(最終更新日:2019-09-18 13:19:19)
  ヤマグチ ジユンイチ   YAMAGUCHI JUNICHI
  山口 淳一
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  循環器内科
   職種   特任教授
■ 著書
1. 部分執筆  冠動脈疾患患者における左室機能と高血圧治療予後「血圧」 2016/12
2. 部分執筆  血管内皮前駆細胞とSDF「血管再生治療ー現状から未来を展望するー」 2012/01
3. 部分執筆  10-3末梢動脈閉塞症・総論〜10-7大動脈炎症候群「循環器疾患ビジュアルブック」 2010
4. 部分執筆  心嚢穿刺「循環器研修ノート」 2010
5. 部分執筆  静脈路の確保「循環器研修ノート」 2010
■ 学術雑誌
1. 原著  Optimal Blood Pressure in Patients With Coronary Artery Disease and Chronic Kidney Disease: HIJ-CREATE Substudy. 2019/06
2. その他  JCS 2018 Guideline on Diagnosis and Treatment of Acute Coronary Syndrome. 2019/03
3. 原著  Relationship between instantaneous wave-free ratio and fractional flow reserve in patients receiving hemodialysis. 2018/07
4. 原著  Pilot Cohort Study Assessing the Efficacy of Endovascular Revascularization in the Restoration of Peripheral Sensory Disturbance in Patients With Critical Limb Ischemia. 2017/07 Link
5. 原著  Relationship between instantaneous wave-free ratio and fractional flow reserve in patients receiving hemodialysis. 2017/07
6. 原著  Clinical outcome and its predictors in hemodialysis patients with critical limb ischemia undergoing endovascular therapy. 2017/06
7. 原著  Lesion characteristics of coronary arteries associated with a mismatch between angiographic severity of stenosis and fractional flow reserve. 2017/04 Link
8. 原著  Low-density lipoprotein cholesterol targeting with pitavastatin + ezetimibe for patients with acute coronary syndrome and dyslipidaemia: the HIJ-PROPER study, a prospective, open-label, randomized trial. 2017/04
9. 原著  Rationale, design features, and baseline characteristics: The Heart Institute of Japan-PRoper level of lipid lOwering with Pitavastatin and Ezetimibe in acute coRonary syndrome (HIJ-PROPER). 2017/03 Link
10. 原著  Intimal disruption affects drug-eluting cobalt-chromium stent expansion: A randomized trial comparing scoring and conventional balloon predilation. 2016/10 Link
全件表示(49件)
■ 学会発表
1. Evolute R 留置後に ST 上昇型心筋梗塞を発症し血行再建に成功した一例 (口頭発表,一般) 2019/09/15
2. 冠動脈瘤に関するOverview: definition, epidemiology, etiology, management, prognosis (口頭発表,特別・招待講演等) 2019/09/14
3. 心不全で難渋する閉塞性肥大型心筋症に対して,経皮的中隔心筋焼灼術にて改善を認めた一例 (ポスター,一般) 2019/09/14
4. 透析患者の冠動脈形成術後の血栓性および出血性イベントの発生予測における PARIS score ならびに CREDO-Kyoto score の有用性の検証 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2019/09/14
5. iFR・FFR に対する double product の影響について (ポスター,一般) 2019/09/13
6. 止血困難な医原性仮性動脈瘤に対してパークローズを用いた経皮的な止血術が有効であった一例 (口頭発表,一般) 2019/09/13
7. 大動脈弁置換術後の弁機能不全によって心不全に難渋したが,Valve-in-Valve による TAVI により心不全が改善した一例 (ポスター,一般) 2019/09/13
8. Differences in the usefulness of aggressive lipid-­lowering therapy among single-vessel and multi-vessel coronary artery disease patients: HIJ-­PROPER sub-­study (ポスター,一般) 2019/08/31
9. The clinical impact of polyunsaturated fatty acid on clinical outcomes in acute coronary syndrome with dyslipidemia: HIJ-PROPER sub-analysis (ポスター,一般) 2019/08/31
10. 冠動脈病変を有する大動脈弁狭窄症患者の治療戦略OPCAB+TAVI同時手術2例の経験 (口頭発表) 2019/07/11
全件表示(251件)
■ 社会における活動
1. 2012/03 (インタビュー)PCI患者におけるATIS予防の重要性について
2. 2012/06 (コメンテーター)糖尿病を合併したAthero ThrombosIS治療について考える
3. 2012/09 (コメンテーター)CTO X-pert Forum
4. 2012/11 (パネリスト)今日のPCI専門医に求められる術後の管理(VI-Today 7巻3号掲載)
5. 2012/11 (座長)ELCAを用いた冠動脈インターベンション/オルメサルタンによる冠動脈動脈硬化への影響/Daiichi-Sankyo循環器セミナー
6. 2012/12 (座長)第8回丸の内心不全カンファレンス
7. 2013/03 (コメンテーター)第2回TEAM Live Cource
8. 2013/03 (座長)Kidney/Renal Circulation/CKD 3/第77回日本循環器学会学術集会
9. 2015/10 (座長)ライブデモンストレーション/第47回日本心血管インターベンション治療学会 関東甲信越地方会
10. 2015/11 (座長)症例:PCI Failure/第29回日本冠疾患学会学術集会
全件表示(41件)
■ 講師・講演
1. 2012/04 心疾患と脂質を考える/YJC(横浜循環器カンファレンス)(横浜市)
2. 2012/05 ショックを呈した高齢者大動脈弁狭窄症患者に対して急性期BAVを施行した1例/第9回KICK Meeting
3. 2013/01 心臓領域からみたATIS治療/MEET THE EXPERTS 2013 Winter(東京都)
4. 2016/03 ハイリスク患者におけるPCI後の抗血栓療法/CV Forum in YAMAGUCHI(山口市)
5. 2016/05 ハイリスク患者における資質低下療法を再考する/第11回県南高脂血症・糖尿病カンファレンス(栃木市)
6. 2016/07 ACSに対するカテーテル治療における課題/第36回心筋梗塞研究会(東京都港区)
7. 2017/01 ハイリスクPCI患者における抗血栓療法/Optimal PCI & Medical Treatment Conference(東京都港区)
8. 2017/01 虚血性心疾患の病態と治療について/アステラス製薬株式会社社内勉強会(東京都新宿区)
9. 2017/02 PCI後の抗血栓療法を再考する/第28回しぶや医療連携フォーラム(東京都渋谷区)
10. 2017/03 ハイリスクPCI患者における抗血栓療法/沼田利根救急医療懇談会 循環器疾患研究会(群馬県沼田市)
全件表示(13件)
■ 学歴
1. 1987/04~1993/03 千葉大学 医学部 卒業 学士(医学)
2. 2000/07
(学位取得)
東京女子医科大学 博士(医学)