(最終更新日:2019-12-03 13:17:50)
  シガ ツヨシ   Tsuyoshi Shiga
  志賀 剛
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  循環器内科
   職種   客員教授
■ 著書
1. 部分執筆  発作性心房細動 + 軽めの動悸「【あなたも名医! あぁ~どうする?! この不整脈 ver.2 ずばっと解決しちゃいます!】」 2018/06
2. 部分執筆  無症状の発作性心房細動「【あなたも名医! あぁ~どうする?! この不整脈 ver.2 ずばっと解決しちゃいます!】」 2018/06
3. 部分執筆  【循環器治療薬】 抗不整脈薬「月刊レジデント」 2017/12
4. 部分執筆  【循環器疾患患者さんのメンタルケア:8つの具体例から学ぶ】(総論1)循環器疾患患者さんへのメンタルケア「循環器ナーシング」 2017/06
5. 部分執筆  第1章 医師が教える よくある疾患に対する薬の使い分け
2.不整脈「エキスパートが教える 薬の使い方×エビデンスの調べ方」 2017/01
全件表示(31件)
■ 学術雑誌
1. 原著  Clinical characteristics of hospitalized heart failure patients with preserved, mid-range, and reduced ejection fractions in Japan. 2019/06
2. 原著  Patient Health Questionnaire-2 Screening for Depressive Symptoms in Japanese Outpatients with Heart Failure. 2019/06
3. 総説  【心不全(第2版)下-最新の基礎・臨床研究の進歩-】心不全の併存症 病態・治療 不整脈 心不全に用いられる抗不整脈薬 2019/05
4. 総説  最新の薬物治療事情 循環器領域の薬物治療事情 2019/05
5. 原著  Effects of Intravenous Landiolol on Heart Rate and Outcomes in Patients with Atrial Tachyarrhythmias and Acute Decompensated Heart Failure: A Single-Center Experience. 2019/03
全件表示(210件)
■ 学会発表
1. A case with ischemic severe heart failure improved temporary after Autologous myoblast sheets transplantation therapy, but we could not save (ポスター,一般) 2019/10/04
2. Changes of ejection fraction among hospitalized heart failure patients: From HIJ-HFII study (ポスター,一般) 2019/10/04
3. Relationship between B-type natriuretic peptide and various adverse outcomes in patients with apical hypertrophic cardiomyopathy (口頭発表,一般) 2019/10/04
4. Y 型人工血管置換術後遠隔期にグラフト感染治療後に人工血管の損傷を来した一例 (ポスター,一般) 2019/09/15
5. “心不全緩和ケアカンファレンス”の場を用いた,「看-看連携」の取り組み (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2019/09/15
全件表示(457件)
■ 社会における活動
1. 2011/07 (座長)致死性心室性不整脈の治療(BRUGADA症候群を含む)/不整脈薬物療法のup to date
2. 2011/09 (座長)Heart Failure Devices 2/4th Asia Pacific Heart Rhythm Society Scientific Session
3. 2011/11 (コメンテーター)心室期外収縮の薬物治療(短形性非持続性心室頻拍を含む)/不整脈薬物療法のup to date
4. 2012/02 (座長)不整脈の性差/第5回日本性差医学・医療学会学術集会
5. 2012/03 (座長)Ventricular Arrhythmia/第76回日本循環器学会学術集会
全件表示(37件)
■ 講師・講演
1. 2011/06 ACTIVE-Ⅰから考える各病態とARBの役割/BEAT Forum
2. 2011/06 薬物動態を踏まえた循環器薬の使い方/循環器研究会
3. 2012/01 重症心不全治療の今後の展開と課題/レニンアンジオテンシン系最前線(東京都)
4. 2012/02 循環器疾患とうつ・不安/循環器疾患と心身医学セミナー(東京都)
5. 2012/08 心房細動患者における抗凝固療法を見直す/ワーファリンセミナー(東京都)
全件表示(37件)
■ 受賞学術賞
1. 2010 Japanese College of Cardiology Clinical Research Award(CRA) 優秀賞 (Sudden cardiac death and left ventricular ejection fraction during long-term follow-up after acute myocardial infarction in the primary percutaneous coronary intervention era: results from the HIJAMI-II registry.)
2. 2010 Japanese Society of Clinical Pharmacology and Therapeutics Research Encouragement Award
3. 2011 The Japan Research Foundation for Clinical Pharmacology, A Daiichi Sankyo Foundation Clinical Pharmacology Research Award (Clinical pharmacological evaluation of antiarrhythmic drug bepridil in patients with paroxysmal or persistent atrial fibrillation)
4. 2014 Japanese Society of Clinical Pharmacology and Therapeutics Research Paper Award
■ 学歴
1. 1990/04~1993/03 自治医科大学(JMU) 医学研究科 臨床薬理学 博士課程修了 博士(医学)