<<< 前 2018年度 2019年度 2020年度 | 2021年度 | 2022年度 次 >>>
 脳神経外科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   川俣 貴一
   清水 俊彦
准教授:
   平 孝臣
   藍原 康雄
   林 基弘
講師:
   天野 耕作
   佐々木 寿之
   丸山 隆志
   山口 浩司
   米山 琢
助教:
   阿南 英典
   阿部 圭市
   池田 茂
   石川 達也
   石川 友美
   伊藤 要
   井上 龍也
   今中 康介
   江口 盛一郎
   大城 信行

   大村 佳大
   小田 侑一
   加藤 宏一
   菊田 敬央
   郡山 峻一
   小原 亘太郎
   齋藤 太一
   佐藤 慎祐
   清水 篤
   角 真佐武

   髙野 裕樹
   竹林 研人
   田村 徳子
   千葉 謙太郎
   都築 俊介
   富永 禎弼
   中野 紘
   中本 英俊
   中谷 幸太郎
   新田 雅之

   橋本 和敏
   比嘉 綾香
   福井 敦
   船津 尭之
   堀澤 士朗
   松岡 綾子
   松岡 剛
   三浦 勇
   宮尾 暁
   望月 悠一

   茂木 陽介
   森谷 圭佑
   安田 崇之
   劉 美憬
■ 概要
脳神経外科
脳神経外科は、中枢神経系(脳・脊髄)と末梢神経系の外科的治療を目的とした科である。当脳神経センターは開設40周年を迎え、初代喜多村教授、2代目高倉教授、3代目堀教授を経て現在に至っている。この間当脳神経センターではCTスキャン、定位的脳神経手術、ガンマナイフ治療、open MRI導入による外科手術、血行再建術を中心とした脳血管障害の外科的治療など常に時代の最先端の医療が推進されてきた。現在は脳腫瘍、機能的疾患、脳血管障害、脊椎・脊髄疾患、小児脳神経疾患など広い分野の脳神経系疾患に対して今まで培われてきた外科手術、血管内治療、ガンマナイフ、化学療法などを有機的に組み合わせ、小児から成人・老人まで、また悪性から良性・機能性疾患までの患者さんに対してGOLを重視した総合的な脳神経系疾患の治療センターを目指している。すばらしい伝統を受け継ぎながら21世紀の脳神経系疾患の治療・研究の先駆的センターとなるべく教室員全員明るく飛躍を期している。関係各位のご理解と学生、若手医師の当脳神経外科教室への参加を期待している。

東京女子医科大学 脳神経外科詳細ページ
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 8 0 13 4 2 36  0 8 0 0  36 44  0 3  0 9
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Isamu Miura, Motoo Kubota, Nobuaki Momozaki, Takakazu Kawamata, Masahito Yuzurihara:  Prevalence and Screening of Deep Vein Thrombosis in Patients with Osteoporotic Vertebral Fracture e.  Turkish neurosurgery  :DOI: 10.5137/1019-5149. , 2021.2   DOI:10.5137/1019-5149.JTN.32962-20.2
2. TANIGUCHI Kiyoaki, SUZUKI Akane, SERIZAWA Akiko, KOTAKE Sho, ITO Shunichi, SUZUKI Kazuomi, YAMADA Takuji, NOGUCHI Takeharu, AMANO Kunihiko, OTA Masaho, MURAGAKI Yoshihiro, YAMAMOTO Masakazu:  Rapid Flow Cytometry of Gastrointestinal Stromal Tumours Closely Matches the Modified Fletcher Classification.  Anticancer research  41 (1) :131-136 , 2021.1   DOI:10.21873/anticanres.14758
3. Takayuki Funatsu, Tatsuya Ishikawa*, Koji Yamaguchi, Seiichiro Eguchi, Go Matsuoka, Keisuke Moriya, Hiroshi Nakano, Syuhei Morita, Tomomi Ishikawa, Takahiro Hori, Takakazu Kawamata:  Intracranial mycotic aneurysm after left ventricular assist device implantation treated with trans-arterial embolization via the brachial artery.  NMC case report journal.  8 :433-438 , 2021.1   DOI:10.2176/nmccrj.cr.2020-0259
4. Masakazu Taira, Hidetsugu Asano, Jun Okamoto, Tatsuya Ishikawa, Yoshihiro Muragaki:  An easily hand support device improves the accuracy and speed of suturing procedures: concept and first feasibility study.  Tokyo Women's Medical University Journal  4 :17-23 , 2020.12   DOI:https://doi.org/10.24488/twmuj.2019006
5. CHIBA Shinji, YOSHIMITSU Kitaro, ISHIKAWA Tatsuya, MASAMUNE Ken, HORISE Yuki, MURAGAKI Yoshihiro:  Clinical Evaluation of a New Touchless Interface That Uses Hand-gestures and Voice Operation Named "Opect3D" in Cerebral Blood Vessel Cases.  Tokyo Women's Medical University Journal  4 :44-51 , 2020.12   DOI:10.24488/twmuj.2020001
全件表示(38件)
総説及び解説
1. 村垣善浩:  ロボット手術の最前線 AI×ロボット実装を目指す高機能版スマート治療室Hyper SCOT.  東京女子医科大学雑誌  91 (1) :82-87 , 2021.2   DOI:10.24488/jtwmu.91.1_82
2. 田村学, 佐藤生馬, MANGINJean-Francois, 藤野雄一, 正宗賢, 川俣貴一, 村垣善浩:  標準脳機能アトラスの投影による未来予測手術の具現化.  MEDICAL IMAGING TECHNOLOGY  38 (5) :222-227 , 2020.11   DOI:10.11409/mit.38.222
3. 村垣善浩, 齋藤太一:  ◆脳腫瘍 患者さんに説明できる疾患の知識とケアのすべて.  Brain Nursing  36 (12) :1186-1244 , 2020.11
4. 村垣善浩, 岡本淳, 堀瀬友貴, 正宗賢, 伊関洋:  5G時代のスマート治療室.  医学のあゆみ  275 (7) :811-816 , 2020.11
5. 川瀬悠樹, 岸本眞治, 伊関洋, 生田聡子, 村垣善浩:  【レーザー医学を発展させるための提言】PDT国際標準化活動から見たレーザ医工学発展への期待.  日本レーザー医学会誌  41 (3) :282-286 , 2020.9   DOI:10.2530/jslsm.jslsm-41_0030
全件表示(9件)
症例報告
1. Horisawa Shiro, Azuma Kenkou, Akagawa Hiroyuki, Nonaka Taku, Kawamata Takakazu, Taira Takaomi:  Radiofrequency ablation for DYT-28 dystonia: short term follow-up of three adult cases.  Annals of clinical and translational neurology  7 (10) :2047-2051 , 2020.10   DOI:10.1002/acn3.51170
2. KuwanoAtsushi, NaitouIsao, MiyamotoNaoko, AraiKoji, KawamataTakakazu:  Treatment of a scalp arteriovenous malformation by a combination of embolization and surgical removal: a case report.  World neurosurgery.  138 :93-97 , 2020.6   DOI:10.1016/j.wneu.2020.02.138
3. SAITO Taiichi, MURAGAKI Yoshihiro, TAMURA Manabu, MARUYAMA Takashi, NITTA Masayuki, TSUZUKI Shunsuke, FUKUI Atsushi, KAWAMATA Takakazu:  Correlation between localization of supratentorial glioma to the precentral gyrus and difficulty in identification of the motor area during awake craniotomy.  Journal of neurosurgery  134 (5) :1490-1499 , 2020.5   DOI:10.3171/2020.2.JNS193471
4. Tanaka Yukiko, Matsuoka Go*, Shimizu Atsushi, Nagahara Inoue Ayumi, Ikeda Shigeru, Eguchi Seiichiro, Kawamata Takakazu:  A Case of Multiple Myeloma with a Single Bone Lesion Following the Sudden Onset of General Symptoms.  No shinkei geka. Neurological surgery  48 (4) :355-358 , 2020.4   DOI:10.11477/mf.1436204190
5. 呂 聞東, 藍原康雄, 千葉謙太郎, 鶴田敏久, 川俣貴一:  診断に苦慮した小児末梢性原始神経外胚葉性腫瘍の一例.  小児の脳神経  :in press , 2020
全件表示(8件)
その他
1. 正宗賢, 村垣善浩:  スマート治療室SCOT の研究開発と ICU 分野への展開.  医療機器学  91 (1) :34-38 , 2021.2   DOI:10.4286/jjmi.91.34
2. 齋藤太一:  1 脳腫瘍の分類と悪性度.  Brain Nursing  36 (12) :10(1186)-11(1187) , 2020.12
3. 都築俊介:  2 神経膠腫.  Brain Nursing  36 (12) :12(1188)-18(1194) , 2020.12
4. 村垣善浩, 岡本淳, 正宗賢:  手術用ナビゲーションシステム
スマート治療室.  JOHNS  36 (12) :1619-1624 , 2020.12
5. 正宗賢, 岡本淳, 堀瀬友貴, 楠田佳緒, 田村学, 村垣善浩:  未来型手術を実現する手術室 Hyper SCOT.  INNERVISION 別冊付録 ITvision  42 :38-39 , 2020.6 Link
全件表示(6件)
ページの先頭へ
■ 著書
1. 江口盛一郎:  脳腫瘍 患者さんに説明できる疾患の知識とケアのすべて 5 聴神経腫瘍.  ブレインナーシング  32-38.  メディカ出版,  大阪府大阪市, 2020.12
2. 齋藤太一, 丸山隆志, 村垣善浩:  8 Insular glioma の手術.  悪性脳腫瘍のすべて ―Neuro-Oncologyの教科書―  146-156.  メディカ出版,  大阪, 2020.10 Link
3. 都築俊介, 村垣善浩:  2 膠芽腫(GBM)の手術 ─ 我々の流儀2:迅速な術前準備と安全・確実な腫瘍摘出.  悪性脳腫瘍のすべて ―Neuro-Oncologyの教科書―  84-94.  メディカ出版,  大阪府, 2020.10 Link
4. 都築俊介, 岡本淳, 田村学, 正宗賢, 村垣善浩:  画像情報を統合する手術室の開発.  術中 蛍光イメージング実践ガイド -ラボからオペ室まで-  299-309.  メジカルビュー社,  東京都, 2020.9
5. 石川達也:  脳動脈瘤(クリッピング術)内頚動脈瘤.  脳卒中の外科 エキスパートを目指す侍たちへ  172-182.  メジカルビュー社,  日本, 2020.8
全件表示(8件)
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Hayashi Motohiro: Current Gamma knife surgery for vestibular schwannomas: clinical advantage to use pathological micro-anatomy based dose planning.  12th AASSFN2020,  WEB (Korea),  2020/09
2. ◎OHSHIMA Kazuma , SATO Ikuma, SATO Arata, FUJINO Yuichi, KUSUDA Kaori, HORISE Yuki, TAMURA Manabu, MASAMUNE Ken, MURAGAKI Yoshihiro: A method for estimation of brain function positions based on the standard brain model using retrospective information in awake surgery for glioma.  CARS 2020 Computer Assisted Radiology and Surgery –34th International Congress and Exhibition【Web開催】,  On-line(Munich, Germany),  2020/06
3. ◎SATO Arata, SATO Ikuma, OHSHIMA Kazuma , FUJINO Yuichi, KUSUDA Kaori, HORISE Yuki, TAMURA Manabu, MURAGAKI Yoshihiro, MASAMUNE Ken: Overlay of brain structure and estimated brain function position onto microscopy using pre- and intraoperative MRI in awake surgery for glioma.  CARS 2020 Computer Assisted Radiology and Surgery –34th International Congress and Exhibition【Web開催】,  On-line(Munich, Germany),  2020/06
4. ◎村垣善浩: AI surgery を実現するスマート治療室 SCOT.  第85回日本循環器学会学術集会,  横浜 (ハイブリッド形式),  2021/03
5. ◎石川達也: 再発脳動脈瘤の傾向と治療選択.  第50回 脳卒中の外科学会,  福岡(web),  2021/03
全件表示(92件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者