<<< 前 2019年度 2020年度 2021年度 | 2022年度 次 >>>
 脳神経内科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   北川 一夫
准教授:
   飯嶋 睦
   清水 優子
講師:
   原 由紀子
   丸山 健二
   吉澤 浩志
助教:
   鈴木 美紀
   遠井 素乃
   安達 有多子
   池口 亮太郎
   石塚 健太郎
   小林 正樹
   白井 優香
   関 美沙
   宗 勇人
   武田 貴裕

   戸田 晋央
   西村 絢子
   樋口 瑛子
   星野 岳郎
■ 概要
神経内科学講座
東京女子医科大学 神経内科学講座の詳細は下記のHPをご覧ください
http://www.twmu.ac.jp/TWMU/Medicine/RinshoKouza/181/

脳卒中、認知症、失語症に対する脳機能画像検査、高次脳機能検査、
多発性硬化症、重症筋無力症、末梢神経障害、
眼瞼痙攣、片側顔面痙攣、痙性斜頸に対するボツリヌス治療、
急性期脳梗塞に対するt-PA治療も行っています。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 7 2 2 3 4 7  0 1 0 0  16 5  0 0  1 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Tahara M, OedaT, Ochi K, Maruyama H, FukauraH, Nomura k< Shimizu Y, Nakashima I, Misu T, Umehara A, Yamamoto K, Sawada H.:  Compassionate open-label use of rituximab following a randomised clinical trial against neuromyelitis optica (RIN-2 study): B cell monitoring-based administration.  Multiple sclerosis and related disorders.  60 :103730. , 2022.3   DOI:10.1016/j.msard.2022.103730.
2. Hoshino Takao*, Ishizuka Kentaro, Toi Sono, Mizuno Takafumi, Nishimura Ayako, Takahashi Shuntaro, Wako Sho, Kitagawa Kazuo:  Atherogenic Dyslipidemia and Residual Vascular Risk After Stroke or Transient Ischemic Attack.  Stroke  53 (1) :79-86 , 2022.1   DOI:10.1161/STROKEAHA.121.034593
3. Mizuno Takafumi, Hoshino Takao*, Ishizuka Kentaro, Toi Sono, Nishimura Ayako, Takahashi Shuntaro, Wako Sho, Kitagawa Kazuo:  Characteristics and Prognosis of Stroke in Living Donor Renal Transplant Recipients.  Journal of atherosclerosis and thrombosis  :in press , 2021.11   DOI:10.5551/jat.63189
4. Niino Masaaki*, Fukumoto Shoko, Okuno Tatsusada, Sanjo Nobuo, Fukaura Hikoaki, Mori Masahiro, Ohashi Takashi, Takeuchi Hideyuki, Shimizu Yuko, Fujimori Juichi, Kawachi Izumi, Kira Jun-Ichi, Takahashi Eri, Miyazaki Yusei, Mifune Nobuhiro:  Correlation of the symbol digit modalities test with the quality of life and depression in Japanese patients with multiple sclerosis.  Multiple sclerosis and related disorders  57 :103427 , 2021.11   DOI:10.1016/j.msard.2021.103427
5. Iijima Mutsumi, Osawa Mikio, Yausuda Sayuri, Kitagawa Kazuo:  Association between excessive daytime sleepiness and the cholinergic ascending reticular system in Parkinson’s disease.  Neuro-degenerative diseases  :1-6 , 2021.9   DOI:10.1159/000519776
全件表示(11件)
総説及び解説
1. 清水優子:  多発性硬化症診療の最新エビデンスと課題-多発性硬化症の妊娠、出産にかかわる諸問題と対処法.  医学と薬学  79 (4) :473-479 , 2022.3
2. 飯嶋睦:  嗅覚障害の診療、神経変性疾患.  アレルギーの臨床  42 (565) :25-27 , 2022.1
3. 飯嶋睦:  Parkinson病のバイオマーカーとしての嗅覚障害.  脳神経内科  95 (6) :768-772 , 2021.12
4. 清水優子:  脱髄性疾患の妊娠・授乳中の治療指針.  日本臨床  79 (10) :1623-1630 , 2021.10
5. 飯嶋睦:  パーキンソン病の非運動症状.パーキンソン病の嗅覚障害.  日本老年医学会雑誌  32 (7) :757-761 , 2021.7
全件表示(6件)
症例報告
1. Takeda Takahiro, Iijima Mutsumi*, Seki Misa, HIguchi Eiko, Shimizu Yuko, Kitagawa Kazuo:  Prolonged central motor conduction time and pyramidal tract degeneration in amyotrophic lateral sclerosis.  Clinical neuropathology  :@-@ , 2022.3   DOI:doi: 10.5414/NP301438
その他
1. 飯嶋睦:  近い将来パーキンソン病の診断についてはAIが脳神経内科医を超える Noの立場から.  Movement Disorder Society of Japan Letters  14 (2) :1-3 , 2021.12
2. 池口亮太郎, 清水優子, 小原三千代, 下村礼門, 鈴木美紀, 山本智子, 柴田亮行, 北川一夫:  卵巣奇形腫合併の傍腫瘍性視神経脊髄炎について:症例報告と卵巣奇形腫の病理学的検討.  東京女子医科大学総合研究所紀要  i41 :in press , 2021
ページの先頭へ
■ 著書
1. 清水優子:  MS/NMO 女性患者への診療アプローチ.  Annual Review 神経 2021  283-293.  中外医学社,  東京, 2021.6
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎池口亮太郎、清水優子、根東明広、宗勇人、小嶋暖加、北川一夫: 二次性進行型多発性硬化症におけるシポニモドの治療経験と早期リンパ球サブセットの解析.  厚生労働省難治性疾患政策研究班(神経免疫班)AMED難治性疾患実用化研究班令和3年度合同班会議,  WEB,  2022/01
2. ◎星野岳郎、佐藤慎祐、久司一貴、田中優貴子、望月達城、石川友美、島彰吾、劉美憬、井上龍也、岡田芳和、新見康成: 中大脳動脈水平部の屈曲・蛇行は 血栓回収療法後のアウトカム不良と関連する.  第37回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術集会(JSNET2021),  京都/Web,  2021/11
3. ◎飯嶋睦: プロドローマルDLB/synucleinopathy レム睡眠行動障害と嗅覚障害.  第40回 日本認知症学会学術集会,  東京,  2021/11
4. ◎正宗賢, 石川達也, 川俣貴一, 村垣善浩: 医工融合により実現する新しい治療支援デバイス・治療環境.  第37回NPO法人 日本脳神経血管内治療学会学術集会(JSNET2021),  福岡+web併催(ハイブリッド形式),  2021/11
5. ◎黒田理恵, 石塚健太郎, 宗勇人, 池口亮太郎, 清水優子, 三浦義治, 菊池賢, 北川一夫: 認知機能障害と脊髄障害を呈したHIV合併多相性急性散在性脳脊髄炎の1例.  第33回日本神経免疫学会学術集会,  WEB,  2021/10
全件表示(22件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者