<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度 | 2018年度 | 2019年度 次 >>>
 小児科
概要 当該年度の研究費受入状況 当該年度の主催学会・研究会
学術雑誌 著書 学会発表


教授:
   永田 智
   小國 弘量
准教授:
   鶴田 敏久
   平澤 恭子
講師:
   石垣 景子
   伊藤 康
助教:
   今井 薫
   伊藤 進
   衛藤 薫
   大谷 ゆい
   金子 裕貴
   鏑木 陽一郎
   岸 崇之
   佐藤 孝俊
   七字 美延
   島田 姿野

   清水 玲子
   立川 恵美子
   千葉 幸英
   中務 秀嗣
   拜地 愛子
   花谷 あき
   松原 健
   松丸 重人
   村上 てるみ
   吉川 陽子
■ 概要
東京女子医科大学小児科
東京女子医科大学小児科
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  平成28~29年度厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業)  (研究課題番号:H29-難治等(難)-一般-010)
 研究課題:希少難治性てんかんのレジストリ構築による総合的研究(研究代表者:井上有史)  (研究分担者:小国弘量)
 研究補助金:300,000円  (分担)
2.  平成29年度 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター 精神・神経疾患研究開発事業  (研究課題番号:29-3)
 研究課題:筋ジストロフィーの臨床開発促進を目指した臨床研究(研究代表者:小牧宏文)  (研究分担者:石垣景子)
 研究補助金:1,400,000円  (分担)
3.  平成29年度厚生労働科学研究費 難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業)  (研究課題番号:H29-難治等(難)-一般-051)
 研究課題:先天代謝異常症の生涯にわたる診療支援を目指したガイドラインの作成・改訂および診療体制の整備に向けた調査研究(研究代表者:中村公俊)  (研究分担者:小国弘量)
 研究補助金:510,000円  (分担)
4.  平成29年度厚生労働科学研究費 難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業)  (研究課題番号:H29-難治等(難)-一般-024)
 研究課題:ライソゾーム病(ファブリ病含む)に関する調査研究(主任研究者:衛藤義 勝)  (研究分担者:石垣景子)
 研究補助金:600,000円  (分担)
ページの先頭へ
■ 当該年度の主催学会・研究会
1.  第636回日本小児科学会東京都地方会講話会  (会長 : 永田 智 )  ,東京  2017/05
2.  第11回日本てんかん学会関東甲信越地方会  (会長 : 小国 弘量 )  ,東京  2017/06
3.  第637回日本小児科学会東京都地方会講話会  (会長 : 永田 智 )  ,東京  2017/06
4.  第638回日本小児科学会東京都地方会講話会  (会長 : 永田 智 )  ,東京  2017/07
5.  第639回日本小児科学会東京都地方会講話会  (会長 : 永田 智 )  ,東京  2017/09
全件表示(10件)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 13 3 22 1 0 2  0 5 0 0  33 17  0 3  28 14
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 伊藤進:  Sponsored Award報告書 32nd International Epilepsy Congressに参加して.  てんかん研究  35 (3) :747-748 , 2018.3
2. 永田 智:  小児疾患と腸内細菌 小児疾患と腸内細菌叢.  小児保健研究  76 (6) :596-599 , 2017.11
3. Nagata S, Chiba Y, Wang C, Yamashiro Y:  The effects of the Lactobacillus casei strain on obesity in children.  パイロット研究。 Benef Microbes。  :535-543 , 2017.8   DOI:10.3920/BM2016.0170
4. Kishi T*, Rider LG*, Pak K, Barillas-Arias L, Henrickson M, McCarthy PL, Shaham B, Weiss PF, Horkayne-Szakaly I, Targoff IN, Miller FW, Mammen AL, for the Childhood Myositis Heterogeneity Study Group.:  Anti-3-Hydroxy-3-Methylglutaryl-Coenzyme A Reductase Autoantibodies are Associated with DRB1*07:01 and Severe Myositis in Pediatric Myositis Patients.  Arthritis care and research : the official journal of the Arthritis Health Professions Association  69 (7) :1088-1094 , 2017.7   DOI:10.1002/acr.23113
総説及び解説
1. 岸崇之:  小児皮膚筋炎のclinical response criteria.  リウマチ科  59 (3) :337-342 , 2018.3
2. 石垣景子:  ライソゾーム病の画像診断.  医学のあゆみ  264 (9) :749-755 , 2018.3
3. 小国弘量:  特集 ここまできた小児神経・筋疾患の診断と治療
II. 治療
難治てんかんの食事療法.  小児科診療  81 (1) :61-65 , 2018.1
4. 永田 智:  序文
アレルギー疾患FAQ.  小児科診療  80 (12) :1595 , 2017.12
5. 金子裕貴:  I. 食物アレルギー
食物アレルギーの耐性化(寛解)の機序はどこまでわかっていますか?.  小児科診療  80 (12) :1612-1614 , 2017.12
全件表示(21件)
症例報告
1. 水落清, 宮前多佳子, 柳下友映, 谷諭美, 花谷あき, 鏑木陽一郎, 千葉幸英, 鶴田敏久, 桑澤隆補, 山中寿, 永田智:  齲歯多発に口腔内細菌の関連を認めた原発性 Shӧgren症候群の1例.  小児リウマチ  8 (1) :18-21 , 2018.1
2. 大谷ゆい, 小国弘量, 西川愛子, 伊藤 進, 衛藤 薫, 永田 智:  ケトン食療法が著効した徐波睡眠持続性棘徐波を呈する非定型良性部分てんかんの男児例.  脳と発達  49 (6) :413-417 , 2017.11
3. Matsumaru S, Oguni H, Ogura H, Shimojima k, Nagata S, Kanno H, Yamamoto T.:  A novel PGK1 mutation associated with neurological dysfunction and the absence of episodes of hemolytic anemia or myoglobinuria.  Intractable Rare Disease Research  6 (2) :132-136 , 2017.5   DOI:10.5582/irdr.2017.01020 Link
その他
1. 山本 陽子, 千葉 幸英, 永田 智:  【授乳と離乳-小児科医の基礎知識】授乳・離乳の基本知識 消化管機能・腸内細菌叢の発達.  小児内科  50 (1) :41-44 , 2018.1
2. 永田 智:  【アレルギー疾患FAQ】食物アレルギー アナフィラキシーを予防できる薬物療法はありますか?.  小児科診療  80 (12) :1618-1619 , 2017.12
3. 永田 智:  【アレルギー疾患FAQ】食物アレルギー 経口免疫療法の利点と欠点を教えてください.  小児科診療  80 (12) :1623-1626 , 2017.12
4. 永田 智:  【アレルギー疾患FAQ】アトピー性皮膚炎 高度のドライスキンに対するスキンケアのコツを教えてください.  小児科診療  80 (12) :1675-1677 , 2017.12
5. 前本 薫, 石井のぞみ, 伊藤 康, 竹中佐江子, 内田美穂, 加勢泰康:  【エキスパートが語る小児理学療法】 発達障害児に対する早期理学療法.  理学療法ジャーナル  51 (12) :1087-1094 , 2017.12
全件表示(10件)
ページの先頭へ
■ 著書
1. 衛藤薫:  【ライソゾーム病のすべて】 神経セロイドリポフスチン症(NCL).  医学のあゆみ  851-856.  医歯薬出版,  東京, 2018.3
2. 石垣景子:  23. 小児科疾患
小児の重症筋無力症.  今日の治療指針
私はこう治療している 2018年版
Volume60  1457-1458.  医学書院,  東京, 2018.1
3. 伊藤進:  食事療法(ケトン食療法).  てんかんの教科書  136-137.  メディカルレビュー社,  東京, 2017.10
4. 伊藤進:  治療方針の選択,遺伝の話.  小児てんかんのインフォームドコンセント入門  65-85.  医薬ジャーナル社,  大阪, 2017.7
5. 小國弘量, 伊藤康:  グルコーストランスポーター1(GLUT1)欠損症.  日本てんかん学会編集:稀少てんかんの診療指標  121-123.  診断と治療社,  東京, 2017.4
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ITO Susumu, MATSUSHIMA Naho, OHTANI Yui, ETO Kaoru, OGUNI Hirokazu, NAGATA Satoru: Efficacy of continuous midazolam infusion for hyperthermia-induced seizures in Dravet syndrome.  32nd International Epilepsy Congress,  Barcelona, Spain,  2017/09
2. MATSUSHIMA Naho, ITO Susumu, OHTANI Yui, ETO Kaoru, OGUNI Hirokazu, NAGATA Satoru: Comparison of seizure outcome in patients with West syndrome after extremely low-dose adrenocorticotropic hormone therapy.  32nd International Epilepsy Congress,  Barcelona, Spain,  2017/09
3. YANAGISHITA Tomoe, ITO Susumu, MIZUOCHI Kiyoshi, SUGIMOTO Kei, OHTANI Yui, ETO Kaoru, TAKESHITA Akiko, HIRASAWA Kyoko, OGUNI Hirokazu, NAGATA Satoru: Two cases of narcolepsy with unique cataplexy mimicking epileptic seizures on the long-term video electroencephalography.  32nd International Epilepsy o,  Barcelona, Spain,  2017/09
4. ◎鶴田敏久, 金子裕貴, 上原敦子, 永田智: CTCAEグレードに従った日常診療録記載のすすめ.  日本臨牀試験学会第9回学術集会,  仙台,  2018/02
5. ◎石井有理, 橋本泰子, 浮田千絵里, 千葉幸英, 永田 智: プロバイオティクスによる小児肥満対策に関する検討.  第33回日本静脈経腸栄養学会学術集会,  横浜,  2018/02
全件表示(95件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者