<<< 前 2018年度 2019年度 2020年度 | 2021年度 | 2022年度 次 >>>
 脳神経内科
概要 当該年度の研究費受入状況 社会における活動
学術雑誌 著書 学会発表


教授:
   北川 一夫
准教授:
   飯嶋 睦
   清水 優子
講師:
   原 由紀子
   丸山 健二
   吉澤 浩志
助教:
   鈴木 美紀
   遠井 素乃
   安達 有多子
   池口 亮太郎
   石塚 健太郎
   小林 正樹
   白井 優香
   関 美沙
   武田 貴裕
   戸田 晋央

   樋口 瑛子
   星野 岳郎
■ 概要
神経内科学講座
東京女子医科大学 神経内科学講座の詳細は下記のHPをご覧ください
http://www.twmu.ac.jp/TWMU/Medicine/RinshoKouza/181/

脳卒中、認知症、失語症に対する脳機能画像検査、高次脳機能検査、
多発性硬化症、重症筋無力症、末梢神経障害、
眼瞼痙攣、片側顔面痙攣、痙性斜頸に対するボツリヌス治療、
急性期脳梗塞に対するt-PA治療も行っています。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  清水 優子 第61回日本神経学会学術大会 LS-40 座長
2.  北川 一夫 第61回日本神経学会学術大会 LS-11 座長
3.  北川 一夫 第61回日本神経学会学術大会 シンポジウム46 座長
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 7 2 5 5 3 7  0 4 0 0  16 14  2 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Iijima Mutsumi*, Okuma Yasuyuki, Suzuki Keisuke, Yoshii Fumihito, Nogawa Shigeru, Osada Takashi, Hirata Koichi, Kitagawa Kazuo, Hattori Nobutaka:  Associations between probable REM sleep behavior disorder, olfactory disturbance, and clinical symptoms in Parkinson’s disease: A multicenter cross-sectional study.  PLoS One  16 (2) :e0247443 , 2021.2   DOI:10.1371/journal.pone.0247443
2. Toi Sono*, Shirai Yuka, Ishizuka Kentaro, Hosoya Megumi, Seki Misa, Higuchi Eiko, Hoshino Takao, Kitagawa Kazuo:  Recurrent Stroke Incidence and Etiology in Patients with Embolic Stroke of Undetermined Source and Other Stroke Subtypes.  Journal of atherosclerosis and thrombosis  :in press , 2021.2   DOI:10.5551/jat.61895
3. Mitsuru Watanabe, Yuri Nakamura, Shinya Sato, Masaaki Niino, Hikoaki Fukaura, Masami Tanaka, Hirofumi Ochi, Takashi Kanda, Yukio Takeshita, Takanori Yokota, Yoichiro Nishida, Makoto Matsui, Shigemi Nagayama, Susumu Kusunoki, Katsuichi Miyamoto, Masanori Mizuno, Izumi Kawachi, Etsuji Saji, Takashi Ohashi, Shun Shimohama, Shin Hisahara, Kazutoshi Nishiyama, Takahiro Iizuka, Yuji Nakatsuji, Tatsusada Okuno, Kazuhide Ochi, Akio Suzumura, Ken Yamamoto, Yuji Kawano, Shoji Tsuji, Makoto Hirata, Ryuichi Sakate, Tomonori Kimura, Yuko Shimizu, Akiko Nagaishi, Kazumasa Okada, Fumie Hayashi, Ayako Sakoda, Katsuhisa Masaki, Koji Shinoda, Noriko Isobe, Takuya Matsushita, Jun-ichi Kira:  HLA genotype-clinical phenotype correlations in multiple sclerosis and neuromyelitis optica spectrum disorders based on Japan MS/NMOSD Biobank data.  Scientific Reports  11 (1) :607 , 2021.1   DOI:10.1038/s41598-020-79833-
4. Hoshino Takao, Uchiyama Shinichiro, Wong Lawrence K S, Kitagawa Kazuo, Charles Hugo, Labreuche Julien, Lavallée Philippa C, Albers Gregory W, Caplan Louis R, Donnan Geoffrey A, Ferro José M, Hennerici Michael G, Molina Carlos, Rothwell Peter M, Steg P Gabriel, Touboul Pierre-Jean, Vicaut Éric, Amarenco Pierre*:  Five-Year Prognosis After TIA or Minor Ischemic Stroke in Asian and Non-Asian Populations.  Neurology  96 (1) :e54-e66 , 2021.1   DOI:10.1212/WNL.0000000000010995
5. Kitazono T, Toyoda K, Kitagawa K, Nagao T, Yamagami H, Uchiyama S, Tanahashi N, Matsumoto M, Minematsu K, Nagata I, Nishikawa M, Nanto S, Ikeda Y, Shirai T, Abe K, Ogawa A:  PRASTRO-I Study Group. Efficacy and Safety of Prasugrel by Stroke Subtype: A Sub-Analysis of the PRASTRO-I Randomized Controlled Trial.  J Atheroscler Thromb  in press :未定 , 2020.6   DOI:10.5551/jat.56093
全件表示(10件)
総説及び解説
1. 池口亮太郎, 清水優子, 柴田亮行:  多発性硬化症と視神経脊髄炎.  病理と臨床  39 (2) :185-191 , 2021.2
2. 牧 千亜紀、清水優子, 北川一夫、菅原京子:  難病看護分野における個人の生活の質評価法であるSEIQoL-DWの文献検討.  山形保健医療研究  24 :25-38 , 2021.1
3. 清水優子*、藤原一男:  VI.エイジング 8 多発性硬化症、視神経脊髄炎.  Clinical Neuroscience  39 (1) :099-102 , 2021.1
4. 飯嶋睦:  パーキンソン病の治療ーMAO-B阻害薬の位置づけー.  さいたま市与野医師会報  (59) :187-190 , 2020.10
5. 飯嶋睦, 戸田晋央:  整形外科で気づきにくい神経内科疾患.  関節外ー基礎と臨床ー  39 :120-126 , 2020.10
全件表示(8件)
症例報告
1. Maeda Yukiko, Toda Kunio, Toi Sono, Yano Tetsundo, Ijima Mutsumi, Shimizu
Yuko, Nagashima Yoji, Iguchi Shigekazu, Itakura Yasutomo, Shibuya Kazutoshi, Kikuchi Keni Ken, Nonaka Manabu, Kitagawa Kazuo*:  Diagnostic utility of PCR from paraffin-embedded sinus specimens for rhinocerebral mucormycosis complicated by internal carotid artery thrombosis and cerebral infarction.  Internal medicine  :on line , 2021.3   DOI:10.2169
2. Masuda Michiyo, Iijima Mutsumi*, Ainoda Yusuke, Hirai Yuji, Kikuchi Ken, Kitagawa Kazuo:  Recurrent infections caused by different species of Neisseria bacteria in a patient with complement seven deficiency.  eNeurologicalSci.  22 :100293 , 2020.11   DOI:10.1016/j.ensci.2020.100293
その他
1. 池口亮太郎, 髙橋菜月, 小原三千代, 柴田亮行, 清水優子, 北川一夫:  抗MOG抗体関連疾患における脳病理学的検討.  東京女子医科大学総合研究所紀要  40 :56-57 , 2021.3
2. 鈴木美紀, 堀場恵, 小林正樹, 北川一夫:  慢性炎症性脱髄性神経炎.  東京女子医科大学総合研究所紀要  40 :60-61 , 2021.3
3. 清水優子, 池口亮太郎, 小原三千代, 髙橋菜月, 小嶋暖加, 宗勇人, 高橋利幸、北川一夫:  視神経脊髄炎スペクトラム障害合併妊娠における抗アクアポリン4抗体とTh1/2関連性ケモカインの検討.  東京女子医科大学総合研究所紀要  40 :58-59 , 2021.3
4. 齋藤萌子, 石塚健太郎, 星野岳郎, 北川一夫:  中大脳動脈永久閉塞モデルにおける遠隔虚血コンディショニングの効果.  東京女子医科大学総合研究所紀要  40 :54-55 , 2021.3
5. 下畑 享良, 久保 真人, 饗場 郁子, 服部 信孝, 吉田 一人, 海野 佳子, 横山 和正, 小川 崇, 加世田 ゆみ子, 小池 亮子, 清水 優子, 坪井 義夫, 道勇 学, 三澤 園子, 宮地 隆史, 戸田 達史, 武田 篤, 日本神経学会キャリア形成促進委員会:  脳神経内科医におけるバーンアウトの現状と対策―第 1 報―.  臨床神経学  61 (89) :89-102 , 2021.1   DOI:10.5692/clinicalneurol.cn-001533
ページの先頭へ
■ 著書
1. 清水優子:  43.自己免疫性神経疾患治療薬.  妊娠と授乳 改訂3版  563-572.  南山堂,  日本 東京, 2020.8
2. 北川一夫:  RESPECT研究.  高血圧学(下)―高血圧制圧の現状と展望―  526-531.  日本臨床社,  東京, 2020.7
3. 北川一夫:  積極的降圧療法の脳卒中再発予防効果に関する多施設共同無作為化比較試験(RESPECT STUDY).  Annual Review 神経 2020  160-166.  中外医学社,  東京, 2020.4
4. 北川一夫:  他科の視点からSGLT2阻害薬の臨床的位置づけを探る。脳卒中・脳神経内科からみた考え方、使い方。.  ひと味違うSGLT2阻害薬の使い方  111-114.  中外医学社,  東京, 2020.4
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎Iijima Mutsumi, Kitagawa Kazuo: Effect of istradefylline for quality of life in parkinson's disease with freezing of gait: a single arm,open-label, prospective, multicenter study.  XXV World Congress on Parkinson's disease and Related disorders,  Prague, Czech Republic,  2020/06
2. ◎Suzuki Miki, Kobayashi Masaki, Takeuchi Megumi, Kitagawa Kazuo: Peripheral neuropathy and Livedoid Vasculopathy.  6th Congress of the European Academy of Neurology - 1st Virtual Congress,  Virtual Congress (Paris, France),  2020/05
3. ◎清水優子: MG治療をQOLの観点から考える.  第159回日本神経学会東海北陸地方会,  東京(WEB),  2021/03
4. ◎星野岳郎: 脳梗塞再発予防のための抗血小板療法.  第 46 回日本脳卒中学会学術集会(STROKE 2021),  福岡/Web,  2021/03
5. ◎星野岳郎、石塚健太郎、遠井素乃、水野貴文、西村絢子、髙橋駿太郎、若生翔、北川一夫: Atherogenic dyslipidemiaは 脳梗塞患者の残余リスクと関連する.  第 46 回日本脳卒中学会学術集会(STROKE 2021),  福岡/Web,  2021/03
全件表示(32件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者