<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度
 脳神経外科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   川俣 貴一
   清水 俊彦
准教授:
   平 孝臣
   藍原 康雄
講師:
   天野 耕作
   佐々木 寿之
   林 基弘
   丸山 隆志
   米山 琢
助教:
   山口 浩司
   阿南 英典
   阿部 圭市
   池田 茂
   石川 達也
   石黒 太一
   伊藤 要
   井上 龍也
   今中 康介
   江口 盛一郎

   大城 信行
   大村 佳大
   岡本 沙織
   乙供 大樹
   加藤 宏一
   菊田 敬央
   久保田 有一
   郡山 峻一
   小林 智範
   齋藤 太一

   佐藤 慎祐
   清水 篤
   角 真佐武
   髙野 裕樹
   竹田 信彦
   竹林 研人
   田村 徳子
   千葉 謙太郎
   都築 俊介
   富永 禎弼

   中本 英俊
   中谷 幸太郎
   新田 雅之
   林 正孝
   比嘉 綾香
   福井 敦
   船津 尭之
   堀澤 士朗
   松岡 綾子
   松岡 剛

   宮尾 暁
   望月 悠一
   茂木 陽介
   森谷 圭佑
   安田 崇之
   劉 美憬
■ 概要
脳神経外科
脳神経外科は、中枢神経系(脳・脊髄)と末梢神経系の外科的治療を目的とした科である。当脳神経センターは開設40周年を迎え、初代喜多村教授、2代目高倉教授、3代目堀教授を経て現在に至っている。この間当脳神経センターではCTスキャン、定位的脳神経手術、ガンマナイフ治療、open MRI導入による外科手術、血行再建術を中心とした脳血管障害の外科的治療など常に時代の最先端の医療が推進されてきた。現在は脳腫瘍、機能的疾患、脳血管障害、脊椎・脊髄疾患、小児脳神経疾患など広い分野の脳神経系疾患に対して今まで培われてきた外科手術、血管内治療、ガンマナイフ、化学療法などを有機的に組み合わせ、小児から成人・老人まで、また悪性から良性・機能性疾患までの患者さんに対してGOLを重視した総合的な脳神経系疾患の治療センターを目指している。すばらしい伝統を受け継ぎながら21世紀の脳神経系疾患の治療・研究の先駆的センターとなるべく教室員全員明るく飛躍を期している。関係各位のご理解と学生、若手医師の当脳神経外科教室への参加を期待している。

東京女子医科大学 脳神経外科詳細ページ
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 4 4 2 5  0 1 0 0  7 11  1 4  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. TAKEMAE Kazuhisa , OKAMOTO Jun, HORISE Yuki, MASAMUNE Ken, MURAGAKI Yoshihiro:  Function of Epirubicin-Conjugated Polymeric Micelles in Sonodynamic Therapy.  Frontiers in Pharmacology  10 :1-10 , 2019.5
2. HORISE Yuki, MAEDA Masanori, KONISHI Yoshiyuki, OKAMOTO Jun, IKUTA Soko, OKAMOTO yoshiharu , ISHII Hiroshi, YOSHIZAWA YOSHIZAWA,Shin, UMEMURA Shinichiro, UEYAMA Tsuyoshi , TAMANO Satoshi , SOFUNI Atsushi , TAKEMAE Kazuhisa , MASAMUNE Ken, ISEKI Hiroshi, NISHIYAMA Nobuhiro, KATAOKA Kazunori , MURAGAKI Yoshihiro:  Sonodynamic Therapy with Anticancer Micelles and High-Intensity Focused Ultrasound in Treatment of Canine Cancer.  Frontiers in Pharmacology  10 :1-11 , 2019.5
3. NOMURA Masashidaga, SAITO Kuniaki, AIHARA Koki , NAGASE Genta, YAMAMOTO Shogo , TATSUNO Kenji , USEDA Hiroki., FUKUDA Shiro , UMEDA Takayoshi , TANAKA Shota , TAKAYANAGI Shunsaku , OTANI Ryohei, NEJO Takahide, HANA Taijuna, TAKAHASHI Satoshi , KITAGAWA Yosuke, OMATA Mayu , HIGUCHI Fumi , NAKAMURA Taishi , MURAGAKI Yoshihiro, NARITA Yoshitaka, NAGANE Motoo, NISHIKAWA Ryo, UEKI Keisuke, SAITO Nobuhito, ABURATANI Hiroyuki, MUKASA Akitake:  Publisher Correction: DNA demethylation is associated with malignant progression of lower-grade gliomas.  Scientific Reports 9  9 :E-pub , 2019.5
4. TAMURA Manabu, SATO Ikuma, MARUYAMA Takashi, OHSHIMA Kazuma, MANGIN Jean-Francois, NITTA Masayuki, SAITO Taiichi, YAMADA Hiroyuki, MINAMI Shinji, MASAMUNE Ken, KAWAMATA Takakazu, ISEKI Hiroshi, MURAGAKI Yoshihiro:  Integrated datasets of normalized brain with functional localization using intra-operative electrical stimulation.  International journal of computer assisted radiology and surgery.  [Epub ahead of print] (**) :e1-e14 , 2019.4
5. Todo K, Sakai N, Imamura H, Yamagami H, Adachi H, Kono T, Kobayashi J, Yamamoto S, Morimoto T, Tani S, Kawamoto M, Sakaguchi M, Ueno Y, Kunieda T, Narumi O, Sakai C, Ishii A, Hoshi T, Koyanagi M, Mineharu Y, Ishikawa T, Kuramoto Y, Sato S, Ohara N, Arimura K, Nakamura H, Nishida T, Gon Y, Fujinaka T, Yoshiya K, Kishima H, Mochizuki H, Kohara N; KCGH-CSC Registry Investigators.:  Successful reperfusion with endovascular therapy has beneficial effects on long-term outcome beyond 90 days.  Cerebrovascular diseases (Basel, Switzerland)  9 :1-8 , 2019
6. Shunsuke Nomura, Koji Yamaguchi, Tatsuya Ishikawa, Akitsugu Kawashima, Yoshikazu Okada, Takakazu Kawamata:  Clinical factors influencing the development of extracranial-intracranial bypass graft for steno-occlusive cerebrovascular disease.  Neurosurgical Focus  46 (2) :E5 , 2019
7. Inoue Tatsuya, Okada Yoshikazu, Ishikawa Tatsuya, Sato Shinsuke, Kawamata Takakazu:  Omnidirectional malleable ring retractor: a new approach to retraction during carotid endarterectomy.  World neurosurgery.  123 :17-22 , 2019
8. Ishikawa Tatsuya*, Shimizu Atsushi, Yamaguchi Koji, Funatsu Takayuki, Ryu Bikei, Nagahara Ayumi, Ikeda Shigeru, Kawamata Takakazu:  Brainstem venous congestion caused by perimedullary drainage in anterior cranial fossa dural arteriovenous fistula.  World neurosurgery.  27 :503-508 , 2019
総説及び解説
1. 糟谷祐輔, 岡本淳, 村垣善浩:  麻酔科学の未来予想図:次世代手術室 Smart Cyber Operation Theater と麻酔診療.  麻酔  68 (5) :488-495 , 2019.5
症例報告
1. Mochizuki Yuichi, Niimi Yasunari, Sato Shinsuke, Inoue Tatsuya, Kuwamoto Kentaro, Shima Shogo, Mochizuki Tatsuki, Kawamata Takakazu, Okada Yoshikazu:  Clinical Course and Management of Vein of Galen Varix of the Neonate: A Case Report and Literature Review.  Pediatric neurosurgery  :1-7 , 2019.7
その他
1. 楠田佳緒, 岡本淳, 堀瀬友貴, 小林英津子, 田村学, 伊関洋, 正宗賢, 村垣善浩:  AI surgeryを実現するスマート治療室SCOT.  人工臓器  48 (1) :24-25 , 2019.6
2. 村垣善浩:  「スマート治療室」のハイパーモデルが臨床研究開始.  映像情報Medical  51 (5) :89-89 , 2019.5
3. 堀瀬友貴, 岡本淳, 丸山隆志, 田村学, チエルノフミハイル, 楠田佳緒, 泉美喜雄, 小林英津子, 伊関洋, 正宗賢, 村垣善浩:  5Gによる遠隔高度医療の実現~スマート治療室SCOTのモバイル化~.  経営情報誌「オムニ・マネジメント」2019  28 (5) :325-8-13 , 2019.5
ページの先頭へ
■ 著書
1. 村垣善浩:  1章.成人膠芽腫 改訂のポイント 総論.  脳腫瘍 診療ガイドライン 1.成人脳腫瘍編 2.小児脳腫瘍編 2019年版 第2版  9-58.  金原出版株式会社,  東京都, 2019.5 Link
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎KOBAYASHI Tatsuya, NITTA Masayuki, MORI Kentaro, MURAGAKI Yoshihiro, KAWAMATA Takakazu, ICHIMURA Koichi , TOMIYAMA Arata: Regulatory mechanism of acquired resistance against Talaporfin sodium-mediated photodynamic therapy-induced glioblastoma cell death.  17th international photodynamic association World Congress,  Boston,U.S.A.,  2019/06
2. ◎MURAGAKI Yoshihiro: Intraoperative photodynamic therapy of glioblastoma: the Japanese experience.  17th international photodynamic association World Congress,  Boston,U.S.A.,  2019/06
3. ◎HORISE Yuki, OKAMOTO Jun, YOSHIMITSU Kitaro, ISEKI Hiroshi, MASAMUNE Ken, MURAGAKI Yoshihiro: Prototype of Robotic Neurosurgical Microscope based on ORiN Architecture.  2019 16th International Conference on Ubiquitous Robots (UR),  Jeju, Korea,  2019/06
4. ◎FUJII Yu, GOTO Tetsuya, OGIWARA Toshihiro, OKAMOTO Jun, MURAGAKI Yoshihiro, HONGO Kazuhiro: Glioma surgery in Standard Smart Cyber Operation Theater (SCOT): initial experience of 5 cases.  CARS2019 Computer Assisted Radiology and Surgery,  RENNES, FRANCE,  2019/06
5. ◎NAGAME Tomohiro, HANAFUSA Akihiko, KOGUCHI Taro, SHIMIZU Fumika, MASAMUNE Ken, MURAGAKI Yoshihiro, ISEKI Hiroshi, NOMURA Kenichi: Development of brain surgery assistance system that integrate forceps with continuous tumor resection function and tumor cell isolation device.  CARS2019,  Rennes,France,  2019/06 Link
6. ◎江口盛一郎, 松岡剛, 松岡綾子, 田村徳子, 林基弘, 川俣貴一: 頭蓋底異型髄膜腫治療における摘出術の意義 -Pros and Cons-.  第31回日本頭蓋底外科学会,  兵庫県神戸市,  2019/07
7. ◎江口盛一郎, 船津尭之, 石川達也, 山口浩司, 川俣貴一: ECA-SV-M2バイパスを経由して逆行性に母血管閉塞を行った頚部内頚動脈巨大動脈瘤の一例.  BSNET2019,  兵庫県神戸市,  2019/07
8. ◎江口盛一郎, 藍原康雄, 天野耕作, 千葉謙太郎, 堀智勝, 川俣貴一: Optic pathway / hypothalamic gliomaに対するMaximum safety resectionを目標とした手術戦略とその長期治療成績.  第47回日本小児神経外科学会,  新潟県新潟市,  2019/06
9. ◎佐藤新, 佐藤生馬, 大島一真 , 藤野雄一, 楠田佳緒, 堀瀬友貴, 田村学, 村垣善浩, 正宗賢: 脳腫瘍摘出術における術前・術中 MRI と顕微鏡画像の統合手法の提案.  第58回日本生体医工学会大会,  沖縄県宜野湾市,  2019/06 Link
10. ◎村垣善浩: 効果と安全性を向上するスマート治療室 SCOT.  第58回日本生体医工学会大会,  沖縄県宜野湾市,  2019/06 Link
全件表示(23件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者