<<< 前 2018年度 2019年度 2020年度 | 2021年度 | 2022年度 次 >>>
 消化器内科
概要 当該年度の研究費受入状況 当該年度の主催学会・研究会
社会における活動 学術雑誌 著書
学会発表


教授:
   徳重 克年
   清水 京子
   中村 真一
   八尾 建史
准教授:
   谷合 麻紀子
講師:
   小木曽 智美
   高山 敬子
助教:
   大森 鉄平
   児玉 和久
   田原 純子
   赤尾 潤一
   味原 隆大
   天野 覚美
   五十嵐 悠一
   伊藤 泰斗
   今村 亜也子
   大塚 奈央

   柏木 宏幸
   桂 英之
   加藤 博士
   金田 浩幸
   神林 玄隆
   倉地 朋子
   久礼 里江
   小西 洋之
   小林 睦季
   佐川 孝臣

   篠崎 幸子
   城 里穂
   鈴木 智彦
   高崎 朋子
   高橋 普紀子
   谷 亜由美
   長尾 健太
   成冨 琢磨
   新田 裕樹
   橋本 果奈

   久田 生子
   福屋 裕嗣
   細矢 さやか
   松本 亮
   水野 謙治
   宮方 千春
   村杉 瞬
   森下 慶一
   門前 正憲
   山本 章子

   山本 国子
   山本 浩隆
   米澤 麻利亜
■ 概要
消化器内科講座概要
食道、胃、小腸、大腸、そして肝臓、胆嚢、膵臓までの病気の内科診療を担当しており、消化器病に関する病気の予防、診断、治療などの内科診療とともに、病気の成因や病態の解明のための基礎的な研究から、新しい診断法や治療法の開発などの臨床研究まではばひろく取り組んでいます。

研究
消化器内科学、上部・下部消化管疾患、肝臓病、膵臓病、胆道疾患などの病態解明と新しい診断法や治療法の確立。消化器癌の化学療法、病態栄養学、疫学研究等。肝炎ウイルス、がんの遺伝子分析など臨床に直結した診断や治療成績の向上につながる高い成果をあげています。エコーをはじめとする画像診断学、消化器内視鏡学、消化器病理学に力をいれています。

消化器病センター
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度の主催学会・研究会
1.  第51回日本消化吸収学会総会  (会長 : 清水京子 )  ,東京  2020/11
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  榎本信幸,徳重克年 第56回日本肝臓学会総会 (シンポジウム1 NAFLD/NASH診療の現状と問題点)司会
2.  遠田 讓,中村真一 第57回日本腹部救急医学会総会 (ワークショップ5 消化管出血に対する診断と治療戦略-IVR、内視鏡治療それぞれの立場から)司会
3.  岸野真衣子 第110回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (研修医セッション 食道・胃①)座長
4.  岸野真衣子,久礼里江,新田裕樹,山本章子,山本果奈,中村真一,徳重克年 第23回
5.  児玉和久,小笠原友里,佐川孝臣,五十嵐悠一,小木曽智美,谷合麻紀子,徳重克年 第40回アルコール医学生物学研究会学術集会 アルコール性肝硬変の肝移植例の再飲酒・脂肪肝再発の危険因子の検討
全件表示(36件)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 22 0 12 18 9 16  0 9 0 0  38 13  0 0  7 2
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Tateishi Ryosuke, Matsumura Takeshi, Okanoue Takeshi, Shima Toshihide, Uchino Koji, Fujiwara Naoto, Senokuchi Takafumi, Kon Kazuyoshi, Sasako Takayoshi, Taniai Makiko, Kawaguchi Takumi, Inoue Hiroshi, Watada Hirotaka, Kubota Naoto, Shimano Hitoshi, Kaneko Shuichi, Hashimoto Etsuko, Watanabe Sumio, Shiota Goshi, Ueki Kohjiro, Kashiwabara Kosuke, Matsuyama Yutaka, Tanaka Hideo, Kasuga Masato, Araki Eiichi, Koike Kazuhiko,:  Hepatocellular carcinoma development in diabetic patients: a nationwide survey in Japan.  Journal of gastroenterology  56 (3) :261-273 , 2021.3   DOI:10.1007/s00535-020-01754-z
2. KOGISO Tomomi, SAGAWA Takaomi, KODAMA Kazuhisa, TANIAI Makiko, HASHIMOTO Etsuko, TOKUSHIGE Katsutoshi:  Development and course of diabetes according to genetic factors and diabetes treatment among patients with nonalcoholic fatty liver disease.  Nutrition  83 :111080 , 2021.3   DOI:10.1016/j.nut.2020.111080
3. Watanabe Chikako, Nagahori Masakazu, Fujii Toshimitsu, Yokoyama Kaoru, Yoshimura Naoki, Kobayashi Taku, Yamagami Hirokazu, Kitamura Kazuya, Takashi Kagaya, Nakamura Shiro, Naganuma Makoto, Ishihara Shunji, Esaki Motohiro, Yonezawa Maria, Kunisaki Reiko, Sakuraba Atsushi, Kuji Naoaki, Miura Soichiro, Hibi Toshifumi, Suzuki Yasuo, Hokari Ryota:  Non-adherence to Medications in Pregnant Ulcerative Colitis Patients Contributes to Disease Flares and Adverse Pregnancy Outcomes.  Digestive diseases and sciences  66 (2) :577-586 , 2021.2   DOI:10.1007/s10620-020-06221-6
4. TAKAHASHI Hirokazu, NAKAHARA Takashi, KOGISO Tomomi, IMAJO Kento, KESSOKU Takaomi, KAWAGUCHI Takumi, IDE Tatsuya, KAWANAKA Miwa, FYOGO Hideyuki, FUJII Hideki, ONO Masafumi, KAMEDA Yoshihiro, SUMIDA Yoshio, ANZAI Keizo, SHIMIZU Masahito, TOEIMURA Takuji, NAKAJIMA Atsushi, TOKUSHIGE Katsutoshi, CHAYAMA Kazuaki, EGUCHI Yuichiro, Japan Study Group of NAFLD (JSG‐NAFLD):  Eradication of hepatitis C virus with direct-acting antivirals improves glycemic control in diabetes: A multicenter study.  JGH open : an open access journal of gastroenterology and hepatology  5 (2) :228-234 , 2021.2   DOI:10.1002/jgh3.12474
5. Ioka Tatsuya, Furuse Junji, Fukutomi Akira, Mizusawa Junki, Nakamura Satoaki, Hiraoka Nobuyoshi, Ito Yoshinori, Katayama Hiroshi, Ueno Makoto, Ikeda Masafumi, Sugimori Kazuya, Okano Naohiro, Shimizu Kyoko, Yanagimoto Hiroaki, Okusaka Takuji, Ozaka Masato, Todaka Akiko, Nakamori Shoji, Tobimatsu Kazutoshi, Sata Naohiro, Kawashima Yohei, Hosokawa Ayumu, Yamaguchi Taketo, Miyakawa Hiroyuki, Hara Hiroki, Mizuno Nobumasa, Ishii Hiroshi,:  Randomized phase II study of chemoradiotherapy with versus without induction chemotherapy for locally advanced pancreatic cancer: Japan Clinical Oncology Group trial, JCOG1106.  Japanese journal of clinical oncology  51 (2) :235-243 , 2021.2   DOI:10.1093/jjco/hyaa198
全件表示(28件)
総説及び解説
1. 徳重克年:  (One Point Advice)脂肪肝およびNAFLDに起因する肝臓がんのスクリーニング対策は?.  Medical Practice  38 (3) :474 , 2021.3
2. 赤尾潤一, 清水京子:  (特集 いまさら聞けない! 肝胆膵疾患-みなさんのギモンに答えます)膵疾患 急性膵炎に対する造影CTスキャンと急性壊死性貯留(ANC)への対応.  Medicina  58 (3) :498-501 , 2021.3
3. 徳重克年:  (特集Ⅱ 肝臓学2020:最新の9の話題)非アルコール性脂肪性肝疾患:ガイドラインを改訂して.  消化器・肝臓内科  9 (3) :296-300 , 2021.3
4. 清水京子:  (特集 慢性膵炎診療の最前線)慢性膵炎診療ガイドライン第3版の改訂にむけて.  胆と膵  42 (2) :139-140 , 2021.2
5. 大塚奈央, 清水京子:  (特集Ⅱ 膵炎診療update)慢性膵炎の病態update.  消化器・肝臓内科  9 (1) :87-91 , 2021.1
全件表示(33件)
症例報告
1. YATSUJI Sho, KOTERA Yoshihito, KOGISO Tomomi, SAITO Satomi, OMORI Akiko, SAGAWA Takaomi, TANIAI Makiko, SHIMIZU Kyoko, YAMAMOTO Masakazu, NAKANO Masayuki, TOKUSHIGE Katsutoshi:  A case of hemorrhage of hepatocellular carcinoma resembling a hepatic cyst arising from non-cirrhotic steatohepatitis.  Clinical journal of gastroenterology  14 (1) :218-223 , 2021.2   DOI:10.1007/s12328-020-01251-z
2. SASAKI Yu, OMORI Teppei, NITTA Hiroki, KURE Rie, KOBAYASHI Ayako, YAMAMOTO Kana, KISHINO Maiko, NAKAMURA Shinichi, TOKUSHIGE Katsutoshi:  Two cases of accidental ingestion of a press-through package (PTP) sheet, diagnosed by tomosynthesis prior to endoscopy.  Clinical journal of gastroenterology  13 (6) :1057-1061 , 2020.12   DOI:10.1007/s12328-020-01185-6
3. TOBARI Maki, HASHIMOTO Etsuko, TANIAI Makiko, NISHINO Takayoshi, TOKUSHIGE Katsutoshi, Nishino Takayoshi:  Hepatocellular carcinoma in young morbid obese patients with non-alcoholic fatty liver disease.  Clinical journal of gastroenterology  13 (6) :1289-1296 , 2020.12   DOI:10.1007/s12328-020-01215-3
4. HORIUCHI Kentaro, KOGISO Tomomi*, SAGAWA Takaomi, ITO Ayumi, TANIAI Makiko, Miura Kenichiro, HATTORI Motoshi, MORISADA Naoya, HASHIMOTO Etsuko, TOKUSHIGE Katsutoshi:  Bardet-Biedl Syndrome Caused by Skipping of SCLT1 Complicated by Microvesicular Steatohepatitis.  Internal medicine  59 (21) :2719-2724 , 2020.11   DOI:10.2169/internalmedicine.5045-20
その他
1. 徳重克年:  巻頭言.  メディカル・ビューポイント  42 (2) :1-2021 , 2021.2
2. 清水京子:  「第36回日本胆膵病態・整理研究会」印象記.  胆膵の病態生理  36 (1) :65 , 2020.6
3. ◎石井有理, 清水京子, 坂田章:  急性膵炎,慢性膵炎に対する栄養管理の重要性と管理栄養士の役割.  日本膵臓学会誌「膵臓」  35 (2) :174-179 , 2020.4
ページの先頭へ
■ 著書
1. 小木曽智美, 徳重克年:  (巻頭トピックス)6.NAFLD/NASHの最新知見.  消化器疾患最新の治療2021-2022  18-22.  南江堂,  東京, 2021.2
2. 徳重克年, 吉治仁志, 長谷川潔, 田中 篤:  日本肝臓学会ガイドライン統括委員会 オブザーバー.  NAFLD/NASH診療ガイドライン2020  ⅷ.  南江堂,  東京, 2020.11
3. 徳重克年, 吉治仁志, 長谷川潔, 田中 篤:  日本肝臓学会ガイドライン統括委員会 オブザーバー.  肝硬変診療ガイドライン2020  ⅷ.  南江堂,  東京, 2020.11
4. 芥田憲夫, 伊藤義人, 岩佐元雄, 江口有一郎, 大塚正文, 鎌田佳宏, 小木曽智美, 玉城信治, 米田政志, 米田正人:  NALFD/NASH診療ガイドライン委員会 作成委員会 委員.  NAFLD/NASH診療ガイドライン2020  ⅸ.  南江堂,  東京, 2020.11
5. 赤羽たけみ, 淺岡良成, 上野義之, 小川浩司, 川口 巧, 黒崎雅之, 坂井田功, 清水雅仁, 谷合麻紀子, 寺井崇二, 西川浩樹, 日浅陽一, 日髙 央:  肝硬変診療ガイドライン委員会 作成委員会 委員.  肝硬変診療ガイドライン2020  ⅸ.  南江堂,  東京, 2020.11
全件表示(9件)
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎徳重克年: (合同シンポジウム2 領域横断的肥満症EG連携企画)NAFLD/NASHの診断と治療.  第41回肥満癌学会・第38回日本肥満症治療学会学術集会,  Web,  2021/03
2. ◎相原永子, 谷 公孝, 中川了輔, 腰野蔵人, 番場嘉子, 大木岳志, 小川真平, 井上雄志, 板橋道朗, 山本雅一, 大森鉄平: 術中小腸内視鏡で出血源同定困難な小腸出血を止血し得た1例.  第57回日本腹部救急医学会総会,  Web開催,  2021/03
3. ◎大森鉄平: (ワークショップ IBD診療におけるカプセル内視鏡)クローン病発症の経過年数が与えるカプセル内視鏡施行可否への影響.  第14回日本カプセル内視鏡学会学術集会,  Web,  2021/02
4. ◎米澤麻利亜, 高鹿美姫, 神林玄隆, 村杉 瞬, 栗山朋子, 伊藤亜由美, 大森鉄平, 中村真一, 徳重克年: (ワークショップ16 高齢者潰瘍性大腸炎治療指針の検証)当院における高齢者潰瘍性大腸炎の特徴.  第17回日本消化管学会総会学術集会,  オンライン,  2021/02
5. ◎伊藤泰斗, 高山敬子, 田中マリ子, 大塚奈央, 長尾健太, 田原純子, 清水京子, 徳重克年, 出雲 渉, 樋口亮太, 山本雅一: Pancreatic fluid collections; PFCsに対するドレナージ法の選択の後ろ向き検討.  第51回日本膵臓学会大会,  神戸,  2021/01
全件表示(60件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者