<<< 前 2012年度 2013年度 2014年度 | 2015年度 | 2016年度 次 >>>
 小児科
概要 当該年度の研究費受入状況 当該年度の主催学会・研究会
受賞学術賞 学術雑誌 著書
学会発表


教授:
   永田 智
   小國 弘量
准教授:
   平澤 恭子
   舟塚 真
講師:
   石垣 景子
   伊藤 康
助教:
   今井 薫
   伊藤 進
   衛藤 薫
   大谷 ゆい
   小田 絵里
   金子 裕貴
   鏑木 陽一郎
   河野 香
   岸 崇之
   齊藤 崇

   佐藤 孝俊
   塩田 睦記
   七字 美延
   島田 姿野
   清水 玲子
   立川 恵美子
   中務 秀嗣
   拜地 愛子
   花谷 あき
   平野 嘉子

   村上 てるみ
   吉井 啓介
   吉川 陽子
■ 概要
東京女子医科大学小児科
東京女子医科大学小児科
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  平成26年度 精神・神経疾患研究開発費 (独)精神・神経疾患研究開発センターとの研究事業契約締結  (研究課題番号:26-6)
 研究課題:筋ジストロフィーのエビデンス創出を目的とした臨床研究と体制整備 (主任研究者:小牧宏文)  (研究分担者:石垣 景子)
 研究補助金:800,000円  (分担)
2.  平成26年度厚生労働科学研究委託費 障害者対策総合研究事業(障害者対策総合研究開発事業(神経・筋疾患))  (研究課題番号:H26-神経・筋-一般-004)
 研究課題:筋強直性ジストロフィー治験推進のための臨床基盤整備の研究(研究代表者:松村 剛)  (研究分担者:石垣 景子)
 研究補助金:250,000円  (分担)
3.  平成26年度厚生労働科学研究費補助金  (研究課題番号:H26-難治等(難)-一般-047)
 研究課題:新しい先天代謝異常症スクリーニング時代に適応した治療ガイドラインの作成および生涯にわたる診療体制の確立に向けた調査研究(研究代表者:遠藤文夫)  (研究分担者:小国 弘量)
 研究補助金:600,000円  (分担)
4.  平成26年度厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業))  (研究課題番号:H26-難治等(難)-一般-041)
 研究課題:ライソゾーム病(ファブリ病含む)に関する調査研究(研究代表者:衞藤義勝)  (研究分担者:石垣景子)
 研究補助金:900,000円  (分担)
5.  平成26年度厚生労働科学研究委託事業
 研究課題:てんかんに対する総合的な医療の提供体制整備に関する研究(研究代表者:大槻泰介)  (研究分担者:小国 弘量)
 研究補助金:300,000円  (分担)
全件表示(7件)
ページの先頭へ
■ 当該年度の主催学会・研究会
1.  第48回日本てんかん学会  (会長 : 小国 弘量 )  ,東京  2014/10
ページの先頭へ
■ 受賞学術賞
1.  永田 智 第12回日本小児栄養研究会優秀演題受賞
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 11 3 5 5 2 5  0 13 0 0  42 20  5 3  12 9
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 山城雄一郎, 永田 智, 佐藤洋明:  腸内細菌と小児期の健康および疾病感受性
─帝王切開は児の将来の健康に影響を及ぼす?─.  小児科臨床  68 (3) :343-354 , 2015.3
2. Horie M, Kim Y, Kamo T, Shimizu S, Osawa M:  Association between PTSD and depression during prolonged exposure therapy for intimate-partner violence and a single Incident of interpersonal violence of female victims.  東京女子医科大学雑誌  85 (3) :102-113 , 2015.3
3. HIRANO Yoshiko , OGUNI Hirokazu*, SHIOTA Mutsuki,NISHIKAWA Aiko, OSAWA Makiko:  Ketogenic diet therapy can improve ACTH-resistant West syndrome in Japan.  Brain & Development  37 (1) :18-22 , 2015.1   DOI:http://dx.doi.org/10.1016/j.braindev.2014.01.015
4. Yasushi Ito, Hirokazu Oguni*, Yoshiko Hirano, Makiko Osawa:  Study of epileptic drop attacks in symptomatic epilepsy of early childhood - Differences from those in myoclonic-astatic epilepsy.  Brain & Development  37 (1) :49-58 , 2015.1
5. Shimada S, Shimojima K, Okamoto N, Sangu N, Hirasawa K, Matsuo M, Ikeuchi M, Shimakawa S, Shimizu K, Mizuno S, Kubota M, Adachi M, Saito Y, Tomiwa K, Haginoya K, Numabe H, Kako Y, Hayashi A, Sakamoto H, Hiraki Y, Minami K, Takemoto K, Watanabe K, Miura K, Chiyonobu T, Kumada T, Imai K, Maegaki Y, Nagata S, Kosaki K, Izumi T, Nagai T, Yamamoto T*.:  Microarray analysis of 50 patients reveals the critical chromosomal regions responsible for 1p36 deletion syndrome-related complications.  Brain & Development  Epub ahead of print :00189 , 2014.8   DOI:10.1016/j.braindev.2014.08.002.
全件表示(11件)
総説及び解説
1. 永田智:  第60回東京女子医科大学学会総会
シンポジウム「東京女子医大 小児医療の最前線!-“なおらない“ から “なおる!“ へ」 
「腸内細菌とこどもの病気」.  東京女子医科大学雑誌  85 (2) :55-62 , 2015.2
2. 伊藤進:  特集 けいれん性疾患の最新の治療 II.慢性期 発作型から考えるてんかんの治療:難治性てんかんを中心に.  小児科診療  78 (2) :229-234 , 2015.1
3. 永田智:  下痢と便秘の栄養.  小児科臨床  67 (12) :2357-2361 , 2014.12
4. 舟塚真, 伊藤進:  中心・側頭部に棘波をもつ良性小児てんかん.  日本臨床  別冊 :25-29 , 2014.12
5. 舟塚真:  光感受性症候群.  日本臨床  別冊 :287-291 , 2014.12
全件表示(16件)
ページの先頭へ
■ 著書
1. 石垣景子:  ファーバー病.  ライソゾーム病・ペルオキシソーム病診断の手引き  18-19.  診断と治療社,  東京, 2015.3
2. 石垣景子:  ダノン病.  ライソゾーム病・ペルオキシソーム病診断の手引き  48-49.  診断と治療社,  東京, 2015.3
3. 伊藤進, 小国弘量:  当科におけるホスフェニトインによるけいれん重積状態の管理~特にけいれん“群発”状態に対する有効性について~.  神経救急・脳神経外科周術期におけるてんかん発作の管理 ホスフェニトインによる実践集  19-22.  ライフ・サイエンス,  東京, 2015.3
4. 石垣景子:  4.ポンペ病の臨床スペクトラム.  ポンペ病 2nd edition 日本語版  41-61.  UNI-MED,  東京, 2014.12
5. 伊藤進, 小國弘量:  XIV てんかん症候群 5 全般てんかんおよび症候群 4) ミオクロニー欠神てんかん.  別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズNo.31 神経症候群VI  126-129.  日本臨床社,  大阪, 2014.12
全件表示(13件)
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎Ishigaki Keiko, Murakami Terumi, SAto Takatoshi, Ishiguro Kumiko, Funatsuka Makoto, Kato Ikuko, Saito Kayoko, Mkiko Osawa, NAGATA Satoru: Renal dysfunction in patients with Fukuyama congenital muscular dystrophy.  19th International Congress of The World Muscle Society,  Berlin, Germany,  2014/10
2. ◎Terumi Murakami, Tomoka Uchiyama, Keiko Ishigaki, Takatoshi Sato, Takahiro Nakayama, Satoshi Kuru: A new index of muscle development and disease progression for the pediatric patients with Fukuyama congenital muscular dystrophy, using bioelectrical impedance analysis; an observation study.  World Muscle Society,  Berlin,  2014/10
3. Ishigaki Keiko, Murakami Terumi, Sato Takatoshi, Ishiguro Kumiko, shichiji Minobu, Nagata Satoru: Skeletal muscle MRI with fat suppression technique can detect early changes in childhood onset Pompe disease in patients receiving ERT.  16th Asia LSD(Lysosomal Storage Diseases) Symposium,  Seoul,  2014/09
4. ◎KISHI Takayuki, MIYAMAE Takako, NAGATA Satoru, YAMANAKA Hisashi: Characteristics of infants born to mothers with autoimmune disorders.  21st European Pediatric Rheumatology Congress,  Belgrade,  2014/09
5. ◎KAJI Mariko, KISHI Takayuki, MIYAMAE Takako, FUJIKAWA Satoshi, YAMANAKA Hisashi, NAGATA Satoru: Safety and efficacy of adalimumab in a girl with refractory intestinal Behcet's disease.  16th International conference on Behcet's Disease,  Paris,  2014/09
全件表示(91件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者