<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度
 小児科
概要 当該年度の研究費受入状況 教授・准教授・講師・助手の学会・研究会の役員
当該年度の主催学会・研究会 学術雑誌 著書
学会発表


教授:
   永田 智
   小國 弘量
准教授:
   鶴田 敏久
   平澤 恭子
講師:
   石垣 景子
   伊藤 康
助教:
   今井 薫
   伊藤 進
   衛藤 薫
   大谷 ゆい
   金子 裕貴
   鏑木 陽一郎
   岸 崇之
   佐藤 孝俊
   七字 美延
   島田 姿野

   清水 玲子
   立川 恵美子
   千葉 幸英
   中務 秀嗣
   拜地 愛子
   花谷 あき
   松丸 重人
   村上 てるみ
■ 概要
東京女子医科大学小児科
東京女子医科大学小児科
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  厚生労働科学研究費 難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業)  (研究課題番号:H29-難治等(難)-一般-024)
 研究課題:ライソゾーム病(ファブリ病含む)に関する調査研究(研究代表者:衞藤義勝)  (研究分担者:石垣景子)
 研究補助金:600,000円  (分担)
2.  厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業))  (研究課題番号:H29-難治等(難)-一般-010)
 研究課題:希少てんかんに関する調査研究(研究代表者:井上有史)  (研究分担者:伊藤 進)
 研究補助金:300,000円  (分担)
3.  精神・神経疾患研究開発費  (研究課題番号:29-3)
 研究課題:筋ジストロフィーの臨床開発促進を目指した臨床研究(研究代表者:小牧宏文)  (研究分担者:石垣景子)
 研究補助金:1,400,000円  (分担)
ページの先頭へ
■ 教授・准教授・講師・助教の学会・研究会の役員
1.  永田 智 :日本小児科学会 理事(副会長)・和文誌編集委員会担当理事・将来の小児科医を考える委員会担当理事・試験運営委員会副担当理事・代議員, 日本小児科学会東京都地方会幹事, 日本臨床栄養学会評議員・小児栄養検討委員会副会長, 東京小児アレルギー疾患研究会会長
2.  平澤 恭子 :日本小児科学会代議員, 日本小児科学会東京都地方会幹事
3.  鶴田 敏久 :日本小児科学会 代議員, 日本小児科学会東京都地方会幹事
4.  舟塚 真 :日本てんかん学会 評議員
5.  伊藤 進 :日本てんかん学会 評議員
6.  石垣景子 :日本小児神経学会評議員, 小児神経筋疾患懇話会世話人, 日本先天代謝異常学会ガイドライン委員, 筋無力疾患者会「筋無力症友の会」顧問
ページの先頭へ
■ 当該年度の主催学会・研究会
1.  第69回日本小児神経学会関東地方会  (会長 : 平澤恭子 )  ,東京  2018/10
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 16 10 5 4 1 3  0 7 0 0  49 19  5 3  26 6
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. ISHIGAKI Keiko, IHARA Chikoto, NAKAMURA Harumasa, MORI-YOSHIMURA Madonna, MARUO Kazushi, TANIGUCHI-IKEDA Mariko, KIMURA En, MURAKAMI Termi, SATO Takatoshi, TODA Tat sushi, KAIYA Hisanobu, OSAWA Makiko:  National registry of patients with Fukuyama congenital muscular dystrophy in Japan.  Neuromuscular disorders : NMD  28 (10) :885-893 , 2018.10 Link
2. Mamyrova G, Kishi T, Targoff IN, Ehrlich A, Curiel RV, Rider LG; Childhood Myositis Heterogeneity Collaborative Study Group.:  Features distinguishing clinically amyopathic juvenile dermatomyositis from juvenile dermatomyositis.  Rheumatology (Oxford, England)  :Epub ahead of print , 2018.7
3. 伊藤進, 黒岩ルビー, 浅川奈緒子, 本田香織, 森 祐子, 林優子:  乳児期発症難治性てんかんにおける保育所就園及び保護者就業についての実態調査.  てんかん研究  36 (1) :42-51 , 2018.6
4. 佐藤友哉, 平澤恭子, 竹下暁子, 吉川陽子, 塩田睦記, 永田智:  脳室内出血の合併のない進行性外水頭症の極低出生体重児例.  日本新生児成育医学会雑誌  30 (2) :338-343 , 2018.6
5. Yeker RM, Pinal-Fernandez I, Kishi T, Pak K, Targoff IN, Miller FW, Rider LG, Mammen AL, for the Childhood Myositis Heterogeneity Collaborative Study Group.:  Anti-NT5C1A autoantibodies are associated with more severe disease in patients with juvenile myositis.  Annals of the rheumatic diseases  77 (5) :714-718 , 2018.5
6. Oguni Hirokazu, Ito Yasushi, Otani Yui, Nagata Satoru:  Questionnaire survey on the current status of ketogenic diet therapy in patients with glucose transporter 1 deficiency syndrome (GLUT1DS) in Japan.  European journal of paediatric neurology  22 (3) :482-487 , 2018.5
7. Kishi T, Bayat N, Ward MM, Huber A, Wu L, Mamyrova G, Targoff IN, Warren-Hicks WJ, Miller FW, Rider LG, for the Childhood Myositis Heterogeneity Study Group.:  Medications Received by Patients with Juvenile Dermatomyositis.  Seminars in arthritis and rheumatism  :epub ahead , 2018.5
8. 永田 智:  序文
小児の治療指針.  小児科診療  81 (増刊号) :0 , 2018.4
総説及び解説
1. 石垣景子:  第2部 疾患
XVII.神経・筋疾患
363 先天性筋ジストロフィー.  小児内科  50 (増刊) :796-797 , 2018.11
2. 石垣景子:  特集 知っておくべき治療可能な胎児・新生児希少疾患
ライソゾーム病
Pompe病.  周産期医学  48 (10) :1362-1366 , 2018.10
3. 鈴木悠貴, 永田智*:  特集 生活習慣病と子ども
ーDOHaDと健康のカギ
IV. DOHaDと疾患
肥満、2型糖尿病.  小児科診療  81 (10) :1351-1355 , 2018.10
4. 小国弘量*:  特集 小児のてんかん治療
ーてんかん診療ガイドライン2018を受けてー
1. 2010年治療ガイドラインからの改定ポイント.  小児科臨床  71 (10) :1663-1667 , 2018.10
5. 伊藤 康:  【痛み・かゆみ】 痛み 訴えに応じた治療 代謝疾患(Fabry病).  小児内科  50 (7) :1084-1088 , 2018.7
6. 伊藤 康, 小国弘量:  【神経系のトランスポーター-Up to date】 トランスポーターと疾患 てんかん.  Clinical Neuroscience  36 (6) :710-714 , 2018.6
7. 岸 崇之:  特集 日常診療にひそむ小児リウマチ性疾患
I. 臨床症状からの小児リウマチ性疾患の診断へのアプローチ
神経所見.  小児科診療  81 (6) :719-724 , 2018.6
8. 石垣景子:  特集 日常診療にひそむ小児リウマチ性疾患
I. 臨床症状からの小児リウマチ性疾患の診断へのアプローチ
筋所見.  小児科診療  81 (6) :725-732 , 2018.6
9. 花谷あき, 永田智:  特集 研修医必携!これだけは知ってほしい薬の使い方
II. 症候/疾患別・薬の使い方
アレルギー・アナフィラキシー.  小児科診療  81 (5) :588-592 , 2018.5
10. 鶴田敏久:  特集 研修医必携!これだけは知ってほしい薬の使い方
III. 薬効別・薬の使い方
抗腫瘍薬、血液製剤.  小児科診療  81 (5) :637-644 , 2018.5
全件表示(17件)
症例報告
1. Yanagishita T, Ito S, Ohtani Y, Eto K, Kanbayashi T, Oguni H, Nagata S:  Two cases of childhood narcolepsy mimicking epileptic seizures in video-EEG/EMG.  Brain and Development  40 (10) :939-942 , 2018.11
2. 柳下友映, 加地真理子, 谷諭美, 千葉幸英, 岸崇之, 鶴田敏久*:  ステロイドパルス療法後シクロスポリン投与が有効であった特発性(免疫性)血小板減少性紫斑病(ITP)の15歳女子例.  小児科診療  81 (10) :1377-1381 , 2018.10
3. Shimada S, Oguni H, Otani Y, Nishikawa A, Ito S, Eto K, Nakazawa T, Yamamoto-Shimojima K, Takanashi J, Nagata S, Yamamoto T:  An episode of acute encephalopathy with biphasic seizures and late reduced diffusion followed by hemiplegia and intractable epilepsy observed in a patient with a novel frameshift mutation in HNRNPU.  Brain & Development  40 (9) :813-818 , 2018.9 Link
4. 服部元史*, 石塚喜世伸, 薮内智朗, 金子直人, 三浦健一郎, 白井陽子, 谷口洋平, 長澤武, 伴英樹, 髙木陽子, 滝澤慶一, 久富隆太郎, 佐藤泰征, 中務秀嗣, 竹下暁子, 世川修, 平野大志:  腹膜透析を導入した4p-症候群の1歳女児例.  日本小児腎不全学会雑誌  38 :182-185 , 2018.7
5. 服部元史*, 世川修, 石塚喜世伸, 薮内智朗, 金子直人, 三浦健一郎, 滝澤慶一, 久富隆太郎, 佐藤泰征, 戸津五月, 内山温, 中西秀彦, 鶴田敏久, 金子岩和, 清水幹夫, 花房規男, 土谷健, 岩崎由佳, 藤野修平, 加藤元博:  胎児水腫、腫瘍崩壊症候群を呈し急性血液浄化療法を施行した先天性白血病の1例.  日本小児腎不全学会雑誌  38 :186-189 , 2018.7
ページの先頭へ
■ 著書
1. 伊藤康:  グルコーストランスポーター1欠損症.  2018年度 JaSMIn通信特別記事 特別記事リーフレット  *-*.  JaSMIn事務局,  東京, 2019.3
2. 伊藤進:  てんかんと食事療法(ケトン食療法).  ともしび2018年11月号  3-11.  日本てんかん協会東京都支部(大手町企画),  東京, 2018.11
3. 石垣景子:  第4章 子どもの疾病の予防及び適切な対応
(1)主な疾病の特徴
8.神経系の疾患.  保育者・養護教諭を目指す人のための
子どもの保健
〜健康と安全〜  119-129.  日本小児医事出版社,  東京, 2018.11
4. 衛藤薫:  第4章 子どもの疾病の予防及び適切な対応
(1)主な疾病の特徴
10.先天性の疾患.  保育者・養護教諭を目指す人のための
子どもの保健
〜健康と安全〜  137-142.  日本小児医事出版社,  東京, 2018.11
5. 平澤恭子:  第2章 子どもの身体発育と生理機能の発達
(1)身体発育と保健
(2)生理機能の発達と保健
(3)運動機能の発達
(4)精神機能の発達
(5)成長と発達.  保育者・養護教諭を目指す人のための
子どもの保健
〜健康と安全〜  17-33.  日本小児医事出版社,  東京, 2018.11
6. 永田智:  第4章 子どもの疾病の予防及び適切な対応
(1)主な疾病の特徴
3.免疫・アレルギー性疾患
4.消化器疾患.  保育者・養護教諭を目指す人のための
子どもの保健
〜健康と安全〜  77-93.  日本小児医事出版社,  東京, 2018.11
7. 伊藤康:  「Disease management:ファブリー病治療のエビデンス:小児科の立場から」思春期に診断しえたFabry病の3例.  日本ファブリー病フォーラム記録集 2008-2017  96.  診断と治療社,  東京, 2018.7
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎KISHI Takayuki, Warren-Hicks Willam, Bayatt Nastaran, Targoff Ira, Finkel Terri H, Goldmuntz Elon, Henrickson Michael, Lang Bianca, Mammen Andrew, Pachman Lauren M,, Passo Murray, O'Hanlon Terrance P., Miller F Frederick W, , Ward Michel, Rider Lisa G.: Factors associated with corticosteroid discontinuation, complete clinical response and remission in patients with juvenile dermatomyositis.  2018ACR/ARHP Annual Meeting,  Chicago(USA),  2018/10
2. ◎KISHI Takayuki, Warren-hicks Jesse, Smith Marjo, Bayat Nastaran, Henrickson Michael, Lang Bianca, Passo Murray, Miller Frederick W., Ward Michael, Rider Lisa G.: Early treatment with intravenous pulse methylprednisolone of methotrexate is associated with decreased medication requirements at 12 and 24months in patients with juvenile dermatomyositis: a propensity score analysis.  2018ACR/ARHP Annual Meeting,  Chicago(USA),  2018/10
3. ITO Yasushi: Glut1-Deficiency and ketogenic diets : past, presence and future;
"Clinical spectrum and genetic mechanism of GLUT1-DS".  6th Global Symposium on KETOGENIC THERAPIES FOR NEUROLOGICAL DISORDERS (KETO 2018),  Jeju, Korea,  2018/10
4. ◎OGUNI Hirokazu: Myodonic-atonic epilepsy.  6th Global Symposium on Ketogenic Therapies for Neurological Disorders:Embracing Diversity,Global Implementation and Lndividualized Care,  JeJu(Korea),  2018/10
5. Kaoru Eto: Intra-familial Phenotypic Variability of Fabry disease- Three siblings cases.  International Conference On Fabry Disease,  Osaka,  2018/08
6. OGUNI Hirokazu, SRINIVAS H.V.: Aeds should usually be withdrawn after two years of seizure freedom.  12th Asian & Oceanian Epilepsy Congress,  Bali, Indonesia,  2018/06
7. Susumu Ito, Ruby Kuroiwa, Naoko Asakawa, Kaori Honda, Yuko Mori, Yuko Hayashi: A Survey of Nursery Schooling and Parental Employment of Children with Infantile-onset Intractable Epilepsy in Japan.  12th Asian and Oceanian Epilepsy Congress,  Bali, Indonesia,  2018/06
8. ◎ISHIGAKI Keiko: Fukuyama congenital muscular dystrophy.  11th Japanese-French Workshop New insights in personalized medicine for neuromuscular diseases: From Basic to Applied Myology,  Tokyo, Japan,  2018/06
9. ◎道下麻未, 鏑木陽一郎, 千葉幸英, 谷諭美, 岸崇之, 永木茂, 永田智: 低アルブミン血症、CRP高値を契機に小腸大腸Crohn病と診断されTurner症候群の15歳女子.  第650回日本小児科学会東京都地方会講話会,  東京,  2018/12
10. ◎伴 英樹, 三浦健一郎, 谷口洋平, 長澤 武, 薮内智朗, 飯田貴也, 白井陽子, 金子直人, 髙木陽子, 石塚喜世伸, 飯田厚子, 谷口直子, 西川愛子, 中務秀嗣, 伊藤 進, 平澤恭子, 永田 智, 服部元史: 急性脳症、急性腎障害、菌血症を来したサルモネラ腸炎の1例.  第650回日本小児科学会東京都地方会講話会,  東京,  2018/12
全件表示(108件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者