 2020/06/24
3. 摘出意思決定に有用な術中フローサイトメトリーを用いた脳腫瘍迅速病理診断 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2020/05/30
4. 術中支援を目的とした臨床情報解析システムの開発 (口頭発表,一般) 2020/05/26
5. プログラム医療機器の開発 臨床現場から (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2020/02/14
全件表示(1157件)
■ 社会における活動
1. Braun Tumor Pathology Editorial Board
2. 2020/06~2020/06 【22nd IFCARS / SPIE / ISCAS Joint Workshop on the Digital Operating Room】: Chairs
3. 2020/06~2020/06 【CARS 2020 Computer Assisted Radiology and Surgery】 Image-guided Neuro-interventions and Applications: Session Chairs
4. 2020/06 第22回グリオーマ手術手技セミナー 司会
5. 2020/02 【第11回日本臨床試験学会学術集会総会】シンポジウム 3 プログラム医療機器の開発 座長 Link
全件表示(69件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   【AMED】安全性と医療効率の向上を両立するスマート治療室の開発 競争的資金等の外部資金による研究 
2.   【総務省】合併症予測型脳神経外科手術用ナビゲーションシステムと術中情報共有システムに関する研究開発 競争的資金等の外部資金による研究 
3.   なし 競争的資金等の外部資金による研究 
4. 2019/08~2024/03  【AMED】世界産品創出のために医工融合Finisherを錬成する新結合拠点整備事業 競争的資金等の外部資金による研究 
5. 2019/04~2022/03  【AMED】可及的摘出術が行われた初発膠芽腫に対するカルムスチン脳内留置用剤を用いた標準治療確立に関する研究 競争的資金等の外部資金による研究 
全件表示(12件)
■ 講師・講演
1. 2019/11/20 『スマート治療室「SCOT®」の実用化に向けて』(東京ビッグサイト)
2. 2019/02/15 AI Surgeryを実現するスマート治療室SCOT(東京都)
3. 2018/11/22 IoTで実現するスマート治療室SCOT
4. 2018/09/01 医工融合による新医療機器実用化のための日本型エコシステム(名古屋市)
5. 2016/10/06 ALL JAPANでの医療機器開発支援体制づくりをめざして(大分市)
■ 受賞学術賞
1. 2019/02 内閣府 第1回 日本オープンイノベーション大賞 厚生労働大臣賞 (医療のIoT化を実現するスマート治療室SCOTの開発) Link
2. 2016/09 公益財団法人 日本デザイン振興会 GOOD DESIGN AWARD (治療室のモデルルーム [スマートサイバー治療室]) Link
3. 2015/12 第29回中日産業技術賞 中日新聞社賞 (手術支援ロボット「iArmS(アイアームス)」)
4. 2015/10 APEC Accelerator Network Summit & Global Challenge Intel Award (Next Generation Innovative Surgical Technologies with Intel Solution)
5. 2013/06 Microsoft Innovation Award 2013 最優秀賞 (執刀外科医の意思決定を支援する術中情報の非接触直感操作型インタフェースOpect)
全件表示(12件)
■ 取得特許
1. 2015/04/17 治療支援システム及び医用画像処理装置(5731267)
2. 2017/08/10 情報統合装置、情報統合システム、及びプログラム(6188612)
3. 2018/02/16 手術支援装置および手術支援システム(6290723)
4. 2018/10/19 高密度焦点式超音波治療法と抗癌剤療法との併用療法に用いる抗癌剤(6418549)
5. 2018/10/01 高密度焦点式超音波治療法と抗癌剤療法との併用療法に用いる抗癌剤(2018-186530)
全件表示(13件)
■ 学歴
1. 2011/04~2014/03 早稲田大学 先進理工学研究科 共同先端生命医科学 博士課程修了 博士(生命医科学)
2. 東京女子医科大学 博士(医学)