<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度
 脳神経内科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   北川 一夫
准教授:
   飯嶋 睦
   清水 優子
講師:
   原 由紀子
   丸山 健二
   吉澤 浩志
助教:
   鈴木 美紀
   遠井 素乃
   安達 有多子
   池口 亮太郎
   加藤 秀高
   小林 正樹
   白井 優香
   武田 貴裕
   續 陽子
   戸田 晋央

   星野 岳郎
   丸山 恵子
   水野 聡子
■ 概要
神経内科学講座
東京女子医科大学 神経内科学講座の詳細は下記のHPをご覧ください
http://www.twmu.ac.jp/TWMU/Medicine/RinshoKouza/181/

脳卒中、認知症、失語症に対する脳機能画像検査、高次脳機能検査、
多発性硬化症、重症筋無力症、末梢神経障害、
眼瞼痙攣、片側顔面痙攣、痙性斜頸に対するボツリヌス治療、
急性期脳梗塞に対するt-PA治療も行っています。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 1 3 3 2  0 0 0 0  22 2  2 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Niino M, Fukazawa T, Kira JI, Okuno T, Mori M, Sanjo N, Ohashi T, Fukaura H, Fujimori J,SHIMIZU Y, Mifune N, Miyazaki Y, Takahashi E, Kikuchi S, Langdon D, Benedict RH, Matsui M:  Cognition with magnetic resonance imaginh findings and social activities in patients with multiple sclerosis in aJapanese cohot.  Clinical & Experimental Neuroimmunology  Nov :1-8 , 2018.11
2. IKEGUCHI Ryotaro, SHIMIZU Yuko*, ABE Kayoko, SHIMIZU Satoru, MARUYAMA Takashi, NITTA Masayuki, ABE Koichiro, KAWAMATA Takakazu, KITAGAWA KAZUO:  Proton magnetic resonance epectroscopy differentiates tumefactive demyelinating lesions from gliomas.  Multiple Sclerosis and Related Disorders  :in press , 2018.9
3. Niino Masaaki, Ohashi Takashi, Ochi Firohumi, Nakashima Ichiro, Shimizu Yuko, Matsui Makoto:  Japanese guidelines for dymethyl fumarate.  Clinical and Experimental Neuroimmunology  :in press , 2018.8
症例報告
1. Higuchi E, Toi S, Shirai Y, Mizuno S, Onizuka H, Nagashima Y, Hashimoto K, Kitagawa K*:  Recurrent cerebral infarction due to benign uterine myoma.  Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases  in press :in press , 2018.10 Link
2. OBAYASHI Takako, TAKEDA Takahiro*, IIJIMA Mutsumi, SHIMIZU Yuko, YOSHIZAWA Hiroshi, KITAGAWA KAZUO*:  Unilateral flapping tremor associated with internal carotid artery stenosis:-A subtype of limb shaking.  Europena Journal of Neurology  25 (5) :e56-e57 , 2018.5
その他
1. 清水優子:  ここに注目 知っているようでしらない疾患のガイセツ File 097 視神経脊髄炎関連疾患.  クレデンシャル  115 :12-13 , 2018.4
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎IKEGUCHI Ryotaro, SHIMIZU Yuko, ABE Kayoko, ABE Koichiro, KAWAMATA Takakazu, KITAGAWA Kazuo: Usefulness of proton magnetic resonance spectroscopy in differentiating tumefactive demyelinating lesions from gliomas.  70th American Academy of Neurology of Annual Meeting,  Los Angeles,  2018/04
2. ◎SHIMIZU Yuko, IKEGUCHI Ryotaro, KITAGAWA Kazuo: Pregnancy outcome changes in lymphocyte subsets in peripheral blood and plasma osteopontin in Japanese patients with multiple sclerosis after assisted reproductive technology.  70th American Academy of Neurology Annual Meeting,  Los Angeles,  2018/04
3. ◎清水優子: 多発性硬化症(MS)の治療選択.  第105回日本神経学会中国・四国地方会,  松山,  2018/12
4. ◎清水優子: 免疫抑制薬使用中の患者に対する看護.  第36回日本神経治療学会学術集会,  東京,  2018/11
5. ◎清水優子: 多発性硬化症の治療選択ー女性患者のアンメットニーズとライフステージ.  第36回日本神経治療学会学術集会,  東京,  2018/11
6. ◎清水優子: MG診療をQOLの観点から考える.  第48回日本臨床神経生理学会学術大会,  東京,  2018/11
7. ◎池口亮太郎, 清水優子, 佐藤和貴郎、山村 隆、北川一夫: 中枢神経脱髄疾患におけるMCAM発現T細胞に関する研究.  第30回 日本神経免疫学会学術集会,  郡山,  2018/09
8. ◎鈴木美紀、竹内恵, 小林正樹, 北川一夫: 悪性リンパ腫と末梢神経障害の臨床病理学的検討.  第29回日本末梢神経学術集会,  下関,  2018/09
9. ◎根東明広, 池口亮太郎, 清水優子, 白井優香, 小林正樹, 遠井素乃, 吉澤浩志, 飯嶋睦, 北川一夫: IgG4関連血管炎による再発性脳梗塞の49歳男性例.  第226回日本神経学会関東・甲信越地方会,  東京,  2018/09
10. ◎関美沙, 吉澤浩志, 久保田愛, 星野岳郎, 白井優香, 遠井素乃, 北川一夫: 軽度認知障害例において脳虚血性病変が認知機能に与える影響.  第9回日本脳血管・認知症学会総会,  別府,  2018/08
全件表示(26件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者