<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度 | 2019年度 次 >>>
 先端生命医科学研究所
概要 当該年度の研究費受入状況 当該年度の主催学会・研究会
受賞学術賞 社会における活動 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   有賀 淳
   清水 達也
   村垣 善浩
   大和 雅之
   正宗 賢
   ジヤン レジス
   バエ ハン
准教授:
   岩田 隆紀
   松浦 勝久
   小林 英津子
講師:
   秋山 義勝
   小林 純
   関根 秀一
   高橋 宏信
   中山 正道
   岡本 淳
   チエルノフ ミハイル
   原口 裕次
   鷲尾 薫
助教:
   菊地 鉄太郎
   関谷 佐智子
   高木 亮
   増田 信奈子
   本間 順
   生田 聡子
   楠田 佳緒
   小西 良幸
   佐々木 大輔
   仁木 千晴

   堀瀬 友貴
   前田 真法
■ 概要
先端生命医科学研究所
東京女子医科大学・先端生命医科学研究所は、昭和44(1969)年5月1日に、“医用技術研究施設”として、初代施設長・三浦茂教授のもとに発足した。昭和51(1976)年5月に櫻井靖久教授が施設長に就任し、施設名を医用工学研究施設に改め、今日の基盤を確立させた。平成11(1999)年4月には岡野光夫教授が施設長を引き継ぎ、平成13(2001)年4月大学院の先端生命医科学系専攻の設立と同時に施設名を現在の名称に改め、医学と工学のさらなる融合を行う体制を確立した。平成28(2016)年4月から清水達也教授が所長となり、以下の活動を行っている。
 2001年に大学院医学研究科に先端生命医科学専攻を新設し、その研究拠点を先端生命医科学研究所でスタートさせている。先端工学外科、遺伝子医学、代用臓器学、再生医工学、統合医科学の5分野からなり博士(医学)を取得した本専攻の修了生を医学と工学の両領域で輩出している。
 先端医療テクノロジーと医学の融合の重要性に着目した研究活動を展開し、オリジナルでユニークな研究成果を上げてきている。現在までの研究所のあゆみは下表に示すように、医学と工学の連携を基盤としており、大型国家プロジェクトを中心に新しい教育・研究を実施し、Nature, News Weekなど著名な雑誌に紹介されるなど世界的な評価を受けている。


先端生命医科学研究所
先端工学外科分野
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  【AMED】未来医療を実現する医療機器・システム研究開発事業  (研究課題番号:18he0702249h0005)
 研究課題:立体造形による機能的な生体組織製造技術の開発  (研究代表者:清水達也)
 研究補助金:96,684,338円  (代表)
2.  【AMED】再生医療の産業化に向けた評価基盤技術開発事業 再生医療の産業化に向けた細胞製造・加工システムの開発  (研究課題番号:18be0204439h0005)
 研究課題:ヒト多能性幹細胞由来の再生医療製品製造システムの開発(網膜色素上皮・肝細胞)  (研究分担者:清水達也)
 研究補助金:20,000,000円  (分担)
3.  【経産省】先端医療実用化推進事業
 研究課題:細胞シート再生医療の沖縄での臨床応用および周辺領域への治療提供に向けた再生医療インフラ構築に関わる研究  (研究分担者:大和雅之)
 研究補助金:975,000円  (分担)
4.  【AMED】未来医療を実現する医療機器・システム研究開発事業 スマート治療室  (研究課題番号:18he0202263h0005)
 研究課題:安全性と医療効率の向上を両立するスマート治療室の開発  (研究代表者:村垣善浩)
 研究補助金:208,875,400円  (代表)
5.  【AMED】未来医療を実現する医療機器・システム研究開発事業  (研究課題番号:18he1602003h0002)
 研究課題:AI Surgery実現のための基盤となる臨床情報解析装置-C.I.A.の開発 C.I.A.構築のためのシステムインテグレーション及び神経膠腫治療計画の策定  (研究代表者:正宗 賢)
 研究補助金:28,004,100円  (代表)
全件表示(52件)
ページの先頭へ
■ 当該年度の主催学会・研究会
1.  第36回日本脳腫瘍病理学会  (副会長 村垣 善浩  )  ,東京都  2018/09
2.  第15回がんワクチン療法研究会  (会長 村垣 善浩  )  ,東京都  2018/11
3.  第28回日本光線力学学会 学術講演会  (会長 村垣 善浩  )  ,東京都  2018/11
ページの先頭へ
■ 受賞学術賞
1.  堀瀬友貴 2017年度日本機械学会奨励賞(研究)
2.  秋元 渓 日本材料科学会, 若手奨励賞(ポスター発表部門)
3.  中園一紀 TWIns10周年記念東京女子医科大学・早稲田大学ジョイントシンポジウム, ポスター賞
4.  上本詩織 TWIns10周年記念東京女子医科大学・早稲田大学ジョイントシンポジウム, ポスター賞
5.  大矢貴史 日本画像学会, 研究奨励賞
全件表示(16件)
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  AIと医療(村垣 善浩コメント) 【朝日新聞 12版】180917 扉 27面 科学の扉「想定外」を考える AI医療で手術ミス
2.  FATS 【日本医科器械新聞】180621 1面医療技術、医療機器産業の明日を考える・3面 第93回日本医療機器学会大会総合展示会メディカルショージャパン&ビジネスエキスポ2018
3.  FATS SCOT 【AMED Web】190207 スマート治療室が第1回日本オープンイノベーション大賞 厚生労働大臣賞を受賞!!
4.  FATS SCOT 【CNET Japan】190206 東京女子医科大学やデンソーら、スマート治療室開発で「厚生労働大臣賞」
5.  FATS SCOT 【MONOist】190404 自動車に次ぐ輸出産業となるか、「スマート治療室」の最上位モデルが完成
全件表示(68件)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 17 2 8 19 24 42  0 17 0 2  65 108  35 21  13 11
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. SAITO Taiichi, MURAGAKI Yoshihiro, TAMURA Manabu, MARUYAMA Takashi, NITTA Masayuki, TSUZUKI Shunsuke, FUKUCHI Satoko, OHASHI Mana, KAWAMATA Takakazu:  Awake craniotomy with transcortical motor evoked potential monitoring for resection of gliomas in the precentral gyrus: utility for predicting motor function.  Journal of neurosurgery  [Epub ahead of print] (**) :e1-e11 , 2019.3   DOI:10.3171/2018.11.JNS182609.
2. GOMEZ-TAMES Jose, HIRATA Akimasa, TAMURA Manabu, MURAGAKI Yoshihiro:  Corticomotoneuronal Model for Intraoperative Neurophysiological Monitoring During Direct Brain Stimulation.  International journal of neural systems  29 (1) :1850026 , 2019.2   DOI:10.1142/s0129065718500260
3. HORI Hiroki, YAMAGUCHI Toshio, KONISHI Yoshiyuki, TAIRA Takaomi, MURAGAKI Yoshihiro:  Correlation between fractional anisotropy changes in the targeted ventral intermediate nucleus and clinical outcome after transcranial MR-guided focused ultrasound thalamotomy for essential tremor: results of a pilot study.  Journal of neurosurgery  [Epub ahead of print] :e1-e6 , 2019.2   DOI:10.3171/2018.10.JNS18993
4. RYU Bikei, SEKINE Hidekazu, HOMMA Jun, KOBAYASHI Tomonori, KAWAMATA Takakazu, SHIMIZU Tatsuya:  Allogeneic adipose-derived mesenchymal stem cell sheet that produces neurological improvement with angiogenesis and neurogenesis in a rat stroke model.  Journal of neurosurgery  :Epub ahead of print , 2019.2   DOI:10.3171/2018.11.JNS182331
5. OKA Masatoshi, SEKIYA Sachiko, SAKIYAMA Ryoichi, SHIMIZU Tatsuya*, NITTA Kosaku:  Hepatocyte Growth Factor-Secreting Mesothelial Cell Sheets Suppress Progressive Fibrosis in a Rat Model of CKD.  Journal of the American Society of Nephrology : JASN  30 (2) :261-276 , 2019.2   DOI:10.1681/ASN.2018050556.
全件表示(58件)
総説及び解説
1. 村上大輔, 大木岳志, 高木 亮, 原田英明, 天野祐二, 大和雅之:  (特集 再生医療を学ぶ-Translational researchの再先端-)口腔粘膜上皮細胞シート移植による食道粘膜再生.  消化器病学サイエンス  3 (1) :32-37 , 2019.3
2. 村垣善浩, 新田雅之:  (7)グレード2神経膠腫に対する治療方針-手術・放射線治療・化学療法-.  脳神経外科  47 (2) :147-158 , 2019.2   DOI:10.11477/mf.1436203913
3. 伊関洋, 村垣善浩, 正宗賢, 田村学, 岡本淳, 小林英津子, 生田聡子, 堀瀬友貴, 楠田佳緒:  脳神経外科と医工融合による医療機器開発.  脳神経外科  47 (2) :169-178 , 2019.2   DOI:10.11477/mf.1436203915
4. NIKI Chiharu, KUMADA Takatsune , MARUYAMA Takashi, MURAGAKI Yoshihiro:  Role of Frontal Functions in Executing Routine Sequential Tasks.  Frontiers in Psychology  10 :169 , 2019.2   DOI:10.3389/fpsyg.2019.00169 Link
5. TAKAHASHI Hironobu*, OKANO Teruo:  Thermally-triggered fabrication of cell sheets for tissue engineering and regenerative medicine.  Advanced drug delivery reviews  138 (1) :276-292 , 2019.1   DOI:10.1016/j.addr.2019.01.004
全件表示(21件)
症例報告
1. SAITO Taiichi, MURAGAKI Yoshihiro, SHIOYAMA Takahiro, KOMORI Takashi, MARUYAMA Takashi, NITTA Masayuki, YASUDA Takayuki, HOSONO Junji, OKAMOTO Saori, KAWAMATA Takakazu:  Malignancy Index Using Intraoperative Flow Cytometry is a Valuable Prognostic Factor for Glioblastoma Treated With Radiotherapy and Concomitant Temozolomide.  Neurosurgery  84 (3) :662-672 , 2019.3   DOI:10.1093/neuros/nyy089
2. ISHIGURO Taichi, NITTA Masayuki, KOMORI Takashi, MARUYAMA Takashi, MURAGAKI Yoshihiro, KAWAMATA Takakazu:  Transient Focal MRI Abnormalities after Status Epilepticus Showed 11C-Methionine Uptake with PET in a Patient with Cerebral Cavernous Malformation.  World neurosurgery  114 :43-46 , 2018.6   DOI:10.1016/j.wneu.2018.03.020
その他
1. 村垣善浩:  大会後記 第28回日本光線力学学会 学術講演会.  JPA 日本光線力学学会 NEWS LETTER  (20) :2 , 2019.3
2. 村垣善浩, 新田雅之:  初発膠芽腫に対する光線力学的療法.  光アライアンス  30 (3) :34-37 , 2019.3
3. 堀瀬友貴:  医工学研究を始めたきっかけ.  日本機械学会誌  122 (1204) :50 , 2019.3
4. 荒井保明, 鈴木由香, 村垣善浩, 森光敬子:  医療機器の開発と臨床研究法.  医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス  49 (12) :788-804 , 2018.12
5. MATSUOKA Go, EGUCHI SEIICHIRO, ANAMI Hidenori, ISHIKAWA Tatsuya, YAMAGUCHI Koji, NITTA Masayuki, MURAGAKI Yoshihiro, KAWAMATA Takakazu:  Ultrarapid evaluation of meningioma malignancy by intraoperative flow cytometry.  World neurosurgery  120 :320-327 , 2018.12   DOI:10.1016/j.wneu.2018.08.084
全件表示(13件)
ページの先頭へ
■ 著書
1. 高木亮, 大和雅之:  特定細胞加工物 / 再生医療等製品の安全性.  テキストブック 再生医療 ~創る、行う、支える~  188-200.  一般社団法人 日本再生医療学会,  東京, 2019.3 Link
2. 丸山隆志, 村垣善浩:  Transcortical approach.  新 脳神経外科手術のための解剖学  24-45.  メジカルビュー社,  東京都, 2019.1 Link
3. 齋藤太一, 村垣善浩:  グリオーマの再手術.  新NS NOW 16 Neurosurgical Re-Operations 脳神経外科における再手術・再治療  68-79.  メジカルビュー社,  東京, 2018.12 Link
4. 大和雅之:  第11項 再生医療等製品の製剤化技術(細胞シート技術を中心に).  バイオロジクスの開発と品質・安全性確保  337-343.  株式会社エル・アイ・シー,  東京, 2018.12
5. 仁木千晴:  系列行為障害症候群の考えかた.  行為と動作の障害  21-34.  新興医学出版社,  東京, 2018.12
全件表示(19件)
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. 松浦勝久, 佐々木大輔, 清水達也: Functional assessment of human bioengineered cardiac tissues in hypoxia and re-oxygenized environment for understanding myocardial functional recovery in heart failure.  第83回日本循環器学会学術集会,  横浜,  2019/03
2. ◎TAMURA Manabu: State-of-Art Neurosurgical Oncorogy -SCOT-.  WFNS Neuro-oncology Symposium-Developing Neuro-oncology,  Mumbai, India,  2019/03
3. ◎TAMURA Manabu: Intraoperative examination monitor for awake surgery (IEMAS) system lecture and demonstration.  Masterclass in Neurosurgical Oncology,  Mumbai, India,  2019/03
4. OKANO Teruo: Cell Sheet Tissue Engineering Regenerative Therapy for Clinical Applications and Their Advancement.  KUMP International Symposium,  Osaka, Japan,  2019/01 Link
5. ◎Ohtomo Haruki, Ohya Takashi, Kikuchi Tetsutaro, Sasaki Daisuke, Shimizu Tatsuya, Matsuura Katsuhisa, Fukuda Kenjiro, Someya Takao, Umezu Shinjiro: Fundamental study for measuring contractile force of cardiomyocytes by using ultraflexible film.  24th International Symposium on Artificial Life and Robotics (AROB 24th 2019),  Beppu, Japan,  2019/01
全件表示(253件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者