<<< 前 2018年度 2019年度 2020年度
 小児科
概要 当該年度の研究費受入状況 教授・准教授・講師・助手の公的役職
学術雑誌 著書 学会発表


教授:
   永田 智
准教授:
   平澤 恭子
   石垣 景子
   鶴田 敏久
   岸 崇之
講師:
   伊藤 康
   衛藤 薫
助教:
   伊藤 進
   石黒 久美子
   大谷 ゆい
   金子 裕貴
   鏑木 陽一郎
   佐藤 孝俊
   佐藤 友哉
   七字 美延
   島田 姿野
   清水 玲子

   竹下 暁子
   立川 恵美子
   千葉 幸英
   中務 秀嗣
   南雲 薫子
   拜地 愛子
   花谷 あき
   松丸 重人
   水落 清
   村上 てるみ
■ 概要
東京女子医科大学小児科
東京女子医科大学小児科
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  令和2年度 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター 精紳・神経疾患研究開発費事業  (研究課題番号:2-4)
 研究課題:筋ジストロフィーの臨床開発推進、ならびにエビデンス構築を目指した研究(研究代表者:小牧宏文)  (研究分担者:石垣 景子)
 研究補助金:1,200,000円  (分担)
2.  令和2年度 国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)委託事業 難治性疾患実用化研究事業NS-035の第1/2相試験(ステップ2)  (研究課題番号:20ek0109456h0001)
 研究課題:薬事承認申請をめざした福山型筋ジストロフィーにおけるアンチセンス核酸(研究開発担当者:戸田達史)  (研究分担者:石垣景子)
 研究補助金:10,400,000円  (分担)
3.  令和2年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金) 基盤研究(C)(一般)  (研究課題番号:20K03436)
 研究課題:極低出生児の就学前検診に必要な心理アセスメント:発達障害リスクへの支援(研究代表者:篁 倫子)  (研究分担者:平澤恭子)
 研究補助金:500,000円  (分担)
4.  令和2年度厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患政策研究事業)  (研究課題番号:20FC1025)
 研究課題:新生児スクリーニング対象疾患等の先天代謝異常症における生涯にわたる診療体制の整備に関する研究(研究代表者:中村公俊)  (研究分担者:伊藤 康)
 研究補助金:600,000円  (分担)
5.  令和2年度厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患政策研究事業)  (研究課題番号:20FC1039)
 研究課題:稀少てんかんに関する包括的研究(研究代表者:井上有史)  (研究分担者:伊藤 進)
 研究補助金:700,000円  (分担)
全件表示(8件)
ページの先頭へ
■ 教授・准教授・講師・助教の公的役職
1.  伊藤 康 :日本小児科学会東京都地方会幹事
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 6 2 3 2 3 3  0 10 0 0  17 5  0 1  1 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Yanagishita T, Imaizumi T, Yamamoto-Shimojima K, Yano T, Okamoto N, Nagata S, Yamamoto T*.:  Breakpoint junction analysis for complex genomic rearrangements with the caldera volcano-like pattern.  Human Mutation  in press :in press , 2020.9
2. Takahashi S, Tanaka R, Takeguchi R, Kuroda M, Akaba Y, Ito Y,:  The role of molecular analysis of SLC2A1 in the diagnostic workup of glucose transporter 1 deficiency syndrome.  Journal of the Neurological Sciences  416 :117041-Online ahead of print. , 2020.7   DOI:10.1016/j.jns.2020.117041
3. Mitali A Tambe, Bobby G Ng, Shino Shimada, Lynne A Wolfe, David R Adams, Undiagnosed Diseases Network, William A Gahl, Michael J Bamshad, Deborah A Nickerson, May C V Malicdan, Hudson H Freeze:  Mutations in GET4 disrupt the transmembrane domain recognition complex pathway.  Journal of inherited metabolic disease  :10.1002/jimd.12249 , 2020.5   DOI:10.1002/jimd.12249
4. Imaizumi T, Yamamoto-Shimojima K, Yanagishita T, Ondo Y, Yamamoto T*.:  Analyses of breakpoint-junctions of complex genomic rearrangements comprising multiple consecutive microdeletions by nanopore sequencing.  Journal of Human Genetics  in press :in press , 2020.4
総説及び解説
1. 平澤恭子:  NICU卒業生の予後と診療のポイント.  小児科診療  83 (9) :1119-1126 , 2020.9
2. 衛藤薫:  特集 小児科医の将来を考える ーあなたは10年後のあなたと向き合えますかー
II.女性医師が活躍できるためには?
女性医師が留学するには?.  小児科診療  83 (8) :1051-1057 , 2020.8
3. 伊藤進:  てんかんとケトン食.  Nutrition Care  13 (7) :10-16 , 2020.7
4. 安東亜希子*, 鏑木陽一郎:  特集 たかが便秘、されど便秘ー小児の便秘を科学する
II.薬を使わない治療(非薬物治療)
プロバイオティクス治療は効くのか.  小児科診療  83 (6) :771-775 , 2020.6
5. 永田智, 千葉幸英, 田中理貴:  【たかが便秘、されど便秘-小児の便秘を科学する】薬を使った治療(薬物治療) 維持療法のコツとは.  小児科診療  83 (6) :805-812 , 2020.6
全件表示(9件)
症例報告
1. Nishikawa A, Otani Y, Ito S, Nagata S, Shiota M, Takanashi J, Nakashima M, Saitsu H, Matsumoto N, Oguni H*:  A de novo GABRB2 variant associated with myoclonic status epilepticus and rhythmic high-amplitude delta with superimposed (poly) spikes (RHADS).  Epileptic Disorders :  22 (4) :476-481 , 2020.8   DOI:10.1684/epd.2020.1183
2. Yanagishita T, Eto K, Yamamoto-Shimojima K, Imaizumi T, Nagata S, Yamamoto T*.:  A novel PAFAH1B1 splicing variant identified in a patient with classical lissencephaly.  Tokyo Women's Medical University Journal  in press :in press , 2020.7
3. 山本陽子, 平澤恭子*, 今井 憲, 佐藤友哉, 戸津五月, 和田雅樹, 髙梨潤一, 永田 智:  出生直後からblepharoclonusを認めた脳幹小脳形成異常.  日本小児科学会雑誌  124 (6) :995-1001 , 2020.6
ページの先頭へ
■ 著書
1. 石垣景子:  Background Question 13-2
13. 妊娠周産期管理・先天性疾患
先天性筋強直性ジストロフィーの病態が成人型と異なるところは何か.  筋強直性ジストロフィー診療ガイドライン2020  117-119.  南江堂,  東京, 2020.9
2. 石垣景子:  Background Question 13-3
13. 妊娠周産期管理・先天性疾患
先天性筋強直性ジストロフィーの予後を規定する因子は何か.  筋強直性ジストロフィー診療ガイドライン2020  120-121.  南江堂,  東京, 2020.9
3. 石垣景子:  Background Question 13-4
13. 妊娠周産期管理・先天性疾患
先天性筋強直性ジストロフィーの骨格筋症状はどのように経過するか.  筋強直性ジストロフィー診療ガイドライン2020  122-124.  南江堂,  東京, 2020.9
4. 石垣景子:  Background Question 13-5
13. 妊娠周産期管理・先天性疾患
先天性筋強直性ジストロフィーの教育で気をつける点は何か.  筋強直性ジストロフィー診療ガイドライン2020  125-126.  南江堂,  東京, 2020.9
5. 佐藤孝俊:  Background Question 14-1
14. 全身麻酔・外科的処置
全身麻酔や鎮静を行ううえで問題となるべき点、またその要因は何か.  筋強直性ジストロフィー診療ガイドライン2020  128-130.  南江堂,  東京, 2020.9
全件表示(10件)
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Susumu Ito: Burden of developmental and epileptic encephalopathy (DEE) -affected children on families, nursery schooling, and employment in Japan.  International Symposium of the Pathophysiology of Developmental and Epileptic Encephalopathy (ISDEE2020),  Okayama (Web),  2020/06
2. ◎石垣景子: 治療薬のある筋疾患
~原因不明のCK値上昇に潜むポンぺ病~
小児神経筋疾患の診断ポイントと治療.  第31回日本末梢神経学会学術集会イブニングセミナー3,  幕張(Web),  2020/09
3. ◎安東亜希子, 鏑木陽一郎, 村田紗貴子, 千葉幸英, 世川 修, 永田 智: 一過性高血糖を呈した小腸間膜裂孔ヘルニアの1例.  第123回日本小児科学会学術集会,  神戸(Web),  2020/08
4. ◎鶴田敏久, 永田 智: 小児臨床試験に関する医学生・研修医教育と問題点.  第123回日本小児科学会学術集会,  神戸(Web),  2020/08
5. ◎田中理貴, 谷 諭美, 岸 崇之, 宮前多佳子, 針谷正祥, 永田 智: 幼児期発症肺間質性病変合併TH/To抗体・PM-Scl抗体陽性全身性強皮症の一例.  第123回日本小児科学会学術集会,  神戸(Web),  2020/08
全件表示(24件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者