<<< 前 2014年度 2015年度 2016年度 | 2017年度 | 2018年度 次 >>>
 循環器内科
概要 当該年度の研究費受入状況 受賞学術賞
社会における活動 学術雑誌 著書
学会発表


教授:
   萩原 誠久
   庄田 守男
   本間 俊一
准教授:
   遠藤 康弘
   小川 洋司
   志賀 剛
講師:
   佐藤 加代子
   高木 厚
   森 文章
   山口 淳一
助教:
   上野 敦子
   江島 浩一郎
   渡邉 絵里
   芦原 京美
   網代 洋一
   新井 清仁
   新井 光太郎
   嵐 弘之
   池田 宏美
   石田 一世
   伊奈 秀高
   井上 完起
   上野 彰子
   植松 庄子
   内田 吉枝

   遠田 賢治
   太田 吉実
   大槻 尚男
   岡田 尚之
   岡山 大
   尾崎 友美
   加藤 丈二
   神島 一帆
   亀山 欽一
   菊池 規子
   喜多村 一孝
   木村 祐也
   栗原 朋宏
   小金井 博士
   小暮 智仁

   琴野 巧裕
   小林 弘
   齋藤 千紘
   坂井 晶子
   指田 由紀子
   島谷 有希子
   下山 祐人
   重城 健太郎
   杉浦 亮
   鈴木 敦
   鈴木 和仁
   鈴木 豪
   鈴木 太
   鈴木 真由美
   関口 治樹

   芹澤 直紀
   高良 綾子
   谷口 藤緒
   谷崎 剛平
   寺嶋 豊
   中尾 優
   中島 りつ子
   西井 明子
   服部 英敏
   春木 伸太郎
   福島 敬子
   藤井 真也
   逸見 隆太
   松山 優子
   水野 雅之

   南 雄一郎
   村崎 理史
   八木 勝宏
   柳下 大悟
   柳下 慈子
   柳原 友里
   山内 貴雄
   山田 典弘
   山田 雄一郎
   山本 真美
   渡辺 絵梨沙
■ 概要
特徴
虚血性心疾患、不整脈、心筋症、心不全、弁膜症および大血管・末梢血管疾患など循環器疾患全般に対する最先端の診断と治療を行っています。
優れた医療技術
特に心筋梗塞・狭心症などの冠動脈疾患や末梢血管疾患に対するカテーテル治療(PCI,PPIなど)、頻脈性不整脈に対するカテーテルアブレーションや植込み型除細動器および重症心不全に対する薬物治療と心臓再同期療法に代表される非薬物治療など、日本で最高水準の医療を提供しております。
外来
初診外来では紹介の有無を問わず患者を積極的に受け入れ、また専門外来では予約システムを整備し、患者サービスの向上に努めています。
Key words
冠動脈造影検査、虚血性心疾患(冠動脈疾患)、急性心筋梗塞症(AMI)、PCI(経皮的冠動脈インターベンション)、カテーテルアブレーション、植込み型除細動器、心臓再同期療法、心不全治療、心臓超音波検査、心臓核医学検査
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 受賞学術賞
1.  菊池規子 日本心臓病学会誌2016年度Case Report Award(最優秀賞)
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  芦原京美 Echo Heart Izumo2016 心臓腫瘍 演者
2.  芦原京美 Thrombo-Ultrasonic Meeting 2017 いろいろ見せます。心臓腫瘍の話 特別講演
3.  芦原京美 一般社団法人日本心エコー図学会第27回学術集会 弁膜症-1 座長
4.  芦原京美 第13回日本心エコー図学会秋期講習会 人工弁 講師
5.  芦原京美 第3回九州心臓弁膜症カンファレンス 弁膜症のNEXT STAGE 座長
全件表示(187件)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 12 6 18 20 11 17  0 12 0 0  4 168  4 31  0 23
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. AKIZUKI Mina*, SERIZAWA Naoki, UENO Atsuko, ADACHI Taku, HAGIWARA Nobuhisa:  Effect of balloon pulmonary angioplasty on respiratory function in patients with chronic thromboembolic pulmonary hypertension.  Chest  151 (3) :643-649 , 2017.3   DOI:10.1016/j.chest.2016.10.002
2. KAWADA-WATANABE Erisa, OGAWA Hiroshi, KOYANAGI Ryo, ARASHI Hiroyuki, YAMAGUCHI Junichi, MATSUI Kunihiko, HAGIWARA Nobuhisa:  Rationale, design features, and baseline characteristics: The Heart Institute of Japan-PRoper level of lipid lOwering with Pitavastatin and Ezetimibe in acute coRonary syndrome (HIJ-PROPER).  Journal of cardiology  69 (3) :536-541 , 2017.3   DOI:10.1016/j.jjcc.2016.05.002
3. EJIMA Koichiro*, HENMI Ryuta, IWANAMI Yuji, YAGISHITA Daigo, SHODA Morio, HAGIWARA Nobuhisa:  Comparison of the Efficacy of Empiric Thoracic Vein Isolation for the Treatment of Paroxysmal and Persistent Atrial Fibrillation in Patients Without Structural Heart Disease.  Journal of cardiovascular electrophysiology  28 (3) :266-272 , 2017.3   DOI:10.1111/jce.13159
4. HIGUCHI Satoshi, SHODA Morio*, HAGIWARA Nobuhisa:  A Unique Ectopic Atrial Rhythm: Where is the Origin?.  Pacing and clinical electrophysiology : PACE  40 (3) :323-325 , 2017.3   DOI:10.1111/pace.13012
5. ALSAYEGH Khaled, MATSUURA Katsuhisa*, SEKINE Hidekazu, SHIMIZU Tatsuya:  Dinaciclib potently suppresses MCL-1 and selectively induces the cell death in human iPS cells without affecting the viability of cardiac tissue.  Scientific Reports  7 :45577 , 2017.3   DOI:10.1038/srep45577.
全件表示(30件)
総説及び解説
1. 志賀剛:  非弁膜症性心房細動患者における抗凝固薬のアドヒアランス.  アプライド・セラピューティクス  8 (2) :9-15 , 2017.3
2. 志賀剛:  【不整脈治療の最近の動向-薬物とデバイスの活用】 慢性心不全例におけるアミオダロンによるリズムコントロール.  カレントテラピー  35 (3) :256-261 , 2017.3
3. 江島浩一郎*:  ペースメーカ, ICD, CRTを受けた患者の社会復帰・就学・就労に関するガイドライン (2013年改訂版).  日本内科学会雑誌  106 (3 別刷) :574-585 , 2017.3
4. 菊池規子, 志賀剛*:  【もう一度心房細動の診療を考える】 基礎心疾患のある心房細動への対処.  Mebio  34 (2) :73-78 , 2017.2
5. 柳下大悟*:  【不整脈のインターベンション治療】 頻拍性不整脈アブレーションの発展 開心術後のアブレーション.  Coronary Intervention  13 (1) :26-30 , 2017.1
全件表示(15件)
症例報告
1. AJIRO Yoichi*, SHIGA Tsuyoshi, SHODA Morio, HAGIWARA Nobuhisa:  Surface electromyography of myopotential oversensing provoked by simultaneous straining and leftward twisting in a patient with an implantable cardioverter defibrillator.  Heart and Vessels  32 (3) :364-368 , 2017.3   DOI:10.1007/s00380-016-0888-9
2. KAWAKATSU Naomi, SUZUKI Atsushi, SERIZAWA Naoki, SUZUKI Tsuyoshi, EJIMA Koichiro, SHIGA Tsuyoshi, FUKUSHIMA Kenji, MOMOSE Mitsuru, UTO Kenta, SHODA Morio, HAGIWARA Nobuhisa:  Isolated cardiac sarcoidosis diagnosed by electroanatomic voltage mapping-guided endomyocardial biopsy combined with magnetic resonance imaging and positron emission tomography.  Journal of Cardiology Cases  14 (4) :107-110 , 2016.10   DOI:http://dx.doi.org/10.1016/j.jccase.2016.06.002
3. TOBITA Takashige, HATTORI Hidetoshi, SERIZAWA Naoki, SUZUKI Tsuyoshi, UTO Kenta, MOMOSE Mitsuru, KAMEYAMA Kaori, SHIGA Tsuyoshi, OKAMOTO Shinichiro, HAGIWARA Nobuhisa:  Cardiac Sarcoidosis Masked by Malignant Lymphoma.  The Canadian journal of cardiology  32 (8) :1039.e11-1039.e13 , 2016.8   DOI:10.1016/j.cjca.2015.09.014
4. SHODA Morio, TAKEUCHI Daiji, MANAKA Tetsuyuki:  Ratchet syndrome in complex congenital heart disease.  Europace : European pacing, arrhythmias, and cardiac electrophysiology : journal of the working groups on cardiac pacing, arrhythmias, and cardiac cellular electrophysiology of the European Society of Cardiology  18 (6) :819 , 2016.6   DOI:10.1093/europace/euw051
5. KIKUCHI Noriko, NUNODA Shinichi*, SERIZAWA Naoki, SUZUKI Atsushi, SUZUKI Tsuyoshi, FUKUSHIMA Kenji, UTO Kenta, SHIGA Tsuyoshi, SHODA Morio, HAGIWARA Nobuhisa:  Combination therapy with corticosteroid and mycophenolate mofetil in a case of refractory cardiac sarcoidosis.  Journal of Cardiology Cases  13 (4) :125-128 , 2016.4   DOI:doi:10.1016/j.jccase.2015.12.008
全件表示(7件)
その他
1. 上塚芳郎:  社会保障と医療経済セミナー 連載第48回 なぜ薬価が高騰するのか.  メディカル・クラーク  22 (251) :14-16 , 2017.3
2. 鈴木 敦, 江島 浩一郎:  【不整脈-その常識は正しいか?-】 心室頻脈性不整脈 その常識は正しいか? 腎不全合併例に用いる抗不整脈薬はアミオダロンのみか?.  救急・集中治療  29 (3-4) :247-252 , 2017.3
3. 萩原 誠久:  心房細動のトータルマネージメント.  心臓  49 (3) :317-320 , 2017.3
4. 松浦 勝久:  iPS細胞を用いた再生医療の実用化に向けた取り組み.  未来医学  (30) :35-43 , 2017.3
5. AKIZUKI Mina, SERIZAWA Naoki, UENO Atsuko, HAGIWARA NOBUHISA:  Response.  Chest  151 (3) :726-727 , 2017.3   DOI:10.1016/j.chest.2017.01.022
全件表示(18件)
ページの先頭へ
■ 著書
1. 江島浩一郎:  chapter Ⅱ 実践 こんなときどうする!? トラブルシューティング
5. 各疾患に共通する合併症
a. 末梢血管トラブル(大腿動静脈の穿刺関連合併症).  カテーテルアブレーションのためのチャートで学ぶトラブルシューティング!  chapter Ⅱ-5-a.  (株)メジカルビュー社,  東京都新宿区, 2017.3
2. 鈴木敦, 江島浩一郎:  Ⅲ 心室頻脈性不整脈 -その常識はただしいか?-
腎不全合併例に用いる抗不整脈薬はアミオダロンのみか?.  不整脈
─その常識は正しいか?─  247-252.  株式会社 総合医学社,  東京都千代田区, 2017.3
3. 宇都健太:  炎症を主病態とする疾患.  診断モダリティとしての心筋病理  80-83.  南江堂,  東京, 2017.3
4. 江島浩一郎:  1.頻脈性不整脈アブレーションの発展
1)上室頻拍のアブレーション.  Coronary Intervention 【特集:不整脈のインターベンション治療】  12-17.  (株)メディアルファ,  東京都渋谷区, 2017.1
5. 柳下大悟:  1.頻脈性不整脈アブレーションの発展
4)開心術後のアブレーション.  Coronary Intervention 【特集:不整脈のインターベンション治療】  26-30.  (株)メディアルファ,  東京都渋谷区, 2017.1
全件表示(12件)
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎TOYOHARA Keiko, NISHIMURA Tomomi, SHODA Morio, BOKU Hitomi: Prophylactic Catheter Ablation of the Arrhythmogenic Substrates for Total Cavo-Pulmonary Connection Candidates.  The 51st Annual Meeting of the Association for European Paediatric and Congenital Cardiology (AEPC2017),  Lyon, FRANCE,  2017/03
2. ◎OOTSUKI Hisao: Predictors for 2-Year Cardiovascular Events After Rotablation in Severe Calcified Lesion.  ACC.2017, 66th Annual Scientific Session & Expo,  Washington, D.C. USA,  2017/03
3. ◎SEKIGUCHI Haruki, SATO Kayoko, KANNO Hitoshi, YAMAMOTO Toshiyuki, HAGIWARA Nobuhisa: Rapid Resolution of Tendon Xanthomas in Elder Heterozygous Familial Hyperchorestelemia Treated With Evolocumab.  ACC. 2017, 66th Annual Scientific Session & Expo,  WASHINGTON, D.C. USA,  2017/03 Link
4. ◎TANAKA Kazuki, JUJO Kentaro, OOTSUKI Hisao, SHIMAZAKI Kensuke, NAKAO Masashi, ARASHI Hiroyuki, YAMAGUCHI Junichi, HAGIWARA Nobuhisa: Novel Utilization of DAPT Score as a Predictor of Long-term Clinical Outcomes in Hemodialysis Patients on Prolonged Dual Antiplatelet Therapy after Coronary Intervention.  ACC. 2017, 66th Annual Scientific Session & Expo,  Washington, D.C. USA,  2017/03
5. ◎SHODA Morio: Advances and role of non-invasive cardiac imaging in catheter ablation of adult congenital heart diseases.  Cardio Rhythm 2017,  Hong Kong,  2017/02
全件表示(230件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者