<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度 | 2020年度 次 >>>
 脳神経外科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   川俣 貴一
   清水 俊彦
准教授:
   平 孝臣
   藍原 康雄
   林 基弘
講師:
   天野 耕作
   佐々木 寿之
   丸山 隆志
   山口 浩司
   米山 琢
助教:
   阿南 英典
   阿部 圭市
   池田 茂
   石川 達也
   石黒 太一
   伊藤 要
   井上 龍也
   今中 康介
   江口 盛一郎
   大城 信行

   大村 佳大
   岡本 沙織
   乙供 大樹
   加藤 宏一
   菊田 敬央
   久保田 有一
   郡山 峻一
   小林 智範
   齋藤 太一
   佐藤 慎祐

   清水 篤
   角 真佐武
   髙野 裕樹
   竹田 信彦
   竹林 研人
   田村 徳子
   千葉 謙太郎
   都築 俊介
   富永 禎弼
   中本 英俊

   中谷 幸太郎
   新田 雅之
   林 正孝
   比嘉 綾香
   福井 敦
   船津 尭之
   堀澤 士朗
   松岡 綾子
   松岡 剛
   宮尾 暁

   望月 悠一
   茂木 陽介
   森谷 圭佑
   安田 崇之
   劉 美憬
■ 概要
脳神経外科
脳神経外科は、中枢神経系(脳・脊髄)と末梢神経系の外科的治療を目的とした科である。当脳神経センターは開設40周年を迎え、初代喜多村教授、2代目高倉教授、3代目堀教授を経て現在に至っている。この間当脳神経センターではCTスキャン、定位的脳神経手術、ガンマナイフ治療、open MRI導入による外科手術、血行再建術を中心とした脳血管障害の外科的治療など常に時代の最先端の医療が推進されてきた。現在は脳腫瘍、機能的疾患、脳血管障害、脊椎・脊髄疾患、小児脳神経疾患など広い分野の脳神経系疾患に対して今まで培われてきた外科手術、血管内治療、ガンマナイフ、化学療法などを有機的に組み合わせ、小児から成人・老人まで、また悪性から良性・機能性疾患までの患者さんに対してGOLを重視した総合的な脳神経系疾患の治療センターを目指している。すばらしい伝統を受け継ぎながら21世紀の脳神経系疾患の治療・研究の先駆的センターとなるべく教室員全員明るく飛躍を期している。関係各位のご理解と学生、若手医師の当脳神経外科教室への参加を期待している。

東京女子医科大学 脳神経外科詳細ページ
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 8 1 17 17 6 37  0 12 0 1  57 51  16 23  2 2
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. NIKI Chiharu, KUMADA Takatsune, MARUYAMA Takashi, TAMURA Manabu, KAWAMATA Takakazu, MURAGAKI Yoshihiro:  Primary Cognitive Factors Impaired after Glioma Surgery and Associated Brain Regions.  Behavioural neurology  2020 :7941689 , 2020.3   DOI:10.1155/2020/7941689
2. FUKUI Atsushi, OSAKI Hironobu*, UETA Yoshifumi, KOBAYASHI kenta, MURAGAKI Yoshihiro, KAWAMATA Takakazu, MIYATA Mariko*:  Layer-specific sensory processing impairment in the primary somatosensory cortex after motor cortex infarction.  Scientific Reports  10 (1) :3771 , 2020.2   DOI:10.1038/s41598-020-60662-7 Link
3. Miura Isamu, Kubota Motoo, Momosaki Oji, Takebayashi Kento, Kawamata Takakazu, Yuzurihara Masahito:  Spinal subdural abscess following transforaminal lumbar interbody fusion.  Case reports in orthopedics.  :Free PMC article , 2020.2   DOI:10.1155/2020/7372821
4. RYU Bikei, SEKINE Hidekazu*, HOMMA Jun, KOBAYASHI Tomonori, KAWAMATA Takakazu, SHIMIZU Tatsuya:  Allogeneic adipose-derived mesenchymal stem cell sheet that produces neurological improvement with angiogenesis and neurogenesis in a rat stroke model.  Journal of neurosurgery  132 (2) :333-679 , 2020.2   DOI:10.3171/2018.11.JNS182331
5. Miura Isamu, Kubota Motoo, Momosaki Oji, Nyui Miki, Takebayashi Kento, Kawamata Takakazu, Yuzurihara Masahito:  A rapidly growing cervical meningeal melanocytoma with a dumbbell-shaped extension.  World neurosurgery.  134 :90-93 , 2020.2   DOI:10.1016/j.wneu.2019.10.150
全件表示(45件)
総説及び解説
1. 島田二郎, 石澤秀忠, 神田雅彦, ステンリーガン・ブンタラ, 箭内武, 堀瀬友貴, 村垣善浩:  パネル組立型ERの可能性.  BIO Clinica  35 (3) :235-241 , 2020.3
2. 藍原康雄, 千葉謙太郎, 村垣善浩, 川俣貴一:  【難治疾患克服への可能性-エビデンスのない領域への挑戦-】小児脳腫瘍の未常識.  脳神経外科ジャーナル  29 (1) :25-34 , 2020.1   DOI:10.7887/jcns.29.25
3. 岡本淳, 正宗賢, 村垣善浩:  【医療福祉環境のネットワーク化のひろがりについて】治療室とIoT(Internet of Things) スマート治療室プロジェクトの取り組み.  病院設備  62 (1) :46-49 , 2020.1
4. 齋藤太一, 村垣善浩, 田村学, 丸山隆志, 川俣貴一:  【悪性脳腫瘍】Glioma手術における術中モニタリング.  脳神経外科ジャーナル  28 (11) :705-714 , 2019.11   DOI:10.7887/jcns.28.705
5. 岡本淳, 楠田佳緒, 堀瀬友貴, 小林英津子, 正宗賢, 村垣善浩:  【低侵襲で優しい医療の提供をめざして 最新技術が可能にする、患者負担の少ない検査・治療】
Hyper SCOTが創造する最先端情報誘導下外科手術.  メディックス  70 :20-24 , 2019.11
全件表示(9件)
症例報告
1. Nomura Shunsuke, Aihara Yasuo, Akagawa Hiroyuki, Chiba Kentaro, Yamaguchi Koji, Kawashima Akitsugu, Okada Yoshikazu, Kawamata Takakazu:  Can Moyamoya Disease Susceptibility Gene Affect Extracranial Systemic Artery Stenosis?.  Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association  29 (2) :104532 , 2020.2   DOI:10.1016/j.jstrokecerebrovasdis.2019.104532
2. Takebayashi Kento, Ishikawa Tatsuya, Murakami Masato, Funatsu Takayuki, Ishikawa Tomomi, Taira Takaomi, Kawamata Takakazu:  Isolated Posterior Spinal Artery Aneurysm Presenting With Spontaneous Thrombosis After Subarachnoid Hemorrhage: A Case Report.  World neurosurgery.  134 :544-547 , 2020.2   DOI:10.1016/j.wneu.2019.11.118
3. Kuwano Atsushi, Arai K Koji, Aihara Yasuo, Kawamata Takakazu:  A case of infratentorial meningioma causing spontaneous downbeat nystagmus. Case report and review of literatures.  World neurosurgery.  134 :577-579 , 2020.2   DOI:10.1016/j.wneu.2019.11.140.
4. Kuwano Atsushi, Kubota Yuichi, Nonaka Taku, Miyao Satoru, Nakamoto Hidetoshi, Kawamata Takakazu:  Mechanical thrombectomy for middle cerebral artery occlusion suspected of ovarian hyperstimulation syndrome. Case report and review of the literature.  World neurosurgery.  132 :300-302 , 2019.12   DOI:10.1016/j.wneu.2019.09.023.
5. TAKEI Hiroaki, SHINODA Jun, IKUTA Soko, MARUYAMA Takashi, MURAGAKI Yoshihiro, KAWASAKI Tomohiro, IKEGAME Yuka, OKADA Makoto, ITO Takeshi,, ASANO Yoshitaka, YOKOYAMA Kazutoshi, NAKAYAMA Noriyuki, YANO Hirohito, IWAMA Toru:  Usefulness of positron emission tomography for differentiating gliomas according to the 2016 World Health Organization classification of tumors of the central nervous system.  Journal of neurosurgery  :Epub ahead of print , 2019.8   DOI:10.3171/2019.5.JNS19780
全件表示(18件)
その他
1. 國廣誉世, 坂本博昭, 谷口真, 萩原英樹, 久保田基夫, 竹林研人, 師田信人:  小児脊椎疾患(誌上フォーラム).  脊髄外科  33 (3) :258-266 , 2019.12
2. 松岡剛, 田村学, 川俣貴一:  三角部腫瘍に対する High parietal paramedian approach─Technical nuances and Case review─.  Neurological Surgery 脳神経外科  47 (10) :1053-1058 , 2019.10   DOI:10.11477/mf.1436204073
3. 伊関洋, 村垣善浩:  学会より 追悼.  日本コンピュータ外科学会誌  21 (3) :109-109 , 2019.9   DOI:10.5759/jscas.21.109
4. MURAGAKI Yoshihiro, MASAMUNE Ken, UEMATSU Miyuki, UMEZU Mitsuo, ISEKI Hiroshi, CHERNOV Mikhail:  Letter to the Editor. Evaluation of novel neurosurgical devices during clinical testing.  Journal of neurosurgery  131 (4) :1339-1345 , 2019.8   DOI:10.3171/2019.3.JNS19677 Link
5. 楠田佳緒, 岡本淳, 堀瀬友貴, 小林英津子, 田村学, 伊関洋, 正宗賢, 村垣善浩:  AI surgeryを実現するスマート治療室SCOT.  人工臓器  48 (1) :24-25 , 2019.6
全件表示(7件)
ページの先頭へ
■ 著書
1. 島田二郎, 石澤 秀忠, 神田 雅彦, ガン ブンタラステンリー, 箭内武, 堀瀬友貴, 村垣善浩:  NEWS FROM INDUSTRY
パネル組立型ERの可能性.  BIO Clinica 2020年 3月号
最新の災害医療  43(235)-49(241).  北隆館/ニュー・サイエンス社,  東京, 2020.2
2. KOMODA Fumio, MURAGAKI Yoshihiro, MASAMUNE Ken:  Text Mining Method for Building New Business Strategies.  Paradigm Shift in Technologies and Innovation Systems  197-238.  Springer, Singapore,  Singapore, 2019.12 Link
3. 村垣善浩:  ・対談 医学博士・生命医科学博士 村垣善浩 × アクセンチュア 保科学世
スマート治療室が見据えるAI×手術による医療の進化.  日経ムック AIフロンティア  101-106.  日本経済新聞出版社,  東京都, 2019.12 Link
4. 村垣善浩:    スマート医療テクノロジー ~AI、ビッグデータの利活用による次世代手術システムと医療経営~  1-368.  (株)エヌ・ティー・エス,  千葉県, 2019.10 Link
5. 岡本淳, 村垣善浩, 正宗賢:  スマート治療室開発概要と今後の展望.  スマート医療テクノロジー ~AI、ビッグデータの利活用による次世代手術システムと医療経営~  155-159.  (株)エヌ・ティー・エス,  千葉, 2019.10 Link
全件表示(13件)
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Hayashi Motohiro: Current Issues and Future Prospects of Stereotactic Radiosurgery for Acoustic Tumors.  6th Asian Leksell Gamma Knife Society meeting,  Sendai,Japan,  2020/02
2. ◎NAMBO Yuta, SATO Ikuma, OHSHIMA Kazuma, FUJINO Yuichi, HORISE Yuki, KUSUDA Kaori, TAMURA Manabu, MURAGAKI Yoshihiro, MASAMUNE Ken: Development of Surgical Navigation System Predicts and Visualizes Brain-Function Positions in an Awake Surgery for Glioma.  the 17th International Conference on Biomedical Engineering (ICBME) 2019,  Singapore,  2019/12
3. ◎SATO Arata, SATO Ikuma, OHSHIMA Kazuma, FUJINO Yuichi, KUSUDA Kaori, HORISE Yuki, TAMURA Manabu, MURAGAKI Yoshihiro: Proposal of Method for Integration Pre-Operative and IntraOperative MRI and Microscope Images in Brain Tumor Surgery.  the 17th International Conference on Biomedical Engineering (ICBME) 2019,  Singapore,  2019/12
4. Kosaku Amano: Surgical innovation of endoscopic transsphenoidal removal of pituitary tumors.  9th IFNE world congress of neuroendoscopy,  Orland, USA,  2019/11
5. Seiichiro EGUCHI, Tatsuya ISHIKAWA, Takayuki FUNATSU, Bikei RYU, Koji YAMAGUCHI. Takakazu KAWAMATA: Consideration of relationships between shunt segments and draining veins in the Cavernous Sinus Dural Arteriovenous Fistulae.  15th Congress of World Federation of Interventional and Therapeutic Neuroradiology,  Naples, Italy,  2019/10
全件表示(151件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者