<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度
 消化器内科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   徳重 克年
   橋本 悦子
   八尾 建史
   清水 京子
准教授:
   谷合 麻紀子
助教:
   大森 鉄平
   小木曽 智美
   高山 敬子
   赤尾 潤一
   味原 隆大
   天野 覚美
   五十嵐 悠一
   伊藤 亜由美
   今村 亜也子
   大塚 奈央

   貝瀬 智子
   柏木 宏幸
   桂 英之
   加藤 博士
   金田 浩幸
   神林 玄隆
   栗本 靖子
   久礼 里江
   児玉 和久
   小西 洋之

   小林 睦季
   篠崎 幸子
   城 里穂
   鈴木 大輔
   鈴木 智彦
   高崎 朋子
   高橋 普紀子
   髙橋 麻依
   田原 純子
   長尾 健太

   成冨 琢磨
   野登 はるか
   橋本 果奈
   久田 生子
   日向 有紀子
   福屋 裕嗣
   星野 容子
   松本 亮
   水野 謙治
   宮方 千春

   村杉 瞬
   森下 慶一
   門前 正憲
   山本 章子
   山本 浩隆
   米澤 麻利亜
■ 概要
消化器内科講座概要
食道、胃、小腸、大腸、そして肝臓、胆嚢、膵臓までの病気の内科診療を担当しており、消化器病に関する病気の予防、診断、治療などの内科診療とともに、病気の成因や病態の解明のための基礎的な研究から、新しい診断法や治療法の開発などの臨床研究まではばひろく取り組んでいます。

研究
消化器内科学、上部・下部消化管疾患、肝臓病、膵臓病、胆道疾患などの病態解明と新しい診断法や治療法の確立。消化器癌の化学療法、病態栄養学、疫学研究等。肝炎ウイルス、がんの遺伝子分析など臨床に直結した診断や治療成績の向上につながる高い成果をあげています。エコーをはじめとする画像診断学、消化器内視鏡学、消化器病理学に力をいれています。

消化器病センター
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 3 0 1 0 0 3  0 0 0 0  24 7  0 0  2 1
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Ito Ayumi, Omori Teppei, Hanafusa Norio, Tsuchiya Ken, Nakamura Shinichi, Tokushige Katsutoshi:  Efficacy and safety of granulocyte adsorption apheresis in elderly patients with ulcerative colitis.  Journal of clinical apheresis  33 (4) :514-520 , 2018.8
2. AKIYAMA Kentaro,WARABI Eiji,OKADA Kosuke,YANAGAWAa Toru,ISHII Tetsuro,KOSE Katsumi,TOKUSHIGE Katsutoshi,ISHIGE Kazunori,MIZOKAMI Yuji,YAMAGATA Kenji,ONIZAWA Kojiro,ARIIZUMI Shun-Ichi,YAMAMOTO Masakazu,SHODA Junichi:  Deletion of both p62 and Nrf2 spontaneously results in the development of nonalcoholic steatohepatitis.  Experimental animals  67 (2) :201-218 , 2018.5
3. KAWAGUCHI Takahisa, SHIMA Toshihide, MIZUNO Masayuki, MITSUMOTO Yasuhide, UEMURA Atsushi, KANBARA Yoshihiro, TANAKA Saiyu, SUMIDA Yoshio, YASUIi Kohichiro, TAKAHASHI Meiko, MATSUO Keitaro, ITOH Yoshito, TOKUSHIGE Katsutoshi, HASHIMOTO Etsuko, KIYOSAWA Kendo, KAWAGUCHI Masanori, ITOH Hiroyuki, UTO Hirofumi, KOMORIZONO Yasuji, SHIRABE Ken, TAKAMI Shiro, TAKAMURA Toshinari, KAWANAKA Miwa, YAMADA Ryo, MATSUDA Fumihiko, OKANOUE Takeshi:  Risk estimation model for nonalcoholic fatty liver disease in the Japanese using multiple genetic markers.  PloS one  13 (1) :e0185490 , 2018
総説及び解説
1. 長嶋洋治、西島有衣、塩賀太郎:  腎腫瘍の病理.  画像診断  :in press , 2018.4
2. 谷合麻紀子:  (特集 NASH/NAFLDの新知見)NAFLD/NASHの疫学・予後.  肝・胆・膵  76 (4) :503-509 , 2018.4
3. 小木曽智美:  (特集 NASH/NAFLDの新知見)各病理診断基準の特徴と相互関-NAS、Matteoni分類、Brunt分類-.  肝・胆・膵  76 (4) :595-605 , 2018.4
4. 徳重克年:  (特集 NASH/NAFLDの新知見)NAFLDにおける可溶性TNF receptorとTNF-α遺伝子多型.  肝・胆・膵  76 (4) :626-630 , 2018.4
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎大森鉄平,安廣和志,細矢さやか,村杉 瞬,神林玄隆,原 敏文,柏木宏幸,伊藤亜由美,米澤麻利亜,中村真一,徳重克年: 潰瘍性大腸炎に対する内視鏡検査代替モニタリング法としてのFITの有用性.  第9回日本炎症性腸疾患学会学術集会,  京都,  2018/11
2. ◎米澤麻利亜,安廣和志,村杉 瞬,神林玄隆,伊藤亜由美,大森鉄平,徳重克年: 当院における高齢発症潰瘍性大腸炎患者の検討.  第9回日本炎症性腸疾患学会学術集会,  京都,  2018/11
3. ◎伊藤亜由美: (サテライトシンポジウム89 潰瘍性大腸炎治療における医療連携)潰瘍性大腸炎治療 重症・劇症症例の治療戦略.  JDDW2018,  神戸,  2018/11
4. ◎谷合麻紀子: (JDDW2018女性医師・研修者プログラム JDDW輝く女性のためのキャリア支援)日本消化器病学女性医師・研究者の会 活動報告.  JDDW2018,  神戸,  2018/11
5. ◎小木曽智美,江川裕人,徳重克年: (ワークショップ12 肝移植待機患者の評価-適応と限界(消化器外科学会・肝臓学会))当院における脳死・生体肝移植希望者の実態調査.  第16回日本消化器外科学会大会・第22回日本肝臓学会大会(JDDW2018),  神戸,  2018/11
6. ◎佐川孝臣,小木曽智美,児玉和久,谷合麻紀子,徳重克年,江川裕人,山本雅一: SpecialpopilationにおけるC型肝炎ウイルス治療.  第22回日本肝臓学会大会(JDDW2018),  神戸,  2018/11
7. ◎安廣和志,大森鉄平,神林玄隆,村杉 瞬,伊藤亜由美,米澤麻利亜,徳重克年: 潰瘍性大腸炎に悪性腫瘍を合併した症例の検討.  第60回日本消化器病学会大会(JDDW2018),  神戸,  2018/11
8. ◎伊藤亜由美: 高齢発症大腸炎の高齢患者についての検討.  第60回日本消化器病学会大会(JDDW2018),  神戸,  2018/11
9. ◎伊藤泰斗,清水京子,木下普紀子,大塚奈央,赤尾潤一,長尾健太,田原純子,高山敬子,徳重克年: 膵癌とDNAミスマッチ修復機構マクロサテライト不安性との関連.  第60回日本消化器病学会大会(JDDW2018),  神戸,  2018/11
10. ◎久礼里江,岸野真衣子,新田裕樹,日向有紀子,小林亜也子,山本浩隆,山本果奈,中村真一,徳重克年: 難治性GERD診療における食道運動機能評価の検討.  第60回日本消化器病学会大会(JDDW2018),  神戸,  2018/11
全件表示(34件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者