<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度 | 2020年度 | 2021年度 次 >>>
 消化器内科
概要 当該年度の研究費受入状況 当該年度の主催学会・研究会
社会における活動 学術雑誌 著書
学会発表


教授:
   徳重 克年
   清水 京子
   中村 真一
   八尾 建史
准教授:
   谷合 麻紀子
講師:
   小木曽 智美
   高山 敬子
助教:
   大森 鉄平
   田原 純子
   赤尾 潤一
   味原 隆大
   天野 覚美
   五十嵐 悠一
   伊藤 泰斗
   今村 亜也子
   大塚 奈央
   柏木 宏幸

   桂 英之
   加藤 博士
   金田 浩幸
   神林 玄隆
   久礼 里江
   児玉 和久
   小西 洋之
   小林 睦季
   佐川 孝臣
   篠崎 幸子

   城 里穂
   鈴木 大輔
   鈴木 智彦
   高崎 朋子
   高橋 普紀子
   谷 亜由美
   長尾 健太
   成冨 琢磨
   新田 裕樹
   野登 はるか

   橋本 果奈
   久田 生子
   日向 有紀子
   福屋 裕嗣
   松本 亮
   水野 謙治
   宮方 千春
   村杉 瞬
   森下 慶一
   門前 正憲

   山本 章子
   山本 国子
   山本 智子
   山本 浩隆
   米澤 麻利亜
■ 概要
消化器内科講座概要
食道、胃、小腸、大腸、そして肝臓、胆嚢、膵臓までの病気の内科診療を担当しており、消化器病に関する病気の予防、診断、治療などの内科診療とともに、病気の成因や病態の解明のための基礎的な研究から、新しい診断法や治療法の開発などの臨床研究まではばひろく取り組んでいます。

研究
消化器内科学、上部・下部消化管疾患、肝臓病、膵臓病、胆道疾患などの病態解明と新しい診断法や治療法の確立。消化器癌の化学療法、病態栄養学、疫学研究等。肝炎ウイルス、がんの遺伝子分析など臨床に直結した診断や治療成績の向上につながる高い成果をあげています。エコーをはじめとする画像診断学、消化器内視鏡学、消化器病理学に力をいれています。

消化器病センター
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度の主催学会・研究会
1.  第36回日本胆膵病態・生理研究会  (会長 : 清水京子 )  ,東京  2019/06
2.  日本消化器病学会第356回関東支部例会  (会長 : 徳重克年 )  ,東京  2019/09
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  A.Kadir Dokmeci,TOKUSHIGE Katsunori The Asian Pacific Association for the Study of the liver(APASL) Single Topic conference on Liver Immunology and Genetics:Chairs(Oral Free Papers 6)
2.  TOKUSHIGE Katsutoshi TOKYO HEP CLINICAL FORUM Trend of NAFLD/NASH in Japan
3.  TOKUSHIGE Katsutoshi,Gavin E.Arteel 第39回アルコール医学生物学研究会学術集会 (Workshop)Chair
4.  伊藤亜由美,行本崇浩 第15回日本消化管学会総会学術集会:座長(一般演題46 大腸-3)
5.  伊藤泰斗,清水京子,木下普紀子,大塚奈央,赤尾潤一,長尾健太,田原純子,高山敬子,徳重克年,樋口亮太,山本雅一,古川 徹 第36回日本胆膵病態・生理研究会:胆道癌、胆道神経内分泌癌におけるPI3K/Akt/mTOR経路の関与(主題2-1 胆膵疾患の病態生理からみた治療戦略)
全件表示(58件)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 18 1 12 8 2 10  0 8 0 1  47 26  7 10  1 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. SUMIDA Yoshio, TOKUSHIGE Katsutoshi, KAWANAKA Miwa, YONEDA Masato, IMAJO Kento, FUJII Hideki, TAKAHASHI Hirokazu, ONO Masafumi, NOZAKI Yuichi, HYOGO Hideyuki, YOSHIDA Yuichi, KAWAGUCHI Takumi, KAMADA Yoshihiro, EGUCHI Yuichiro, OKANOUE Takeshi, NAKAJIMA Atsushi, Japan Study Group of NAFLD (JSG-NAFLD):  Hepatoprotective effect of SGLT2 inhibitor on nonalcoholic fatty liver diseases.  Disbetetic Research  2 (S1) :17-25 , 2020.3   DOI:https://doi.org/10.36502/2020/droa.6159
2. Sumida Yoshio, Yoneda Masashi, Tokushige Katsutoshi, Kawanaka Miwa, Fujii Hideki, Yoneda Masato, Imajo Kento, Takahashi Hirokazu, Eguchi Yuichiro, Ono Masafumi, Nozaki Yuichi, Hyogo Hideyuki, Koseki Masahiro, Yoshida Yuichi, Kawaguchi Takumi, Kamada Yoshihiro, Okanoue Takeshi, Nakajima Atsushi, Jsg-Nafld Japan Study Group Of Nafld:  Antidiabetic Therapy in the Treatment of Nonalcoholic Steatohepatitis.  International journal of molecular sciences  21 (6) :1907 , 2020.3   DOI:10.3390/ijms21061907
3. SUMIDA Yoshio, YONEDA Masashi, Tokushige , TOKUSHIGE Katsutoshi, KAWANAKA Miwa, FUJII Hideki, YONEDA Masao, IMAJO Kento, TAKAHASHI Hirokazu, EGUCHI Yuichiro, ONO Masafumi, NOZAKI Yuichi, HYOGO Hideyuki, KOSEKI Masahiro, YOSHIDA Yuichi, KAWAGUCHI Takumi, KAMEDA Yoshihiro, OKANOUE Takeshi, NAKAJIMA Atsushi, Japan Study Group of NAFLD (JSG-NAFLD):  Antidiabetic Treatments for Diabetes with Liver Cirrhosis.  Intervention in Obesity & Diabetes  3 (4) :273-279 , 2020.3   DOI:10.31031/IOD.2020.03.000566
4. Enomoto Hirayuki, Ueno Yoshiyuki, Hiasa Yoichi, Nishikawa Hiroki, Hige Shuhei, Takikawa Yasuhiro, Taniai Makiko, Ishikawa Toru, Yasui Kohichiroh, Takaki Akinobu, Takaguchi Koichi, Ido Akio, Kurosaki Masayuki, Kanto Tatsuya, Nishiguchi Shuhei,:  Transition in the etiology of liver cirrhosis in Japan: a nationwide survey.  Journal of gastroenterology  55 (3) :353-362 , 2020.3   DOI:10.1007/s00535-019-01645-y
5. SUMIDA Yoshio, YONEDA MAsashi, TOKUSHIGE Katsutoshi, KAWANAKA Miwa, FUJII Hideki, ONO Masafumi, YONEDA Masato, IMAJO Kento, TAKAHASHI Hirokazu, EGUCHI Yuichiro, NOZAKI Yuichi, HYOGO Hideyuki, KOSEKI Masahiro, YOSHIDA Yuichi, KAWAGUCHI Takumi, KAMADA Yoshihiro, OKANOUE Takeshi, NAKAJIMA Atsushi, Japan Study Group of NAFLD (JSG-NAFLD):  Estimated Prevalence of Advanced Hepatic Fibrosis by Elastography in Patients with Type 2 Diabetes.  Intervention in Obesity & Diabetes  3 (4) :287-293 , 2020.2   DOI:10.31031/IOD.2020.03.00570
全件表示(16件)
総説及び解説
1. 大森鉄平, 伊藤亜由美, 徳重克年:  (特集 IBDに合併する悪性腫瘍の診断と治療Update!)IBDと固形がん(消化管以外).  IBD Research  14 (1) :42-47 , 2020.3
2. 植村修一郎, 樋口亮太, 赤尾潤一, 長尾健太, 高山敬子, 山本雅一:  (特集 膵・胆管合流異常と先天性胆道拡張症)USとEUS.  臨床消化器内科  35 (4) :391-395 , 2020.3
3. 高山敬子, 清水京子:  (特集 慢性膵炎診療2020)治療・予後 高力価消化酵素薬は慢性膵炎の疼痛に有用か-代償期から使用する意義はあるのか-.  肝・胆・膵  80 (2) :329-335 , 2020.2
4. 徳重 克年:  治療法の再整理とアップデートのために 専門家による私の治療 非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD).  日本医事新報  (4999) :51 , 2020.2
5. 大森鉄平, 神林玄隆, 村杉 瞬:  (特集 ここまで明らかになった小腸疾患)小腸の各疾患 その他の小腸疾患.  診断と治療  108 (1) :113-121 , 2020.1
全件表示(30件)
症例報告
1. SAITO Satomi, KODAMA Kazuhisa, KOGISO Tomomi*, YAMANASHI Yuki, TANIAI Makiko, ARIIZUMI Shunichi, YAMAMOTO Masakazu, TOKUSHIGE Katsutoshi:  Atypical Sarcoidosis Diagnosed by Massive Splenomegaly.  Internal medicine  59 (5) :641-648 , 2020.3   DOI:10.2169/internalmedicine.3646-19
2. Ogasawara Yuri, Kogiso Tomomi, Sagawa Takaomi, Kodama Kazuhisa, Taniai Makiko, Numajiri Haruko, Sakurai Hideyuki, Tokushige Katsutoshi:  A case of Fontan-related hepatocellular carcinoma successfully treated with proton beam therapy.  Clinical journal of gastroenterology  13 (1) :73-78 , 2020.2   DOI:10.1007/s12328-019-01010-9
3. KURE Rie, UEHARA Natsumi, INOUE Kazuyuki, KOGISO Tomomi, KODAMA Kazuhisa, TANIAI Makiko, TOKUSHIGE Katsutoshi, NAKAO Masayuki, EGAWA Hiroto, YAMAMOTO Masakazu:  An intensive medical care network led to successful living-donor liver transplantation in late-onset hepatic failure with disseminated Staphylococcus aureus infection.  Clinical journal of gastroenterology  12 (2) :112-119 , 2019.4   DOI:10.1007/s12328-018-0904-y
ページの先頭へ
■ 著書
1. 徳重克年:  第5章 肝・胆・膵疾患 8その他 1妊娠に伴う肝障害.  新臨床内科学  664-665.  医学書院,  東京, 2020.3
2. 徳重克年:  体質性黄疸.  今日の診断指針  791-793.  医学書院,  東京, 2020.3
3. 徳重克年:  非アルコール性脂肪肝炎.  日常診療に活かす診療ガイドライン UP-TO-DATE  355-359.  メディカルレビュー社,  大阪, 2020.2
4. 田中 篤, 徳重克年, 長谷川潔, 吉治仁志:  ガイドライン統括委員会 オブザーバー.  肝癌診療ガイドライン2017年版補訂版  ⅲ.  金原出版,  東京, 2020.2
5. 小木曽智美, 佐川孝臣, 児玉和久, 谷合麻紀子, 徳重克年:  脂肪性肝疾患の遺伝的バックグラウンドと進展機構.  アルコールと医学生物学  12-13.  響文社,  札幌, 2019.12
全件表示(9件)
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ITO Ayumi, Murasugi Shun, OMORI Teppei, YONEZAWA Maria, TOKUSHIGE Katsutoshi: Efficacy and safety of GCAP therapy for UC eith PSC.  The 15th Congress of ECCO,  Vienna,  2020/02
2. ◎OMORI Teppei, KAMBAYASHI Harutaka, Murasugi Shun, ITO Ayumi, YONEZAWA Maria, TOKUSHIGE Katsutoshi: Usefulness of a cupsule endoscopy scoring system in understanding the disease state of Crohn's disease.  The 15th Congress of ECCO,  Vienna,  2020/02
3. TOBARI Maki, HASHIMOTO Etsuko, TANIAI Makiko, SAGAWA Takaomi, KODAMA Kazuhisa, KOGISO Tomomi, NISHINO Takayoshi, TOKUSHIGE Katsutoshi: The characteristics and risk factors of hepatocellular carcinoma in non-alcoholic fatty liver disease without cirrhosis.  The Liver Meeting® 2019,  Boston,  2019/11
4. TANIAI Makiko, HASHIMOTO Etuko, SAGAWA Takaomi, KODAMA Kazuhisa, KOGISO Tomomi, TOKUSHIGE Katsutoshi: Clinicopathological evaluation of the risk factors for hepatocellular carcinoma arising in patients with alcoholic liver disease.  The Liver Meeting® 2019(AASLD),  Boston,  2019/11
5. ◎IZUMO Wataru, HIGUCHI Ryota, SHIIHARA Masahiro, SHIMIZU Kyoko, FURUKAWA T, YAMAMOTO Masakazu: Evaluation of the Prognostic Factors for Invasive Intraductal Papillary Mucinous Carcinoma and Compare of Outcome With Pancreatic Ductal Adenocarcinoma.  Evaluation of the Prognostic Factors for Invasive Intraductal Papillary Mucinous Carcinoma and Compare of Outcome With Pancreatic Ductal Adenocarcinoma.,  Hawaii,  2019/11
全件表示(91件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者