(最終更新日:2018-06-05 15:25:49)
  タニアイ マキコ   
  谷合 麻紀子
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  消化器内科
   職種   准教授
■ 著書
1. 部分執筆  非アルコール性脂肪性肝疾患およびアルコール性肝硬変における発癌・予後の比較検討「アルコールと医学生物学」 2017/03
2. 部分執筆  (Ⅱ.診断編 2.自己免疫性肝疾患の診断)PBCの診断「Hepatology Practice第4巻 難治性肝疾患の診療を極める 基礎から最前線まで」 2014/06
3. 全体執筆  「NAFLD/NASH 診療ガイドライン2014」 2014/04
4. 部分執筆  アルコール性肝障害とNAFLDにおける肝内および肝外発癌の比較「アルコールと医学生物学 Vol.32 アルコール性臓器障害研究の新展開」 2014/01
5. 部分執筆  Debete NAFLDとALDの分界点となるアルコール摂取量は?「Hepatology Practice第2巻 NASH・アルコール性肝障害の診察を極める 基本から最前線まで」 2013/10
6. 部分執筆  IV.肝臓(各論)/免疫性疾患 自己免疫性肝炎「専門医のための消化器病学」 2013/10
7. 部分執筆  II.肝疾患 4)自己免疫性肝炎の診断と薬物治療「効果的に使う!消化器の治療薬 初期治療から慢性期まで症状・病因・経過にあわせたベストな処方」 2012/04
8. 部分執筆  II.肝疾患 5)原発性胆汁性肝硬変の診断と薬物治療「効果的に使う!消化器の治療薬 初期治療から慢性期まで症状・病因・経過にあわせたベストな処方」 2012/04
9. 部分執筆  Clinical Significance of Serum Orinthine Carbamoyltranse in Liver Diseases-Is the Radio of OCT/ALT a New Tumor Marker?, Hepatocellular Carcinoma-Basic Research 2012/02
10. 部分執筆  肝移植医療フォーラム 劇症肝炎に対する肝移植「肝移植医療フォーラム10周年記念誌 生体肝移植難渋例への挑戦」 2012/01
全件表示(12件)
■ 学術雑誌
1. 総説  NAFLD/NASHの疾患概念の変遷 問われるNASH診断の意義 2018/02
2. 原著  The Outcome of Cirrhotic Patients with Ascites Is Improved by the Normalization of the Serum Sodium Level by Tolvaptan. 2017/11
3. 原著  Response to tolvaptan and its effect on prognosis in cirrhotic patients with ascites. 2017/08
4. 原著  Risk factors for recurrence of primary biliary cholangitis after liver transplantation in female patients: A Japanese multicenter retrospective study 2017/07
5. 総説  (特集 NAFLD/NASHの病因・病態・治療)NAFLD/NASHの病態・診断 2017/04
6. 原著  Four cases of type 1 diabetes mellitus showing sharp serum transaminase increases and hepatomegaly due to glycogenic hepatopathy. 2017/03
7. 総説  (特集 自己免疫性肝炎up to date)自己免疫性肝炎とNAFLD/NASH 2017/03
8. 症例報告  A case of gastrojejunocolic fistula with steatohepatitis. 2017/02 Link
9. 原著  Genome-wide association studies identify PRKCB as a novel genetic susceptibility locus for primary biliary cholangitis in the Japanese population. 2017/02
10. 原著  IFN-Based and FN-Free Direct-Acting Antivial Drug Treatments for Acquired Hepatitis C Virus in Post-Transplant Recipients 2017
全件表示(51件)
■ 学会発表
1. Analysis of biomarkaers predictive of fibrosis progression patients with fontan associated liver (ポスター,一般) 2017/10/20
2. Immunohistochemical detection of markers for hepatic adenoma in steatohepatitic hepatocellular carcinoma (ポスター,一般) 2017/10/20
3. The characteristic feature of Japanese ptients with alcoholic liver disease from the view of complicated obesty or sarcopenia (ポスター,一般) 2017/10/20
4. Fontan術後に合併するうっ血性肝疾患の進行マーカーの検討 (ポスター,一般) 2017/10/12
5. (ワークショップ14 消化管疾患治療の新しい周術期管理(消化器病学会・消化器内視鏡学会・消化器外科学会・消化器がん検診学会))非肥満者における非アルコール性脂肪性肝疾患の臨床病理学的特徴-体組成分析を中心に- (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2017/10/12
6. 肝腺維性多嚢胞性疾患における肝移植適応の検討 (ポスター,一般) 2017/10/12
7. 非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)における食道胃静脈瘤に関する検討 (ポスター,一般) 2017/10/12
8. (シンポジウム10 アルコール性肝障害研究の最先端)アルコール性肝障害患者における肥満、サルコペニアの検討 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2017/09/08
9. (ワークショップ3 非専門家のための検査結果(血液検査、画像検査、心理検査)の読み方ワークショップ)血液検査読み方入門 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2017/09/08
10. 全身敗血疹と敗血症性肺塞栓症を併発した黄色ブドウ球菌性敗血症後、肝移植により救命し得た昏睡型急性肝不全の一例 (口頭発表,一般) 2017/07/15
全件表示(180件)
■ 学歴
1. 1989/04~1993/03 東京女子医科大学 医学部 消化器内科 博士課程修了 医学博士号