(最終更新日:2019-09-18 14:20:36)
  シガ ツヨシ   Tsuyoshi Shiga
  志賀 剛
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  循環器内科
   職種   客員教授
■ 著書
1. 部分執筆  発作性心房細動 + 軽めの動悸「【あなたも名医! あぁ~どうする?! この不整脈 ver.2 ずばっと解決しちゃいます!】」 2018/06
2. 部分執筆  無症状の発作性心房細動「【あなたも名医! あぁ~どうする?! この不整脈 ver.2 ずばっと解決しちゃいます!】」 2018/06
3. 部分執筆  【循環器治療薬】 抗不整脈薬「月刊レジデント」 2017/12
4. 部分執筆  【循環器疾患患者さんのメンタルケア:8つの具体例から学ぶ】(総論1)循環器疾患患者さんへのメンタルケア「循環器ナーシング」 2017/06
5. 部分執筆  第1章 医師が教える よくある疾患に対する薬の使い分け
2.不整脈「エキスパートが教える 薬の使い方×エビデンスの調べ方」 2017/01
6. 部分執筆  第1章 総論 -心室頻拍の診断・治療について知る-
D-1 薬物療法
第2章 各論 -臨床心室頻拍診療学:個々の心室頻拍の詳細 D.瘢痕部関連頻拍
症例3 不整脈原性右室心筋症に対する抗不整脈薬治療「心室頻拍のすべて」 2016/11
7. 部分執筆  メンタルケア:具体的事例とコンサルトのタイミング「ペースメーカ・ICD・CRT/CRT-D トラブルシューティングからメンタルケアまで」 2012/03
8. 部分執筆  術後早期の合併症・トラブルと対策 感染「ペースメーカ・ICD・CRT/CRT-D トラブルシューティングからメンタルケアまで」 2012/03
9. 部分執筆  心臓再同期療法・植込み型除細動器「心不全ケア教本」 2012/03
10. 部分執筆  非虚血性拡張型心筋症を有する植込み型除細動器患者での腎機能障害が適切作動に及ぼす影響「厚生労働省科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 突発性心筋症に関する調査研究 平成23年度総括研究報告書」 2012/03
全件表示(31件)
■ 学術雑誌
1. 症例報告  A case of desmoplakin mutation and delayed arrhythmogenic right ventricular cardiomyopathy/dysplasia after atrial septal defect closure. 2019/04
2. 総説  【TPOで読み解く心電図】場面(救急)から考える 二次性QT延長にはどのようなアプローチが必要か? 2019/03
3. 総説  【あなたのギモンに答えます! 循環器診療のハードルを下げるQ&A 31】慢性期外来 不整脈 (Q16)「抗凝固薬を飲みたくない」患者さんに、どう説明する? 2019/03
4. 原著  DPCと救急蘇生統計を用いた院外心停止の包括的データベース構築に関するフィージビリティ研究 2019/02
5. 総説  【高齢者における抗血栓・抗凝固療法】 高齢者における抗凝固療法 抗凝固療法における注意点を中心に 2019/02
6. 総説  【血栓・塞栓症-診断・治療・予防の最新動向-】 臨床研究の進歩 心疾患 心房細動における抗血栓療法 2018/09
7. 原著  Impact of Recurrent Ventricular Tachyarrhythmia on Outcome in Japanese Heart Transplant Candidates With a Left Ventricular Assist Device. 2018/08
8. 症例報告  フレカイニド内服中に心停止をきたした高齢担癌患者の1例 2018/07
9. 原著  植込み型左室補助人工心臓装着後の社会復帰 2018/07
10. 症例報告  補助人工心臓を植込み後の合併症に対する集約的治療の適応と課題 2018/07
全件表示(199件)
■ 学会発表
1. 頻脈性心房細動を合併した急性心不全に対してランジオロール投与が予後に与える影響の検討 (口頭発表,一般) 2019/09/15
2. Benefit of sinus rhythm restoration in acute decompensated heart failure patients with atrial tachyarrhythmia treated with landiolol (抄録提出,一般) 2019/09/02
3. Change in left ventricular ejection fraction and outcome in heart failure patients with mid-range ejection fraction: from the HIJ-HF prospective study (ポスター,一般) 2019/09/02
4. Myocardial flow reserve using 13N ammonia PET for detection of cardiac allograft vasculopathy in heart transplant patients (ポスター,一般) 2019/09/02
5. The Impact of Brain Atrophy in the Patient with Young Patients with Severe Heart Failure (一般) 2019/09/02
6. Impact of Sinus Rhythm Restoration on Outcome in Heart Failure Patients with Atrial Arrhythmia Treated with Landiolol (口頭発表) 2019/07/25
7. 循環器医からみた糖尿病リスク (口頭発表,特別・招待講演等) 2019/06/08
8. 細胞シート移植術にて一時的に改善を認めたが、その後病勢悪化し救命できなかった一例 (口頭発表,一般) 2019/06/07
9. 上室不整脈に対してランジオロール治療を行った心不全例における洞調律化の検討 (口頭発表,一般) 2019/06/07
10. Incidence and Predictors of Long-term Renal Function Deterioration after Implantation of a Centrifugal, Continuous-flow Device for Bridge to Transplant (口頭発表,一般) 2019/04/05
全件表示(445件)
■ 社会における活動
1. 2011/07 (座長)致死性心室性不整脈の治療(BRUGADA症候群を含む)/不整脈薬物療法のup to date
2. 2011/09 (座長)Heart Failure Devices 2/4th Asia Pacific Heart Rhythm Society Scientific Session
3. 2011/11 (コメンテーター)心室期外収縮の薬物治療(短形性非持続性心室頻拍を含む)/不整脈薬物療法のup to date
4. 2012/02 (座長)不整脈の性差/第5回日本性差医学・医療学会学術集会
5. 2012/03 (座長)Ventricular Arrhythmia/第76回日本循環器学会学術集会
6. 2012/03 (座長)薬剤:ダビガトラン/第76回日本循環器学会学術集会
7. 2012/06 (座長)循環器用薬/第29回日本TDM学会・学術大会
8. 2012/07 (座長)第8回循環器専門医を志す研修医のための卒後セミナー
9. 2012/07 (座長)不整脈と薬物治療/第27回日本不整脈学会学術大会
10. 2012/10 (座長)臨床薬理/第29回日本心電学会学術集会
全件表示(37件)
■ 講師・講演
1. 2011/06 ACTIVE-Ⅰから考える各病態とARBの役割/BEAT Forum
2. 2011/06 薬物動態を踏まえた循環器薬の使い方/循環器研究会
3. 2012/01 重症心不全治療の今後の展開と課題/レニンアンジオテンシン系最前線(東京都)
4. 2012/02 循環器疾患とうつ・不安/循環器疾患と心身医学セミナー(東京都)
5. 2012/08 心房細動患者における抗凝固療法を見直す/ワーファリンセミナー(東京都)
6. 2012/09 薬剤性QT延長とは/レクサプロ発売1周年記念講演会(東京都)
7. 2012/11 非弁膜症心房細動に対する薬物治療:ガイドラインの動きと臨床の実際/第9回心房細動を考える会(仙台市)
8. 2013/02 心房細動治療における薬物療法と非薬物療法の連携/心房細動円卓会議(東京都)
9. 2013/02 薬剤性QT延長とは/レクサプロ プレミアムセミナー(東京都)
10. 2013/03 AFレジストリーについて/不整脈ハイブリッド治療研究会 第5回学術集会(東京都)
全件表示(37件)
■ 受賞学術賞
1. 2010 Clinical Research Award(CRA) 優秀賞
2. 2010 Research Encouragement Award
3. 2011 Clinical Pharmacology Research Award
4. 2014 Research Paper Award
■ 学歴
1. 1990/04~1993/03 自治医科大学(JMU) 医学研究科 臨床薬理学 博士課程修了 博士(医学)