(最終更新日:2019-07-10 21:17:54)
  トクシゲ カツトシ   TOKUSHIGE Katsutoshi
  徳重 克年
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  消化器内科
   職種   教授・講座主任
■ 著書
1. 部分執筆  (Ⅳ 肝・胆・膵疾患 A.肝)9.NAFLD/NASH「消化器疾患最新の治療2019-2020」 2019/03
2. 部分執筆  アルコール性肝障害を基盤とする肝細胞癌症例の病理組織学的検討「アルコールと医学生物学」 2019/01
3. 部分執筆  消化器病における性差「性差医学・医療の進歩と臨床展開」 2018/07
4. 部分執筆  5.非アルコール性脂肪性肝炎「日常診療に活かす 診療ガイドラインUP-TO-DATE 2018-2019」 2018/01
5. 部分執筆  NASH/NAFLD「プリンシプル消化器疾患の臨床3 ここまできた肝臓病診療」 2017/10
6. 部分執筆  9.NAFLD・NASH「肝疾患マニュアル–ガイドラインを理解し、応用する」 2017/06
7. 部分執筆  非アルコール性脂肪性肝疾患およびアルコール性肝硬変における発癌・予後の比較検討「アルコールと医学生物学」 2017/03
8. 部分執筆  原発性硬化性胆管炎「Today's Therapry2017 今日の治療方針 私はこう治療している」 2017/01
9. 部分執筆  NAFLD・NASH「消化器研修ノート」 2016/05
10. 部分執筆  (V.肝・胆・膵疾患)5.非アルコール性脂肪性肝炎「日常診療に活かす 診療ガイドラインUP-TO-DATE 2016-2017」 2016/02
全件表示(22件)
■ 学術雑誌
1. 症例報告  An intensive medical care network led to successful living-donor liver transplantation in late-onset hepatic failure with disseminated Staphylococcus aureus infection 2019/04
2. 原著  Hepatocellular carcinoma after direct-acting antiviral drug treatment in patients with hepatitis C virus. 2019/02
3. 総説  (特集Ⅱ 消化器癌の危険因子・予防対策)炎症性腸疾患からの発癌とサーベイランス 2019/02
4. 原著  Characteristics of non-alcoholic steatohepatitis among lean patients in Japan: Not uncommon and not always benign. 2018/12
5. 症例報告  Elevated α-Fetoprotein in the Absence of Carcinoma Caused by Relapse of Hepatitis C Viral Infection after Liver Transplantation. 2018/12
6. 原著  Impact of continued administration of tolvaptan on cirrhotic patients with ascites. 2018/12
7. 原著  Clinicopathological investigation of steatohepatitic hepatocellular carcinoma: A multicenter study using immunohistochemical analysis of adenoma-related markers. 2018/11
8. 総説  (特集 肝線維化-診断を超えて)肝線維化は最強のNASH予後決定因子か 2018/11
9. 原著  Liver abscess due to Fusobacterium species detected on ultrasonography: a case report. 2018/10
10. 総説  (特集 早わかり内視鏡関連ガイドライン2018)消化器全般におよぶもの 門脈圧亢進症診療マニュアル-食道・胃静脈瘤の診かたと治療- 2018/09
全件表示(125件)
■ 学会発表
1. Inter-rater validity of new scoring index for Chrohn's disease (Chohn's disease activity in capsule endscopy) (ポスター,一般) 2019/03/06
2. Retrospective investigation of tacrolimus combined with an anti-TNFα antibody as remission induction therapy for reftactory ulcerative colitis: efficacy, safety, and relapse rate (ポスター,一般) 2019/03/06
3. Trousseau症候群を併発し急速な経過をたどった若年者胃癌の1例 (口頭発表,一般) 2019/02/23
4. トモシンセシスによる誤飲したPTPシートの内視鏡前診断を施行し得た2例 (口頭発表,一般) 2019/02/23
5. 自己免疫性胃炎における性差と臨床像 (ポスター,一般) 2019/01/19
6. (シンポジウム1 炎症性腸疾患診療における内視鏡の役割)カプセル内視鏡の新規スコア[Crohu's Disease Avtivity in Cupsule Endoscopy (CDACE)]を用いたクローン病小腸病変の評価 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2018/12/15
7. (シンポジウム5-2 次世代シークエンサを用いたウイルスゲノム・マイクロバイオーム・エクソゾーム解析による肝疾患研究)脂肪性肝疾患患者の腸内細菌組成に関する次世代シークエンサーを用いた分子生物学的検討 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2018/12/07
8. (ワークショップ2 肝不全の病態と治療 予後は改善されているか?)急性肝不全・遅発性肝不全(LOHF)に対する内科的治療と肝移植治療の臨床病理学的検討 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2018/12/07
9. (特別企画 症例に学ぶ)Fontan関連肝疾患(FALD)に発生したHCCに対する陽子治療の試み (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2018/12/07
10. 潰瘍性大腸炎に対する内視鏡検査代替モニタリング法としてのFITの有用性 (口頭発表,一般) 2018/11/22
全件表示(426件)
■ 学歴
1. 1992/10/16
(学位取得)
東京女子医科大学 博士(医学)