(最終更新日:2018-06-01 16:08:29)
  アマノ コウサク   
  天野 耕作
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  脳神経外科
   職種   講師
■ 著書
1. 部分執筆  開頭前頭蓋底腫瘍摘出術における内視鏡の役割「脳腫瘍の外科 -社会が望む脳腫瘍外科-. 大畑建治編」 2011
2. 部分執筆  機能予後に基づいた頭蓋咽頭腫の手術「脳腫瘍の外科 -社会が望む脳腫瘍外科-. 大畑建治編」 2011
3. 部分執筆  間脳下垂体腫瘍に対する経蝶形骨洞手術の現状と展望「脳腫瘍の外科」 2010
■ 学術雑誌
1. 原著  Pediatric Optic Pathway/Hypothalamic Glioma 2018/01
2. 原著  The role of 4D CT angiography for preoperative screening in patients with intracranial tumors. 2016/03
3. 原著  Pulsed laser-induced liquid jet system for treatment of sellar and parasellar tumors: Safety evaluation 2015
4. 原著  経鼻前頭蓋底手術 ―ハイビジョン内視鏡による可視化 2015
5. 原著  先端巨大症の最新治療 2015
6. 症例報告  カベルゴリン無効のプロラクチン産生下垂体癌の一例 2014/09
7. 原著  Application of indocyanine green (ICG) fluorescence for endoscopic biopsy of intraventricular tumors 2014
8. 原著  Proposal of a new grading system based on surgical results of 100 craniopharyngiomas 2014
9. 症例報告  突然発症の頭痛と下垂体機能低下症を呈したラトケ嚢胞の一例 2013/02
10. 原著  Clinicopathological features of sellar region xanthogranuloma: correlation with Rathke's cleft cyst 2013
全件表示(27件)
■ 学会発表
1. Hypothalamic hamartoma におけるGelastic seizureの発生機序に関する考察 (口頭発表,一般) 2018/02/10
2. フレイルの予防や既往歴を考慮して治療した高齢者先端巨大症の1例 (口頭発表,一般) 2018/02/09
3. Glucocorticoid過剰が関連する周期性クッシング症候群の1例 (ポスター,一般) 2017/11/25
4. グルココルチコイドの過剰が発症の一因と考えられる周期性クッシング症候群の一例 (口頭発表,一般) 2017/02/25
5. 経蝶形骨洞手術後、著明な低Na血症を発症した1例:尿中電解質測定の有用性の検討 (口頭発表,一般) 2017/02/24
6. アクネ菌陽性の組織所見を伴った下垂体サルコイドーシスの一例  2016/09
7. ホルモン補充のみで著明に縮小したリンパ球性下垂体炎の非妊娠女性例  2016/09
8. 中枢性甲状腺機能低下症が自然軽快し、ASTH単独欠損症を呈したリンパ球性下垂体炎の一例  2016/09
9. 頭痛、続発性無月経で発症したトルコ鞍内 xanthogranuloma の一例  2016/09
10. 非機能性下垂体腺腫・経鼻手術症例に対するGHRP2を用いた術前後成長ホルモン分泌機能評価  2016/09
全件表示(105件)