<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度 | 2018年度 | 2019年度 次 >>>
 循環器内科
概要 当該年度の研究費受入状況 社会における活動
学術雑誌 著書 学会発表


教授:
   萩原 誠久
   庄田 守男
准教授:
   遠藤 康弘
   小川 洋司
   志賀 剛
講師:
   佐藤 加代子
   高木 厚
   森 文章
   山口 淳一
   江島 浩一郎
助教:
   上野 敦子
   渡邉 絵里
   芦原 京美
   網代 洋一
   新井 清仁
   新井 光太郎
   嵐 弘之
   五十嵐 慶子
   池田 宏美
   石田 一世
   伊奈 秀高
   井上 完起
   上野 彰子
   植松 庄子
   遠田 賢治

   太田 吉実
   大槻 尚男
   岡田 尚之
   岡山 大
   尾崎 友美
   加藤 丈二
   神島 一帆
   亀山 欽一
   菊池 規子
   喜多村 一孝
   金 児盛
   木村 眞樹子
   木村 祐也
   栗原 朋宏
   小金井 博士

   小暮 智仁
   小林 弘
   齋藤 千紘
   坂井 晶子
   指田 由紀子
   嶋崎 健介
   島谷 有希子
   下山 祐人
   重城 健太郎
   杉浦 亮
   鈴木 敦
   鈴木 和仁
   鈴木 豪
   鈴木 太
   鈴木 真由美

   関口 治樹
   芹澤 直紀
   高良 綾子
   谷崎 剛平
   寺嶋 豊
   中尾 優
   中島 りつ子
   西井 明子
   貫 敏章
   野村 新
   服部 英敏
   春木 伸太郎
   福島 敬子
   藤井 真也
   逸見 隆太

   松本 卓
   松山 優子
   水野 雅之
   南 雄一郎
   村崎 理史
   八木 勝宏
   柳下 大悟
   柳下 慈子
   柳原 友里
   山内 貴雄
   山田 雄一郎
   渡辺 絵梨沙
■ 概要
特徴
虚血性心疾患、不整脈、心筋症、心不全、弁膜症および大血管・末梢血管疾患など循環器疾患全般に対する最先端の診断と治療を行っています。
優れた医療技術
特に心筋梗塞・狭心症などの冠動脈疾患や末梢血管疾患に対するカテーテル治療(PCI,PPIなど)、頻脈性不整脈に対するカテーテルアブレーションや植込み型除細動器および重症心不全に対する薬物治療と心臓再同期療法に代表される非薬物治療など、日本で最高水準の医療を提供しております。
外来
初診外来では紹介の有無を問わず患者を積極的に受け入れ、また専門外来では予約システムを整備し、患者サービスの向上に努めています。
Key words
冠動脈造影検査、虚血性心疾患(冠動脈疾患)、急性心筋梗塞症(AMI)、PCI(経皮的冠動脈インターベンション)、カテーテルアブレーション、植込み型除細動器、心臓再同期療法、心不全治療、心臓超音波検査、心臓核医学検査
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  芦原京美 Gunma Girls Intervention. Rhythm. Physiological Laboratory Society (G GIRLS) 心臓腫瘍の心エコーいろいろ 演者
2.  芦原京美 一般社団法人日本心エコー図学会第28回学術集会 心エコー図検査を活かす試み 座長
3.  芦原京美 日本超音波医学会第90回学術集会 成人先天性心疾患の心エコー 座長
4.  芹澤直紀 第2回日本肺高血圧・肺循環学会学術集会 PH病態2 座長
5.  江島 浩一郎 心房細動治療Up To Date in久喜 心房細動アブレーションの潮流 演者
全件表示(70件)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 17 6 6 19 16 14  0 3 0 0  95 61  25 19  6 9
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. ARASHI Hiroyuki, YAMAGUCHI Junichi*, RI Tonre, OOTSUKI Hisao, NAKAO Masashi, KAMISHIMA Kazuho, JUJO Kentaro, MINAMI Yuichiro, OGAWA Hiroshi, HAGIWARA Nobuhisa:  The impact of tissue Doppler index E/e' ratio on instantaneous wave-free ratio.  Journal of cardiology  71 (3) :237-243 , 2018.3   DOI:10.1016/j.jjcc.2017.09.003
2. ISHIZUKA Kentaro*, HOSHINO Takao, ASHIHARA Kyomi, MARUYAMA Kenji, TOI Sono, MIZUNO Satoko, SHIRAI Yuka, HAGIWARA Nobuhisa, KITAGAWA Kazuo:  Associations of Mitral and Aortic Valve Calcifications with Complex Aortic Atheroma in Patients with Embolic Stroke of Undetermined Source.  Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association  27 (3) :697-702 , 2018.3   DOI:10.1016/j.jstrokecerebrovasdis.2017.09.057
3. Okai Iwao, Dohi Tomotaka, Okazaki Shinya, Jujo Kentaro, Nakashima Makoto, Otsuki Hisao, Tanaka Kazuki, Arashi Hiroyuki, Okabe Ryuta, Nagura Fukuko, Nara Yugo, Tamura Hiroshi, Kurata Takeshi, Kawashima Hideyuki, Kyono Hiroyuki, Yamaguchi Junichi, Miyauchi Katsumi, Kozuma Ken, Hagiwara Nobuhisa, Daida Hiroyuki:  Clinical Characteristics and Long-Term Outcomes of Rotational Atherectomy - J2T Multicenter Registry.  Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society  82 (2) :369-375 , 2018.1   DOI:10.1253/circj.CJ-17-0668
4. Tobita Takashige, Nomura Seitaro, Fujita Takanori, Morita Hiroyuki, Asano Yoshihiro, Onoue Kenji, Ito Masamichi, Imai Yasushi, Suzuki Atsushi, Ko Toshiyuki, Satoh Masahiro, Fujita Kanna, Naito Atsuhiko T, Furutani Yoshiyuki, Toko Haruhiro, Harada Mutsuo, Amiya Eisuke, Hatano Masaru, Takimoto Eiki, Shiga Tsuyoshi, Nakanishi Toshio, Sakata Yasushi, Ono Minoru, Saito Yoshihiko, Takashima Seiji, Hagiwara Nobuhisa, Aburatani Hiroyuki*, Komuro Issei*:  Genetic basis of cardiomyopathy and the genotypes involved in prognosis and left ventricular reverse remodeling.  Scientific reports  8 (1) :1998 , 2018.1   DOI:10.1038/s41598-018-20114-9
5. Kentaro Tanaka, Takako Yao, Kayoko Sato, Ko Okumura and Yoshinori Seko:  Oxidative Stress-Responsive Apoptosis Inducing Protein (ORAIP) Plays a Critical Role in the Cardiac Injury in Patients with Heart Failure.  Annals of Pharmacology and Pharmaceutics  :1100-1101 , 2017.12
全件表示(32件)
総説及び解説
1. 小口泰尚, 庄田守男:  【不整脈デバイス治療の進歩】 皮下植込み型除細動器(S-ICD)システム.  Cardiovascular Contemporary  6 (1) :10-15 , 2017.12
2. 志賀剛:  【肥大型心筋症の診断と治療-現状と将来の展望】 肥大型心筋症の治療 デバイス治療(ICD、ペースメーカー).  循環器内科  82 (6) :556-561 , 2017.12
3. 芦原京美:  【ベッドサイド心エコーの重要性-重症心血管疾患を見逃さない(疾患編)】 感染性心内膜炎.  心エコー  18 (12) :1188-1201 , 2017.12
4. 阪本覚, 清水達也:  心筋シートによる心臓組織再生技術の現状.  生体の科学  68 (6) :579-582 , 2017.12
5. 鈴木 敦, 志賀 剛*:  【一人の診察であわてないために!病状と検査結果から導き出す確定診断のコツ】 救急外来(心室頻拍) ショック 心室頻拍がみられたときにすぐにしなくてはならないこと、落ち着いて考えなければならないこと.  Heart View  21 (12) :120-126 , 2017.11
全件表示(17件)
症例報告
1. TAKEUCHI Daiji, YAGISHITA Daigo, TOYOHARA Keiko, NISHIMURA Tomomi, Park In-sam, SHODA Morio*:  Transvenous biventricular pacing in double-inlet left ventricle following ventricular septation and atrioventricular valve replacement.  Europace : European pacing, arrhythmias, and cardiac electrophysiology  19 (12) :1987 , 2017.12   DOI:10.1093/europace/euw322
2. HIGUCHI Satoshi, YAGI Masahiro, HAGIWARA Nobuhisa, UCHIDA Tatsuro:  Macroscopic Findings of a "Blow-out" Ventricular Free Wall Rupture.  Internal medicine  56 (17) :2373-2374 , 2017.9   DOI:10.2169/internalmedicine.8676-16
3. TOBITA Takashige, ARASHI Hiroyuki, FUKUSHIMA Kenji*, HAGIWARA Nobuhisa:  An adult case of Bland-White-Garland syndrome with collaterals from giant right coronary artery and bronchial artery.  Journal of cardiology cases  16 (2) :41-43 , 2017.8   DOI:10.1016/j.jccase.2017.04.006
4. SATO Toshiaki*, SOEJIMA Kyoko, YOSHINO Hideaki, SHODA Morio:  Unusual fracture in a Durata lead with shock coil fragmentation and cable externalization.  HeartRhythm case reports.  3 (7) :327-331 , 2017.7
5. 西村智美, 豊原啓子, 稲井慶, 篠原徳子, 朴仁三, 庄田守男:  先天性心疾患における着用型自動除細動器(WCD)の使用経験.  日本小児循環器学会雑誌  33 (3) :228-233 , 2017.5   DOI:10.9794/jspccs.33.228
全件表示(6件)
その他
1. Kusumoto Fred M, Schoenfeld Mark H, Wilkoff Bruce L, Berul Charles I, Birgersdotter-Green Ulrika M, Carrillo Roger, Cha Yong-Mei, Clancy Jude, Deharo Jean-Claude, Ellenbogen Kenneth A, Exner Derek, Hussein Ayman A, Kennergren Charles, Krahn Andrew, Lee Richard, Love Charles J, Madden Ruth A, Mazzetti Hector Alfredo, Moore JoEllyn Carol, Parsonnet Jeffrey, Patton Kristen K, Rozner Marc A, Selzman Kimberly A, Shoda Morio, Srivathsan Komandoor, Strathmore Neil F, Swerdlow Charles D, Tompkins Christine, Wazni Oussama:  2017 HRS expert consensus statement on cardiovascular implantable electronic device lead management and extraction.  Heart rhythm  14 (12) :e503-e551 , 2017.12   DOI:10.1016/j.hrthm.2017.09.001
2. 百瀬 満, 福島 賢慈, 芹澤 直紀, 鈴木 敦, 阿部 光一郎:  【心臓サルコイドーシスの画像診断-病態・臨床からみた考え方-】 FDG-PETによる心臓サルコイドーシス診断のpitfallと治療へのアプローチ.  臨床放射線  62 (7) :913-920 , 2017.7
ページの先頭へ
■ 著書
1. 庄田守男:  4. 植込み術・周術管理 ❸ 臨床上のポイント Q&A.  ICD・CRTの考えかた、使いかた  139-150.  株式会社中外医学社,  東京都新宿区, 2018.2
2. 鈴木敦, 志賀剛:  【循環器治療薬】 抗不整脈薬.  月刊レジデント  41-49.  株式会社医学出版,  東京都文京区, 2017.12
3. 志賀剛:  【循環器疾患患者さんのメンタルケア:8つの具体例から学ぶ】(総論1)循環器疾患患者さんへのメンタルケア.  循環器ナーシング  6-11.  株式会社医学出版,  東京都文京区, 2017.6
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎EJIMA Koichiro, HIGUCHI Satoshi, IWANAMI Yuji, YAGISHITA Daigo, ARAI Kotaro, SAITO Chihiro, TANINO Sae, ASHIHARA Kyomi, SHODA Morio, HAGIWARA Nobuhisa: Predictive value of the total atrial conduction time estimated with tissue Doppler imaging for predicting atrial tachyarrhythmia recurrences after catheter ablation.  The Annual Congress of the European Heart Rhythm Association (EHRA 2018),  Barcelona, SPAIN,  2018/03
2. ◎SHODA Morio: Implant-based measurements of intracardiac impedance as a novel approach to improve heart failure monitoring.  The Annual Congress of the European Heart Rhythm Association (EHRA 2018),  Barcelona, SPAIN,  2018/03
3. ◎IM Jihaeng, SERIZAWA Naoki, IMAMURA Yasutaka, NOMURA Arata, SAKAI Akiko, MOMOSE Mitsuru, NAGAO Michinobu, SHIGA Tsuyoshi, ABE Koichiro, HAGIWARA Nobuhisa: Is Disease Activity of Cardiac Sarcoidosis Suppressed During Maintenance Dose Period of Corticosteroid Therapy? Evaluation by FDG-PET.  ACC.18 (67th Annual Scientific Session & Expo),  Orlando, USA,  2018/03 Link
4. SEKIGUCHI Haruki, YAMAMOTO Eri, ◎KOIKE Toshiharu, ABE Takuro, SAKAI Akiko, SATO Kayoko, HAGIWARA Nobuhisa: Proprotein Convertase Subtilisin/Kexin Type 9 (PCSK-9)Inhibitors Improve Lipid Profile and Vascular Atherosclerotic
Plaque Formation in High-Risk Familial Hypercholesterolemia.  ACC.18 (67th Annual Scientific Session & Expo),  Orlando, USA,  2018/03 Link
5. SEKIGUCHI Haruki, ◎KAWAMOTO Takanori, SUZUKI Atsushi, SHIGA Tsuyoshi, HAGIWARA Nobuhisa: The Impact of Brain Atrophy in the Patient with Young Patients with Severe Heart Failure.  ACC.18 (67th Annual Scientific Session & Expo),  Orlando, USA,  2018/03 Link
全件表示(215件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者