<<< 前 2020年度 2021年度 2022年度
 脳神経内科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   北川 一夫
准教授:
   飯嶋 睦
   清水 優子
講師:
   丸山 健二
   吉澤 浩志
助教:
   鈴木 美紀
   遠井 素乃
   安達 有多子
   池口 亮太郎
   石塚 健太郎
   小林 正樹
   斉藤 聡志
   白井 優香
   関 美沙
   武田 貴裕

   根岸 奈央
   樋口 瑛子
   星野 岳郎
   細谷 愛
   松島 崇子
   矢野 鉄人
■ 概要
神経内科学講座
東京女子医科大学 神経内科学講座の詳細は下記のHPをご覧ください
http://www.twmu.ac.jp/TWMU/Medicine/RinshoKouza/181/

脳卒中、認知症、失語症に対する脳機能画像検査、高次脳機能検査、
多発性硬化症、重症筋無力症、末梢神経障害、
眼瞼痙攣、片側顔面痙攣、痙性斜頸に対するボツリヌス治療、
急性期脳梗塞に対するt-PA治療も行っています。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 1 1 0 2 1 0  0 0 0 0  0 1  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
総説及び解説
1. 清水優子:  妊娠・授乳期の多発性硬化症・視神経脊髄炎スペクトラム障害(NMOSD)の免疫治療.  神経内科  96 (4) :402-410 , 2022.4
症例報告
1. 清水優子:  免疫性神経疾患(第2 版)―基礎・臨床の最新知見―
IX.トピックス・今知りたいこと妊娠・授乳中の免疫性神経疾患の治療方針.  日本臨床  80 (増刊5) :558-563 , 2022.5
2. Oshima R, Ikeguchi R*, Wako S, Mizuno T, Abe K, Nitta M, Muragaki Y, Kawamura T, Masui K, Yamamoto T, Shibata N, Shimizu Y, Kitagawa K.:  IgG4-related brain pseudotumor mimicking CNS lymphoma: A case report.  Neuropathology : official journal of the Japanese Society of Neuropathology  :in press , 2022
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎村垣善浩: スマート治療室SCOTの開発とモバイルSCOTへの展開.  第24回日本医療マネジメント学会学術総会,  神戸市,  2022/07
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者