(最終更新日:2019-09-19 14:20:11)
  ハギワラ ノブヒサ   Nobuhisa Hagiwara
  萩原 誠久
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  循環器内科
   職種   教授・講座主任
■ 著書
1. 部分執筆  循環器疾患7不整脈
徐脈性不整脈
・洞不全症候群・房室ブロック・房室解離・脚ブロックおよび心室内伝導障害「改訂第9版 内科学書 Vol.3」 2019/08
2. 部分執筆  ①ペースメーカ・ICD・CRT-D
②各植込み型デバイスの作動機序
③適応と禁忌
④患者管理と合併症
⑤植込み術と抜去術
⑦デバイス植込み後の患者・デバイス管理および不具合「新版 プラクティカル補助循環ガイド: 研修医・看護師・臨床工学技士のための」 2016/10
3. 部分執筆  ブルガダ症候群「今日の治療指針 私はこう治療している 2016年版」 2016/01
4. 部分執筆  体幹に起こる病気、全身に起こる病気「オールカラー版 家庭の医学 【第2版】」 2013/05
5. 部分執筆  不整脈源性右室心筋症「今日の循環器疾患治療指針 第3版」 2013/01
6. 部分執筆  メンタルケア:具体的事例とコンサルトのタイミング「ペースメーカ・ICD・CRT/CRT-D トラブルシューティングからメンタルケアまで」 2012/03
7. 部分執筆  心臓再同期療法・植込み型除細動器「心不全ケア教本」 2012/03
8. 部分執筆  洞不全症候群「循環器疾患最新の治療 2012-2013」 2012/03
9. 部分執筆  非虚血性拡張型心筋症を有する植込み型除細動器患者での腎機能障害が適切作動に及ぼす影響「厚生労働省科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 突発性心筋症に関する調査研究 平成23年度総括研究報告書」 2012/03
10. 編集・監修  「心不全に伴う不整脈の治療戦略」 2011/12
全件表示(21件)
■ 学術雑誌
1. 原著  Comparison Between Contact Force Monitoring and Unipolar Signal Modification as a Guide for Catheter Ablation of Atrial Fibrillation. 2019/08
2. 原著  Design and rationale of the STroke secondary prevention with catheter ABLation and EDoxaban clinical trial in patients with non-valvular atrial fibrillation: The STABLED study. 2019/07
3. 原著  The Baseline Nutritional Status Predicts Long-Term Mortality in Patients Undergoing Endovascular Therapy. 2019/07
4. 原著  Optimal Blood Pressure in Patients With Coronary Artery Disease and Chronic Kidney Disease: HIJ-CREATE Substudy. 2019/06
5. 原著  An autopsy case of Giant cell myocarditis showing shared pathology in the myocardium and skeletal muscles 2019/05
6. 症例報告  Unusual dual-loop reentry during cavo-tricuspid isthmus-dependent atrial flutter. 2019/05
7. 症例報告  A case of desmoplakin mutation and delayed arrhythmogenic right ventricular cardiomyopathy/dysplasia after atrial septal defect closure. 2019/04
8. 原著  Impact of a prolonged interatrial conduction time for predicting the recurrence of atrial fibrillation after circumferential pulmonary vein isolation of persistent atrial fibrillation. 2019/04
9. 症例報告  Double ventricular capture by a single atrial extrastimulus during slow-fast atrioventricular nodal reentrant tachycardia. 2019/03
10. その他  JCS 2018 Guideline on Diagnosis and Treatment of Acute Coronary Syndrome. 2019/03
全件表示(378件)
■ 学会発表
1. Evolute R 留置後に ST 上昇型心筋梗塞を発症し血行再建に成功した一例 (口頭発表,一般) 2019/09/15
2. Y 型人工血管置換術後遠隔期にグラフト感染治療後に人工血管の損傷を来した一例 (ポスター,一般) 2019/09/15
3. 頻脈性心房細動を合併した急性心不全に対してランジオロール投与が予後に与える影響の検討 (口頭発表,一般) 2019/09/15
4. 急性心不全患者における入院時 IL-6 濃度と心臓死および非心臓死についての検討 (口頭発表,一般) 2019/09/14
5. 心不全で難渋する閉塞性肥大型心筋症に対して,経皮的中隔心筋焼灼術にて改善を認めた一例 (ポスター,一般) 2019/09/14
6. 低心機能を有する心不全患者における心機能改善と腎機能障害─ HIJ-HF II コホート研究から─ (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2019/09/14
7. 透析患者の冠動脈形成術後の血栓性および出血性イベントの発生予測における PARIS score ならびに CREDO-Kyoto score の有用性の検証 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2019/09/14
8. 非虚血性心不全入院患者における退院時血清塩素濃度と生命予後に関する検討 (口頭発表,一般) 2019/09/14
9. iFR・FFR に対する double product の影響について (ポスター,一般) 2019/09/13
10. Prognostic Impact of Baseline Glycohemoglobin Level in Peripheral Artery DiseasePatients with and without Hemodialysis (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2019/09/13
全件表示(1148件)
■ 社会における活動
1. 2010/10 (座長)Brugada症候群の新潮流/第27回日本心電学会学術集会ランチョンセミナー2
2. 2010/10 (座長)重症心不全患者のケアを考える/第13回重症心不全治療フォーラム
3. 2010/11 (座長)高血圧治療10年の進歩/ディオバン発売10周年記念講演会
4. 2010/12 (座長)Brugada症候群の最新の話題/新宿循環器講演会
5. 2010/12 (司会)Keynote Lecture/循環器フォーラム2010-不整脈薬物治療フォーラム-
6. 2011/02 (座長)心不全に対する陽圧治療の現状と展望-ガイドラインに基づいた陽圧治療-/第5回心不全陽圧治療研究会
7. 2011/05 (座長)冠動脈プラークの非侵襲的診断と治療/日本超音波医学会第84回学術集会 早朝勉強会
8. 2011/06 (座長)Salt Memoryと高血圧/城西Salt&Hypertensionフォーラム
9. 2011/06 (座長)心房細動のアブレーション/東京女子医大循環器内科 医局会セミナー2011 不整脈治療講演会~不整脈分野における最前線を学ぶ~
10. 2011/06 (座長)慢性心不全の治療過程で過剰な不安を呈した広汎性発達障害の1例/第6回東京女子医科大学メンタルヘルス研究会