<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度
 先端生命医科学研究所
概要 当該年度の研究費受入状況 当該年度の主催学会・研究会
受賞学術賞 社会における活動 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   有賀 淳
   清水 達也
   村垣 善浩
   大和 雅之
   正宗 賢
   ジヤン レジス
   バエ ハン
准教授:
   岩田 隆紀
   松浦 勝久
   小林 英津子
講師:
   秋山 義勝
   小林 純
   関根 秀一
   高橋 宏信
   中山 正道
   岡本 淳
   チエルノフ ミハイル
   原口 裕次
   鷲尾 薫
助教:
   菊地 鉄太郎
   関谷 佐智子
   高木 亮
   増田 信奈子
   本間 順
   生田 聡子
   楠田 佳緒
   小西 良幸
   佐々木 大輔
   仁木 千晴

   堀瀬 友貴
   前田 真法
■ 概要
先端生命医科学研究所
東京女子医科大学・先端生命医科学研究所は、昭和44(1969)年5月1日に、“医用技術研究施設”として、初代施設長・三浦茂教授のもとに発足した。昭和51(1976)年5月に櫻井靖久教授が施設長に就任し、施設名を医用工学研究施設に改め、今日の基盤を確立させた。平成11(1999)年4月には岡野光夫教授が施設長を引き継ぎ、平成13(2001)年4月大学院の先端生命医科学系専攻の設立と同時に施設名を現在の名称に改め、医学と工学のさらなる融合を行う体制を確立した。平成28(2016)年4月から清水達也教授が所長となり、以下の活動を行っている。
 2001年に大学院医学研究科に先端生命医科学専攻を新設し、その研究拠点を先端生命医科学研究所でスタートさせている。先端工学外科、遺伝子医学、代用臓器学、再生医工学、統合医科学の5分野からなり博士(医学)を取得した本専攻の修了生を医学と工学の両領域で輩出している。
 先端医療テクノロジーと医学の融合の重要性に着目した研究活動を展開し、オリジナルでユニークな研究成果を上げてきている。現在までの研究所のあゆみは下表に示すように、医学と工学の連携を基盤としており、大型国家プロジェクトを中心に新しい教育・研究を実施し、Nature, News Weekなど著名な雑誌に紹介されるなど世界的な評価を受けている。


先端生命医科学研究所
先端工学外科分野
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  【AMED】未来医療を実現する医療機器・システム研究開発事業  (研究課題番号:18he0702249h0005)
 研究課題:立体造形による機能的な生体組織製造技術の開発  (研究代表者:清水達也)
 研究補助金:96,684,338円  (代表)
2.  【AMED】再生医療の産業化に向けた評価基盤技術開発事業 再生医療の産業化に向けた細胞製造・加工システムの開発  (研究課題番号:18be0204439h0005)
 研究課題:ヒト多能性幹細胞由来の再生医療製品製造システムの開発(網膜色素上皮・肝細胞)  (研究分担者:清水達也)
 研究補助金:20,000,000円  (分担)
3.  【経産省】先端医療実用化推進事業
 研究課題:細胞シート再生医療の沖縄での臨床応用および周辺領域への治療提供に向けた再生医療インフラ構築に関わる研究  (研究分担者:大和雅之)
 研究補助金:975,000円  (分担)
4.  【AMED】未来医療を実現する医療機器・システム研究開発事業 スマート治療室  (研究課題番号:18he0202263h0005)
 研究課題:安全性と医療効率の向上を両立するスマート治療室の開発  (研究代表者:村垣善浩)
 研究補助金:208,875,400円  (代表)
5.  【AMED】未来医療を実現する医療機器・システム研究開発事業  (研究課題番号:18he1602003h0002)
 研究課題:AI Surgery実現のための基盤となる臨床情報解析装置-C.I.A.の開発 C.I.A.構築のためのシステムインテグレーション及び神経膠腫治療計画の策定  (研究代表者:正宗 賢)
 研究補助金:28,004,100円  (代表)
6.  【経産省】工業標準化推進事業(戦略的国際標準化加速事業)  (研究課題番号:SSU外49-859-戦49)
 研究課題:安全性と医療効率を両立するスマート治療室に関する国際標準化  (研究代表者:村垣善浩)
 研究補助金:15,569,024円  (代表)
7.  【AMED】未来医療を実現する医療機器・システム研究開発事業  (研究課題番号:18he1802002h0902)
 研究課題:内視鏡外科手術における暗黙知のデータベース構築と次世代医療機器開発への応用 ~ベンチモデルでの検証  (研究分担者:小林英津子)
 研究補助金:1,300,000円  (分担)
8.  【AMED】医療分野研究成果展開事業  (研究課題番号:18im0302706h0005)
 研究課題:積層化細胞シートを用いた創薬試験用立体組織モデル  (研究分担者:清水達也)
 研究補助金:75,500,000円  (分担)
9.  【JSPS】日中韓フォーサイト事業
 研究課題:難治性疾患の再生医療におけるナノバイオマテリアルと送達技術戦略  (研究代表者:大和雅之)
 研究補助金:3,167,300円  (代表)
10.  【AMED】再生医療実現拠点ネットワークプログラム  (研究課題番号:18bm0804010h0102)
 研究課題:iPS細胞由来心筋細胞を活用した遺伝性拡張型心筋症の病態解明と治療薬開発 1)心筋組織モデルの構築、機能解析  (研究分担者:松浦勝久)
 研究補助金:17,000,000円  (分担)
全件表示(52件)
ページの先頭へ
■ 当該年度の主催学会・研究会
1.  第36回日本脳腫瘍病理学会  (副会長 村垣 善浩  )  ,東京都  2018/09
2.  第15回がんワクチン療法研究会  (会長 村垣 善浩  )  ,東京都  2018/11
3.  第28回日本光線力学学会 学術講演会  (会長 村垣 善浩  )  ,東京都  2018/11
ページの先頭へ
■ 受賞学術賞
1.  堀瀬友貴 2017年度日本機械学会奨励賞(研究)
2.  秋元 渓 日本材料科学会, 若手奨励賞(ポスター発表部門)
3.  中園一紀 TWIns10周年記念東京女子医科大学・早稲田大学ジョイントシンポジウム, ポスター賞
4.  上本詩織 TWIns10周年記念東京女子医科大学・早稲田大学ジョイントシンポジウム, ポスター賞
5.  大矢貴史 日本画像学会, 研究奨励賞
6.  大矢貴史 日本画像学会創立60周年記念懸賞論文 佳作
7.  楠田佳緒 22nd Annual Conference of the International Society for Computer, ISCAS-CARS Best Poster Award
8.  大矢貴史 日本機械学会 2018年茨城講演会, 優秀講演発表賞
9.  大矢貴史 第25回材料科学若手研究者討論会, プレゼンテーション賞
10.  岡野光夫 5th TERMIS World Congress 2018, 2018 TERMIS-AP Excellence Achievement Award
全件表示(14件)
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  AIと医療(村垣 善浩コメント) 【朝日新聞 12版】180917 扉 27面 科学の扉「想定外」を考える AI医療で手術ミス
2.  FATS 【日本医科器械新聞】180621 1面医療技術、医療機器産業の明日を考える・3面 第93回日本医療機器学会大会総合展示会メディカルショージャパン&ビジネスエキスポ2018
3.  FATS SCOT 【Med IT Tech】180709 IoTを活用する「スマート治療室」のスタンダードモデル、臨床研究開始
4.  FATS SCOT 【Medical Tribune】180719 これが次世代の治療室だ 医療器機・設備を連携、情報を一元管理
5.  FATS SCOT 【ロボスタ】180709 【速報】AMED、IoTを活用した最先端「スマート治療室」のスタンダードモデルの臨床研究の開始を発表
6.  FATS SCOT 【ロボスタ】180711 これが未来の先端医療「スマート治療室」だ!東京女子医大の「SCOT ハイパーモデル」手術室を報道陣に公開
7.  FATS SCOT 【医療タイムス(全国版)№2360】180723 P10「スマート治療室」で手術開始
8.  FATS SCOT 【医療タイムス(長野県版)】180720 スマート治療室運用開始 信大 室外の医師がサポート
9.  FATS SCOT 【映像情報Medical 8月号】TOPICS 「スマート治療室」のスタンダードモデルが臨床研究開始  50巻9号 p86
10.  FATS SCOT 【共同通信】180721 手術用「スマート治療室」完成 医療機器連携でミス削減
全件表示(44件)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 13 1 4 16 21 30  0 12 0 2  46 69  31 14  9 5
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. HARAGUCHI Yuji, MATSUURA Katsuhisa, KAGAWA Yuki, HASEGAWA Akiyuki, KUBO Hirotsugu, SHIMIZU Tatsuya*:  Rapid creation system of morphologically and functionally communicative three-dimensional cell-dense tissue by centrifugation.  Biotechnology progress  34 (6) :1447-1453 , 2018.12
2. NAKAJIMA Reiko, NAGAO Michinobu, OHASHI Ryoko, MURAGAKI Yoshihiro, NITTA Masayuki, MARUYAMA Takashi, KOMORI Takashi, ABE Kouichiro, KAWAMATA Takakazu, SAKAI Sakai Shuji:  Modified fractal analysis of methionine positron emission tomography images for predicting prognosis in newly diagnosed patients with glioma.  Nuclear medicine communications  39 (12) :1165-1173 , 2018.12
3. MASUDA Shinako, MATSUURA Katsuhisa*, SHIMIZU Tatsuya:  Preparation of iPS cell-derived CD31+ endothelial cells using three-dimensional suspension culture.  Regenerative Therapy  9 :*1-9 , 2018.12
4. IWATA Takanori*, YAMATO Masayuki, WASHIO Kaoru, YOSHIDA Toshiyuki, TSUMANUMA Yuka, YAMADA Azusa, ONIZUKA Satoru, ISHIKAWA Isao, ANDO Tomohiro, OKANO Teruo*, IZUMI Yuichi:  Periodontal regeneration with autologous periodontal ligament-derived cell sheets - A safety and efficacy study in ten patients.  Regenerative Therapy  9 :38-44 , 2018.12
5. KIKUCHI Tetsutaro, KINO-OKA Masahiro, WADA Masanori, KOBAYASHI Toyoshige, KATO Midori, TAKEDA Shizu, KUBO Hirotsugu, OGAWA Tatsuya, SUNAYAMA Hironobu, TANIMOTO Kazuhito, MIZUTANI Manabu, SHIMIZU Tatsuya*, OKANO Teruo:  A novel, flexible and automated manufacturing facility for cell-based health care products: Tissue Factory.  Regenerative Therapy  9 :89-99 , 2018.12
6. SAITO Taiichi, MURAGAKI Yoshihiro, TAMURA Manabu, MARUYAMA Takashi, NITTA Masayuki, SUZUKI Takashi, KAWAMATA Takakazu:  Impact of connectivity between the pars triangularis and orbitalis on identifying the frontal language area in patients with dominant frontal gliomas.  Neurosurgical review  ** (**) :**Epub ahead of print , 2018.11
7. GOMEZ-TAMES Jose, KUTSUNA Takaharu, TAMURA Manabu, MURAGAKI Yoshihiro, HIRATA Akimasa:  Intraoperative direct subcortical stimulation: comparison of monopolar and bipolar stimulation.  Physics in Medicine & Biology  63 (22) :225013 , 2018.11
8. GOTO Tetsuya, HONGO KazuhiroK, OGIWARA Toshihiro, NAGM Alhusain, OKAMOTO Jun, MURAGAKI Yoshihiro, KAWTON Michael, McDERMOTT Michael, BERGER Mitchel:  Intelligent Surgeon's Arm Supporting System iArmS in Microscopic Neurosurgery Utilizing Robotic Technology.  World neurosurgery  119 :e661-e665 , 2018.11
9. 金子一朗, 貝淵信之, 管野貴浩, 辰己博人, 松田悠平, 狩野正明, 秀島克己, 岩田隆紀:  口蓋全層欠損への創傷被覆再建材料としての歯肉由来間葉系細胞シートの有用性に関する検討.  バイオインテグレーション学会誌  8 :111-118 , 2018.10
10. MORITANI Y, USUI M*, SANO K, NAKAZAWA K, HANATANI T, NAKATOMI M, IWATA T, SATO T, ARIYOSHI W, NISHIHARA T, NAKASHIMA K.:  Spheroid culture enhances osteogenic potential of periodontal ligament mesenchymal stem cells.  Journal of periodontal research  53 (5) :870-882 , 2018.10
全件表示(44件)
総説及び解説
1. 正宗賢:  特集 機械工学が拓くIoT技術 メディカルIoT 治療室内IoTを中心に.  日本機械学会誌  120 (1201) :6-9 , 2018.12
2. 岡本淳, 正宗賢, 伊関洋, 村垣善浩:  治療の標準化・高度均てん化を実現するスマート治療室の開発.  光技術コンタクト  56 (11) :3-11 , 2018.11
3. 村垣善浩, 岡本淳, 正宗賢:  進化する手術室「スマート治療室SCOT」.  日本医師会雑誌  147 (8) :1614-1618 , 2018.11
4. KOBAYASHI Jun, AKIYAMA Yoshikatsu, YAMATO Masayuki, SHIMIZU Tatsuya, OKANO Teruo:  Design of temperature-responsive cell culture surfaces for cell sheet-based regenerative therapy and 3D tissue fabrication.  Advances in Experimental Medicine and Biology  1078 :371-393 , 2018.10 Link
5. WASHIO Kaoru, ISHIKAWA Isao*, YANO Kosei, IWASAKI Kengo, TUMANUMA Yuuka:  Innovative Potential of Periodontal Ligament Cell Sheet Engineering in Functional Implant Therapy.  Innovation in Tissue Engineering & Regenerative Medicine  1 (2) :1-4 , 2018.10 Link
6. KOMAE Hyoe, ONO Minoru, SHIMIZU Tatsuya*:  Cell Sheet-Based Vascularized Myocardial Tissue Fabrication.  European surgical research. Europaische chirurgische Forschung. Recherches chirurgicales europeennes  59 (3-4) :276-285 , 2018.9
7. MATSUURA Katsuhisa:  Toward the Development of Novel Therapy for Hypertrophic Cardiomyopathy.  International Heart Journal  59 (5) :914-916 , 2018.9
8. 松浦勝久:  心不全治療のための補助循環を目指した移植用心筋組織開発.  循環器専門医  27 :9-18 , 2018.8
9. 中村亮一, 正宗賢:  手術ロボット・マニピュレータ.デバイスの研究開発動向.  日本コンピュータ外科学会誌  20 (3) :126-128 , 2018.8
10. 岡本淳, 正宗賢, 伊関洋, 村垣善浩:  手術室のオープンインテグレーションの動向.  日本コンピュータ外科学会誌  20 (3) :129-130 , 2018.8
全件表示(14件)
症例報告
1. ISHIGURO Taichi, NITTA Masayuki, KOMORI Takashi, MARUYAMA Takashi, MURAGAKI Yoshihiro, KAWAMATA Takakazu:  Transient Focal MRI Abnormalities after Status Epilepticus Showed 11C-Methionine Uptake with PET in a Patient with Cerebral Cavernous Malformation.  World neurosurgery  114 :43-46 , 2018.6
その他
1. 荒井保明, 鈴木由香, 村垣善浩, 森光敬子:  医療機器の開発と臨床研究法.  医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス  49 (12) :788-804 , 2018.12
2. MATSUOKA Go, EGUCHI SEIICHIRO, ANAMI Hidenori, ISHIKAWA Tatsuya, YAMAGUCHI Koji, NITTA Masayuki, MURAGAKI Yoshihiro, KAWAMATA Takakazu:  Ultrarapid evaluation of meningioma malignancy by intraoperative flow cytometry.  World neurosurgery  120 :320-327 , 2018.12
3. MURAGAKI Yoshihiro(SCOT):  Ultrasound and nanobots-a deadly duo against cancer.  Nature  563 (7731) :--- , 2018.11
4. 村垣善浩:  「スマート治療室」のスタンダードモデルが臨床研究開始.  映像情報  50 (9) :86-86 , 2018.8
5. 大和雅之:  巻頭言「未承認再生医療提供問題」の解決と国民の啓発は学会の義務である.  再生医療  17 (3) :1-1 , 2018.8
6. 楠田佳緒:  学会印象記 「第41回未来医学研究会大会」.  再生医療  17 (3) :82-83 , 2018.8
7. 小林英津子:  コンピュータ外科と男女共同参画.  日本コンピュータ外科学会誌  20 (3) :119-119 , 2018.8
8. 楠田佳緒:  CAS2018参加報告.  日本コンピュータ外科学会誌  20 (3) :161-162 , 2018.8
9. GOMEZ-TAMES Jose, HIRATA Akimasa, TAMURA Manabu, MURAGAKI Yoshihiro:  Corticomotoneuronal Model for Intraoperative Neurophysiological Monitoring During Direct Brain Stimulation.  International journal of neural systems  :Epub ahead of print-** , 2018.6
10. 正宗賢:  医理工融合で持続的医療機器創出を目指す東京女子医科大学先端工学外科学研究室(FATS).  日本コンピュータ外科学会誌  20 (2) :96-98 , 2018.5
全件表示(12件)
ページの先頭へ
■ 著書
1. 仁木千晴:  系列行為障害症候群の考えかた.  行為と動作の障害  21-34.  新興医学出版社,  東京, 2018.12
2. 関根秀一:  3次元組織構築のためのバイオリアクタの開発.  細胞培養加工施設の構築と運営管理の省力・省コスト化  179-185.  (株)技術情報協会,  東京, 2018.10 Link
3. 菊地鉄太郎:  細胞加工の工程自動化システム『組織ファクトリー』.  細胞培養加工施設の構築と運営管理の省力・省コスト化  259-268.  技術情報協会,  東京都, 日本, 2018.10
4. 村垣善浩, 丸山隆志:  IV 深部白質線維を考慮した外科手術 1.手術 2)側頭葉白質.  カダバーと動画で学ぶ脳深部アプローチ  175-186.  中外医学社,  東京都, 2018.10 Link
5. 大和雅之:  ティッシュ・エンジニアリング研究最前線.  先進医療NAVIGATOR 再生医療・細胞医療の研究と産業化の最前線  10-13.  日本医学出版,  東京, 2018.7
6. 岩田隆紀, 鬼塚理:  歯周組織・顎骨の再生治療の最先端研究と今後の課題.  先進医療 NAVIGATOR 再生医療・細胞医療の研究と産業化の最前線  76-79.  日本医学出版,  東京, 日本, 2018.7
7. NAGASE Kenichi, YAMATO Masayuki, OKANO Teruo:  Temperature-responsive Polymers for Tissue Engineering.  Temperature-Responsive Polymers: Chemistry, Properties, and Applications  301-312.  John Wiley & Sons,  USA, 2018.7 Link
8. 正宗賢, 楠田佳緒, 堀瀬友貴, 岡本淳, 伊関洋, 村垣善浩, 吉光喜太郎:  第8章 IoT・ICTを応用した今後の医療機器開発
1節  IoT・ビッグデータ活用による「スマート治療室」の開発.  最先端医療機器の病院への普及展望と今後の製品開発  415-421.  技術情報協会,  東京都, 2018.5 Link
9. 清水達也, 菊地鉄太郎:  細胞シート工学を基盤とした立体臓器製造技術.  再生医療・創薬のための3次元細胞培養技術  8-19.  シーエムシー出版,  東京都,日本, 2018.4
10. 村垣善浩, 田村学, 伊関洋:  医療情報誘導手術の近未来.  人間関係教育と行動科学テキストブック(第3版) ―「至誠と愛」の実践学修  269-273.  三恵社,  東京都, 2018.4
全件表示(14件)
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Matsuuta Katsuhisa: Development of scalable 3D suspension bioreactor system for human iPS cell expansion and differentiation.  The 31st Annual and International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT2018 Tsukuba),  Tsukuba, Japan,  2018/11
2. ◎SHIMIZU Tatsuya: Fabrication of Vascularized Tree-Dimensional(3-D) Tissues.  4th Stem Cells and Cellular Terapy Conference,  Riyadh, Saudi Arabia,  2018/10
3. ◎Matsuura Katsuhisa: Identification of the tissue specific phenotypes of heart-derived fibroblasts for tissue engineering.  4th Stem Cells and Cellular Therapy Conference,  Riyadh, Saudi Arabia,  2018/10
4. ◎Matsuura Katsuhisa: Development of human cardiac tissue from iPS cells for transplantation.  4th Stem Cells and Cellular Therapy Conference,  Riyadh, Saudi Arabia,  2018/10
5. ◎SHIMIZU Tatsuya: Recent Advances in Cell Sheet-Based Tissue Engineering.  4th Stem Cells and Cellular Therapy Conference,  Riyadh, Saudi Arabia,  2018/10
6. ◎SHIMIZU Tatsuya: Myocardial Tissue Engineering for Regenerative Therapy and Drug Screening.  The 2nd JCS Council Forum an Basic CardioVascular Research,  Nara, Japan,  2018/09
7. ◎TAKAHASHI Hironobu, SHIMIZU Tatsuya, YAMATO Masayuki, OKANO Teruo: Engineering a functional muscle tissue using a fibrin-based gel for tissue modeling.  29th Annual Conference of the European Society for Biomaterials,  Maastricht, Netherland,  2018/09
8. ◎YAMATO Masayuki, EGAMI Mime, CRUMMOND Michael: The Application of Indication Based Princint to Regenerative Medicine Therapies: An Interactive Workshop.  ISPOR Aisa Pacific 2018,  Tokyo,  2018/09
9. TAKAHASHI Hironobu, SHIMIZU Tatsuya, YAMATO Masayuki, OKANO Teruo: Functionalization of a human skeletal muscle tissue construct using a fibrin-based gel for tissue modeling.  5th TERMIS World Congress,  Kyoto, Japan,  2018/09
10. ◎Sasaki Daisuke, Matsuura Katsuhisa, Haraguchi Yuji, Kagawa Yuki, Shioyama Takahiro, Kubo Hirotsugu, Shimizu Tatsuya: Contractile Force Measurement of Human iPS Cell-Derived Cardiac Cell Sheet-Tissues and Its Application to In Vitro Drug Testing.  5th TERMIS World Congress,  Kyoto, Japan,  2018/09
全件表示(174件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者