<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度 | 2019年度 次 >>>
 消化器内科
概要 当該年度の研究費受入状況 社会における活動
学術雑誌 著書 学会発表


教授:
   徳重 克年
   中村 真一
   橋本 悦子
   八尾 建史
   清水 京子
准教授:
   谷合 麻紀子
助教:
   小木曽 智美
   高山 敬子
   赤尾 潤一
   味原 隆大
   天野 覚美
   五十嵐 悠一
   伊藤 亜由美
   今村 亜也子
   大塚 奈央
   大森 鉄平

   柏木 宏幸
   桂 英之
   加藤 博士
   金田 浩幸
   神林 玄隆
   栗本 靖子
   久礼 里江
   児玉 和久
   小西 洋之
   小林 睦季

   篠崎 幸子
   城 里穂
   鈴木 大輔
   鈴木 智彦
   高崎 朋子
   高橋 普紀子
   髙橋 麻依
   田原 純子
   長尾 健太
   成冨 琢磨

   野登 はるか
   橋本 果奈
   久田 生子
   日向 有紀子
   福屋 裕嗣
   星野 容子
   松本 亮
   水野 謙治
   宮方 千春
   村杉 瞬

   森下 慶一
   門前 正憲
   山本 章子
   山本 智子
   山本 浩隆
   米澤 麻利亜
■ 概要
消化器内科講座概要
食道、胃、小腸、大腸、そして肝臓、胆嚢、膵臓までの病気の内科診療を担当しており、消化器病に関する病気の予防、診断、治療などの内科診療とともに、病気の成因や病態の解明のための基礎的な研究から、新しい診断法や治療法の開発などの臨床研究まではばひろく取り組んでいます。

研究
消化器内科学、上部・下部消化管疾患、肝臓病、膵臓病、胆道疾患などの病態解明と新しい診断法や治療法の確立。消化器癌の化学療法、病態栄養学、疫学研究等。肝炎ウイルス、がんの遺伝子分析など臨床に直結した診断や治療成績の向上につながる高い成果をあげています。エコーをはじめとする画像診断学、消化器内視鏡学、消化器病理学に力をいれています。

消化器病センター
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  Khean-Lee Goh,TOKUSHIGE Katsutoshi 第104回日本消化器病学会総会 (Pathogenesis-Risuk Factor (Including UC))Moderators
2.  伊藤亜由美 浦添IBD学習会2019 高齢者炎症性腸疾患の実験例の検討
3.  榎本信幸,谷合麻紀子,疋田隼人 第42回日本肝臓学会東部会 (シンポジウム2 次世代シークエンサを用いたウイルスゲノム・マイクロバイオーム・エクソゾーム解析による肝疾患研究)司会
4.  奥野奈央 日本消化器病学会関東支部第349回例会 (一般演題(膵3))座長
5.  横山健介,長尾健太,高原楠昊,殿塚亮祐,福原誠一郎,谷坂優樹,山内浩史,路川陽介 第107回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (ハンズオントレーニングセッション 胆膵 ERCP,EUS-FNA)インストラクター
6.  橋本悦子 第104回日本消化器病学会総会 (招請講演1)司会
7.  橋本悦子 第54回日本肝臓学会総会 (ランチョンセミナー20)司会
8.  五十嵐悠一,山下信吾,片桐 聡、小寺由人,大森亜紀子,加藤孝章,根本 慧,江川裕人,徳重克年,斎藤明子,山本雅一 第37回Microwave Surgery研究会 全身麻酔下肝癌焼灼術、当院でのクリニカルパス
9.  高山敬子 第49回日本膵臓学会大会 (膵腫瘍・その他5)座長
10.  今枝博之,岡村幸重,後藤田卓志,岸野真衣子,松本健史,細江直樹,土岐真朗,新後閑弘章,小澤俊一郎 日本消化器病学会関東支部第353回例会 (第16回専門医セミナー 「ドクターガストロ~臨床推論からの消化器病学~」)担当
全件表示(46件)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 17 2 5 8 7 5  0 12 0 1  55 16  10 2  13 5
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. KOGISO Tomomi, SAGAWA Takaomi, KODAMA Kazuhisa, TANIAI Makiko, KATAGIRI Satoshi, EGAWA Hiroto, YAMAMOTO Masakazu, TOKUSHIGE Katsutoshi:  Hepatocellular carcinoma after direct-acting antiviral drug treatment in patients with hepatitis C virus.  JGH open : an open access journal of gastroenterology and hepatology  3 (1) :52-60 , 2019.2
2. KOGISO Tomomi,SAGAWA Takaomi,KODAMA Kazuhisa,TANIAI Makiko,TOKUSHIGE Katsutoshi:  Impact of continued administration of tolvaptan on cirrhotic patients with ascites.  BMC pharmacology & toxicology  19 (1) :87 , 2018.12
3. TANIAI Makiko, HASHIMOTO Etsuko, TOBARI Maki, KODAMA Kazuhisa, TOKUSHIGE Katsutoshi, YAMAMOTO Masakazu, TAKEYAMA Tadatoshi, SUGITANI Masahiko, SANO Kenji, KONDO Fukuo, FUKUSATO Toshio:  Clinicopathological investigation of steatohepatitic hepatocellular carcinoma: A multicenter study using immunohistochemical analysis of adenoma-related markers.  Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology  48 (12) :947-955 , 2018.11
4. Subramaniyam Vasanthapriya,SAITO Akiko,TOKUSHIGE Katsutoshi:  Liver abscess due to Fusobacterium species detected on ultrasonography: a case report.  Journal of medical ultrasonics (2001)  45 (4) :623-627 , 2018.10
5. TAHARA Junko,SHIMIZU Kyoko,OTSUKA Nao,AKAO Junichi,TAKAYAMA Yukiko,TOKUSHIGE Katsutoshi:  Gemcitabine plus nab-paclitaxel vs. FOLFIRINOX for patients with advanced pancreatic cancer.  Cancer chemotherapy and pharmacology  82 (2) :245-250 , 2018.8
6. Ito Ayumi, Omori Teppei, Hanafusa Norio, Tsuchiya Ken, Nakamura Shinichi, Tokushige Katsutoshi:  Efficacy and safety of granulocyte adsorption apheresis in elderly patients with ulcerative colitis.  Journal of clinical apheresis  33 (4) :514-520 , 2018.8
7. KOGISO Tomomi,TOKUSHIGE Katsutoshi:  Key roles of hepatologists in successful liver transplantation.  Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology  48 (8) :608-621 , 2018.7
8. NISIMUTA Mayu,MASUI Kenta,YAMAMOTO Tomoko,IKARASHI Yuichi,TOKUSHIGE Katsutoshi,HASHIMOTO Etsuko,NAGASHIMA Yoji,SHIBATA Noriyuki:  Copper deposition in oligodendroglial cells in an autopsied case of hepatolenticular degeneration.  Neuropathology : official journal of the Japanese Society of Neuropathology  38 (3) :321-328 , 2018.6
9. AKIYAMA Kentaro,WARABI Eiji,OKADA Kosuke,YANAGAWAa Toru,ISHII Tetsuro,KOSE Katsumi,TOKUSHIGE Katsutoshi,ISHIGE Kazunori,MIZOKAMI Yuji,YAMAGATA Kenji,ONIZAWA Kojiro,ARIIZUMI Shun-Ichi,YAMAMOTO Masakazu,SHODA Junichi:  Deletion of both p62 and Nrf2 spontaneously results in the development of nonalcoholic steatohepatitis.  Experimental animals  67 (2) :201-218 , 2018.5
10. TAHARA Junko,SHIMIZU Kyoko*,AKAO Junichi,TAKAYAMA Yukiko,TOKUSHIGE Katsutoshi,YAMAMOTO Masakazu:  incidence of malignancy in type 1 autoimmune pancreatitis.  JOP : Journal of the pancreas  19 (3) :134-139 , 2018.5
全件表示(12件)
総説及び解説
1. 赤尾潤一, 清水京子:  (特集Ⅱ 消化器癌の危険因子・予防対策)IPMNと発癌.  消化器・肝臓内科  5 (2) :202-206 , 2019.2
2. 米澤麻利亜, 村杉瞬, 伊藤亜由美, 大森鉄平, 山本智子, 板橋道朗, 中村真一, 長嶋洋治, 徳重克年:  (特集Ⅱ 消化器癌の危険因子・予防対策)炎症性腸疾患からの発癌とサーベイランス.  消化器・肝臓内科  5 (2) :232-238 , 2019.2
3. 板橋道朗, 大森鉄平, 谷 公孝, 中尾紗由美, 番場嘉子, 小川真平, 山本雅一:  (特集 当直医必携!「右下腹部痛」を極める)非腫瘍性疾患の治療 炎症性腸疾患.  臨床外科  74 (1) :53-58 , 2019.1
4. 小林亜也子,岸野真衣子,田村優子,山本浩隆,山本果奈,中村真一,長島洋治,八尾建史:  Helicobacter pylori陰性の胃粘膜に発生した胃型高分化型腺癌の1例.  胃と腸  53 (13) :1708-1714 , 2018.12
5. 角田圭雄,小野正文,藤井英樹,徳重克年,中島 淳,米田政志:  (特集 肝線維化-診断を超えて)肝線維化は最強のNASH予後決定因子か.  臨床消化器内科  33 (13) :1659-1666 , 2018.11
6. 中村真一,岸野真衣子,徳重克年:  (特集 早わかり内視鏡関連ガイドライン2018)消化器全般におよぶもの 門脈圧亢進症診療マニュアル-食道・胃静脈瘤の診かたと治療-.  消化器内視鏡  30 (9) :1280-1285 , 2018.9
7. 鳥居信之,徳重克年:  (特集 消化器治療薬の使い分け)7.NAFLD/NASHの病態と治療薬.  レジデント  11 (7) :56-61 , 2018.7
8. 谷合麻紀子:  アルコール性肝障害の現況.  肝臓  59 (7) :312-318 , 2018.7
9. 伊藤泰斗,高山敬子*,高橋普紀子,大塚奈央,赤尾潤一,長尾健太,田原純子,清水京子,中村真一,徳重克年,古川 徹:  EUS-FNAによる術前診断が可能であった微小IPMCの1例.  Progress of Digestive Endoscopy  92 (1) :162-163 , 2018.6
10. 岸野真衣子,大森鉄平,高山敬子,中村真一,徳重克年:  当院の消化器内視鏡検査安全管理体制についての検証.  Progress of Digestive Endoscopy  92 (1) :59-63 , 2018.6
全件表示(21件)
症例報告
1. KOGISO Tomomi,SAGAWA Takaomi,KOTERA Yoshihito,EGAWA Hiroto,YAMAMOTO Masakazu,TOKUSHIGE Katsutoshi:  Elevated α-Fetoprotein in the Absence of Carcinoma Caused by Relapse of Hepatitis C Viral Infection after Liver Transplantation.  ACG case reports journal  5 :e103 , 2018.12
その他
1. 清水京子,大西洋英:  (特集 膵炎の基礎研究・病態解明)特集にあたって.  膵臓  33 (4) :705-706 , 2018.8
ページの先頭へ
■ 著書
1. 徳重克年:  (Ⅳ 肝・胆・膵疾患 A.肝)9.NAFLD/NASH.  消化器疾患最新の治療2019-2020  339-342.  南江堂,  東京, 2019.3
2. 谷合麻紀子, 橋本悦子, 佐川智久, 小林睦季, 五十嵐悠一, 児玉和久, 小木曽智美, 鳥居信之, 徳重克年:  アルコール性肝障害を基盤とする肝細胞癌症例の病理組織学的検討.  アルコールと医学生物学  57-58.  響文社,  札幌, 2019.1
3. 児玉和久:  飲酒量の脂肪性肝疾患に与える影響の検討.  アルコールと医学生物学  67-68.  響文社,  札幌, 2019.1
4. 飯塚文瑛,田中正則,松田隆秀:    腸管ベーチェット病のすべてがわかる 診療ハンドブック  1-240.  先端医学社,  東京, 2018.11
5. 大森鉄平:  第6章症例から学ぶ 症例9 1)診断に関する省令 食道病変(の形態)がクローン病との鑑別に有用であった腸管ベーチェット病(不全型)の1例.  腸管ベーチェット病のすべてがわかる 診療ハンドブック  164-165.  先端医学社,  東京, 2018.11
6. 米澤麻利亜:  第6章 症例から学ぶ 症例25 2)治療に関する症例 シクロスポリンが有用であった腸管ベーチェット病(不全型)の1例.  腸管ベーチェット病のすべてがわかる 診療ハンドブック  196-197.  先端医学社,  東京, 2018.11
7. 飯塚文瑛:  第6章 症例から学ぶ 症例30 2)治療に関する症例 インフリキシマブ(IFX)により腸管・眼病変が寛解したものの、発がんのためIFX中止後大腸潰瘍が再発した腸管ベーチェット病(完全型)の1例.  腸管ベーチェット病のすべてがわかる 診療ハンドブック  206-207.  先端医学社,  東京, 2018.11
8. 飯塚文瑛,米澤麻利亜:  第6章 症例から学ぶ 症例31 2)治療に関する症例 回盲部切除後も小腸・大腸広範囲に潰瘍を認めた腸管ベーチェット病(不全型)の1例.  腸管ベーチェット病のすべてがわかる 診療ハンドブック  208-2019.  先端医学社,  東京, 2018.11
9. 飯塚文瑛,大森鉄平,栗山朋子,山本浩隆:  第6章 症例から学ぶ 症例36 2)治療に関する症例 Budd-Chiari症候群、ベーチェット病(疑い)と診断され、肝性脳症を伴う敗血症で死亡した1例.  腸管ベーチェット病のすべてがわかる 診療ハンドブック  218-219.  先端医学社,  東京, 2018.11
10. 飯塚文瑛:  編集後記.  腸管ベーチェット病のすべてがわかる 診療ハンドブック  231-231.  先端医学社,  東京, 2018.11
全件表示(13件)
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ITO Ayumi, MURASUGI Shun, MATSUO Natsuki, TANI Kimitaka, OMORI Teppei, ITABASHI Michio, TOKUSHIGE Katsutoshi: Retrospective investigation of tacrolimus combined with an anti-TNFα antibody as remission induction therapy for reftactory ulcerative colitis: efficacy, safety, and relapse rate.  The 14th Congress of ECCO,  Denmark,  2019/03
2. OMORI Teppei, YASUHIRO Kazushi, MURASUGI Shun, KANBAYASHI Harutaka, HARA Toshifumi, ITO Ayumi, YONEZAWA Maria, NAKAMURA Shinichi, TOKUSHIGE Katsutoshi: Inter-rater validity of new scoring index for Chrohn's disease (Chohn's disease activity in capsule endscopy).  The 14th Congress of ECCO,  Denmark,  2019/03
3. KOGISO Tomomi,SAGAWA Takaomi,KODAMA Kazuhisa,TANIAI Makiko,TOKUSHIGE Katsutoshi: Genetic Background of Alcoholic Liver Disease and Non-Alcoholic Fatty Liver Disease Patients.  AASLD2018,  San Francisco,  2018/11
4. SAGAWA Takaomi,KOGISO Tomomi,KODAMA Kazuhisa,TANIAI Makiko,TOKUSHIGE Katsutoshi: Characteristics of Liver Tumor Arising from Fontan-Associated Liver Disease.  AASLD2018,  San Francisco,  2018/11
5. ITO Ayumi,MURASUGI Shun,OMORI Teppei,TOKUSHIGE Katsutoshi: Efficary and safety of granulocyte adosorption apheresis in eldely patients with ulcerative colitis.  26th United European Grastroenterology Week,  Vienna,Austria,  2018/10
6. KISHINO Maiko,NAKAMURA Shinichi,TOKUSHIGE Katsutoshi: Investigation of autoimmune gastritis diagnosed by endoscopic findings.  26th United European Grastroenterology Week,  Vienna,Austria,  2018/10
7. OMORI Teppei,YASUHIRO Kazushi,MURASUGI Shun,ITO Ayumi,YONEZAWA Maria,NAKAMURA Shinichi,TOKUSHIGE Katsutoshi: Evwlution of crohn's disease by using a novel capsule endoscopy soring method: chohn's disease activity in capsule endoscopy (CDACE).  26th United European Grastroenterology Week,  Vienna,Austria,  2018/10
8. MATSUO Natsuki,OHKI Takeshi,KURIYAMA Tomoko,YAMATO Masayuki,SHIMIZU Tatsuya,YAMAMOTO Masakazu: Development of hybrid cell sheets using peritoneum and MSC for prevention of anastomotic leakge after operation of rectal cancer in a rat model.  5th TERMIS World Congress,  Kyoto,  2018/09
9. ITO Ayumi: Efficacy and safety of granulocte adsorption apheresis in elderly patients with ulcerative colitis.  AOCC2018,  Shanghai,  2018/06
10. OMORI Teppei: Fecal immunochemical test as an alternative monitoring method for colonoscopy for ulcerative colitis.  AOCC2018,  Shanghai,  2018/06
全件表示(101件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者