<<< 前 2013年度 2014年度 2015年度 | 2016年度 | 2017年度 次 >>>
 循環器内科
概要 当該年度の研究費受入状況 受賞学術賞
社会における活動 学術雑誌 著書
学会発表


教授:
   萩原 誠久
   西川 哲
   本間 俊一
准教授:
   庄田 守男
   遠藤 康弘
   小川 洋司
   志賀 剛
講師:
   佐藤 加代子
   高木 厚
   森 文章
   山口 淳一
助教:
   上野 敦子
   江島 浩一郎
   渡邉 絵里
   芦原 京美
   網代 洋一
   新井 清仁
   新井 光太郎
   嵐 弘之
   池田 宏美
   井上 完起

   上野 彰子
   植松 庄子
   内田 吉枝
   遠田 賢治
   太田 吉実
   岡田 尚之
   岡山 大
   尾崎 友美
   加藤 丈二
   神島 一帆

   亀山 欽一
   喜多村 一孝
   栗原 朋宏
   小金井 博士
   小暮 智仁
   琴野 巧裕
   小林 弘
   小柳 亮
   後藤 耕介
   坂井 晶子

   指田 由紀子
   島谷 有希子
   下山 祐人
   重城 健太郎
   杉浦 亮
   鈴木 敦
   鈴木 和仁
   鈴木 豪
   鈴木 太
   鈴木 真由美

   鈴木 ゆき
   関口 治樹
   芹澤 直紀
   高良 綾子
   谷崎 剛平
   寺嶋 豊
   中尾 優
   中島 りつ子
   永松 仁
   西井 明子

   貫 敏章
   春木 伸太郎
   東谷 迪昭
   福島 敬子
   藤井 真也
   二川 圭介
   古堅 あずさ
   松山 優子
   眞中 哲之
   水野 雅之

   南 雄一郎
   村崎 理史
   八木 勝宏
   柳下 大悟
   八代 文
   山内 貴雄
   山田 典弘
   山田 雄一郎
   山本 真美
   吉田 健太郎
■ 概要
特徴
虚血性心疾患、不整脈、心筋症、心不全、弁膜症および大血管・末梢血管疾患など循環器疾患全般に対する最先端の診断と治療を行っています。
優れた医療技術
特に心筋梗塞・狭心症などの冠動脈疾患や末梢血管疾患に対するカテーテル治療(PCI,PPIなど)、頻脈性不整脈に対するカテーテルアブレーションや植込み型除細動器および重症心不全に対する薬物治療と心臓再同期療法に代表される非薬物治療など、日本で最高水準の医療を提供しております。
外来
初診外来では紹介の有無を問わず患者を積極的に受け入れ、また専門外来では予約システムを整備し、患者サービスの向上に努めています。
Key words
冠動脈造影検査、虚血性心疾患(冠動脈疾患)、急性心筋梗塞症(AMI)、PCI(経皮的冠動脈インターベンション)、カテーテルアブレーション、植込み型除細動器、心臓再同期療法、心不全治療、心臓超音波検査、心臓核医学検査
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 受賞学術賞
1.  佐藤加代子 第19回日本適応医学会 優秀演題賞
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  江島浩一郎 第80回日本循環器学会学術集会 Atrial/Supraventricular Arrhythmia, Clinical/Treatment 2 座長
2.  佐藤加代子 The 80th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society Cardiomyopathy1 Chairperson
3.  佐藤加代子 第19回 日本適応医学会学術集会 一般演題1 座長
4.  山口淳一 ATIS Round Table Discussion 心房細動を有するPCI患者に対する抗血栓療法について
5.  山口淳一 第29回日本冠疾患学会学術集会 症例:PCI Failure 座長
全件表示(69件)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 4 1 17 13 8 12  0 4 0 0  22 123  7 12  0 4
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. TSUTSUI Hiroyuki, MOMOMURA Shinichi, YAMASHINA Akira, OGAWA Hisao, SHIMOKAWA Hiroaki, KIHARA Yasuki, SAITO Yoshihiko, HAGIWARA Nobuhisa, ITO Hiroshi, AKO Junya, INOMATA Takayuki, TANAKA Takashi, KAWASAKI Yasushi,:  Heart Rate Control With If Inhibitor, Ivabradine, in Japanese Patients With Chronic Heart Failure - A Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled Phase II Study.  Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society  80 (3) :668-676 , 2016.2   DOI:10.1253/circj.CJ-15-1112
2. KIKUCHI Noriko, YUMINO Dai, SHIGA Tsuyoshi, SUZUKI Atsushi, HAGIWARA Nobuhisa:  Long-Term Prognostic Role of the Diagnostic Criteria for Arrhythmogenic Right Ventricular Cardiomyopathy/Dysplasia.  JACC: Clinical Electrophysiology  2 (1) :107-115 , 2016.2   DOI:10.1016/j.jacep.2015.09.009 Link
3. KATAOKA Shohei, SERIZAWA Naoki, KITAMURA Kazutaka, SUZUKI Atsushi, SUZUKI Tsuyoshi, SHIGA Tsuyoshi, SHODA Morio, HAGIWARA Nobuhisa:  An overlap of Brugada syndrome and arrhythmogenic right ventricular cardiomyopathy/dysplasia.  Journal of arrhythmia  32 (1) :70-73 , 2016.2   DOI:10.1016/j.joa.2015.10.007 Link
4. MINAMI Yuichiro, HARUKI Shintaro, YASHIRO Bun, SUZUKI Tsuyoshi, ASHIHARA Kyomi, HAGIWARA Nobuhisa:  Enlarged left atrium and sudden death risk in hypertrophic cardiomyopathy patients with or without atrial fibrillation.  Journal of cardiology  :Epub ahead of print , 2016.2   DOI:10.1016/j.jjcc.2016.01.006 Link
5. Matsuura Katsuhisa*, Seta Hiroyoshi, Haraguchi Yuji, Sekine Hidekazu, Shimizu Tatsuya, Hagiwara Nobuhisa, Yamazaki kenji, Okano Teruo:  TRPV-1-mediated elimination of residual iPS cells in bioengineered cardiac cell sheet tissues.  Scientific Reports  6 :21747 , 2016.2   DOI:10.1038/srep21747
全件表示(24件)
総説及び解説
1. KONDO Chisato, WATANABE Eri, MOMOSE Mitsuru, FUKUSHIMA Kenji, ABE Koichiro, HAGIWARA Nobuhisa, SAKAI Shuji:  In vivo validation of gated myocardial SPECT imaging for quantification of small hearts: comparison with cardiac MRI.  European journal of nuclear medicine and molecular imaging  6 (1) :1-10 , 2016.2   DOI:10.1186/s13550-015-0156-5
2. 西村智美, 豊原啓子, 庄田守男:  不整脈の最新治療(複雑心奇形に対する最新カテーテルアブレーション技術・最新デバイスの適応).  Cardiac Practice  27 (1) :45-50 , 2016.1
3. 上塚芳郎:  心房細動と前血栓症状態.  臨床病理  63 (12) :1427-1434 , 2015.12
4. 松浦勝久*:  3次元浮遊撹拌懸濁培養における培養環境維持.  医療機器学  85 (4) :419-423 , 2015.8   DOI:http://doi.org/10.4286/jjmi.85.419
5. 庄田守男:  【特集 ペースメーカ治療の合併症への対応】 序文.  呼吸と循環  63 (5) :403-404 , 2015.5
全件表示(10件)
症例報告
1. 芦原京美:  大動脈弁逆流の原因とその実態.  心臓  48 (特別号) :10-15 , 2016.3
2. 長岡宣幸, 嵐弘之, 春木伸太郎, 岡山大, 中尾優, 指田由紀子, 南雄一郎, 水野雅之, 山口淳一, 志賀剛, 萩原誠久:  左室流出路圧較差がたこつぼ心筋症の発症により増悪した閉塞性肥大型心筋症の1例.  心臓  48 (1) :62-68 , 2016.1   DOI:10.11281/shinzo.48.62
3. KATO Ken, YAGISHITA Daigo, EJIMA Koichiro, MANAKA Tetsuyuki, SHODA Morio, HAGIWARA Nobuhisa:  Incessant bundle branch reentrant ventricular tachycardia in a patient with corrected transposition of the great arteries.  HeartRhythm Case Reports  1 (6) :434-438 , 2015.11   DOI:http://dx.doi.org/10.1016/j.hrcr.2015.05.009
4. OKADA Ayako, AIZAWA Kazunori, TOMITA Takeshi, YOSHIE Kouji, TAKEUCHI Takahiro, SHODA Morio, IKEDA Uichi:  Successful transjugular extraction of a lead in front of the anterior scalene muscle by using snare technique.  Journal of arrhythmia  31 (4) :249-251 , 2015.8   DOI:10.1016/j.joa.2014.12.002 Link
5. OGISO Masataka, SERIZAWA Naoki, KAMISHIMA Kazuho, YAMAGUCHI JUNICHI, Nobuhisa Hagiwara:  Percutaneous Coronary Intervention for Left Main Compression Syndrome due to Severe Idiopathic Pulmonary Arterial Hypertension: One Year Follow-up Using Intravascular Imaging.  Internal Medicine  54 (7) :801-804 , 2015.4   DOI:10.2169/internalmedicine.54.3528
その他
1. 上塚芳郎:  社会保障と医療経済セミナー 連載第36回 肝炎ウィルス感染者の救済と肝炎治療の進歩について.  メディカル・クラーク  21 (239) :14-16 , 2016.3
2. 上塚芳郎:  社会保障と医療経済セミナー 連載第35回 専門医制度の動きについて.  メディカル・クラーク  21 (238) :14-16 , 2016.2
3. 上塚芳郎:  社会保障と医療経済セミナー 連載第34回 中国の医療保険制度.  メディカル・クラーク  21 (237) :14-16 , 2016.1
4. 上塚芳郎:  社会保障と医療経済セミナー 連載第33回 CCRCとは何でしょうか.  メディカル・クラーク  20 (236) :14-16 , 2015.12
5. 上塚芳郎:  社会保障と医療経済セミナー 連載第32回 政府の「骨太の方針」を点検.  メディカル・クラーク  20 (235) :14-16 , 2015.11
全件表示(10件)
ページの先頭へ
■ 著書
1. 江島浩一郎:  Ⅱ カテーテルアブレーション 上室頻拍
6. 開心術後の心房頻拍.  これから始めるカテーテルアブレーション
手技がわかる,流れがつかめる  Ⅱ- 6.  (株)メジカルビュー社,  東京都新宿区, 2016.3
2. 西村智美, 豊原啓子, 庄田守男:  【特集】成人先天性心疾患
不整脈の最新治療(複雑心奇形に対する最新カテーテルアブレーション技術・最新デバイスの適応).  Cardiac Practice  45-50.  (株)メディカルレビュー社,  大阪市, 2016.1
3. 萩原誠久:  ブルガダ症候群.  今日の治療指針 私はこう治療している 2016年版  429-431.  医学書院,  東京都, 2016.1
4. 上塚芳郎:  ワルファリン療法.  止血・血栓ハンドブック  230-238.  西村書店,  東京, 2015.4
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎SHODA Morio: My Approach to Lead Extraction.  ASIA PACIFIC HEART RHYTHM SOCIETY SCIENTIFIC SESSIONS 2015,  Melbourne, Australia,  2015/11
2. ◎SHODA Morio: Rational use of implantable devices in children and adults with Congenital Heart Disease in the Asia Pacific.  ASIA PACIFIC HEART RHYTHM SOCIETY SCIENTIFIC SESSIONS 2015,  Melbourne, Australia,  2015/11
3. ARASHI Hiroyuki: EVT Live Case Transmission 7.  Complex Cardiovascular Therapeutics 2O15,  Kobe, JAPAN,  2015/10
4. ARASHI Hiroyuki: iFR Scout - moving from justified PCI to guided PCI.  Complex Cardiovascular Therapeutics 2O15,  Kobe, Japan,  2015/10
5. 山口淳一: これからのPCIにどの様な抗血小板治療が必要か?.  Complex Cardiovascular Therapeutics 2O15,  神戸市,  2015/10
全件表示(168件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者