(最終更新日:2019-12-03 13:18:46)
  ハギワラ ノブヒサ   Nobuhisa Hagiwara
  萩原 誠久
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  循環器内科
   職種   教授・講座主任
■ 著書
1. 部分執筆  循環器疾患7不整脈
徐脈性不整脈
・洞不全症候群・房室ブロック・房室解離・脚ブロックおよび心室内伝導障害「改訂第9版 内科学書 Vol.3」 2019/08
2. 部分執筆  ①ペースメーカ・ICD・CRT-D
②各植込み型デバイスの作動機序
③適応と禁忌
④患者管理と合併症
⑤植込み術と抜去術
⑦デバイス植込み後の患者・デバイス管理および不具合「新版 プラクティカル補助循環ガイド: 研修医・看護師・臨床工学技士のための」 2016/10
3. 部分執筆  ブルガダ症候群「今日の治療指針 私はこう治療している 2016年版」 2016/01
4. 部分執筆  体幹に起こる病気、全身に起こる病気「オールカラー版 家庭の医学 【第2版】」 2013/05
5. 部分執筆  不整脈源性右室心筋症「今日の循環器疾患治療指針 第3版」 2013/01
全件表示(21件)
■ 学術雑誌
1. 原著  Electrophysiological features and radiofrequency catheter ablation of accessory pathways associated with atrioventricular discordance. 2019/11
2. 原著  Targeting high-sensitivity C-reactive protein levels in acute coronary syndrome patients undergoing contemporary lipid-lowering therapy: a sub-analysis of the HIJ-PROPER trial. 2019/11
3. 総説  心不全に伴う突然死 2019/11
4. 原著  Clinical outcomes of high-pressure balloon angioplasty for common femoral artery disease in contemporary practice. 2019/10
5. 原著  Long-term clinical outcomes after percutaneous coronary intervention to treat long lesions in hemodialysis patients in the era of second-generation drug-eluting stents. 2019/10
全件表示(434件)
■ 学会発表
1. 臀部皮下結節を初発症状として診断に至ったサルコイドーシスの1例 (口頭発表,一般) 2019/10/19
2. 心移植後 26 年を経過して発症した重症心不全に対して集学的治療により救命し得た一例 (口頭発表,一般) 2019/10/06
3. A case of chronic thromboembolic pulmonary hypertension in systemic sclerosis (ポスター,一般) 2019/10/05
4. 心移植におけるバシリキシマブ(basiliximab)使用を再考する:当院における使用経験から (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2019/10/05
5. A case with ischemic severe heart failure improved temporary after Autologous myoblast sheets transplantation therapy, but we could not save (ポスター,一般) 2019/10/04
全件表示(1171件)
■ 社会における活動
1. 2010/10 (座長)Brugada症候群の新潮流/第27回日本心電学会学術集会ランチョンセミナー2
2. 2010/10 (座長)重症心不全患者のケアを考える/第13回重症心不全治療フォーラム
3. 2010/11 (座長)高血圧治療10年の進歩/ディオバン発売10周年記念講演会
4. 2010/12 (座長)Brugada症候群の最新の話題/新宿循環器講演会
5. 2010/12 (司会)Keynote Lecture/循環器フォーラム2010-不整脈薬物治療フォーラム-