<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度
 腎臓内科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   新田 孝作
   安藤 稔
   湯村 和子
   望月 俊雄
准教授:
   森山 能仁
講師:
   板橋 美津世
   唐澤 一徳
   片岡 浩史
助教:
   竹越 尚代
   秋山 健一
   雨宮 伸幸
   井野 純
   井上 朋子
   岩崎 千尋
   岩渕 裕子
   植田 彩香
   海上 耕平
   江口 亜弥

   大島 康子
   小倉 彰太
   神山 理明
   川口 慧子
   木村 和生
   児玉 美緒
   小林 園実
   齋藤 誉子
   佐々木 裕子
   佐藤 啓太郎

   佐原 由華子
   杉浦 秀和
   鈴木 啓子
   鈴木 浩一
   鈴木 俊嗣
   千手 陽一郎
   曽我 明日華
   高野 真理
   髙部 朋
   武田 志帆

   田中 佳優
   野老山 武士
   中野 麻里絵
   西田 美貴
   能木場 宏彦
   原田 誉子
   伴野 麻悠子
   藤井 照大
   眞部 俊
   三戸部 倫大

   宮岡 統紀子
   宮部 陽永
   桃木 久美子
   森戸 卓
   山崎 麻由子
   山下 佐江子
   若山 慈恵
■ 概要
特徴
糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、多発性嚢胞腎および腎不全など腎疾患に対する最先端の診断・治療を行っています。
優れた医療技術
ドップラー腎エコーや腎生検、ネフローゼ症候群に対する免疫抑制薬治療、膠原病に伴う腎障害に対する免疫吸着や血漿交換療法、腎移植ドナー評価や移植チームとの連携が特徴です。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 15 1 0 21  0 4 0 0  0 11  0 25  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Sato Madoka, HANAFUS Norio, Tsuchiya Ken, Kawaguchi Hiroshi, Nitta Kosaku:  Impact of Transferrin Saturation on All-Cause Mortality in Patients on Maintenance Hemodialysis.  Blood purification  :online , 2019.7
2. Mineshima Michio, Takahashi Susumu, Tomo Tadashi, Kawanishi Hideki, Kawaguchi Hiroshi, Minakuchi Jun, Nakanishi Takeshi, Sato Takashi, Nitta Kosaku, Tsuchiya Ken, Masakane Ikuto, Itami Noritomo:  A Clinical Significance of Intermittent Infusion Hemodiafiltration Using Backfiltration of Ultrapure Dialysis Fluid Compared to Hemodialysis: A Multicenter Randomized Controlled Crossover Trial.  Blood purification  :online , 2019.7
3. Fujii Teruhiro, Kawasoe Kentaro, Tonooka Akiko, Ohta Akihito, Nitta Kosaku:  Nephrotic syndrome associated with ramucirumab therapy:A single-center case series and literature review.  Medicine.  98 (27) :e16236. , 2019.7
4. Hyodo Toru, Fukagawa Masafumi, Hirawa Nobuhito, Hayashi Matsuhiko, Nitta Kosaku, Chan Sovandy, Souvannamethy Phanekham, Dorji Minjur, Dorj Chuluuntsetseg, Widiana Gde Raka:  Present status of renal replacement therapy in Asian countries as of 2016: Cambodia, Laos, Mongolia, Bhutan, and Indonesia.  Renal Replacement Therapy  :online , 2019.7
5. Fujii Teruhiro, Kawasoe Kentaro, Ohta Akihito, Nitta Kosaku:  A case of entecavir-induced Fanconi syndrome.  CEN case reports.  :online , 2019.6
6. Nakano Marie, Karasawa Kazunori, Moriyama Takahito, Uchida Keiko, Nitta Kosaku:  Characteristics of membranoproliferative glomerulonephritis based on a new classification at a single center.  Clinical and Experimental Nephrology  23 (6) :852-858 , 2019.6
7. Karasawa Kazunori, Nakaya Yuko, Kyoda Mizuki, Akihisa Taro, Yamaguchi Erika, Suzuki Shunji, Ogura Shota, Takabe Tomo, Miyabe Yoei, Kamiyama Takahiro, Nakano Marie, Manabe Shun, Kamiyama Michiaki, Akiyama Kenichi, Sato Masayo, Uchida Keiko, Nitta Kosaku, Moriyama Takahito:  A Case of Primary IgA Vasculitis with Nephritis in a Patient with Rheumatoid Arthritis Diagnosed by Anti-galactose-deficient IgA1 Immunostaining.  International journal of medicine.  :online , 2019.6
8. Kataoka Hiroshi, Ono Kota, Mochizuki Toshio, Hanafusa Norio, Imai Enyu, Hishida Akira, Nitta Kosaku:  A Body Mass Index-Based Cross-Classification Approach for the Assessment of Prognostic Factors in Chronic Kidney Disease Progression.  Kidney & blood pressure research  14 :1-22 , 2019.6
9. MIYABE Yoei, SEKIYA Sachiko, SUGIURA Naoko, OKA Masatoshi, KARASAWA Kazunori, MORIYAMA Takahito, NITTA Kosaku, SHIMIZU Tatsuya*:  Renal subcapsular transplantation of hepatocyte growth factor-producing mesothelial cell sheets improves ischemia-reperfusion infury.  American Journal of Physiology-Renal Physiology  317 (2) :F229-F239 , 2019.5
10. Fujii Teruhiro, Kawasoe Kentaro, Nishizawa Yuki, Kashima Jumpei, Tonooka Akiko, Ohta Akihito, Nitta Kosaku:  A suspected case of drug-induced tubulointerstitial nephritis by pilocarpine hydrochloride.  CEN case reports.  :online , 2019.5
全件表示(23件)
総説及び解説
1. 海上耕平, 石田英樹:  BKウイルス腎症.  腎と透析  87 (1) :53-58 , 2019.7
2. 花房規男:  高齢透析患者の問題点.  腎と透析  86 (6) :667-672 , 2019.6
3. 新田孝作:  【血液浄化療法の現状と展望】透析医療の疫学.  日本医師会雑誌  148 (3) :427-431 , 2019.6
4. 新田孝作, 政金生人:  透析医療の疫学.  日本医師会雑誌  148 (3) :427-431 , 2019.6
5. 花房規男:  ICUにおける血液浄化療法.  日本医師会雑誌  148 (3) :453-456 , 2019.6
6. 神山理明, 花房規男:  【透析関連の整形外科疾患-病態と治療-】透析患者における整形外科的疾患と周術期管理.  関節外科  38 (5) :446-449 , 2019.5
7. 内田啓子:  【二次性糸球体疾患】ループス腎炎.  腎と透析  86 (5) :569-573 , 2019.5
8. 花房規男:  【あれもこれも1ページでわかる!透析患者の病態&ケア 新人スタッフのぎもんQ&A50】そのほか 透析と排尿以外で尿毒素を排泄・除去する方法はないの?.  透析ケア  25 (5) :445-445 , 2019.5
9. 花房規男:  【あれもこれも1ページでわかる!透析患者の病態&ケア 新人スタッフのぎもんQ&A50】そのほか 無尿の透析患者でも、サウナなどでたくさん汗をかいたらむくみは軽減される?.  透析ケア  25 (5) :446-446 , 2019.5
10. 花房規男:  【あれもこれも1ページでわかる!透析患者の病態&ケア 新人スタッフのぎもんQ&A50】そのほか 透析患者でも妊娠・出産できるの?.  透析ケア  25 (5) :448-448 , 2019.5
全件表示(14件)
ページの先頭へ
■ 著書
1. 海上耕平, 石田英樹:  BKウイルス腎症.  腎と透析  53-58.  東京医学社,  東京, 2019.7
2. 海上耕平, 石田英樹:  【全身性疾患と腎update】腎移植におけるウイルス感染症.  腎と透析  432-437.  東京医学社,  東京, 2019.6
3. 新田孝作:  腹膜透析のメリット・デメリット.  腹膜透析診療指針  9-11.  東京医学社,  東京, 2019.6
4. 新田孝作:  腎炎とお薬のおはなし.  おしえてドクター 知っておきたい病気とお薬のこと  20-21.  メディケア生命保険株式会社,  東京, 2019.5
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. 井上朋子, 樋口千惠子, 水口潤, 新田孝作: 透析患者のジェンダー別、性ホルモン(テストステロン、エストロゲン)と貧血との関連.  第64回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2019/06
2. 花房規男, 安部貴之, 荒井祐人, 石井貴文, 岡澤圭祐, 村上淳, 新田孝作, 土谷健: アフェレシス技術の腎不全治療への応用の可能性.  第64回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2019/06
3. 花房規男, 新田孝作, 土谷健: 栄養管理を踏まえたリンコントロール.  第64回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2019/06
4. 亀井大悟, 土谷健, 新田孝作, 峰島三千男, 永野正史: シナカルセトからエテルカルセチドへ変更後18ケ月間のCKDMBD関連薬の医療費の推移.  第64回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2019/06
5. 原正樹, 佐藤大樹, 高橋稔, 川畑勝, 土谷健, 新田孝作, 野老山武士: 当院における長時間血液透析患者の特徴.  第64回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2019/06
6. 高橋稔, 佐藤大樹, 川畑勝, 新田孝作, 野老山武士, 原正樹: JWS社製新型個人用透析用水作成装置MJ-1の使用経験.  第64回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2019/06
7. 佐藤啓資, 窪田研二, 石塚史乃, 千手陽一郎, 中島千尋, 渡邊健太郎: O-157感染によるHUSに対して血漿交換を施行した1例.  第64回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2019/06
8. 川畑勝, 佐藤大樹, 高橋稔, 新田孝作, 野老山武士, 原正樹: 安全な在宅血液透析の取り組みについて.  第64回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2019/06
9. 川副健太郎, 西澤雄貴, 藤井照大, 太田英里子, 新田孝作, 太田哲人: HIV感染を契機に発症したと考えられた二次性血栓性血小板減少性紫斑病の一例.  第64回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2019/06
10. 瀧澤亜由美, 石森勇, 村上淳, 金子岩和, 峰島三千男, 花房規男, 土谷健, 新田孝作: カンボジア日本友好血液浄化センターへの支援と今後の展望.  第64回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2019/06
全件表示(36件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者