<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度 | 2019年度 | 2020年度 次 >>>
 脳神経外科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   川俣 貴一
   清水 俊彦
准教授:
   平 孝臣
   藍原 康雄
講師:
   天野 耕作
   佐々木 寿之
   林 基弘
   丸山 隆志
助教:
   山口 浩司
   阿南 英典
   阿部 圭市
   池田 茂
   石井 翔
   石川 達也
   石黒 太一
   伊藤 要
   井上 龍也
   今中 康介

   江口 盛一郎
   大城 信行
   大村 佳大
   岡本 沙織
   乙供 大樹
   加藤 宏一
   菊田 敬央
   久保田 有一
   小林 智範
   齋藤 太一

   佐藤 慎祐
   清水 篤
   鈴木 咲樹子
   角 真佐武
   竹田 信彦
   竹林 研人
   田村 徳子
   千葉 謙太郎
   都築 俊介
   富永 禎弼

   中本 英俊
   中谷 幸太郎
   新田 雅之
   林 正孝
   比嘉 綾香
   船津 尭之
   細野 純仁
   堀澤 士朗
   松岡 綾子
   松岡 剛

   宮尾 暁
   望月 悠一
   茂木 陽介
   森谷 圭佑
   安田 崇之
■ 概要
脳神経外科
脳神経外科は、中枢神経系(脳・脊髄)と末梢神経系の外科的治療を目的とした科である。当脳神経センターは開設40周年を迎え、初代喜多村教授、2代目高倉教授、3代目堀教授を経て現在に至っている。この間当脳神経センターではCTスキャン、定位的脳神経手術、ガンマナイフ治療、open MRI導入による外科手術、血行再建術を中心とした脳血管障害の外科的治療など常に時代の最先端の医療が推進されてきた。現在は脳腫瘍、機能的疾患、脳血管障害、脊椎・脊髄疾患、小児脳神経疾患など広い分野の脳神経系疾患に対して今まで培われてきた外科手術、血管内治療、ガンマナイフ、化学療法などを有機的に組み合わせ、小児から成人・老人まで、また悪性から良性・機能性疾患までの患者さんに対してGOLを重視した総合的な脳神経系疾患の治療センターを目指している。すばらしい伝統を受け継ぎながら21世紀の脳神経系疾患の治療・研究の先駆的センターとなるべく教室員全員明るく飛躍を期している。関係各位のご理解と学生、若手医師の当脳神経外科教室への参加を期待している。

東京女子医科大学 脳神経外科詳細ページ
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 7 2 17 32 10 40  0 15 0 1  68 95  8 17  1 6
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Amano Kosaku, Okada Yoshikazu, Kawamata Takakazu:  Usefulness of the knot-tightener device following dural suturing in endonasal transsphenoidal surgery: technical report.  Neurosurgical review  42 (2) :593-598 , 2019.3   DOI:10.1007/s10143-019-01090-8
2. SAITO Taiichi, MURAGAKI Yoshihiro*, TAMURA Manabu, MARUYAMA Takashi, NITTA Masayuki, TSUZUKI Shunsuke, FUKUCHI Satoko, OHASHI Mana, KAWAMATA Takakazu:  Awake craniotomy with transcortical motor evoked potential monitoring for resection of gliomas in the precentral gyrus: utility for predicting motor function.  Journal of neurosurgery  132 (4) :987-997 , 2019.3   DOI:10.3171/2018.11.JNS182609
3. Horisawa Shiro, Arai Takashi, Suzuki Naoki, Kawamata Takakazu, TAIRA Takaomi:  The striking effects of deep cerebellar stimulation on generalized fixed dystonia.  Journal of neurosurgery  132 :712-716 , 2019.3   DOI:10.3171/2018.11.JNS182180
4. Mochizuki Yuichi, Ishikawa Tatsuya*, Aihara Yasuo, Yamaguchi Koji, Kawamata Takakazu:  Platelet Aggregability as a Predictor of Restenosis Following Carotid Endarterectomy.  Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association  28 :665-671 , 2019.3   DOI:10.1016/j.jstrokecerebrovasdis.2018.11.010
5. Tominaga Tadasuke, Shimada Ryo*, Okada Yoshikazu, Kawamata Takakazu, Kibayashi Kazuhiko:  Senescence-associated-β-galactosidase staining following traumatic brain injury in the mouse cerebrum.  PLoS ONE  14 (3) :e0213673 , 2019.3   DOI:10.1371/journal.pone.0213673
全件表示(57件)
総説及び解説
1. 新田雅之, 村垣善浩:  (7)グレード2神経膠腫に対する治療方針-手術・放射線治療・化学療法-.  脳神経外科  47 (2) :147-158 , 2019.2   DOI:10.11477/mf.1436203913
2. 伊関洋, 村垣善浩, 正宗賢, 田村学, 岡本淳, 小林英津子, 生田聡子, 堀瀬友貴, 楠田佳緒:  脳神経外科と医工融合による医療機器開発.  脳神経外科  47 (2) :169-178 , 2019.2   DOI:10.11477/mf.1436203915
3. 石川達也:  脳血管障害の治療.  医学と薬学  75 (11) :1385-1392 , 2018.11
4. 岡本淳, 正宗賢, 伊関洋, 村垣善浩:  治療の標準化・高度均てん化を実現するスマート治療室の開発.  光技術コンタクト  56 (11) :3-11 , 2018.11
5. 村垣善浩, 岡本淳, 正宗賢:  進化する手術室「スマート治療室SCOT」.  日本医師会雑誌  147 (8) :1614-1618 , 2018.11
全件表示(12件)
症例報告
1. SAITO Taiichi, MURAGAKI Yoshihiro, SHIOYAMA Takahiro, KOMORI Takashi, MARUYAMA Takashi, NITTA Masayuki, YASUDA Takayuki, HOSONO Junji, OKAMOTO Saori, KAWAMATA Takakazu:  Malignancy Index Using Intraoperative Flow Cytometry is a Valuable Prognostic Factor for Glioblastoma Treated With Radiotherapy and Concomitant Temozolomide.  Neurosurgery  84 (3) :662-672 , 2019.3   DOI:10.1093/neuros/nyy089
2. KAMATA Kotoe, MARUYAMA Takashi, ISEKI Hiroshi, NOMURA Minoru, MURAGAKI Yoshihiro, OZAKI Makoto:  The Impact of Intraoperative Magnetic Resonance Imaging on Patient Safety Management During Awake Craniotomy.  Journal of neurosurgical anesthesiology  31 (1) :62-69 , 2019.1   DOI:10.1097/ANA.0000000000000466
3. Matsuoka Go*, Eguchi Seiichiro, Ryu Bikei, Tominaga Tadasuke, Ishikawa Tatsuya, Yamaguchi Koji, Kawamata Takakazu:  Treatment Strategy for Recurrent Hemorrhage from Meningioma: Case Report and Literature Review.  World neurosurgery  124 :75-80 , 2019.1   DOI:10.1016/j.wneu.2018.12.124
4. Horisawa Shiro, Nanke Magi, KAWAMATA Takakazu, Taira Takaomi:  Pallidothalamic tractotomy for Parkinson's disease with 1-year follow-up: a case report.  World neurosurgery.  121 :193-195 , 2019.1   DOI:10.1016/j.wneu.2018.10.055.
5. Kawashima Akitsugu, Andrade-Barazarte Hugo, Jahromi Behnam Rezai, KAWAMATA Takakazu, Hernesniemi Juha A:  In Reply: Superficial Temporal Artery: Distal Posterior Cerebral Artery Bypass Through the Subtemporal Approach: Technical Note and Pilot Surgical Cases.  Operative neurosurgery.  15 (4) :48-49 , 2018.10   DOI:10.1093/ons/opy169
全件表示(18件)
その他
1. 村垣善浩:  大会後記 第28回日本光線力学学会 学術講演会.  JPA 日本光線力学学会 NEWS LETTER  (20) :2 , 2019.3
2. 新田雅之, 村垣善浩:  初発膠芽腫に対する光線力学的療法.  光アライアンス  30 (3) :34-37 , 2019.3
3. NIKI Chiharu, KUMADA Takatsune , MARUYAMA Takashi, MURAGAKI Yoshihiro:  Role of Frontal Functions in Executing Routine Sequential Tasks.  Frontiers in Psychology  10 :169 , 2019.2   DOI:10.3389/fpsyg.2019.00169 Link
4. 荒井保明, 鈴木由香, 村垣善浩, 森光敬子:  医療機器の開発と臨床研究法.  医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス  49 (12) :788-804 , 2018.12
5. MATSUOKA Go, EGUCHI SEIICHIRO, ANAMI Hidenori, ISHIKAWA Tatsuya, YAMAGUCHI Koji, NITTA Masayuki, MURAGAKI Yoshihiro, KAWAMATA Takakazu:  Ultrarapid evaluation of meningioma malignancy by intraoperative flow cytometry.  World neurosurgery  120 :320-327 , 2018.12   DOI:10.1016/j.wneu.2018.08.084
全件表示(9件)
ページの先頭へ
■ 著書
1. 丸山隆志, 村垣善浩:  Transcortical approach.  新 脳神経外科手術のための解剖学  24-45.  メジカルビュー社,  東京都, 2019.1 Link
2. 齋藤太一, 村垣善浩:  グリオーマの再手術.  新NS NOW 16 Neurosurgical Re-Operations 脳神経外科における再手術・再治療  68-79.  メジカルビュー社,  東京, 2018.12 Link
3. 村垣善浩, 丸山隆志:  側頭葉白質.  カダバーと動画で学ぶ脳深部アプローチ  175-186.  中外医学社,  東京都, 2018.10 Link
4. 天野耕作:  日常診療でよく目にする脳外科疾患 下垂体疾患.  医学と薬学  1181-1189.  自然科学社,  東京, 2018.9
5. ISHIKAWA Eiichi, MURAGAKI Yoshihiro, YAMAMOTO Tetsuya, OHNO Tadao, MATSUMURA Akira:  Vaccine Therapy of High-Grade Gliomas.  Intracranial Gliomas, Part III - Innovative Treatment Modalities, Progress in Neurological Surgery  101-111.  Karger,  Basel, Switzerland, 2018.7 Link
全件表示(16件)
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Amano Kosaku: Techniques and Instrumentation in excision of parasella and suprasella tumor.  The Skills Workshop in Operative Neurosurgery,  チェンナイ、インド,  2019/03
2. ◎TAMURA Manabu: State-of-Art Neurosurgical Oncorogy -SCOT-.  WFNS Neuro-oncology Symposium-Developing Neuro-oncology,  Mumbai, India,  2019/03
3. ◎TAMURA Manabu: Intraoperative examination monitor for awake surgery (IEMAS) system lecture and demonstration.  Masterclass in Neurosurgical Oncology,  Mumbai, India,  2019/03
4. FUJIE Hiroki, HIRATA Keiju , HORIGOME Takahiro , NAGAHASHI Hiroshi , OHYA Jun, TAMURA Manabu, MASAMUNE Ken, MURAGAKI Yoshihiro: Detecting and Tracking Surgical Tools for Recognizing Phases of the Awake Brain Tumor Removal Surgery.  fthe 8th International Conference on Pattern Recognition Applications and Methods (ICPRAM 2019),  Prague, Czech Republic,  2019/02
5. Hayashi Motohiro: Gamma Knife surgery based on the pathological microanatomy for intractable skullbase tumors: cases of intra-cavernous sinus atypical hemangiopericytoma.  6th Asian Leksell Gamma Knife Society meeting,  Sendai, Japan,  2019/01
全件表示(195件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者