<<< 前 2019年度 2020年度 2021年度 | 2022年度 次 >>>
 脳神経外科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   川俣 貴一
   清水 俊彦
准教授:
   平 孝臣
   藍原 康雄
   林 基弘
講師:
   天野 耕作
   齋藤 太一
   佐々木 寿之
   丸山 隆志
   山口 浩司
   米山 琢
助教:
   阿南 英典
   阿部 圭市
   池田 茂
   石川 達也
   石川 友美
   伊藤 要
   井上 龍也
   今中 康介
   江口 盛一郎
   大城 信行

   大村 佳大
   岡 美栄子
   小田 侑一
   菊田 敬央
   栗原 寛幸
   郡山 峻一
   小原 亘太郎
   小林 達弥
   佐藤 慎祐
   佐藤 大樹

   清水 篤
   角 真佐武
   髙野 裕樹
   田村 徳子
   千葉 謙太郎
   都築 俊介
   富永 禎弼
   中野 紘
   中本 英俊
   中谷 幸太郎

   新田 雅之
   丹羽 章浩
   野中 拓
   橋本 和敏
   比嘉 綾香
   福井 敦
   船津 尭之
   程塚 研一
   堀澤 士朗
   松岡 綾子

   松岡 剛
   三浦 勇
   宮尾 暁
   茂木 陽介
   森谷 圭佑
   安田 崇之
   劉 美憬
■ 概要
脳神経外科
脳神経外科は、中枢神経系(脳・脊髄)と末梢神経系の外科的治療を目的とした科である。当脳神経センターは開設40周年を迎え、初代喜多村教授、2代目高倉教授、3代目堀教授を経て現在に至っている。この間当脳神経センターではCTスキャン、定位的脳神経手術、ガンマナイフ治療、open MRI導入による外科手術、血行再建術を中心とした脳血管障害の外科的治療など常に時代の最先端の医療が推進されてきた。現在は脳腫瘍、機能的疾患、脳血管障害、脊椎・脊髄疾患、小児脳神経疾患など広い分野の脳神経系疾患に対して今まで培われてきた外科手術、血管内治療、ガンマナイフ、化学療法などを有機的に組み合わせ、小児から成人・老人まで、また悪性から良性・機能性疾患までの患者さんに対してGOLを重視した総合的な脳神経系疾患の治療センターを目指している。すばらしい伝統を受け継ぎながら21世紀の脳神経系疾患の治療・研究の先駆的センターとなるべく教室員全員明るく飛躍を期している。関係各位のご理解と学生、若手医師の当脳神経外科教室への参加を期待している。

東京女子医科大学 脳神経外科詳細ページ
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 4 2 11 8 4 13  0 8 0 0  38 48  1 2  1 5
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. KOBAYASHI Tatsuya, NITTA Masayuki, SHIMIZU Kazuhide, SAITO Taiichi, TSUZUKI Shunsuke, FUKUI Atsushi, KORIYAMA Shunichi, KUWANO Atsushi, KOMORI Takashi, MASUI Kenta, MAEHARA Taketoshi , KAWAMATA Takakazu, MURAGAKI Yoshihiro:  Therapeutic Options for Recurrent Glioblastoma-Efficacy of Talaporfin Sodium Mediated Photodynamic Therapy.  Pharmaceutics  14 (2) :353 , 2022.2   DOI:10.3390/pharmaceutics14020353
2. FURUTA Taisuke, KUBO Tadahik, SAKUDA Tomohiko, SAITO Taiichi, KURISU Kaoru, MURAGAKI Yoshihiro, ADACHI Nobuo:  Utility of intraoperative magnetic resonance imaging for giant cell tumor of bone after denosumab treatment: a pilot study.  Acta radiologica (Stockholm, Sweden : 1987)  63 (2) :176-181 , 2022.2   DOI:10.1177/0284185121989515
3. TAMURA Manabu, KURIHARA Hiroyuki, SAITO Taiichi, NITTA Masayuki, MARUYAMA Takashi, TSUZUKI Shunsuke, FUKUI Atsushi, KORIYAMA Shunichi, KAWAMATA Takakazu, MURAGAKI Yoshihiro*:  Combining Pre-operative Diffusion Tensor Images and Intraoperative Magnetic Resonance Images in the Navigation Is Useful for Detecting White Matter Tracts During Glioma Surgery.  Frontiers in neurology  12 :805952 , 2022.1   DOI:10.3389/fneur.2021.805952
4. SAITO Taiichi*, MURAGAKI Yoshihiro, MARUYAMA Takashi, ABE Kayoko, KOMORI Takashi, AMANO Kosaku, EGUCHI SEIICHIRO, NITTA Masayuki, TSUZUKI SHUNSUKE, FUKUI Atsushi, KAWAMATA Takakazu:  Mucosal thickening of the maxillary sinus is frequently associated with diffuse glioma patients and correlates with poor survival prognosis of GBM patients: comparative analysis to meningioma patients.  Neurosurgical review  44 (6) :3249-3258 , 2021.12   DOI:10.1007/s10143-021-01490-9
5. 中野紘, 石川達也*, 船津尭之, 山口浩司, 江口盛一郎, 松岡剛, 森谷圭佑, 石川友美, 志波智子, 堀貴洋, 川俣貴一:  孤立性の横-S状静脈洞部硬膜動静脈瘻に対してハイブリッド手術室でナビゲーションとインドシアニングリーン蛍光造影を併用し低線量で直接穿刺を行った1例.  脳卒中  * :* , 2021.11   DOI:10.3995/jstroke.10927
全件表示(19件)
総説及び解説
1. 村垣善浩:  デジタルヘルスへの期待と課題-デジタル手術・治療の開発でみえたもの-.  医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス  52 (8) :625-630 , 2021.12
2. YAMAGUCHI Toshihiro, KITAHARA Shuji, KUSUDA Kaori, OKAMOTO Jun, HORISE Yuki, MASAMUNE Ken, MURAGAKI Yoshihiro*:  Current Landscape of Sonodynamic Therapy for Treating Cancer.  Cancers  13 (24) :6184 , 2021.12   DOI:10.3390/cancers13246184
3. 田村学, 村垣善浩, 山口智子, 正宗賢, 高橋正泰, 佐藤生馬, 藤野雄一, 中島毅:  スマート治療室(手術室)における5Gネットワークの応用.  BE建築設備  72 (11) :50-57 , 2021.10
4. TSUCHIDA Takashi , IZUMI Keisuke , MASAMUNE Ken, KAJI Ryosaku , KAWASE Takaharu , OHKAWA Yoshinao:  Avoiding Electromagnetic Interference in Advanced Medical and Welfare Facilities.  Journal of Biomedical Systems & Emerging Technologies  8 (6) :e1-e8 , 2021.10   DOI:10.37421/bset.2021.8.124
5. 正宗賢, 山口智子, 村垣善浩:  医工連携教育の分野横断から実用化成功に向けた拠点形成の取り組み.  バイオメカニズム学会誌  45 (3) :123-128 , 2021.8
全件表示(12件)
症例報告
1. 百崎 央司, 三浦 勇, 譲原 雅人, 竹林 研人, 川俣 貴一, 久保田 基夫:  たこつぼ型心筋症を合併した腰椎圧迫骨折の1例.  脊髄外科  35 (3) :308-311 , 2021.12
2. Miura Isamu*, Kubota Motoo, Momozaki Nobuhiko, Yuzurihara Masahito:  Two cases of normal pressure hydrocephalus caused by ependymoma of the cauda equina.  Surgical neurology international  12 :8 , 2021   DOI:10.25259/SNI_851_2020
その他
1. 村垣善浩:  AI surgeryを実現するスマート治療室SCOT.  ネイチャーインタフェイス  21 (3) :12-15 , 2021.12 Link
2. 村垣善浩, 村井純, 蓜島由二:  AI技術を用いた手術支援システムの基盤を確立するための研究.  医療情報学  41 (2) :90-91 , 2021.6
3. 大谷拓也, 孫瀟, 小川駿也, 鈴木滋英, 山田晃久, 小西瑶果, 清水智壮, 正宗賢, 村垣善浩, 高西淳夫:  任意の対象人物への非装着型音声伝達システムのための基礎検討.  日本ロボット学会誌  39 (4) :363-366 , 2021.5   DOI:10.7210/jrsj.39.363
ページの先頭へ
■ 著書
1. 村垣善浩, 田村学:  脳神経外科領域における画像誘導治療.  医用工学ハンドブック  333-341.  エヌ・ティー・エス,  東京, 2022.2
2. 齋藤太一:  <総論 3>グリオーマ摘出における各摘出器具の利点と使い分け(バイポーラまたはCUSA))
ⅰ.「吸引管とバイポーラ派」の立場から.  脳神経外科手術 基本手技のバリエーション  237-240.  メディカ出版,  大阪, 2021.10
3. 石川達也, 川俣貴一:  脳神経外科各科領域の感染症予防対策〜脳血管内治療〜.  術後感染症予防実践マニュアル  135-142.  MEDICAL VIEW,  東京, 2021.9
4. 村垣善浩:  自動化やAIで進化するスマート治療室 5Gで実現する新しい医療の未来.  日経ムック 5G×産業変革  90-93.  日本経済新聞社,  東京都, 2021.6
5. 福井敦, 齋藤太一, 田村学, 村垣善浩:  症例12 左前頭葉神経膠腫摘出術 覚醒下手術(言語マッピング).  医師・臨床検査技師・臨床工学士・手術室看護師のための術中神経マッピング・モニタリング実践ケーススタディ  62-65.  エサップ,  奈良県橿原市, 2021.5
全件表示(8件)
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎MURAGAKI Yoshihiro, FUKUYA Yasukazu, IKUTA Soko, NITTA Masayuki, SAITO Taiichi, TSUZUKI Shunsuke, MARUYAMA Takashi, KAWAMATA Takakazu: Tumor recurrence patterns after surgical resection of intracranial low-grade gliomas.  The 2021 Society for Neuro-Oncology the 26th Annual Scientific Meeting and Education Day,  Boston,USA(web),  2021/11
2. ◎MURAGAKI Yoshihiro, KORIYAMA Shunichi, SAITO Taiichi, NITTA Masayuki, KOMORI Takashi, KAWAMATA Takakazu: Rapid intraoperative flow cytometry of brain tumor useful for surgical decision-making.  The 2021 Society for Neuro-Oncology the 26th Annual Scientific Meeting and Education Day,  Boston,USA(web),  2021/11
3. ◎NITTA Masayuki, MURAGAKI Yoshihiro, KOMORI Takashi, MASUI Kenta, SAITO Taiichi, TSUZUKI SHUNSUKE, FUKUI Atsushi, KORIYAMA Shunichi, ONIDUKA Hiromi, IKUTA Soko, KUWANO Jun, KAWAMATA Takakazu, KUWANO Atsushi: Tert promoter mutation, not H3K27M mutation is a prognostic factor for adult thalamic gliomas.  The 2021 Society for Neuro-Oncology the 26th Annual Scientific Meeting and Education Day,  Boston,USA(web),  2021/11
4. ◎石川達也, 山口浩司, 船津尭之, 茂木陽介, 江口盛一郎, 金吉秀, 桑野淳, 安藤多聞, 内田萌々, 坂口摩希子, 西谷雅彦, 川俣貴一: 内頚動脈瘤への開頭クリッピング術におけるトラブル回避と対処.  Stroke 2022,  大阪(Hybrid開催),  2022/02
5. ◎福井敦, 堀澤士朗, 小原亘太郎, 村垣善浩, 川俣貴一, 平孝臣: 成人脳幹部腫瘍に対する定位生検術 手技の変遷と低リスクな生検部位について.  日本定位・機能神経外科学会,  大阪(ハイブリッド),  2022/01
全件表示(95件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者