<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度 | 2019年度 次 >>>
 東医療センター 内科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   佐倉 宏
   渡辺 尚彦
   柴田 重信
   永野 伸郎
   小川 哲也
准教授:
   柴田 興一
   中岡 隆志
   森 直樹
講師:
   大野 秀樹
   大前 清嗣
   大森 久子
   久保 豊
   佐藤 恭子
   高木 香恵
   樋口 千惠子
助教:
   小笠原 壽恵
   西村 芳子
   山中 学
   安藤 由希
   石川 元直
   井上 朋子
   岡部 ゆう子
   小笠原 知子
   木村 綾子
   篠 みどり

   清水 比美子
   諏訪 邦明
   髙橋 彩
   中嶋 俊
   八反丸 美和
   堀本 藍
   松居 一悠
   マーシャル 祥子
   三橋 哲也
■ 概要
講座概要
専門分野にとらわれることなく、常に全身的な立場から患者本位の医療(診断・機能評価と治療)を行うことをこころがけている。特に、高齢者の増加に対応した内科診療に重点をおき、総合内科として地域に密着した診療を行っている。専門分野として循環器科、消化器科、腎臓内科、呼吸器科、糖尿病科、血液内科、神経内科、心療内科、膠原病内科、在宅医療、老年病内科があり、それぞれの領域の専門医による診療にもいっそうの充実をはかっている。
臨床および研究ともに総合内科を生かした各診療班をまたがった研究に取り組んでいる。研究テーマとして専門分野別には主に以下のものをあげることができる。
循環器:冠動脈石灰化、急性および慢性心不全の病態解明(観血的、非観血的)および治療、重症心不全治療(薬物療法、非薬物療法、心移植)、急性冠症候群および末梢動脈疾患に対する治療、高血圧・心不全に対する時間生物学的研究、神経性循環調節に関する研究、肺高血圧症の病態解明および治療
腎:大動脈血管石灰化、Ca・P代謝、Hepcidineと貧血、動脈硬化、慢性腎臓病における高血圧の病態と治療、透析患者における急性血液浄化療法、透析療法における新たなモニタリングの開発、腹膜透析の腹膜変化、血液透析の生体適合性
消化器:インターフェロン治療後の再燃も含めたB型及びC型慢性肝炎患者への抗ウイルス療法の検討、クローン病・潰瘍性大腸炎の診断と最新の治療の検討、胃酸関連疾患治療の臨床薬理
呼吸器:炎症性細胞の遊走(特に好塩基球、好酸球)
血液:B細胞性リンパ腫樹立細胞の増殖様式の検討-特に細胞内シグナル伝達系の解析、血液腫瘍疾患におけるテロメラーゼのシグナル伝達の解析
糖尿病:DDP-IV阻害剤の比較検討-1.5AGやグルカゴンの観点から、糖尿病性EDの臨床経過、有痛性糖尿病性神経障害の臨床経過、糖尿病の食事療法と糖質制限について
神経:片頭痛の神経生理学的研究及び視覚誘発電位、脳梗塞における頸動脈エコー所見とEEA/AAとの関連
心療内科:地域住民、外来患者、入院患者における身体疾患と抑うつ
在宅医療:老年医療と高齢者総合機能評価、認知症
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 11 5 11 8 2 10  0 3 0 0  25 32  5 3  0 1
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Jacob Giris, Diedrich Laura, Sato Kyoko, Brychta Robert J, Raj Satish R, Robertson David, Biaggioni Italo, Diedrich André:  Vagal and Sympathetic Function in Neuropathic Postural Tachycardia Syndrome.  Hypertension (Dallas, Tex. : 1979)  :HYPERTENSIONAHA11811803 , 2019.3
2. Hattammaru Miwa, Tahara Yu, Kikuchi Tomoko, Okajima Kiyotaka, Konishi Koichi, Nakajima Shun, Sato Kyoko, Otsuka Kuniaki, Sakura Hiroshi, Shibata Shigenobu, Nakaoka Takashi:  The effect of night shift work on the expression of clock genes in beard hair follicle cells.  Sleep medicine  :10.1016/j.sleep.2019.01.005 , 2019.1
3. 芝田正道, 小川哲也, 小林利道, 庄古知久:  敗血症・敗血症性ショックに対するAN69ST膜による持続的血液濾過透析(CHDF)施行群と非施行群の臨床効果についての比較.  日本急性血液浄化学会雑誌  9 (2) :105-110 , 2018.12
4. Obokata M, Kurosawa K, Ishida H, Ito K, Ogawa T, Ando Y, Kurabayashi M, Negishi K:  Echocardiography-based pressure-volume loop assessment in the evaluation for the effects of indoxyl sulfate on cardiovascular function.  Journal of Echocardiography  published online :* , 2018.12
5. Shoji T, Inaba M, Fukagawa M, Ando R,, Emoto M, Fujii H, Fujimori A, Fukui M, Hase H, Hashimoto T, Hirakata H, Honda H, Hosoya T, Ikari Y, Inaguma D, Inoue T T, Isaka Y, Iseki K, Ishimura E, Itami N, Ito C, Kakuta T, Kawai T, Kawanishi H, Kobayashi S, Kumagai J, Maekawa K, Masakane I, Minakuchi J, Mitsuiki K, Mizuguchi T, Morimoto S, Murohara T, Nakatani T, Negi S, Nishi S, Nishikawa M, Ogawa T, Ohta K, Ohtake T, Okamura M, Okuno S, Shigematsu T, Sugimoto T, Suzuki M, Tahara H, Takemoto Y, Tanaka K, Tominaga Y, Tsubakihara Y, Tsujimoto Y, Tsuruya K, Ueda S, Watanabe Y, Yamagata K, Yamakawa T, Yano S, Yokoyama K, Yorioka N, Yoshiyama M, Nishizawa Y:  Effect of Oral Alfacalcidol on Clinical Outcomes in Patients Without Secondary Hyperparathyroidism Receiving Maintenance Hemodialysis: The J-DAVID Randomized Clinical Trial.  Journal of the American Medical Association  320 (22) :2325-2234 , 2018.12
6. Nagano N, Minegishi A, Ito K, Ando T, Tsutsui T, Ogawa T.:  Phosphate Binders Derived from Natural Ores Contain Many Kinds of Metallic Elements Besides Their Active Ingredient Metals.  Therapeutic Apheresis and Dialysis  22 (6) :630-634 , 2018.12
7. 永野 伸郎, 高木 智恵子, 吉野 莉奈, 伊藤 恭子, 筒井 貴朗, 小川 哲也:  【腎不全・透析患者さんのよろず健康相談ービタミン、ミネラル、サプリメントと漢方薬】 よろず健康相談 腸内細菌叢異常への賢い対応.  腎と透析  85 (5) :665-670 , 2018.11
8. 樋口千惠子:  重曹透析液と乳酸透析液の中皮細胞へ及ぼす影響.  腎と透析(腹膜透析2018)  85 (別冊) :87-88 , 2018.10
9. 樋口千惠子:  包括ケアシステムにおける中核病院の役割ー腹膜透析と医療経済ー.  腎と透析(腹膜透析2018)  85 (別冊) :33-34 , 2018.10
10. 樋口千惠子:  ISPD心血管・代謝ガイドラインから見た日本の現状とガイドライン.  腎と透析(腹膜透析2018)  85 (別冊) :59-60 , 2018.10
全件表示(25件)
総説及び解説
1. 佐倉宏:  特集にあたって(歯周病と糖尿病・代謝疾患).  内分泌・糖尿病・代謝内科  48 (2) :89-89 , 2019.2
2. 小川哲也, 細田祐未, 西沢蓉子:  〔総論:CKDにおけるCVDの疫学と病態〕透析導入時と導入後のCVDの病態と進展様式.  腎と透析  86 (1) :26-30 , 2019.1
3. 佐倉宏*:  特集にあたって(内分泌・糖尿病・代謝疾患でよく見られる皮膚病変).  内分泌・糖尿病・代謝内科  47 (3) :169-169 , 2018.9
4. 樋口千惠子:  日本のPDは感染が少ない?.  臨床透析  34 (6) :82-83 , 2018.6
5. 興野 藍, 小川 哲也:  【透析医療と合併症 キュア&ケアガイドブック】 循環器(CQ 15) うっ血性心不全・心機能低下透析患者への対策はどのように行いますか?(.  臨床透析  34 (7) :742-746 , 2018.6
6. 樋口千惠子:  腹膜透析から血液透析への移行に必要なキュアとケアはなんですか?.  臨床透析  34 (7) :50-53 , 2018.6
7. 小川哲也:  【腎と透析ベッドサイド検査事典】 (第4章)腎・排尿機能検査 尿細管機能検査法 TTKG(transtubular K gradient).  腎と透析  84 (増刊) :152-154 , 2018.5
8. 佐倉 宏*:  特集にあたって(血糖変動).  内分泌・糖尿病・代謝内科  46 (5) :315-315 , 2018.5
9. 佐倉 宏*:  血糖の季節変動.  内分泌・糖尿病・代謝内科  46 (5) :338-342 , 2018.5
10. 山中 学
石川 元直
小笠原 知子
高岡 正和:  行動医学を実践するために必要な医療面接技術.  臨床栄養  132 (6) :685-689 , 2018.5
症例報告
1. 諏訪邦明, 庄田守男, 柳下大悟, 江島浩一郎, 岩波裕史, 樋口諭, 山賀彩花, 中岡隆志, 佐倉宏, 布田伸一, 萩原誠久:  リードレスペースメーカの良い適応と考えられた徐脈性不整脈疾患の症例.  適応医学  21 (2) :14-23 , 2018.7
2. Sugiura Mieko,Shibata Koichi,Nishimura Yoshiko,Sakura Hiroshi:  Isolated finger palsy following a spectacular shrinking deficit.  Internal medicine (Tokyo, Japan)  57 (9) :1331-1332 , 2018.5
その他
1. 小川哲也:  巻頭言 新しい時代を取り巻く医療環境の変化.  腎と透析  86 (3) :253-254 , 2019.3
2. 小川哲也:  OPINION 急速に変化する時代に身を置いて思うこと.  臨床透析  34 (13) :1519-1520 , 2018.12
3. 佐倉宏:  配合薬は服薬アドヒアランスを向上させる.  DITN  (481) :8-8 , 2018.10
ページの先頭へ
■ 著書
1. 佐倉宏:  高血糖.  重症副作用疾患別対応マニュアル第1集(改訂新版)  221-248.  日本医薬情報センター(JAPIC),  東京, 2019.3
2. 山中 学:  日常臨床場面における行動医学の実践 循環器疾患.  今日から実践!日常診療に役立つ行動医学・心身医学アプローチ  108-115.  医歯薬出版株式会社,  東京, 2018.11
3. 新田孝作, 内田啓子, 小川哲也, 森山能仁, 唐澤一徳, 佐藤尚代, 中谷裕子, 土谷健, 花房規男, 杉浦秀和, 望月俊雄, 片岡浩史:  研修医のための腎臓内科病棟マニュアル.  研修医のための腎臓内科病棟マニュアル  1-175.  東京医学社,  東京都 日本, 2018.11
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. SUGIURA MIEKO, SATO KYOKO, NISHIMURA YOSHIKO, KUBO YUTAKA, NAKAOKA TAKASHI, SHIBATA Koichi, SAKURA Hiroshi: Pure autonomic failure with sick sinus syndrome of reduced striatal DAT binding.  29th International symposium on the autonomic nervous system,  California, USA,  2018/10
2. KYOKOSATO, AKAGAWAHIROYUKI, NAKAOKATAKASHI, KUBOYUTAKA, KOMIYAMATOMOYOSI, KOBAYASHIHIROYUKI, SAKURAHIROSHI: Stress response and role of autonomic nervous system in Takotsubo cardiomyopathy.  29th International symposium on the autonomic nervous system,  California, USA,  2018/10
3. HATTAMMARU Miwa, SUZUKI Mayumi, MATSUI Kentaro, ◎NAKAOKA TAKASHI, HAGIWARA Nobuhisa, SHIBATA Shigenobu, SAKURA Hiroshi: Comparison of clock gene expression and melatonin secretion in intractable non-24-hour sleep-wake syndrome before and after treatment.  Asian Sleep Research Association,  Sapporo, Japan,  2018/07
4. ◎MORI Naoki, MIYAZAKI Mari, YOSHINAGA Kentaro, SHISEKI Masayuki, SAKURA Hiroshi, TANAKA Junji: Possible somatic mosaicism of the the JAK2 gene in patients with myeloproliferative neoplasms.  23rd Congress of the European Hematology Association,  Stockholm, Sweden,  2018/06
5. ◎Yuki Ichimura, Yasushi Kawaguchi, Kae Takagi, Akiko Tochimoto, Tomoaki Higuchi, Hisashi Yamanaka: MPO-ANCA POSITIVITY IS RELATED TO INTERSTITIAL LUNG DISEASE IN SYSTEMIC SCLEROSIS.  Annual European congress of Rheumatology 2018,  Amsterdam,the Netherlands,  2018/06
6. ◎Shoko Marshall, Noriko Nishimura, Anna Nishihara, Norihito Inoue, Hirofumi Yamauchi, Yoshiharu Kusano, Naoko Tsuyama, Kengo Takeuchi, Yuko Mishima, Masahiro Yokoyama, Yasuhito Terui: Impact of omission/reduction of vincristine from R-CHOP therapy in treatment of GCB type DLBCL.  The 23th Congress of European Hematology Association,  Stockholm, Sweden,  2018/06
7. ◎Ogawa T, Hosoda Y, Shimizu H, Inoue T, Horimoto A, Higichi C, Omae K, Nitta K, Sakura H: Clinical significance of cerebral artery calcification in hemodialysis patients.  55th ERA-EDTA,  Copenhagen, Denmark,  2018/05
8. ◎Omae K, Ogawa T: Efficacy of Low MCHC as a predictor for all cause and cardiovascular death in the patients with end-stage renal disease: propensity score matched cohort study.  55th ERA-EDTA,  Copemhargen, Denmark,  2018/05
9. ◎石川元直, 山中学, 小笠原知子, 櫻井彩奈, 濵﨑樹里亜, 野原春菜,今井必生,佐倉宏: ヒマラヤ・ラダック地方でうつ病はどのように解釈されるか~Semi-structured Explanatory Model Interviewを用いた比較研究~.  第38回日本社会精神医学会,  東京,  2019/02
10. ◎横山健、岡田恵、細田麻奈、岡部ゆう子、安藤由希、髙橋彩、木村綾子、大野秀樹: 孤立性腹腔動脈解離による急性膵炎を発症した一例.  第353回 日本消化器病学会関東支部例会,  東京,  2019/02
全件表示(66件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者