<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度
 消化器内科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書


教授:
   徳重 克年
   清水 京子
   中村 真一
   八尾 建史
准教授:
   谷合 麻紀子
講師:
   小木曽 智美
   高山 敬子
助教:
   大森 鉄平
   赤尾 潤一
   味原 隆大
   天野 覚美
   五十嵐 悠一
   伊藤 亜由美
   伊藤 泰斗
   今村 亜也子
   大塚 奈央
   柏木 宏幸

   桂 英之
   加藤 博士
   金田 浩幸
   神林 玄隆
   久礼 里江
   児玉 和久
   小西 洋之
   小林 睦季
   佐川 孝臣
   篠崎 幸子

   城 里穂
   鈴木 大輔
   鈴木 智彦
   高崎 朋子
   高橋 普紀子
   田原 純子
   長尾 健太
   成冨 琢磨
   新田 裕樹
   野登 はるか

   橋本 果奈
   久田 生子
   日向 有紀子
   福屋 裕嗣
   松本 亮
   水野 謙治
   宮方 千春
   村杉 瞬
   森下 慶一
   門前 正憲

   山本 章子
   山本 国子
   山本 智子
   山本 浩隆
   米澤 麻利亜
■ 概要
消化器内科講座概要
食道、胃、小腸、大腸、そして肝臓、胆嚢、膵臓までの病気の内科診療を担当しており、消化器病に関する病気の予防、診断、治療などの内科診療とともに、病気の成因や病態の解明のための基礎的な研究から、新しい診断法や治療法の開発などの臨床研究まではばひろく取り組んでいます。

研究
消化器内科学、上部・下部消化管疾患、肝臓病、膵臓病、胆道疾患などの病態解明と新しい診断法や治療法の確立。消化器癌の化学療法、病態栄養学、疫学研究等。肝炎ウイルス、がんの遺伝子分析など臨床に直結した診断や治療成績の向上につながる高い成果をあげています。エコーをはじめとする画像診断学、消化器内視鏡学、消化器病理学に力をいれています。

消化器病センター
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 1 0 0  0 1 0 0  0 0  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
症例報告
1. KURE Rie, UEHARA Natsumi, INOUE Kazuyuki, KOGISO Tomomi, KODAMA Kazuhisa, TANIAI Makiko, TOKUSHIGE Katsutoshi, NAKAO Masayuki, EGAWA Hiroto, YAMAMOTO Masakazu:  An intensive medical care network led to successful living-donor liver transplantation in late-onset hepatic failure with disseminated Staphylococcus aureus infection.  Clinical journal of gastroenterology  12 (2) :112-119 , 2019.4
ページの先頭へ
■ 著書
1. 長嶋洋治、西島有衣、塩賀太郎:  腎癌の病理̶WHO 腎癌病理組織分類の改訂点を中心に.  知っておきたい泌尿器のCT・MRI 改訂第2版  56-59.  秀潤社,  東京, 2019.4 Link
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者