<<< 前 2014年度 2015年度 2016年度 | 2017年度 | 2018年度 次 >>>
 先端生命医科学研究所
概要 当該年度の研究費受入状況 当該年度の主催学会・研究会
受賞学術賞 社会における活動 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   有賀 淳
   清水 達也
   村垣 善浩
   大和 雅之
   正宗 賢
   ジヤン レジス
准教授:
   岩田 隆紀
   南部 恭二郎
   松浦 勝久
講師:
   秋山 義勝
   小林 純
   関根 秀一
   田村 学
   中山 正道
   長瀬 健一
   大脇 敏之
   岡本 淳
   金井 信雄
   チエルノフ ミハイル
   原口 裕次
   鷲尾 薫
助教:
   菊地 鉄太郎
   関谷 佐智子
   高木 亮
   高橋 宏信
   増田 信奈子
   生田 聡子
   小西 良幸
   佐々木 大輔
   唐 中嵐
   仁木 千晴

   堀瀬 友貴
   前田 真法
   吉光 喜太郎
■ 概要
先端生命医科学研究所
東京女子医科大学・先端生命医科学研究所は、昭和44(1969)年5月1日に、“医用技術研究施設”として、初代施設長・三浦茂教授のもとに発足した。昭和51(1976)年5月に櫻井靖久教授が施設長に就任し、施設名を医用工学研究施設に改め、今日の基盤を確立させた。平成11(1999)年4月には岡野光夫教授が施設長を引き継ぎ、平成13(2001)年4月大学院の先端生命医科学系専攻の設立と同時に施設名を現在の名称に改め、医学と工学のさらなる融合を行う体制を確立した。平成28(2016)年4月から清水達也教授が所長となり、以下の活動を行っている。
 2001年に大学院医学研究科に先端生命医科学専攻を新設し、その研究拠点を先端生命医科学研究所でスタートさせている。先端工学外科、遺伝子医学、代用臓器学、再生医工学、統合医科学の5分野からなり博士(医学)を取得した本専攻の修了生を医学と工学の両領域で輩出している。
 先端医療テクノロジーと医学の融合の重要性に着目した研究活動を展開し、オリジナルでユニークな研究成果を上げてきている。現在までの研究所のあゆみは下表に示すように、医学と工学の連携を基盤としており、大型国家プロジェクトを中心に新しい教育・研究を実施し、Nature, News Weekなど著名な雑誌に紹介されるなど世界的な評価を受けている。



先端生命医科学研究所
先端工学外科分野
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  【AMED】医療機器開発推進研究事業
 研究課題:集束超音波治療機器とドラッグデリバリーシステムを組合せた音響力学的療法の実用化開発  (研究代表者:村垣善浩)
 研究補助金:47,960,000円  (代表)
2.  【AMED】研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)
 研究課題:研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)  (研究分担者:清水達也)
 研究補助金:65,500,000円  (分担)
3.  【AMED】国産医療機器創出促進基盤等整備事業
 研究課題:医療機器の企業Finisher人材を創出する座学・実学融合プログラム  (研究代表者:村垣善浩)
 研究補助金:6,650,000円  (代表)
4.  【AMED】再生医療の産業化に向けた細胞製造・加工システムの開発
 研究課題:再生医療の産業化に向けた細胞製造・加工システムの開発/ヒト多能性幹細胞由来の再生医療製品製造システムの開発(網膜色素上皮・肝細胞)  (研究分担者:清水達也)
 研究補助金:20,000,000円  (分担)
5.  【AMED】再生医療の産業化に向けた評価基盤技術開発事業
 研究課題:体性幹細胞シート製品における迅速品質管理法の開発  (研究代表者:金井信雄)
 研究補助金:40,280,000円  (代表)
全件表示(49件)
ページの先頭へ
■ 当該年度の主催学会・研究会
1.  第15回 日本超音波治療研究会  (会長 村垣 善浩  )  ,東京都  2016/11
ページの先頭へ
■ 受賞学術賞
1.  FATS 治療室のモデルルーム [スマートサイバー治療室] 2016年 GOOD DESIGN AWARD
2.  岡本淳・堀瀬友貴 第17回計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会SI2016 優秀講演賞 ”ORiNを用いた...”
3.  高橋宏信 日本バイオマテリアル学会 科学奨励賞
4.  秋元渓 文部科学省 第6回サイエンス・インカレ ファーウェイ賞
5.  宿輪理紗 第65回高分子討論会 高分子学会優秀ポスター賞
全件表示(19件)
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  FATS SCOT 【日刊工業新聞】2017.03.13(月)”新光源有機EL照明の魅力 健康と光と色 OLED照明の生理学的効果”
2.  FATS SCOT 【日経デジタルヘルス】2017.01.18(水)”人工知能は敵か味方か--術中の患者情報をリアルタイムで収集・分析”
3.  FATSのスマート治療室 【読売新聞 夕刊15面】2016.06.17(金)”スマート治療室 診断も  東京女子医科大学”
4.  FATSのスマート治療室 【日刊工業新聞 夕刊2面】20116.06.17(金)”IOT活用の医療機器公開 AMED  東京女子医科大学”
5.  FATSのスマート治療室 【日本経済新聞 夕刊16面】20116.06.17(金)”最新鋭!スマート治療室  東京女子医科大学”
全件表示(32件)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 22 10 13 13 19 32  0 18 0 4  83 137  58 40  8 14
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. MIHARA Yuichiro, MATSUURA Katsuhisa*, SAKAMOTO Yoshihiro, OKANO Teruo, KOKUDO Norihiro, SHIMIZU Tatsuya:  Production of pancreatic progenitor cells from human induced pluripotent stem cells using a three-dimensional suspension bioreactor system.  Journal of Tissue Engineering and Regenerative Medicine  11 (11) :3193-3201 , 2017.3   DOI:10.1002/term.2228
2. Komae Hyoe, Sekine Hidekazu, Dobashi Izumi, Matsuura Katsuhisa, Ono Minoru, Okano Teruo, Shimizu Tatsuya*:  Three-dimensional functional human myocardial tissues fabricated from induced pluripotent stem cells.  Journal of tissue engineering and regenerative medicine  11 (3) :926-935 , 2017.3   DOI:10.1002/term.1995
3. KOSHINO Kurodo, TAKAGI Ryo, KANAI Nobuo, YAMATO Masayuki*, OKANO Teruo, YAMAMOTO Msakazu:  Establishment of production method of small intestinal epithelial cell sheets under two-dimensional cell cilture.  Resarch Journal of Life Sciences, Bioinfomatics, Pharmaceutical and Chemical Sciences  2 (6) :71-84 , 2017.3   DOI:10.26479/2017.0206.06
4. SETA Hiroyoshi, MATSUURA Katsuhisa*, SEKINE Hidekazu, YAMAZAKI Kenji, SHIMIZU Tatsuya:  Tubular Cardiac Tissues Derived from Human Induced Pluripotent Stem Cells Generate Pulse Pressure In Vivo.  Scientific Reports  7 :45499 , 2017.3   DOI:10.1038/srep45499
5. ALSAYEGH Khaled, MATSUURA Katsuhisa*, SEKINE Hidekazu, SHIMIZU Tatsuya:  Dinaciclib potently suppresses MCL-1 and selectively induces the cell death in human iPS cells without affecting the viability of cardiac tissue.  Scientific Reports  7 :45577 , 2017.3   DOI:10.1038/srep45577.
全件表示(51件)
総説及び解説
1. 関根秀一:  未来医療実現を目指した補助ポンプ型心筋組織の開発.  未来医学  30 :27-31 , 2017.3
2. 松浦勝久*:  iPS細胞を用いた再生医療の実現に向けた取り組み.  未来医学  30 :35-42 , 2017.3
3. 田村学, 生田聡子, 岡本淳, 吉光喜太郎, 小西良幸, 前田真法, 仁木千晴, チエルノフミハイル, 岸本眞治, 堀瀬友貴, 丸山隆志, 南部恭二郎, 伊関洋, 正宗賢, 村垣善浩:  (TWInsプロジェクト紹介<特集III>)プロジェクトの活動推進状況先端工学外科(FATS)の最新プロジェクト.  未来医学  30 :84-98 , 2017.3   DOI:doi/10.20780/00031727
4. 清水達也*:  再生医療に向けた組織・臓器創生.  アレルギー  66 (1) :32-35 , 2017.2
5. 丸山隆志, 村垣善浩, 新田雅之, 都築俊介, 安田崇之, 生田聡子, 川俣貴一:  原発性悪性脳腫瘍に対する光線力学的療法(PDTの臨床).  脳神経外科ジャーナル  25 (11) :895-904 , 2016.11   DOI:doi.org/10.7887/jcns.25.895
全件表示(23件)
症例報告
1. 鎌田ことえ, 丸山隆志, 福島里沙, 小川正樹, 齋藤太一, 新田雅之, 村垣善浩, 尾崎眞:  妊娠中期に診断された左前頭葉悪性神経膠腫に対する治療戦略.  日本神経麻酔集中治療学会プログラム・抄録集  :52-52 , 2016.7
2. 柄武志, 岡本芳晴, 今井志帆, 今井久志, 吉光喜太郎, 村垣善浩, 大崎智弘, 伊藤典彦, 東和生, 村端悠介, 今川智敬:  ナビゲーション下鼓室胞切開術を実施した中耳炎のネコの1例.  日本獣医麻酔外科学雑誌  47 (Suppl.1) :336-336 , 2016.6 Link
その他
1. 秋山義勝:  日中韓フォーサイト事業「難治性疾患の再生治療におけるナノバイオマテリアルと送達技術戦略」の活動報告.  未来医学  30 :99-104 , 2017.3
2. 山崎祐, 清水達也:  細胞シートのこれまでとiPS利用のこれからは?.  循環器内科  81 (2) :195-201 , 2017.2
3. 村垣 善浩 ,岡本淳:  手術の精度と安全性の向上をもたらすスマート治療室「Hyper SCOT」.  Sincere  7 :21-21 , 2017.1
4. KAMATA Kotoe, HAGIHIRA Satoshi, MARUYAMA Takashi, MURAGAKI Yoshihiro, Ozaki Makoto:  Letter to the Editor: The bispectral index is a dimensionless number.  Journal of Neurosurgery  126 (1) :343-345 , 2017.1   DOI:10.3171/2016.3.JNS16774
5. 大和雅之:  臨床研究結果の公表.  再生医療  15 (4) :6-7 , 2016.12
全件表示(16件)
ページの先頭へ
■ 著書
1. 松浦勝久:  培養温度の制御による未分化iPS細胞除去技術の開発.  iPS細胞の安全・高品質な作製技術  46-52.  株式会社技術情報協会,  東京, 2016.10
2. 村垣善浩, 岡本淳:  045  スマート治療室.  日経テクノロジー展望2017 世界を変える100の技術  144-145.  日経BP社,  日本, 2016.10 Link
3. 大和雅之, 今村保忠, 松本卓也, 小林純, 秋山義勝, 武部貴則, 吉川洋史, 水谷武臣, 荏原充宏, 松﨑典弥, 鈴木治, 穴田貴久, 高橋宏信, 坂口勝久, 髙橋一郎, 関谷佐智子, 小島伸彦, 杉浦慎治, 味岡逸樹:    細胞社会学  1-178.  コロナ社,  東京, 2016.9
4. 丸山隆志:  Ⅳ. 脳腫瘍の手術における合併症と対策
・グリオーマの手術
後方言語野近傍の再発神経膠腫に対する摘出症例.  脳神経外科 M&Mカンファランス  278-284.  メジカルビュー社,  東京都, 2016.9 Link
5. Nagase Kenichi, Okano Teruo:  Bioseparation using Thermo-responsive Polymers.  Encyclopedia of Biocolloid and Biointerface Science  220-230.  John Wiley & Sons, Inc.,  Tokyo, Japan, 2016.9
全件表示(22件)
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎YAGAWA Yohsuke, ARUGA Atsushi, TAKESHITA Nobuhiro, HIGUCHI Ryota, YAZAWA Takehisa, KOBAYASHI Makio, YAMAMOTO Msakazu: Involvement of chemokine peceptor expression and lymph node metastasis in disral cholangiocarcinoma.  AHPBA2017,  Florida,  2017/03
2. Sakamoto Satoru◎, Matsuura Katsuhisa, Shimizu Tatsuya: Cardiac fibroblasts inhibit angiogenesis in nature through the novel anti-angiogenic responsible gene.  The 81st Annual Scientific Meeting of he Japanese Circulation Society,  Kanazawa, Japan,  2017/03
3. ◎Yamasaki Yu, Matsuura Katsuhisa, Shimizu Tatsuya: Cardiac function analysis using iPS cell-derived bioengineered human cardiac tissues.  The 81st Annual Scientific Meeting of he Japanese Circulation Society,  Kanazawa, Japan,  2017/03
4. ◎MURAGAKI Yoshihiro: Development of Smart Cyber Operating Theater(SCOT)to integrate a multimodal information for precision-guided therapy.  Institude for Engineering in Medicine,  Minnesota,USA,  2017/03
5. ◎Masuda Tsukuru , Mizutani Akimoto Aya , Nagase Kenichi, Okano Teruo, Yoshida Ryo: Design of a gradient self-oscillating polymer brush with controlled unidirectional motion as autonomous nano-actuator.  11th International Gelsymposium (Gelsympo2017),  Chiba, Japan,  2017/03
全件表示(340件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者