<<< 前 2011年度 2012年度 2013年度 | 2014年度 | 2015年度 次 >>>
 循環器内科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   萩原 誠久
   西川 哲
   本間 俊一
准教授:
   庄田 守男
   遠藤 康弘
   小川 洋司
   志賀 剛
講師:
   高木 厚
   森 文章
   山口 淳一
助教:
   上野 敦子
   佐藤 加代子
   芦原 京美
   網代 洋一
   新井 清仁
   新井 光太郎
   嵐 弘之
   池田 宏美
   井上 完起
   植松 庄子

   内田 吉枝
   江島 浩一郎
   遠田 賢治
   太田 吉実
   岡田 尚之
   尾崎 友美
   加藤 丈二
   神島 一帆
   亀山 欽一
   北出 佐知子

   久保 良一
   栗原 朋宏
   小金井 博士
   小鹿 亜彩子
   小林 弘
   小柳 亮
   後藤 耕介
   坂井 晶子
   指田 由紀子
   佐藤 高栄

   島谷 有希子
   下山 祐人
   重城 健太郎
   杉浦 亮
   鈴木 敦
   鈴木 和仁
   鈴木 豪
   鈴木 太
   鈴木 ゆき
   芹澤 直紀

   谷崎 剛平
   中島 崇智
   中島 りつ子
   永松 仁
   西井 明子
   貫 敏章
   東谷 迪昭
   福島 敬子
   藤井 真也
   二川 圭介

   古堅 あずさ
   星 敬美
   松山 優子
   眞中 哲之
   水野 雅之
   南 雄一郎
   村崎 理史
   八木 勝宏
   柳下 大悟
   柳下 慈子

   八代 文
   山内 貴雄
   山田 典弘
   山本 真美
■ 概要
特徴
虚血性心疾患、不整脈、心筋症、心不全、弁膜症および大血管・末梢血管疾患など循環器疾患全般に対する最先端の診断と治療を行っています。
優れた医療技術
特に心筋梗塞・狭心症などの冠動脈疾患や末梢血管疾患に対するカテーテル治療(PCI,PPIなど)、頻脈性不整脈に対するカテーテルアブレーションや植込み型除細動器および重症心不全に対する薬物治療と心臓再同期療法に代表される非薬物治療など、日本で最高水準の医療を提供しております。
外来
初診外来では紹介の有無を問わず患者を積極的に受け入れ、また専門外来では予約システムを整備し、患者サービスの向上に努めています。
Key words
冠動脈造影検査、虚血性心疾患(冠動脈疾患)、急性心筋梗塞症(AMI)、PCI(経皮的冠動脈インターベンション)、カテーテルアブレーション、植込み型除細動器、心臓再同期療法、心不全治療、心臓超音波検査、心臓核医学検査
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 29 0 27 11 7 22  0 4 0 0  95 40  12 10  1 2
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 神野直子, 竹中祐子, 石黒直子, 望月大輔, 喜多村一孝, 鈴木豪, 川島眞:  アートメイク部に肉芽腫を生じたサルコイドーシスの1例.  臨床皮膚科  68 (3) :229-233 , 2014.3
2. Yamaguchi K*, Inoue Y, Ohki N, Satoya N, Inoue F, Maeda Y, Sekiguchi H, Suzuki M, Tsuji T, Aoshiba K, Nagai A.:  Gender-specific impacts of apnea, age, and BMI on parasympathetic nerve dysfunction during sleep in patients with obstructive sleep apnea.  PLoS ONE  9 (3) :e92808 , 2014.3   DOI:10.1371/journal.pone.009280
3. 佐竹有貴, 鈴木敦, 鈴木豪, 芹澤直紀, 志賀剛, 花輪智秀, 東谷真実, 溝渕莉恵, 落合克律, 玉置淳, 萩原誠久:  アミオダロン投与5ヵ月後に肺胞出血を来たした1例.  東京女子医科大学雑誌  84 (1) :32 , 2014.2
4. MartinH. Ruwald, OkumuraKen, KimuraTakeshi, AonumaKazutaka, SHODAMorio, ValentinaKutyifa, Anne-Christine H.Ruwald, ScottMcNitt, WojciechZareba, Arthur J.Moss:  Syncope in high-risk cardiomyopathy patients with implantable defibrillators: frequency, risk factors, mechanisms, and association with mortality: results from the multicenter automatic defibrillator implantation trial-reduce inappropriate therapy (MADIT-RIT) study.  Circulation  129 (5) :545-52 , 2014.2   DOI:10.1161/CIRCULATIONAHA.113.004196
5. Takagi Tsutomu, ATUSHI TAKAGI, Yoshikawa Junichi:  Elevated left ventricular filling pressure estimated by E/E' ratio after exercise predicts development of new-onset atrial fibrillation independently of left atrial enlargement among elderly patients without obvious myocardial ischemia.  Journal of Cardiology  63 (2) :128-33 , 2014.2   DOI:10.1016/j.jjcc.2013.06.019
全件表示(30件)
総説及び解説
1. 松浦勝久:  【再生医療の最新の進歩(前篇) 次世代再生医療に向けた基盤研究】 再生医療普及のための基盤技術 iPS細胞大量培養技術開発.  最新医学  69 (3月増刊) :714-723 , 2014.3
2. 芦原京美:  人工弁.  超音波医学  41 (2) :185-191 , 2014.3   DOI:10.3179/jjmu.JJMU.R.14
3. 吉澤 佐恵子, 宇都 健太, 小田 秀明, 西川 俊郎:  過敏性心筋炎の病態と病理.  東京女子医科大学雑誌  84 (臨増2) :E250-E256 , 2014.3
4. 志賀剛:  薬剤性QT延長とは.  東京小児科医会報  32 (3) :57-62 , 2014.3
5. 宇都健太, 小田秀明, 西川俊郎:  病理学的側面からみた心サルコイドーシス.  東京女子医科大学雑誌  84 (2) :E244-E249 , 2014.2
全件表示(35件)
症例報告
1. 吉田彩乃, 浅井あかり, 中北朋, 芹澤直紀, 島谷有希子, 喜多村一孝, 鈴木敦, 鈴木豪, 志賀剛, 庄田守男, 萩原誠久, 切士紗織, 八木理充, 玉置淳, 福島賢慈:  組織診を繰り返して心サルコイドーシスの診断に至った2例 循環器内科における心サルコイドーシスの診断と治療.  東京女子医科大学雑誌  84 (1) :31 , 2014.2
2. 佐藤えみり, 花岡成典, 平野瑶子, 五野貴久, 勝又康弘, 川口鎮司, 山中寿, 芹澤直紀, 萩原誠久:  免疫抑制療法単独で早期肺動脈性肺高血圧症が改善した混合性結合組織病(MCTD)の1例.  東京女子医科大学雑誌  84 (1) :32-33 , 2014.2
3. EJIMA Koichiro*, SHODA Morio, MANAKA Tetsuyuki, YASHIRO Bun, KATO Ken, YOSHIDA Kentaro, NUKI Toshiaki, HAGIWARA Nobuhisa:  Left brachiocephalic vein occlusion in a patient with an aortic arch aneurysm: Rare cause of obstraction for a pacemaker implantation.  Journal of Cardiology Cases  9 (1) :32-34 , 2014.1   DOI:10.1016/j.jccase.2013.09.003
4. 田中絢子, 鈴木敦, 新井光太郎, 鈴木豪, 志賀剛, 萩原誠久*:  急性心不全を契機に診断された心サルコイドーシスの1例.  東京女子医科大学雑誌  83 (4) :261-266 , 2013.8
5. 森田さやか, 新井光太郎, 鈴木敦, 菊池朋子, 鈴木豪*:  感染症心内膜炎に対する大動脈弁置換術後の左室流出路仮性瘤拡大を長期間観察し得た1症例.  東京女子医科大学雑誌  84 (4) :267-270 , 2013.8
全件表示(7件)
その他
1. 萩原誠久, 是恒之宏, GregoryY.H.Lip:  超高齢社会ニッポン 心房細動における脳卒中予防のメディカルアンメットニーズ.  Medical Tribune  :0000 , 2014.3
2. 上塚芳郎:  社会保障と医療経済セミナー 連載第12回 国民皆保険をおびやかす保険者の弱体化.  メディカル・クラーク  19 (215) :14-16 , 2014.3
3. 上塚芳郎:  社会保障と医療経済セミナー 連載第11回 所得格差が及ぼすさまざまな影響.  メディカル・クラーク  19 (214) :14-16 , 2014.2
4. 上塚芳郎:  社会保障と医療経済セミナー 連載第10回 クリニカルパスのメリットとは.  メディカル・クラーク  19 (213) :14-16 , 2014.1
5. Kajimoto Katsuya, Sato Naoki, Keida Takehiko, Sakata Yasushi, Asai Kuniya, MIZUNO Masayuki, Takano Teruo:  Low admission heart rate is a marker rather than a mediator of increased in-hospital mortality for patients with acute heart failure syndromes in sinus rhythm.  International journal of cardiology  171 (1) :98-100 , 2014.1   DOI:10.1016/j.ijcard.2013.11.087
全件表示(18件)
ページの先頭へ
■ 著書
1. 鈴木真由美, 稲田健:    睡眠薬の適正使用、休薬ガイドライン  88-94.  じほう,  東京, 2014.3
2. 上塚芳郎:  1-2 病院経営者が行うマネジメント
2-4 医療材料の内外価格差.  医療材料マネジメントで病院を変える  19-30,67-73.  じほう,  東京, 2013.12
3. 萩原誠久:  体幹に起こる病気、全身に起こる病気.  オールカラー版 家庭の医学 【第2版】  407-420,576,614-615.  成美堂出版,  東京, 2013.5
4. 村崎かがり:  ダビガトランはどんな薬か.  心原性脳塞栓症と経口抗凝固薬 ―新規抗凝固薬の選び方・使い方  45-52.  フジメディカル出版,  大阪, 2013.4
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎Matsuura Katsuhisa, Shimizu Tatsuya, Nobuhisa Hagiwara, Okano Teruo: Cell-sheet-based bioengineered human cardiac tissue using iPS cells for transplantation and tissue models.  The 78th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society,  Tokyo,Japan,  2014/03
2. ◎SHODA Morio: Internodal tachycardia: recognition and ablation.  5th Congress of Asia-Pacific Pediatric Cardiology Society (APPCS 2014),  New Delhi,India,  2014/03
3. HIROSHI OGAWA, Kawada-Watanabe Erisa, OKAYAMA Dai, ◎ARASHI Hiroyuki, YAMAGUCHI JUNICHI, ATUSHI TAKAGI, Nobuhisa Hagiwara: Relation between Blood Pressure Lowering Therapy and Cardiovascular Events in Hypertensive Patients With Coronary Artery Disease and Chronic Kidney Disease -The HIJ-CREATE Sub-study.  AHA2013(American Heart Association),  Dallas,USA,  2013/11
4. ◎HIROSHI OGAWA, Kawada-Watanabe Erisa, OKAYAMA Dai, ARASHI Hiroyuki, YAMAGUCHI JUNICHI, ATUSHI TAKAGI, Nobuhisa Hagiwara: Prognostic Significance of Visit-to-visit Variability and Systolic Blood Pressure Control in Hypertensive Patients With Coronary Artery Disease -the HIJ-CREATE Sub-study.  AHA2013(American Heart Association),  Dallas,USA,  2013/11
5. HIROSHI OGAWA, OKAYAMA Dai, ARASHI Hiroyuki, Kawada-Watanabe Erisa, YAMAGUCHI JUNICHI, ATUSHI TAKAGI, Nobuhisa Hagiwara: Relationship between Clinical Trial Site Enrollment With Participant Characteristics and Study Outcome -the HIJ-CREATE Sub-study.  AHA2013(American Heart Association),  Dallas,USA,  2013/11
全件表示(160件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者