(最終更新日:2019-11-28 17:06:37)
  サトウ カヨコ   SATO Kayoko
  佐藤 加代子
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  循環器内科
   職種   准教授
■ 著書
1. 部分執筆  CR, 薬物療法「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年版」 2018/06
2. 部分執筆  大学病院における臨床医「人間関係教育と行動科学テキストブック第3版ー「至誠と愛」の実践学修ー」 2018/04
3. 部分執筆  STAT「血管生物医学事典」 2011/12
4. 部分執筆  血管疾患と獲得免疫「血管生物医学事典」 2011/12
5. 部分執筆  炎症細胞(マクロファージ、T細胞、樹状細胞)と糖尿病性血管障害「血管糖尿病2011」 2011/05
全件表示(9件)
■ 学術雑誌
1. 総説  T細胞におけるdipeptidyl peptidase 4(DPP4)シグナルは動脈硬化進展と足細胞フットプロセス障害によるアルブミン尿に関与する 2019/03
2. 総説  【脂質異常症 新たな時代に入った脂質異常症治療をふまえて】 日常診療に必要な具体的知識とその活用 家族性高コレステロール血症を見落とさないために 2019/01
3. 原著  Statement for Appropriate Clinical Use of PCSK9 Inhibitors. 2018/08
4. 原著  P-Selectin Glycoprotein Ligand-1 (PSGL-1) Expressing CD4 T Cells Contribute Plaque Instability in Acute Coronary Syndrome. 2018/07
5. 原著  PSGL-1 expressing CD4 T cells contribute plaque instability in acute coronary syndrome. 2018/05
全件表示(44件)
■ 学会発表
1. 家族性高コレステロール血症における,心血管病変既往の有無と大動脈弁石灰化,脂質プロファイルとの関連性 (ポスター,一般) 2019/09/14
2. レパーサペンにて胃腸障害を認めたが,オートミニドーザーに変更後,経過良好であったハイリスク家族性高コレステロール血症の例 (ポスター,一般) 2019/09/13
3. Apolipoprotein-B(Apo-B)は高コレステロール血症患者の心血管二次予防において強いリスク因子となる (ポスター,一般) 2019/07/12
4. Genetic Diagnosis of Familial Hypercholesterolemia and the Risk of Cardiovascular Events (ポスター,一般) 2019/07/11
5. 男女共同参画委員会企画 第2回アンケート集計結果 (口頭発表) 2019/07/11
全件表示(122件)
■ 資格・免許
1. 1993/05 日本内科学会 認定内科医
2. 1993/12 日本内科学会 内科認定専門医
3. 1995/04 医療練士(東京女子医科大学)
4. 1997/10 医学博士(東京女子医科大学)
5. 1998/10 日本循環器学会 循環器専門医
全件表示(9件)
■ 社会における活動
1. 2011/03 (討論者)Ⅱb型高脂血症の薬物治療/脂質異常症アドバイザーリポート
2. 2012/10 (座長)第29回国際心臓研究学会(ISHR)日本部会
3. 2012/12 (座長)Others2,Bioactive substance/liqid ,mediator/第20回日本血管生物医学会学術集会
4. 2013/03 (座長)Infection/Inflammation/Immunity/第77回日本循環器学会学術集会
5. 2013/07 (座長)イブニングセミナー4 免疫反応と動脈硬化/第45回動脈硬化学会
全件表示(35件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1997~1998  血管内皮細胞におけるエストロゲンのプロスタサイクリン合成機構に及ぼす影響の解明 奨励研究(A) 
2. 2009~2011  TRAIL/DR5を介する炎症・免疫反応にともなう動脈硬化粥腫不安定化機序の解明 基盤研究(C) 
3. 2012~2014  急性冠症候群発症に関わるPSGL-1陽性CD4 T細胞の責任冠動脈における役割 科学研究費補助金 基盤研究(C) 
4. 2015~2018  心不全におけるKv1.3およびKCa3.1がエフェクターT細胞分化に果たす役割 科学研究費補助金 基盤研究(C) 
5. 2011  PSGL-1発現T細胞による動脈硬化粥腫不安定化機序と血管内皮再生療法への応用 国内共同研究 
全件表示(9件)
■ 講師・講演
1. 2012/01/22 女性医師 再教育―復職プロジェクト 復職のためのハンズオン実習 第4回 エコー:心エコー/東京女子医科大学 男女共同参画推進局 女性医師再教育センター
2. 2012/04 循環器内科における糖尿病治療/生活習慣病に関する講演会(東京都)
3. 2013/10/19 本態性高血圧患者に対するアンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)の降圧および炎症抑制による臓器保護効果/Meet the Expert
4. 2013/12 動脈硬化性士官の管理・脂質異常・高血圧を中心として/新宿区薬剤師勉強会
5. 2014/11/29 臨床も研究も面白い。世界を広げよう!平成26年度 医学生、研修医等をサポートするための会/東京都医師会
全件表示(12件)
■ 委員会・協会等
1. 2009/09~2016/10 Tokyo Circulation Seminar 世話人
2. 2010/07~ 日本動脈硬化学会 評議員
3. 2010/07/01~ Atherosclerosis & Cardiovascular Research Conference 代表世話人
4. 2011/04~2013/03 一般社団法人 至誠会 社員
5. 2011/06/01~2011/08/07 掛川市立 吉岡彌生記念館【特別展】からだのしくみを 知ろうシリーズⅢ 「心臓・血管系のしくみ」 オーガナイザー
全件表示(19件)
■ 受賞学術賞
1. 2002 東京女子医科大学 岡本糸枝国際交流助成 (冠動脈粥腫破綻における免疫学的機構の解明:CD4 T細胞の役割)
2. 2004 FOCIS (The Federation of Clinical Immunology Societies) Centers Excellence Trainee (T cells kill vascular smooth muscle cells via the death pathway –A role for TRAIL-producing T cells in the rupture of the atherosclerotic plaque)
3. 2005 東京女子医科大学学会 第14回佐竹高子研究奨励賞 (冠動脈粥腫破綻におけるCD4 T細胞誘導性血管平滑筋細胞アポトーシスとTNFの研究)
4. 2006 東京女子医科大学 岡本糸枝学術研究助成 (虚血性心疾患におけるEstrogenの抗動脈硬化作用:閉経前後におけるCD4 T細胞機能異常)
5. 2007 東京女子医科大学 女子医大医師会賞 (急性冠症候群における冠動脈粥腫破綻の免疫学的機構)
全件表示(12件)
■ 所属学会
1. American Colladge of Cardiology (ACC)
2. American Heart Association (AHA)
3. American Physiological Society (APS)
4. Eouropian Society of Cardiology (ESC)
5. International Atherosclerosis Society (IAS)
全件表示(21件)
■ 学歴
1. 1997/10
(学位取得)
東京女子医科大学 博士(医学)
2. 東京女子医科大学 医学部 【専門】冠動脈疾患の内科的治療・動脈硬化 心臓血管免疫学・炎症 卒業 学士(医学)