<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度
 先端生命医科学研究所
概要 当該年度の研究費受入状況 受賞学術賞
社会における活動 学術雑誌 著書
学会発表


教授:
   有賀 淳
   清水 達也
   村垣 善浩
   大和 雅之
   正宗 賢
   ジヤン レジス
准教授:
   松浦 勝久
   小林 英津子
   岡本 淳
講師:
   秋山 義勝
   小林 純
   関根 秀一
   高橋 宏信
   中山 正道
   チエルノフ ミハイル
   原口 裕次
助教:
   高 博韜
   菊地 鉄太郎
   関谷 佐智子
   高木 亮
   増田 信奈子
   本間 順
   楠田 佳緒
   佐々木 大輔
   堀瀬 友貴
■ 概要
先端生命医科学研究所
東京女子医科大学・先端生命医科学研究所は、昭和44(1969)年5月1日に、“医用技術研究施設”として、初代施設長・三浦茂教授のもとに発足した。昭和51(1976)年5月に櫻井靖久教授が施設長に就任し、施設名を医用工学研究施設に改め、今日の基盤を確立させた。平成11(1999)年4月には岡野光夫教授が施設長を引き継ぎ、平成13(2001)年4月大学院の先端生命医科学系専攻の設立と同時に施設名を現在の名称に改め、医学と工学のさらなる融合を行う体制を確立した。平成28(2016)年4月から清水達也教授が所長となり、以下の活動を行っている。
 2001年に大学院医学研究科に先端生命医科学専攻を新設し、その研究拠点を先端生命医科学研究所でスタートさせている。先端工学外科、遺伝子医学、代用臓器学、再生医工学、統合医科学の5分野からなり博士(医学)を取得した本専攻の修了生を医学と工学の両領域で輩出している。
 先端医療テクノロジーと医学の融合の重要性に着目した研究活動を展開し、オリジナルでユニークな研究成果を上げてきている。現在までの研究所のあゆみは下表に示すように、医学と工学の連携を基盤としており、大型国家プロジェクトを中心に新しい教育・研究を実施し、Nature, News Weekなど著名な雑誌に紹介されるなど世界的な評価を受けている。


先端生命医科学研究所
先端工学外科分野
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 受賞学術賞
1.  松浦勝久 平成30年度女子医大医師会賞
2.  大矢貴史 日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2018, 若手優秀講演フェロー賞
3.  三浦康一郎 23th ISHR 2019, ISHR日本部会 Travel Award
4.  貝淵信之 第48回日本口腔インプラント学会学術大会 デンツプライシロナ賞
5.  大矢貴史 画像関連学会連合会 第6回秋季大会, 最優秀ポスター賞
全件表示(6件)
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  FATS OPExPARK 190905【マイナビニュース】 デンソーが医療IoT事業をカーブアウト、Beyond Next Venturesが事業化支援
2.  FATS AMED 191101【医理産業新聞】(1052)4面 東女医大 真結合拠点整備 緑、アドバンストコース
3.  FATS FHIR 190830【日経デジタルヘルス】 医療データ交換を促す標準規格の本命、「FHIR」への対応が急務に
4.  FATS OPExPARK 190905【Asahi Shinbun Digital [and]】 Beyond Next Venturesとデンソー、医療IoT新会社「OPExPARK」を設立
5.  FATS OPExPARK 190905【DENSOニュースリリース】 Beyond Next Venturesとデンソー,医療IoT新会社「OPExPARK」を設立
全件表示(41件)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 8 1 6 11 27 27  0 12 0 4  33 59  23 33  13 5
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. MASUDA Noriyasu, SEKINE Hidekazu*, NIINAMI Hiroshi, SHIMIZU Tatsuya:  Engineering of functional cardiac tubes by stepwise transplantation of cardiac cell sheets onto intestinal mesentery.  Heart and vessels  16 (35) :Epub ahead of print , 2020.1   DOI:10.1007/s00380-019-01550-7
2. GAO Botao, SAKAGUCHI Katsuhisa, MATSUURA Katsuhisa, OGAWA Tetsyta, KAGAWA Yuki, KUBO Hirogsugu, SHIMIZU Tatsuya*:  In vitro Production of Human Ballooned Hepatocytes in a Cell Sheet-based Three-dimensional Model.  Tissue engineering. Part A.  26 (1-2) :93-101 , 2020.1   DOI:10.1089/ten.TEA.2019.0101
3. TAKEHARA Hiroaki*, SAKAGUCHI Katsuhisa, SEKINE Hidekazu, OKANO Teruo, SHIMIZU Tatsuya*:  Microfluidic vascular-bed devices for vascularized 3D tissue engineering: tissue engineering on a chip.  Biomedical microdevices  22 (1) :9 , 2019.12   DOI:10.1007/s10544-019-0461-2
4. MASUI Kenta, HARACHI Mio, IKEGAMI Shiro, YANG Huijun, ONIZUKA Hiromi, YONG William H., CLOUGHSY Timothy F., MURAGAKI Yoshihiro, KAWAMATA Takakazu, ARAI Nobutaka, KOMORI Takashi, CAVENEE Webster K., MISCHEL Paul S., SHIBATA Noriyuki:  mTORC2 links growth factor signaling with epigenetic regulation of iron metabolism in glioblastoma.  The Journal of biological chemistry  294 (51) :19740-19751 , 2019.12   DOI:10.1074/jbc.RA119.011519
5. MATSUURA Katsuhisa*, WADA Masanori, SAKAGUCHI Katsuhisa, MATSUHASHI Yuki, SHIMIZU Tatsuya:  Adequate taylor couette flow-mediated shear stress is useful for dissociating human iPS cell-derived cell aggregates.  Regenerative therapy  12 (2019) :6-13 , 2019.12   DOI:10.1016/j.reth.2019.04.006
全件表示(41件)
総説及び解説
1. 齋藤太一, 村垣善浩, 田村学, 丸山隆志, 川俣貴一:  【悪性脳腫瘍】Glioma手術における術中モニタリング.  脳神経外科ジャーナル  28 (11) :705-714 , 2019.11   DOI:10.7887/jcns.28.705
2. 岡本淳, 楠田佳緒, 堀瀬友貴, 小林英津子, 正宗賢, 村垣善浩:  【低侵襲で優しい医療の提供をめざして 最新技術が可能にする、患者負担の少ない検査・治療】
Hyper SCOTが創造する最先端情報誘導下外科手術.  メディックス  70 :20-24 , 2019.11
3. 岡本淳, 村垣善浩, 正宗賢:  【多様化し始めた手術ナビゲーションの有用性】ナビがもたらす治療の進展と経営的効果 データ融合ナビゲーションシステムを導入した東京女子医科大学病院Hyper SCOTの概況.  新医療  46 (11) :62-65 , 2019.10
4. 清水達也:  ティッシュエンジニアリング 細胞シートによる臓器の修復と再生.  現代化学  2019 (10) :59-61 , 2019.9
5. GAO Botao, MATSUURA Katsuhisa*, SHIMIZU Tatsuya:  Recent progress in induced pluripotent stem cell-derived cardiac cell sheets for tissue engineering.  BioScience Trends  13 (4) :292-298 , 2019.8   DOI:10.5582/bst.2019.01227
全件表示(13件)
症例報告
1. MATSUI Yutaka, MARUYAMA Takashi, NITTA Masayuki, SAITO Taiichi, TSUZUKI Shunsuke, TAMURA Manabu, KUSUDA Kaori, FUKUYA Yasukazu, ASANO Hidetsugu, MASAMUNE Ken, MURAGAKI Yoshihiro:  Prediction of lower-grade glioma molecular subtypes using deep learning.  Journal of neuro-oncology  146 (2) :321-327 , 2019.12   DOI:10.1007/s11060-019-03376-9
2. TAKEI Hiroaki, SHINODA Jun, IKUTA Soko, MARUYAMA Takashi, MURAGAKI Yoshihiro, KAWASAKI Tomohiro, IKEGAME Yuka, OKADA Makoto, ITO Takeshi,, ASANO Yoshitaka, YOKOYAMA Kazutoshi, NAKAYAMA Noriyuki, YANO Hirohito, IWAMA Toru:  Usefulness of positron emission tomography for differentiating gliomas according to the 2016 World Health Organization classification of tumors of the central nervous system.  Journal of neurosurgery  :Epub ahead of print , 2019.8   DOI:10.3171/2019.5.JNS19780
3. LASSMAN Andrew B., ALDAPE Kenneth D. , ANSELL Peter J. , BAIN Earle , CURRAN Walter J., EOIL Marica , FRENCH Pim J. , KINOSHITA Manabu , LOOMAN Jim , MRHTA Minesh, MURAGAKI Yoshihiro, NARITA Yoshitaka, OCAMPO Christopher , LISA Roberts-Rapp, SONG Minghao , VOGELBAUM Michael A., WALENKAMP Annemiek M. E., WANG Tony J. C. , ZHANG Peixin, van den BENT Martin J.:  Epidermal growth factor receptor (EGFR) amplification rates observed in screening patients for randomized trials in glioblastoma.  Journal of Neuro-Oncology  144 (1) :205-210 , 2019.8   DOI:10.1007/s11060-019-03222-y
4. FUKUYA Yasukazu, IKUTA Soko, MARUYAMA Takashi, NITTA Masayuki, SAITO Taiichi, TSUZUKI SHUNSUKE, CHERNOV Mikhail, KAWAMATA Takakazu, MURAGAKI Yoshihiro:  Tumor recurrence patterns after surgical resection of intracranial low-grade gliomas.  Journal of neuro-oncology  144 :519-528 , 2019.7   DOI:10.1007/s11060-019-03250-8
その他
1. YAMATO Masayuki*, EGUCHI Susumu:  Editorial Preface of the special issue: Regenerative medicine of the digestive tract.  Regenerative Therapy  13 :7 , 2020.3   DOI:10.1016/j.reth.2019.11.005
2. MURAKAMI Daisuke*, HARADA Hideaki, AMANO Yuji, YAMATO Masayuki:  Do polyglycolic acid sheets really prevent bleeding after endoscopic submucosal dissection? An opinion from physiological viewpoints.  Endoscopy  52 (1) :76 , 2020.1   DOI:10.1055/a-1021-8624
3. YAMATO Masayuki:  Re: "The next phase of human gene-therapy oversight".  Regenerative Therapy  11 :1 , 2019.12   DOI:10.1016/j.reth.2019.04.009
4. SASAKI Ryo*, MATSUMINE Hajime, WATANABE Yorikatsu, ANDO Tomohiro, YAMATO Masayuki:  A cage cleaning method for researchers without a cage-washing machine or cage-washing staff.  Regenerative Therapy  11 :73-74 , 2019.12   DOI:10.1016/j.reth.2019.05.005
5. KIM Kyungsook*, GRAINGER David W, OKANO Teruo:  Utah's cell sheet tissue engineering center.  Regenerative therapy  11 :2-4 , 2019.12   DOI:10.1016/j.reth.2019.03.003
全件表示(11件)
ページの先頭へ
■ 著書
1. KOMODA Fumio, MURAGAKI Yoshihiro, MASAMUNE Ken:  Text Mining Method for Building New Business Strategies.  Paradigm Shift in Technologies and Innovation Systems  197-238.  Springer, Singapore,  Singapore, 2019.12 Link
2. 村垣善浩:  ・対談 医学博士・生命医科学博士 村垣善浩 × アクセンチュア 保科学世
スマート治療室が見据えるAI×手術による医療の進化.  日経ムック AIフロンティア  101-106.  日本経済新聞出版社,  東京都, 2019.12 Link
3. 村垣善浩:    スマート医療テクノロジー ~AI、ビッグデータの利活用による次世代手術システムと医療経営~  1-368.  (株)エヌ・ティー・エス,  千葉県, 2019.10 Link
4. 岡本淳, 村垣善浩, 正宗賢:  第2編 スマート手術室と手術デバイス開発
第1章 スマート治療室SCOT の構築
第2節 スマート治療室開発概要と今後の展望.  スマート医療テクノロジー 
~AI、ビッグデータの利活用による次世代手術システムと医療経営~  155-159.  (株)エヌ・ティー・エス,  千葉県, 2019.10 Link
5. 齋藤太一, 村垣善浩:  第2編 スマート手術室と手術デバイス開発
第1章 スマート治療室SCOT の構築
第9節 3タイプSCOTの開発.  スマート医療テクノロジー ~AI、ビッグデータの利活用による次世代手術システムと医療経営~  213-218.  (株)エヌ・ティー・エス,  千葉市, 2019.10 Link
全件表示(16件)
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎CHERNOV Mikhail: ***.  9th Annual Conference of the Neurological Surgeon's Society of India,  Kolkata,India,  2020/02
2. ◎荒川芳輝, 峰晴陽平, 若林俊彦, 夏目敦至, 宮北康二, 成田善孝, 山崎文之, 杉山一彦, 秦暢宏, 村垣善浩, 西川亮, 篠島直樹, 隈部俊宏, 齋藤竜太, 伊藤和美, 橘正哉, 加倉井靖之, 山口智之, 西島壮一郎, 坪内大志: 再発神経膠腫に対する変異型 IDH1 阻害剤 DS-1001b の First-in-Human 試験.  第37回日本脳腫瘍学会学術集会,  石川県七尾市,  2019/12
3. ◎小林達弥, 村垣善浩, 高橋雅道, 和田幸次郎, 森健太郎, 川俣貴一, 市村幸一, 富山新太: NPe6-PDT 後に膠芽腫細胞が獲得する悪性形質は MEK 阻害剤 Trametinib によって抑制できる.  第37回日本脳腫瘍学会学術集会,  石川県七尾市,  2019/12
4. ◎村垣善浩, 岡本淳, 齋藤太一, 碓井智, 米澤潮, 栗栖薫, 後藤哲哉, 藤井雄, 本郷一博, 堀澤士朗, 平孝臣, 新田雅之, 丸山隆志, 福井敦, 都築俊介, 正宗賢, 川俣貴一: もののインターネット化により実現するスマート治療室 SCOT - 3 タイプ 56 例の初期報告-.  第37回日本脳腫瘍学会学術集会,  石川県七尾市,  2019/12
5. ◎新田雅之, 村垣善浩, 石川栄一, 丸山隆志, 生田聡子, 齋藤太一, 都築俊介, 福井敦, 松村明, 川俣貴一: 自家腫瘍ワクチンによる初発膠芽腫第 III 相比較試験.  第37回日本脳腫瘍学会学術集会,  石川県七尾市,  2019/12
全件表示(166件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者