<<< 前 2012年度 2013年度 2014年度 | 2015年度 | 2016年度 次 >>>
 循環器内科
概要 当該年度の研究費受入状況 受賞学術賞
社会における活動 学術雑誌 著書
学会発表


教授:
   萩原 誠久
   西川 哲
   本間 俊一
准教授:
   庄田 守男
   遠藤 康弘
   小川 洋司
   志賀 剛
講師:
   佐藤 加代子
   高木 厚
   森 文章
   山口 淳一
助教:
   上野 敦子
   芦原 京美
   網代 洋一
   新井 清仁
   新井 光太郎
   嵐 弘之
   池田 宏美
   井上 完起
   植松 庄子
   内田 吉枝

   江島 浩一郎
   遠田 賢治
   太田 吉実
   岡田 尚之
   岡山 大
   尾崎 友美
   加藤 丈二
   神島 一帆
   亀山 欽一
   喜多村 一孝

   久保 良一
   栗原 朋宏
   小金井 博士
   小鹿 亜彩子
   琴野 巧裕
   小林 弘
   小柳 亮
   後藤 耕介
   坂井 晶子
   指田 由紀子

   佐藤 高栄
   島谷 有希子
   下山 祐人
   重城 健太郎
   杉浦 亮
   鈴木 敦
   鈴木 和仁
   鈴木 豪
   鈴木 太
   鈴木 ゆき

   芹澤 直紀
   谷崎 剛平
   寺嶋 豊
   中尾 優
   中島 崇智
   中島 りつ子
   永松 仁
   西井 明子
   貫 敏章
   東谷 迪昭

   福島 敬子
   藤井 真也
   二川 圭介
   古堅 あずさ
   星 敬美
   松山 優子
   眞中 哲之
   水野 雅之
   南 雄一郎
   村崎 理史

   八木 勝宏
   柳下 大悟
   柳下 慈子
   八代 文
   山内 貴雄
   山田 典弘
   山本 真美
   吉田 健太郎
■ 概要
特徴
虚血性心疾患、不整脈、心筋症、心不全、弁膜症および大血管・末梢血管疾患など循環器疾患全般に対する最先端の診断と治療を行っています。
優れた医療技術
特に心筋梗塞・狭心症などの冠動脈疾患や末梢血管疾患に対するカテーテル治療(PCI,PPIなど)、頻脈性不整脈に対するカテーテルアブレーションや植込み型除細動器および重症心不全に対する薬物治療と心臓再同期療法に代表される非薬物治療など、日本で最高水準の医療を提供しております。
外来
初診外来では紹介の有無を問わず患者を積極的に受け入れ、また専門外来では予約システムを整備し、患者サービスの向上に努めています。
Key words
冠動脈造影検査、虚血性心疾患(冠動脈疾患)、急性心筋梗塞症(AMI)、PCI(経皮的冠動脈インターベンション)、カテーテルアブレーション、植込み型除細動器、心臓再同期療法、心不全治療、心臓超音波検査、心臓核医学検査
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 受賞学術賞
1.  佐藤加代子 平成26年度吉岡弥生研究奨励賞
2.  志賀剛 Japanese Society of Clinical Pharmacology and Therapeutics, Research Paper Award
3.  重城健太郎 Japan Endovascular Treatment Conference 2015 Presentation Award 最優秀賞
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  芦原京美 第17回日本成人先天性心疾患学会総会・学術集会 一般演題7『妊娠・出産』 座長
2.  弓野大 読売新聞 訪問診療が再入院防ぐ
3.  江島浩一郎 第17回日本成人先天性心疾患学会総会・学術集会 不整脈P2 座長
4.  志賀剛 第17回日本成人先天性心疾患学会総会・学術集会 教育セッション8『修正大血管転位の心不全治療』 座長
5.  庄田守男 産経新聞 「危険」と誤解、患者に不安も
全件表示(12件)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 12 2 23 15 10 22  0 3 0 0  57 49  29 19  0 4
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 山田隆弘, 飛田尚重, 鈴木敦, 志賀剛, 萩原誠久:  アミオダロン投与症例における甲状腺中毒症発現リスクの検討.  Progress in Medicine  35 (1) :362-365 , 2015.3
2. 小林葉子,友田 雅己, 三浦 ひとみ, 小川洋司,萩原誠久,佐藤 麻子:  全自動化学発光免疫測定装置ARCHITECTアナライザーi2000SRを用いたトロポニンI高感度測定試薬の基礎的検討と臨床的有用性.  医学と薬学  72 (3) :483-490 , 2015.3
3. 市倉加奈子*, 小林清香, 松岡志帆, 鈴木 豪, 西村勝治, 志賀 剛, 萩原誠久, 石郷岡純, 鈴木伸一:  「植込み型除細動器受容度尺度(Perceptions of Implantable Cardioverter Defibrillators Scale: PIS)の開発と信頼性および妥当性の検討.  心臓リハビリテーション  20 (1) :171-178 , 2015.3
4. SHIMIZU Mikiko, HASHIGUCHI Masayuki, SHIGA Tsuyoshi, NAKAMURA Koichi, TAMURA Hiro-omi, MOCHIZUKI Mayumi:  Quantitation of pilsicainide in microscale samples of human biological fluids using liquid chromatography-tandem mass spectrometry.  Journal of chromatography. B, Analytical technologies in the biomedical and life sciences  985 :172-179 , 2015.3   DOI:10.1016/j.jchromb.2015.01.013 Link
5. Matsuura Katsuhisa, KODAMA Fumiko, SUGIYAMA Kasumi, Shimizu Tatsuya, Nobuhisa Hagiwara, Okano Teruo:  Elimination of Remaining Undifferentiated Induced Pluripotent Stem Cells in the Process of Human Cardiac Cell Sheet Fabrication Using a Methionine-Free Culture Condition.  Tissue engineering  21 (3) :330-338 , 2015.3   DOI:10.1089/ten.tec.2014.0198
全件表示(38件)
総説及び解説
1. 志賀 剛, 鈴木 敦, 萩原 誠久:  アミオダロン注 毒薬指定から劇薬指定に変更となり何が変わったのか? 心室性不整脈領域におけるアミオダロン注の位置づけはより確立したか?.  Progress in Medicine  35 (1) :408-410 , 2015.3
2. 上塚芳郎:  社会保障と医療経済セミナー 連載第24回 消費税増税が延期されたことによる社会保障への影響.  メディカル・クラーク  20 (227) :14-16 , 2015.3
3. 佐藤加代子*:  【女性の循環器疾患を考える】診る 女性の動脈硬化症の特性.  Heart View  19 (2) :120-125 , 2015.2
4. 喜多村一孝, 佐藤加代子, 萩原誠久:  急性冠症候群におけるPSGL-1陽性T細胞の役割.  適応医学  19 (2) :30-34 , 2015.2
5. 鈴木豪, 志賀剛, 萩原誠久:  【一般内科診療で役立つうつ病の知識-こころの問題にどう対処するか】 各領域におけるうつ病の診かた 循環器内科領域.  内科  115 (2) :209-212 , 2015.2
全件表示(19件)
症例報告
1. HIGUCHI Satoshi, EJIMA Koichiro*, MANAKA Tetsuyuki, SHODA Morio, HAGIWARA Nobuhisa:  Catheter ablation of ventricular tachycardia associated with cardiac sarcoidosis: Targeting a low-voltage area with strict voltage criteria.  Journal of Cardiology Cases  10 (4) :159-161 , 2014.10   DOI:10.1016/j.jccase.2014.07.002
2. EJIMA Koichiro*, SHODA Morio, YASHIRO Bun, YOSHIDA Kentaro, NUKI Toshiaki, KATO Ken, MANAKA Tetsuyuki, HAGIWARA Nobuhisa:  Unusual "ratchet syndrome": spontaneous lead retraction after a generator exchange.  Heart and Vessels  29 (4) :550-553 , 2014.7   DOI:10.1007/s00380-013-0392-4
その他
1. 上塚芳郎:  社会保障と医療経済セミナー 連載第23回 医療介護総合確保推進法と地域医療構想.  メディカル・クラーク  20 (226) :14-16 , 2015.2
2. 上塚芳郎:  社会保障と医療経済セミナー 連載第22回 QIという言葉を知っていますか.  メディカル・クラーク  20 (225) :14-16 , 2015.1
3. 上塚芳郎:  社会保障と医療経済セミナー 連載第21回 医療提携体制の変化と地域包括ケア病棟.  メディカル・クラーク  19 (224) :14-16 , 2014.12
4. 上塚芳郎:  社会保障と医療経済セミナー 連載第20回 診療報酬改定と7対1看護を考える.  メディカル・クラーク  19 (223) :14-16 , 2014.11
5. 上塚芳郎:  社会保障と医療経済セミナー 連載第19回 日本の公的年金制度について.  メディカル・クラーク  19 (222) :14-16 , 2014.10
全件表示(12件)
ページの先頭へ
■ 著書
1. 庄田守男:  心室細動 ventricular fibrillation(VF).  今日の治療指針 2015(ポケット版)  394-395.  医学書院,  東京, 2015.1
2. 新井光太郎:  疑われる疾患別エコーの撮り方・描き方 ④弁膜症.  これから始める心エコー  137-144.  メジカルビュー,  東京, 2014.7
3. 芦原京美:  断層法-絶対に絵が出る方法,教えます
感染性心内膜炎
心臓内異物(腫瘍,血栓).  これから始める心エコー  46-65,154-159,172-174.  メジカルビュー,  東京, 2014.7
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. TOBITA Takashige, FUKUSHIMA Kenji, SERIZAWA Naoki, SUZUKI Tsuyoshi, Tsuyoshi Shiga, Nobuhisa Hagiwara: Prognostic Significance of Myocardial Fibrosis Detected by Magnetic Resonance Imaging in Arrhythmogenic Right Ventricular.  ACC 2015,  USA,  2015/03
2. ◎SEKIGUCHI HARUKI, TANIGUCHI FUJIO, KOBAYASHI Makiko, TAKAHASHI Yufuko, WAYANABE ERI, Shimamoto Ken, KAWANA Masatoshi: Marked Improvement of Elderly Symptomatic Postprandial Hypotension by Xanthine Derivatives and Preparations.  College of Cardiology 2015 64th Annual Scientific Session & Expo,  SAN DIEGO, CA, USA,  2015/03 Link
3. ◎SEKIGUCHI Haruki, TANIGUICHI Fujio, KOBAYASHI Makiko, TAKAHASHI Yufuko, WATANABE Eri, Shimamoto Ken, KAWANA Masatoshi: Marked Improvement of Elderly Symptomatic Postprandial Hypotension by Xanthine Derivatives and Preparations.  the Geriatric Cardiology Section Meeting & Reception at ACC.15,  SAN DIEGO, CA, USA,  2015/03
4. ◎WATANABE Eri, TAKAHASHI Yufuko, FUJITA Etsuko, KIMURA Makiko, SEKIGUCHI Haruki, TATSUMI fujio, Tsuyoshi Shiga, SHIMAMOTO Ken, KAWANA Masatoshi: Prevalence and characteristics of myocardial crypts in Japanese patients referred for cardiovascular magnetic resonance.  SCMR/EuroCMR 2015 Joint Scientific Sessions,  Nice france,  2015/02
5. ◎SHODA Morio: Coronary sinus lead extraction.  CardioRhythm 2015,  Hong Kong,  2015/02
全件表示(158件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者