<<< 前 2020年度 2021年度 2022年度
 足立医療センター 小児科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


准教授:
   大谷 智子
   松岡 尚史
講師:
   衞藤 薫
   本間 哲
助教:
   鈴木 恵子
   東 範彦
   飯田 厚子
   池田 麻子
   池野 かおる
   一色 芳
   老谷 嘉樹
   木下 由香里
   桐野 沙希子
   國井 優子

   小谷 碧
   鈴木 悠
   髙橋 健一郎
   多田 春香
   中陳 瑠美
   長谷川 茉莉
   星加 将吾
   三田 さくらこ
   安田 菜穂子
■ 概要
地域中核病院としての救急医療を含めた一般診療とともに,大学病院としての教育,研究の両面の機能を担っている。
当科は地域中核病院としての救急医療を含めた一般診療とともに,大学病院としての教育,研究の両面の機能を担っている。
地域の実地医家の先生方と連携し,一般的な急性疾患から特殊な病気まで幅広く対応している。平日夜間および休日の小児救急医療にも全力で対処している。また,専門外来では各部門の専門医が診療にあたっている。慢性疾患の一部では成人も診療している。小児保健部門として育児相談や予防接種外来も行っており,アレルギー疾患などの予防接種困難例などに対しても積極的に対処している。さらに最近増加している心身症,不登校などの症例に対しても心理相談などによる対応を行っている。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 1 0 0 1  0 1 0 0  2 0  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
症例報告
1. Eto K, Machida O, Yanagishita T, Yamamoto Shimojima K, Chiba K, Aihara Y, Nagata M, Ishihara Y, Miyashita Y, Asano Y, Nagata S, Toshiyuki Yamamoto T*:  Novel BCL11B truncation variant in a patient with developmental delay, distinctive features, epilepsy, and early craniosynostosis.  Human Genome Variation  9 :43 , 2022.12   DOI:10.1038/s41439-022-00220-x Link
2. 長田 知房, 老谷 嘉樹, 多田 春香, 鈴木 恵子, 大谷 智子:  早期診断が困難であった重症Guillain-Barre症候群の1例.  東京女子医科大学雑誌  92 (2) :54-61 , 2022.4
ページの先頭へ
■ 著書
1. 研究代表者 奥山虎之、編 集:統括委員長 福田冬季子、統括副委員長 石垣景子、作成委員長 高橋 勉、副委員長 成田綾科、作成委員:衛藤 薫、奥山虎之、加我牧子、神林 崇、酒井規夫、櫻井 謙、中村公俊、野口篤子、檜垣克美 、前川正充、、松尾宗明、山形崇倫、渡邉順子 システマティックレビュー(SR)委員:衛藤 薫、城戸 淳、近藤秀仁、角皆季樹、福井香織、宮本洋輔、山田博之 作成協力者:阿部信一、乾あやの、森實敏夫:    ニーマンピック病C型(NPC)診療ガイドライン 2023  0-71.  診断と治療社,  東京、日本, 2023.1
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎鈴木 悠, 大谷 智子, 長谷川 久弥, 本間 哲, 余田 敬子: 耳鼻科から紹介された喉頭気管気管支ファイバー検査を行った18例の検討.  第54回日本小児呼吸器学会,  千葉市,  2022/10
2. ◎老谷 嘉樹, 鈴木 恵子, 萩原 信司, 長田 知房, 石戸 美妃子, 新川 武史, 多田 春香, 大谷 智子: 左房内心臓粘液腫摘出後に多発性脳動脈瘤が生じた一例.  第64回日本小児神経学会学術集会,  群馬県,  2022/06
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者