<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度
 腎臓内科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   新田 孝作
   安藤 稔
   湯村 和子
   望月 俊雄
准教授:
   森山 能仁
講師:
   片岡 浩史
   板橋 美津世
助教:
   井野 文美
   唐澤 一徳
   竹越 尚代
   秋山 健一
   雨宮 伸幸
   井野 純
   井上 朋子
   岩崎 千尋
   岩渕 裕子
   海上 耕平

   江口 亜弥
   大島 康子
   神山 貴弘
   神山 理明
   木村 和生
   葛原 信三
   公文 佐江子
   小林 園実
   齋藤 誉子
   佐々木 裕子

   佐藤 啓太郎
   佐原 由華子
   潮平 俊治
   杉浦 秀和
   鈴木 啓子
   鈴木 浩一
   千手 陽一郎
   曽我 明日華
   高野 真理
   武田 志帆

   田中 佳優
   鶴田 悠木
   野老山 武士
   中野 麻里絵
   西田 美貴
   能木場 宏彦
   原田 誉子
   伴野 麻悠子
   藤井 照大
   眞部 俊

   三戸部 倫大
   宮岡 統紀子
   宮部 陽永
   桃木 久美子
   森戸 卓
   山崎 麻由子
   若山 慈恵
■ 概要
特徴
糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、多発性嚢胞腎および腎不全など腎疾患に対する最先端の診断・治療を行っています。
優れた医療技術
ドップラー腎エコーや腎生検、ネフローゼ症候群に対する免疫抑制薬治療、膠原病に伴う腎障害に対する免疫吸着や血漿交換療法、腎移植ドナー評価や移植チームとの連携が特徴です。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 41 0 0 53  0 12 0 0  9 31  2 18  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Nitta Kosaku, Hanafusa Norio, Tsuchiya Ken:  Mineral bone disorders(MBD)in patients on peritoneal dialysis.  Renal Replacement Therapy  :online , 2019.2
2. Watanabe Saki, Ino Jun, Fujimaru Takuya, Taneda Sekiko, Akihisa Taro, Makabe Shiho, Kataoka Hiroshi, Mori Takayasu, Sohara Eisei, Uchida Shinichi, Nitta Kosaku, Mochizuki Toshio:  PKD1 mutation may epistatically ameliorate nephronophthisis progression in patients with NPHP1 deletion.  Clinical case reports.  :online , 2019.1
3. OKA Masatoshi, SEKIYA Sachiko, SAKIYAMA Ryoichi, SHIMIZU Tatsuya*, NITTA Kosaku:  Hepatocyte Growth Factor-Secreting Mesothelial Cell Sheets Suppress Progressive Fibrosis in a Rat Model of CKD.  Journal of the American Society of Nephrology : JASN  30 :Epub ahead of print , 2019.1
4. Kataoka Hiroshi, Mochizuki Toshio, Akihisa Taro, Kawasoe Kentaro, Kawachi Keiko, Makabe Shiho, Sawada Anri, Manabe Shun, Sato Masayo, Amemiya Nobuyuki, Akanuma Takafumi, Ito Yasuko, Inoue Takahiro, Suzuki Tomo, Matsui Katsuomi, Moriyama Takahito, Mitobe Michihiro, Horita Shigeru, Ohara Mamiko, Honda Kazuho, Nitta Kosaku:  Successful entecavir plus prednisolone treatment for hepatitis B virus-associated membranoproliferative glomerulonephritis:A case report.  Medicine  98 (2) :e14014 , 2019.1
5. 眞部俊:  【病因、病態、病理学】APOL1 腎症.  腎と透析  85 (6) :771-776 , 2018.12
6. 岩渕裕子, 唐澤一徳, 森山能仁, 新田孝作:  成人ネフローゼ症候群:生物学的製剤(リツキシマブ)の使い方.  腎と透析  85 (6) :823-827 , 2018.12
7. 葛原信三, 大坪茂, 川地慧子, 井上英行, 伴野麻悠子, 曽我明日華, 小林園実, 葛原敬八郎, 梶本克也, 新田孝作:  血液透析患者の入院時の認知症の程度と生命予後の関連.  日本透析医会雑誌  33 (3) :510-513 , 2018.12
8. 新田孝作:  CKD-MBD 新しい話題(3);スクレロスチン.  日本透析医学会雑誌  51 (11) :671-675 , 2018.12
9. 藤崎毅一郎, 常喜信彦, 新田孝作:  Dialysis therapy,2017 year in review 8.心血管領域-血液透析患者と血圧-.  日本透析医学会雑誌  51 (12) :793-795 , 2018.12
10. Sato Keisuke, Makabe Shiho, Iwabuchi Yuko, Kojima Kaori, Sato Masayo, Kataoka Hiroshi, Moriyama Takahito, Taneda Sekiko, Tsuchiya Ken, Nitta Kosaku, Mochizuki Toshio:  Successful treatment with steroid and cyclosporine A in a patient with immunoglobulin A-proliferative glomerulonephritis with monoclonal immunoglobulin deposits.  Nephrology (Carlton, Vic.)  23 :787-790 , 2018.12
全件表示(64件)
総説及び解説
1. 小川哲也, 細田祐未, 西沢蓉子:  〔総論:CKDにおけるCVDの疫学と病態〕透析導入時と導入後のCVDの病態と進展様式.  腎と透析  86 (1) :26-30 , 2019.1
2. 新田孝作, 政金生人, 花房規男, 谷口正智, 長谷川毅, 中井滋, 後藤俊介, 和田篤志, 濱野高行, 星野純一, 常喜信彦, 阿部雅紀, 山本景一, 中元秀友:  わが国の慢性透析療法の現況(2017年12月31日現在).  日本透析医学会雑誌  51 (12) :699-766 , 2018.12
3. 土谷健, 倉賀野隆裕:  Dialysis therapy, 2017 year in review 6.貧血領域.  日本透析医学会雑誌  51 (12) :786-789 , 2018.12
4. 秋山健一, 花房規男:  【透析患者の骨・カルシウム代謝】透析患者のフレイルと脆弱性骨折.  Clinical Calcium  28 (8) :1065-1073 , 2018.7
5. 花房規男:  透析患者における治療管理基準ー透析領域のガイドラインにはどのようなものがあるか?.  腎と透析  84 (6) :772-776 , 2018.6
6. 唐澤一徳, 新田孝作:  血液透析.  腎と透析  84 (6) :787-793 , 2018.6
7. 花房規男:  【透析室に配属されたらこの1冊!透析ケアBASIC】(第7章)合併症と予防 腎性貧血.  透析ケア  2018夏季増刊 :177-180 , 2018.6
8. 花房規男:  【透析室に配属されたらこの1冊!透析ケアBASIC】(第7章)合併症と予防 骨・関節の合併症.  透析ケア  2018夏季増刊 :181-185 , 2018.6
9. 花房規男:  【筋疾患に迫る】横紋筋融解症.  臨床検査  62 (6) :753-759 , 2018.6
10. 大坪茂:  腎臓病患者の発熱に対する感染症の重要性.  臨床透析  34 (6) :573-577 , 2018.6
全件表示(24件)
症例報告
1. 星野慈恵, 森山能仁, 内田啓子, 新田孝作:  妊娠中に微小変化型ネフローゼ症候群の再発を認めたが、ステロイド治療で寛解し正期産にて出産しえた1例.  日本腎臓学会誌  60 (8) :1252-1259 , 2018.12
2. BANNO Taro, KAKUTA Yoichi*, UNAGAMI Kohei, SAKODA Akiko, OKUMI Masayoshi, ISHIDA Hideki, TANABE Kazunari:  Living-related kidney transplantation with catheterizable urinary conduit in prune belly syndrome: A case report.  International journal of surgery case reports.  51 :150-153 , 2018.8
3. 服部元史*, 世川修, 石塚喜世伸, 薮内智朗, 金子直人, 三浦健一郎, 滝澤慶一, 久富隆太郎, 佐藤泰征, 戸津五月, 内山温, 中西秀彦, 鶴田敏久, 金子岩和, 清水幹夫, 花房規男, 土谷健, 岩崎由佳, 藤野修平, 加藤元博:  胎児水腫、腫瘍崩壊症候群を呈し急性血液浄化療法を施行した先天性白血病の1例.  日本小児腎不全学会雑誌  38 :186-189 , 2018.7
その他
1. 土谷 健, 秋久 太良:  【エビデンスに基づく新しい腎臓病診療】 難治性腎疾患マネージメント 多発性嚢胞腎(PKD)診療ガイドライン2017.  最新医学  73 (12) :1606-1612 , 2018.12
2. 新田孝作:  腎障害末期や透析時の掻痒.  ドクターサロン  62 (11) :825-827 , 2018.10
3. 土谷 健:  【"なぜ?""なに?"がサクッとわかる!新人スタッフのための血液透析のぎもんQ&A40〜治療・原理編〜】 血液透析とその原理にまつわるQ&A 血液透析って何?腎臓のどのはたらきをどの程度補っているの?.  透析ケア  24 (4) :302 , 2018.4
ページの先頭へ
■ 著書
1. 海上耕平, 奥見雅由:  第4章 血液生化学(電解質、肝機能等)34.シュウ酸.  透析患者の検査値の読み方 第4版  183-184.  ㈱日本メディカルセンター,  東京, 2019.1
2. 秋山健一, 花房規男:  第5章 血液生化学(代謝、内分泌)17.アミノ酸.  透析患者の検査値の読み方 第4版  224-225.  ㈱日本メディカルセンター,  東京, 2019.1
3. 木田可奈子, 市原淳弘:  第5章 血液生化学(代謝,内分泌) 18. カテコールアミン.  透析患者の検査値の読み方 第4版  276-276.  ㈱日本メディカルセンター,  東京, 2019.1
4. 大坪茂, 新田孝作:  第5章 血液生化学(代謝、内分泌)21.アディポネクチン.  透析患者の検査値の読み方 第4版  280-281.  ㈱日本メディカルセンター,  東京, 2019.1
5. 内田啓子:  第6章 免疫血清 1.免疫グロブリン.  透析患者の検査値の読み方 第4版  284-285.  ㈱日本メディカルセンター,  東京, 2019.1
6. 秋山健一, 花房規男:  第7章 画像診断・腫瘍マーカー・感染症、その他 11.バイオインピーダンス.  透析患者の検査値の読み方 第4版  351-352.  ㈱日本メディカルセンター,  東京, 2019.1
7. 菊地勘:  第7章 画像診断・腫瘍マーカー・感染症、その他 〔感染症〕1.B型肝炎ウイルス(HBV).  透析患者の検査値の読み方 第4版  370-372.  ㈱日本メディカルセンター,  東京, 2019.1
8. 菊地勘:  第7章 画像診断・腫瘍マーカー・感染症、その他 〔感染症〕2.C型肝炎ウイルス(HCV).  透析患者の検査値の読み方 第4版  373-374.  ㈱日本メディカルセンター,  東京, 2019.1
9. 花房規男:  第7章 画像診断・腫瘍マーカー・感染症、その他 〔その他〕9.臨床検査と保険診療.  透析患者の検査値の読み方 第4版  412-413.  ㈱日本メディカルセンター,  東京, 2019.1
10. 海上耕平, 秋久太良:  人工透析用薬.  治療薬ハンドブック2019  843-855.  株式会社 じほう,  東京, 2019.1
全件表示(12件)
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Nitta Kosaku, Hanafusa Norio, Okazaki Masayuki, Komatsu Mizuki, Kawaguchi Hiroshi, Tsuchiya Ken: Association between bone-derived biomarkers and aortic arch calcification in maintenance hemodialysis patients.  American Society of Nephrology,  San Diego, USA,  2018/10
2. Ogawa Chie, Tsuchiya Ken: Efficient management of renal anemia is achieved by low ferritin levels and moderate transferrin saturation analyzed by combination of the hemoglobin content of reticulocytes and iron markers.  American Society of Nephrology,  San Diego, USA,  2018/10
3. Sato Madoka, Hanafusa Norio, Tsuchiya Ken, Kawaguchi Hiroshi, Nitta Kosaku: Impact of transferrin saturation on all-cause mortality in patients on maintenance hemodialysis.  American Society of Nephrology,  San Diego, USA,  2018/10
4. Kamei Daigo, Kamei Yui, Mineshima Michio, Tsuchiya Ken, Nitta Kosaku: Association between 4-year all-cause mortality and carnitine profile in maintenance hemodialysis patients.  American Society of Nephrology 2018,  San Diego, USA,  2018/10
5. Karasawa Kazunori, Uchida Keiko, Kodama Mio, Moriyama Takahito, Nitta Kosaku: Long-term effects of tacrolimus for maintenance therapy of lupus nephritis: a 5-year retrospective study at a single center.  American Society of Nephrology 2018,  San Diego, USA,  2018/10
6. Manabe Shun, Nitta Kosaku, Nagata Michio: Soluble form of VCAM-1 ameliorates podocyte injury by plasma membrane PTEN recruitment.  American Society of Nephrology 2018,  San Diego , USA,  2018/10
7. Sawada Anri, Koike Junki, Nagashima, Yoji, Okumi Masayoshi, Unagami Kohei, Fuchinoue Shohei, Taneda Sekiko, Ishida Hideki, Hattori Motoshi, Tanabe Kazunari, Nitta Kosaku: Glomerular neovascularization in renal allograft: clinical and pathological significance.  American Society of Nephrology 2018,  San Diego, USA,  2018/10
8. Moriyama Takahito, Nitta Kosaku: The Effect of Sertraline on Reduction of Albuminuria Due to the Inhibition of Caveolae Pathway Through Glomerular Endothelial and Epithelial Cells.  American Society of Nephrology 2018,  San Diego, USA,  2018/10
9. Suzuki Shunji, Hanafusa Norio, Tsuchiya Ken, Nitta Kosaku: Relationship between Ferritin and Prognosis in Hemodialysis Patients.  American Society of Nephrology 2018,  San Diego, USA,  2018/10
10. ◎Kohei Unagami, Miyuki Furusawa, Yoichi Kakuta, Daisuke Toki, Hiroki Shirawakawa, Tomokazu Shimizu, Masayoshi Okumi, Kosaku Nitta, Kazunari Tanabe, Hideki Ishida: The Evaluation of Urine BK Virus PCR Measurement for Kidney Transplantation Recipients.  The 12th Japan Korea Transplantation Forum,  Tokyo, Japan,  2018/10
全件表示(60件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者