(最終更新日:2022-06-27 22:39:12)
  イトウ ヤスシ   YASUSHI ITO
  伊藤 康
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  小児科
   職種   非常勤講師
■ 著書
1. 部分執筆  診療ガイドラインを策定する上での「患者・家族会参加」の課題「厚労省 新生児スクリーニング対象疾患等の先天代謝異常症における生涯にわたる診療体制の整備に関する研究(中村班)令和2年度 総括・分担研究報告書」 2021/05 Link
2. 部分執筆  代謝異常症が原因で発症する脳症 ~代謝性脳症~「2020年度 JaSMIn通信特別記事 特別記事リーフレット」 2021/03/01 Link
3. 編集・監修  I ファブリー病の概要/II 治療に対するクリニカルクエスチョン(CQ) /III 治療開始基準と海外のガイドライン/IV 診断や診療のための参考事項「ファブリー病 診療ガイドライン2020」 2021/01/22
4. 部分執筆  治療に対するクリニカルクエスチョン(CQ)「CQ2 ファブリー病に対する酵素補充療法は、疼痛を改善させるか?」「ファブリー病診療ガイドライン2020」 2021/01/22
5. 部分執筆  代謝異常症が原因で発症する脳症 ~代謝性脳症~「JaSMIn通信特別記事 特別記事」 2020/06/01 Link
全件表示(45件)
■ 学術雑誌
1. 原著  New insights into the pathogenesis of spinal muscular atrophy 2011/04
2. 原著  Nationwide survey of glucose transporter-1 deficiency syndrome (GLUT-1DS) in Japan 2015/09
3. 症例報告  頭部MRI検査を契機に破損したペン型自己注射針の頭皮内埋入が発見された幼児例 2022/04/20
4. 症例報告  室内で飼育されているヘビが感染源と考えられた生後2か月児の爬虫類サルモネラ症 2021/07/01
5. 原著  The role of molecular analysis of SLC2A1 in the diagnostic workup of glucose transporter 1 deficiency syndrome 2020/07
全件表示(87件)
■ 学会発表
1. 夏に注意したい子どもの感染症と健康リスク (口頭発表,一般) 2022/06/27
2. 受診理由に対する診断および対処においてhighly sensitive child気質を背景として考慮すべきと考えた症例の検討 (口頭発表,一般) 2022/06/25
3. Glut1欠損証において認識が十分でない非てんかん性発作についての研究 (口頭発表,一般) 2022/06/03
4. Establishment of a flow cytometry screening method for glucose transporter 1 deficiency syndrome (Glut1DS) (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2022/06/02
5. 発達障害児とその保護者への支援 〜早期発見と地域支援のあり方〜 (口頭発表,特別・招待講演等) 2022/02/09
全件表示(263件)
■ 学歴
1. 2010/11/19
(学位取得)
東京女子医科大学 博士(医学) Link
2. 1987/04~1993/03 和歌山県立医科大学 卒業
■ 職歴
1. 2016/08~ 東京女子医科大学 医学部 医学科(東京女子医科大学病院) 派遣准教授