<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度
 東医療センター 内科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   佐倉 宏
   渡辺 尚彦
   柴田 重信
   永野 伸郎
   小川 哲也
准教授:
   柴田 興一
   中岡 隆志
   森 直樹
講師:
   大野 秀樹
   大前 清嗣
   大森 久子
   久保 豊
   佐藤 恭子
   高木 香恵
   樋口 千惠子
助教:
   小笠原 壽恵
   西村 芳子
   山中 学
   安藤 由希
   石川 元直
   井上 朋子
   岡部 ゆう子
   小笠原 知子
   木村 綾子
   篠 みどり

   清水 比美子
   諏訪 邦明
   髙橋 彩
   中嶋 俊
   八反丸 美和
   堀本 藍
   松居 一悠
   三橋 哲也
■ 概要
講座概要
専門分野にとらわれることなく、常に全身的な立場から患者本位の医療(診断・機能評価と治療)を行うことをこころがけている。特に、高齢者の増加に対応した内科診療に重点をおき、総合内科として地域に密着した診療を行っている。専門分野として循環器科、消化器科、腎臓内科、呼吸器科、糖尿病科、血液内科、神経内科、心療内科、膠原病内科、在宅医療、老年病内科があり、それぞれの領域の専門医による診療にもいっそうの充実をはかっている。
臨床および研究ともに総合内科を生かした各診療班をまたがった研究に取り組んでいる。研究テーマとして専門分野別には主に以下のものをあげることができる。
循環器:冠動脈石灰化、急性および慢性心不全の病態解明(観血的、非観血的)および治療、重症心不全治療(薬物療法、非薬物療法、心移植)、急性冠症候群および末梢動脈疾患に対する治療、高血圧・心不全に対する時間生物学的研究、神経性循環調節に関する研究、肺高血圧症の病態解明および治療
腎:大動脈血管石灰化、Ca・P代謝、Hepcidineと貧血、動脈硬化、慢性腎臓病における高血圧の病態と治療、透析患者における急性血液浄化療法、透析療法における新たなモニタリングの開発、腹膜透析の腹膜変化、血液透析の生体適合性
消化器:インターフェロン治療後の再燃も含めたB型及びC型慢性肝炎患者への抗ウイルス療法の検討、クローン病・潰瘍性大腸炎の診断と最新の治療の検討、胃酸関連疾患治療の臨床薬理
呼吸器:炎症性細胞の遊走(特に好塩基球、好酸球)
血液:B細胞性リンパ腫樹立細胞の増殖様式の検討-特に細胞内シグナル伝達系の解析、血液腫瘍疾患におけるテロメラーゼのシグナル伝達の解析
糖尿病:DDP-IV阻害剤の比較検討-1.5AGやグルカゴンの観点から、糖尿病性EDの臨床経過、有痛性糖尿病性神経障害の臨床経過、糖尿病の食事療法と糖質制限について
神経:片頭痛の神経生理学的研究及び視覚誘発電位、脳梗塞における頸動脈エコー所見とEEA/AAとの関連
心療内科:地域住民、外来患者、入院患者における身体疾患と抑うつ
在宅医療:老年医療と高齢者総合機能評価、認知症
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 6 4 5 3 0 8  0 0 0 0  9 9  2 2  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 樋口千惠子:  重曹透析液と乳酸透析液の中皮細胞へ及ぼす影響.  腎と透析(腹膜透析2018)  85 (別冊) :87-88 , 2018.10
2. 樋口千惠子:  包括ケアシステムにおける中核病院の役割ー腹膜透析と医療経済ー.  腎と透析(腹膜透析2018)  85 (別冊) :33-34 , 2018.10
3. 樋口千惠子:  ISPD心血管・代謝ガイドラインから見た日本の現状とガイドライン.  腎と透析(腹膜透析2018)  85 (別冊) :59-60 , 2018.10
4. Makabe Shiho, Mochizuki Toshio, Mitobe Michihiro, Aoyama Yumi, Kataoka Hiroshi, Tsuchiya Ken, Nitta Kosaku:  Elevation of the serum liver enzyme levels during tolvaptan treatment in patients with autosomal dominant polycystic kidney disease (ADPKD).  Clinical and experimental nephrology  22 (5) :1079-1087 , 2018.10
5. 小川哲也, 新田孝作:  骨・血管連関.  CKD-MBD  3 :94-97 , 2018.9
6. Takafumi Fukuda, Atsushi Haraguchi, Masaki Takahashi, Takashi Nakaoka, Mayuko Fukazawa, Jin Okubo, Mamiho Ozaki, Ayana Kanatome, Rena Ohya, Yutaka Miura, Kuniaki Obara & Shigenobu Shibata:  A randomized, double-blind and placebo-controlled crossover trial on the effect of l-ornithine ingestion on the human circadian clock.  Chronobiology International  (Jul 3) :1-11 , 2018.7
7. Ogawa Tetsuya, Nitta Kosaku:  Pathogenesis and Management of Vascular Calcification in Patients with End-Stage Renal Disease.  Contributions to Nephrology  196 :71-77 , 2018.7
8. Masaki Takahashi, Yu Tahara, Miku Tsubosaka, Mayuko Fukazawa, Mamiho Ozaki, Tamao Iwakami, Takashi Nakaoka, and Shigenobu Shibata:  Chronotype and social jetlag influence human circadian clock gene expression.  Scientific reports  8 :10152 , 2018.7
9. Higuchi Chieko, Sakura Hiroshi:  Effect of Neutral pH Icodextrin Peritoneal Dialysis Fluid on Mesothelial Cells.  Therapeutic Apheresis and Dialysis  :1-6 , 2018.7
10. 永野  伸郎, 伊藤 恭子, 大石 裕子, 南 政美, 林 秀輝, 角田 千恵, 中島 春乃, 須永 悟, 野原 ともい, 大高 行博, 星 綾子, 溜井 紀子, 野原 惇, 安藤 哲郎, 小川 哲也, 新田 孝作, 筒井 貴朗:  透析患者の血清亜鉛濃度分布の実態-低亜鉛血症と関連する因子-.  日本透析医学会雑誌  51 (6) :369-377 , 2018.6
全件表示(15件)
総説及び解説
1. 佐倉宏*:  特集にあたって(内分泌・糖尿病・代謝疾患でよく見られる皮膚病変).  内分泌・糖尿病・代謝内科  47 (3) :169-169 , 2018.9
2. 樋口千惠子:  日本のPDは感染が少ない?.  臨床透析  34 (6) :82-83 , 2018.6
3. 樋口千惠子:  腹膜透析から血液透析への移行に必要なキュアとケアはなんですか?.  臨床透析  34 (7) :50-53 , 2018.6
4. 佐倉 宏*:  特集にあたって(血糖変動).  内分泌・糖尿病・代謝内科  46 (5) :315-315 , 2018.5
5. 佐倉 宏*:  血糖の季節変動.  内分泌・糖尿病・代謝内科  46 (5) :338-342 , 2018.5
症例報告
1. Sugiura Mieko,Shibata Koichi,Nishimura Yoshiko,Sakura Hiroshi:  Isolated finger palsy following a spectacular shrinking deficit.  Internal medicine (Tokyo, Japan)  57 (9) :1331-1332 , 2018.5
その他
1. 佐倉宏:  配合薬は服薬アドヒアランスを向上させる.  DITN  (481) :8-8 , 2018.10
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. SUGIURA MIEKO, SATO KYOKO, NISHIMURA YOSHIKO, KUBO YUTAKA, NAKAOKA TAKASHI, SHIBATA Koichi, SAKURA Hiroshi: Pure autonomic failure with sick sinus syndrome of reduced striatal DAT binding.  29th International symposium on the autonomic nervous system,  California, USA,  2018/10
2. KYOKOSATO, AKAGAWAHIROYUKI, NAKAOKATAKASHI, KUBOYUTAKA, KOMIYAMATOMOYOSI, KOBAYASHIHIROYUKI, SAKURAHIROSHI: Stress response and role of autonomic nervous system in Takotsubo cardiomyopathy.  29th International symposium on the autonomic nervous system,  California, USA,  2018/10
3. ◎MORI Naoki, MIYAZAKI Mari, YOSHINAGA Kentaro, SHISEKI Masayuki, SAKURA Hiroshi, TANAKA Junji: Possible somatic mosaicism of the the JAK2 gene in patients with myeloproliferative neoplasms.  23rd Congress of the European Hematology Association,  Stockholm, Sweden,  2018/06
4. ◎Yuki Ichimura, Yasushi Kawaguchi, Kae Takagi, Akiko Tochimoto, Tomoaki Higuchi, Hisashi Yamanaka: MPO-ANCA POSITIVITY IS RELATED TO INTERSTITIAL LUNG DISEASE IN SYSTEMIC SCLEROSIS.  Annual European congress of Rheumatology 2018,  Amsterdam,the Netherlands,  2018/06
5. 角南陽子, 宮腰夏輝, 蕨 陽子, 佐藤恭子, 中根俊成: 自己免疫機序の関与が示唆された体位性頻脈症候群の治療例.  第71回日本自律神経学会総会,  埼玉,  2018/10
6. 石井智子, 佐藤恭子, 石井達哉: 起立不耐症・起立性調節障害の実態調査分析.  第71回日本自律神経学会総会,  埼玉,  2018/10
7. ◎佐倉 宏, 西脇 唯, 木附亜紀, 加藤勇人: 著明な高血糖および低血糖を呈して来院した患者の解析.  第23回北区医師会医学会,  東京,  2018/10
8. ◎森直樹, 宮﨑真理, 吉永健太郎, 志関雅幸, 小笠原壽恵, 佐倉宏, 田中淳司: 血小板増加症を呈する造血器腫瘍の変異と臨床経過.  第80回日本血液学会学術集会,  大阪,  2018/10
9. 樋口千惠子: 中性PD液とイコデキストリン透析液の臨床効果.  第24回日本腹膜透析医学会学術集会・総会,  徳島,  2018/10
10. ◎佐藤恭子, 中岡隆志, 西村芳子, 柴田興一, 菊地智子, 山中学, 佐倉宏: 体位性頻脈症候群(POTS)における自己免疫抗体.  第16回日本臨床医療福祉学会,  東京,  2018/09
全件表示(22件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者