<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度
 東医療センター 内科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   小川 哲也
   佐倉 宏
   渡辺 尚彦
   柴田 重信
   永野 伸郎
准教授:
   中岡 隆志
   森 直樹
講師:
   大野 秀樹
   大前 清嗣
   大森 久子
   久保 豊
   佐藤 恭子
   高木 香恵
   樋口 千惠子
助教:
   石川 元直
   小笠原 壽恵
   西村 芳子
   山中 学
   安藤 由希
   岡部 ゆう子
   小笠原 知子
   木村 綾子
   篠 みどり
   清水 比美子

   諏訪 邦明
   髙橋 彩
   向田 友美
   中嶋 俊
   八反丸 美和
   堀本 藍
   松居 一悠
   マーシャル 祥子
■ 概要
講座概要
専門分野にとらわれることなく、常に全身的な立場から患者本位の医療(診断・機能評価と治療)を行うことをこころがけている。特に、高齢者の増加に対応した内科診療に重点をおき、総合内科として地域に密着した診療を行っている。専門分野として循環器科、消化器科、腎臓内科、呼吸器科、糖尿病科、血液内科、神経内科、心療内科、膠原病内科、在宅医療、老年病内科があり、それぞれの領域の専門医による診療にもいっそうの充実をはかっている。
臨床および研究ともに総合内科を生かした各診療班をまたがった研究に取り組んでいる。研究テーマとして専門分野別には主に以下のものをあげることができる。
循環器:冠動脈石灰化、急性および慢性心不全の病態解明(観血的、非観血的)および治療、重症心不全治療(薬物療法、非薬物療法、心移植)、急性冠症候群および末梢動脈疾患に対する治療、高血圧・心不全に対する時間生物学的研究、神経性循環調節に関する研究、肺高血圧症の病態解明および治療
腎:大動脈血管石灰化、Ca・P代謝、Hepcidineと貧血、動脈硬化、慢性腎臓病における高血圧の病態と治療、透析患者における急性血液浄化療法、透析療法における新たなモニタリングの開発、腹膜透析の腹膜変化、血液透析の生体適合性
消化器:インターフェロン治療後の再燃も含めたB型及びC型慢性肝炎患者への抗ウイルス療法の検討、クローン病・潰瘍性大腸炎の診断と最新の治療の検討、胃酸関連疾患治療の臨床薬理
呼吸器:炎症性細胞の遊走(特に好塩基球、好酸球)
血液:B細胞性リンパ腫樹立細胞の増殖様式の検討-特に細胞内シグナル伝達系の解析、血液腫瘍疾患におけるテロメラーゼのシグナル伝達の解析
糖尿病:DDP-IV阻害剤の比較検討-1.5AGやグルカゴンの観点から、糖尿病性EDの臨床経過、有痛性糖尿病性神経障害の臨床経過、糖尿病の食事療法と糖質制限について
神経:片頭痛の神経生理学的研究及び視覚誘発電位、脳梗塞における頸動脈エコー所見とEEA/AAとの関連
心療内科:地域住民、外来患者、入院患者における身体疾患と抑うつ
在宅医療:老年医療と高齢者総合機能評価、認知症
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 5 5 0 1 1 4  0 1 0 0  2 5  0 2  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 石川元直*, 山中学, 髙岡正和, 小笠原知子, 佐倉宏:  ヒマラヤ・ラダック高所在住高齢者のうつ病.  心身医学  59 (4) :315-320 , 2019.5
2. 石川 元直*, 山中 学, 高岡 正和, 小笠原 知子, 佐倉 宏:  心身医学とフィールド医学 生態学的視点から健康長寿を探る ヒマラヤ・ラダック高所在住高齢者のうつ病 「幸せな老い」について考える.  心身医学  59 (4) :315-320 , 2019.5
3. Higuchi Tomoaki, Takagi Kae, Okamoto Akiko, Katsumata Yasuhiro, Yamanaka Hisashi, Kawaguchi Yasushi*:  Antifibrotic effects of 2-carba cyclic phosphatidic acid (2ccPA) in systemic sclerosis: contribution to the novel treatment.  Arthritis Research & Therapy  21 :103-113 , 2019.4
4. Nitta Kosaku, Ogawa Tetsuya, Hanafusa Norio, Tsuchiya Ken:  Recent Advances in the Management of Vascular Calcification in Patients with End-Stage Renal Disease.  Contributions to nephrology  198 :62-72 , 2019.4
5. HATTAMMARU Miwa, TAHARA Yu, KIKUCHI Tomoko, OKAJIMA Kiyotaka, KONISHI Koichi, NAKAJIMA Shun, SATO Kyoko, OTSUKA Kuniaki, SAKURA Hiroshi, SHIBATA Shigenobu, NAKAOKA Takashi*:  The effect of night shift work on the expression of clock genes in beard hair follicle cells.  Sleep Medicine  56 :164-170 , 2019.4
6. Nishizawa Yoko, Higuchi Chieko, Nakaoka Tomoko, Omori Hisako, Ogawa Tetsuya, Sakura Hiroshi, Nitta Kosaku:  Do calcium-based phosphate binders accelerate or prevent coronary artery calcification in dialysis patients?.  Therapeutic Apheresis and Dialysis  :online , 2019.4
総説及び解説
1. 佐倉宏*:  特集にあたって(糖尿病網膜症).  内分泌・糖尿病・代謝内科  48 (5) :317-317 , 2019.5
症例報告
1. 小笠原壽恵, 江畑希子, 濱﨑樹里亜, マーシャル祥子, 川内喜代隆, 大島孝一, 森直樹, 佐倉宏:  両側副腎腫瘤で発症しBCL,BCL6,MYC陽性を示した血管内大細胞型B細胞リンパ腫.  臨床血液  60 (6) :570-576 , 2019.6
2. Motonao Ishikawa*, Gaku Yamanaka, Masakazu Takaoka, Ayana Sakurai, Tomoko Ogasawara, Shoko Marshall and Hiroshi Sakura:  Seven-Year Outcome of Two Cases of Depression in Elderly High-Altitude Residents in Ladakh, India.  Journal of Depression and Anxiety  8 (2) :000-000 , 2019.6
その他
1. 佐倉宏*:  高齢者糖尿病の薬物療法.  東京都医師会雑誌  72 (4) :39-46 , 2019.4
ページの先頭へ
■ 著書
1. 樋口千惠子:  腹膜透析液.  腹膜透析診療指針  14-17.  東京医学社,  東京, 2019.7
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. 井上朋子, 樋口千惠子, 水口潤, 新田孝作: 透析患者のジェンダー別、性ホルモン(テストステロン、エストロゲン)と貧血との関連.  第64回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2019/06
2. 堀本藍, 大前清嗣, 吉川昌男, 小川哲也: 透析患者の大球性低色素性貧血と生命予後.  第64回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2019/06
3. 樋口千惠子, 小川哲也, 佐倉宏: 透析液乳酸の中皮細胞へ及ぼす影響.  第64回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2019/06
4. ◎細田麻奈, 大野秀樹: ヘリコバクター・ピロリ除菌治療後の栄養状態の変化の検討.  第25回日本ヘリコバクター学会学術集会,  名古屋,  2019/06
5. ◎石川元直, 山中学, 小笠原知子, 櫻井彩奈, 木附亜紀, 杉浦美恵子, マーシャル祥子, 佐倉宏: ラダック高地在住高齢者においてうつ病に抑止的に働く因子の検討―ソーシャル・キャピタルの視点から―.  第61回日本老年医学会学術集会,  仙台,  2019/06
6. ◎松原美有, 高木香恵, 小川哲也: 全身性エリテマトーデス8SLE)様症状を呈した分類不能型免疫不全症(CVID)の1例.  第63回日本リウマチ学会,  京都、日本,  2019/04
7. ◎高木香恵, 川口鎮司, 川本学, 岡本明子, 深澤千賀子, 山中寿: CRP陽性全身性強皮症(systemic sclerosis;SSc)患者の特徴.  第63回日本リウマチ学会,  京都、日本,  2019/04
8. ◎岡本明子, 川口鎮司, 川本学, 高木香恵, 勝又康弘, 花岡成典, 山中寿: 全身性強皮症(SSc)患者におけるCD300H遺伝子多型の検討.  第63回日本リウマチ学会,  京都、日本,  2019/04
9. ◎井上靖雄, 高木香恵, 千葉純司: 高齢関節リウマチ患者における適切な生物学的製剤(Bio)の検討.  第63回日本リウマチ学会,  京都、日本,  2019/04
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者