(最終更新日:2018-07-02 16:04:49)
  ハギワラ ノブヒサ   Nobuhisa Hagiwara
  萩原 誠久
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  循環器内科
   職種   教授・講座主任
■ 著書
1. 部分執筆  ①ペースメーカ・ICD・CRT-D
②各植込み型デバイスの作動機序
③適応と禁忌
④患者管理と合併症
⑤植込み術と抜去術
⑦デバイス植込み後の患者・デバイス管理および不具合「新版 プラクティカル補助循環ガイド: 研修医・看護師・臨床工学技士のための」 2016/10
2. 部分執筆  ブルガダ症候群「今日の治療指針 私はこう治療している 2016年版」 2016/01
3. 部分執筆  体幹に起こる病気、全身に起こる病気「オールカラー版 家庭の医学 【第2版】」 2013/05
4. 部分執筆  不整脈源性右室心筋症「今日の循環器疾患治療指針 第3版」 2013/01
5. 部分執筆  メンタルケア:具体的事例とコンサルトのタイミング「ペースメーカ・ICD・CRT/CRT-D トラブルシューティングからメンタルケアまで」 2012/03
6. 部分執筆  心臓再同期療法・植込み型除細動器「心不全ケア教本」 2012/03
7. 部分執筆  洞不全症候群「循環器疾患最新の治療 2012-2013」 2012/03
8. 部分執筆  非虚血性拡張型心筋症を有する植込み型除細動器患者での腎機能障害が適切作動に及ぼす影響「厚生労働省科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 突発性心筋症に関する調査研究 平成23年度総括研究報告書」 2012/03
9. 編集・監修  「心不全に伴う不整脈の治療戦略」 2011/12
10. 部分執筆  HIJ-CREATE「高血圧ナビゲーター 第3版」 2011/06
全件表示(20件)
■ 学術雑誌
1. 原著  PSGL-1 expressing CD4 T cells contribute plaque instability in acute coronary syndrome. 2018/06
2. 原著  Associations of Mitral and Aortic Valve Calcifications with Complex Aortic Atheroma in Patients with Embolic Stroke of Undetermined Source. 2018/03
3. 原著  Association of elevated pulmonary artery systolic pressure with stroke and systemic embolic events in patients with hypertrophic cardiomyopathy. 2017/08 Link
4. その他  Macroscopic Findings of a "Blow-out" Ventricular Free Wall Rupture. 2017/08 Link
5. 原著  突然死ハイリスク心不全例における左室収縮能の改善と心室不整脈 2017/08
6. 原著  Factors associated with aortic root dilatation after surgically repaired ventricular septal defect. 2017/07 Link
7. 原著  Pilot Cohort Study Assessing the Efficacy of Endovascular Revascularization in the Restoration of Peripheral Sensory Disturbance in Patients With Critical Limb Ischemia. 2017/07 Link
8. 原著  Progressive Atrial Conduction Defects Associated With Bone Malformation Caused by a Connexin-45 Mutation. 2017/07
9. 原著  Relationship between instantaneous wave-free ratio and fractional flow reserve in patients receiving hemodialysis. 2017/07
10. 原著  Clinical outcome and its predictors in hemodialysis patients with critical limb ischemia undergoing endovascular therapy. 2017/06
全件表示(354件)
■ 学会発表
1. 当院でのCalcified Amorphous Tumor 症例とmulti-detector computed tomographyを用いた定量解析 (口頭発表,一般) 2018/06/16
2. Insight into Polygenetic Abnormalities in Japanese Heterozygous Familial Hypercholesterolemia (ポスター,一般) 2018/06/10
3. Proprotein Convertase Subtilisin/kexin Type 9 (PCSK-9) inhibitors Improve Lipid Profile and Vascular Atherosclerotic Plaque in Familial Hypercholesterolemia (ポスター,一般) 2018/06/09 Link
4. ESUS患者の脳梗塞の大きさ、分布別にみた心臓超音波所見の特徴 (口頭発表,一般) 2018/05/26
5. The impact of Brain atrophy in the young patients with severe heart failure (口頭発表,一般) 2018/05/26
6. Optimized settings for adaptive servo ventilation in patients with severe heart failure based on the echocardiogram (ポスター,一般) 2018/05/19
7. The impact of Brain atrophy in the young patients with severe heart failure (口頭発表,一般) 2018/05/19
8. A Case of Severe ASD-PAH Treat and Repair by Epoprostenol Continuous Intravenous Infusion and
Surgical ASD Partial Closure  2018/03/25
9. Analysis of Myocardial Fibrosis Using Cardiac
Magnetic Resonance T1 Imaging and Late
Gadolinium Enhancement: Association with Ventricular
Tachycardia in Hypertrophic Cardiomyopathy (ポスター) 2018/03/25
10. Analysis of Myocardial Fibrosis Using Cardiac
Magnetic Resonance T1 Imaging and Late
Gadolinium Enhancement: Association with Ventricular
Tachycardia in Hypertrophic Cardiomyopathy (ポスター) 2018/03/25
全件表示(958件)
■ 社会における活動
1. 2010/10 (座長)Brugada症候群の新潮流/第27回日本心電学会学術集会ランチョンセミナー2
2. 2010/10 (座長)重症心不全患者のケアを考える/第13回重症心不全治療フォーラム
3. 2010/11 (座長)高血圧治療10年の進歩/ディオバン発売10周年記念講演会
4. 2010/12 (座長)Brugada症候群の最新の話題/新宿循環器講演会
5. 2010/12 (司会)Keynote Lecture/循環器フォーラム2010-不整脈薬物治療フォーラム-
6. 2011/02 (座長)心不全に対する陽圧治療の現状と展望-ガイドラインに基づいた陽圧治療-/第5回心不全陽圧治療研究会
7. 2011/05 (座長)冠動脈プラークの非侵襲的診断と治療/日本超音波医学会第84回学術集会 早朝勉強会
8. 2011/06 (座長)Salt Memoryと高血圧/城西Salt&Hypertensionフォーラム
9. 2011/06 (座長)心房細動のアブレーション/東京女子医大循環器内科 医局会セミナー2011 不整脈治療講演会~不整脈分野における最前線を学ぶ~
10. 2011/06 (座長)慢性心不全の治療過程で過剰な不安を呈した広汎性発達障害の1例/第6回東京女子医科大学メンタルヘルス研究会
全件表示(110件)
■ 講師・講演
1. 2010/11 心房細動の治療戦略について/備後メタボサルタンフォーラム(尾道)
2. 2011/04 心房細動の包括的管理/学術講演会 -抗血栓療法 新時代の幕開け‐
3. 2011/05 高血圧治療におけるARB/CCB配合剤の役割/Daiichi-Sankyo 循環器セミナー
4. 2011/06 虚血性心疾患の血圧管理‐HIJC研究の検討から‐/ARB FORUM in KURUME
5. 2011/06 虚血性心疾患の血圧管理‐HIJC研究の検討から‐/横浜南西部地区高血圧学術講演会
6. 2011/06 虚血性心疾患の血圧管理‐HIJC研究の検討から‐/郡山メタボサルタン講演会
7. 2011/06 虚血性心疾患の血圧管理‐HIJC研究の検討から‐/八王子 高血圧フォーラム
8. 2011/06 心房細動の包括的管理/宝塚循環器フォーラム
9. 2011/07 心房細動の包括的管理/栃木県北地区AF Summit
10. 2011/09 心房細動の包括的管理/第1回心房細動フォーラム
全件表示(56件)
■ 学歴
1. 1975/04~1981/03 川崎医科大学 医学部 卒業 学士(医学)
2. 1989/03
(学位取得)
東京女子医科大学 博士(医学)