<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度
 東医療センター 内科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   小川 哲也
   佐倉 宏
   渡辺 尚彦
   柴田 重信
   永野 伸郎
准教授:
   小野 正文
   中岡 隆志
   森 直樹
講師:
   大野 秀樹
   大前 清嗣
   大森 久子
   久保 豊
   佐藤 恭子
   高木 香恵
   樋口 千惠子
助教:
   石川 元直
   小笠原 壽恵
   西村 芳子
   山中 学
   安藤 由希
   岡部 ゆう子
   小笠原 知子
   木村 綾子
   篠 みどり
   清水 比美子

   諏訪 邦明
   髙橋 彩
   向田 友美
   中嶋 俊
   八反丸 美和
   堀本 藍
   松居 一悠
   マーシャル 祥子
■ 概要
講座概要
専門分野にとらわれることなく、常に全身的な立場から患者本位の医療(診断・機能評価と治療)を行うことをこころがけている。特に、高齢者の増加に対応した内科診療に重点をおき、総合内科として地域に密着した診療を行っている。専門分野として循環器科、消化器科、腎臓内科、呼吸器科、糖尿病科、血液内科、神経内科、心療内科、膠原病内科、在宅医療、老年病内科があり、それぞれの領域の専門医による診療にもいっそうの充実をはかっている。
臨床および研究ともに総合内科を生かした各診療班をまたがった研究に取り組んでいる。研究テーマとして専門分野別には主に以下のものをあげることができる。
循環器:冠動脈石灰化、急性および慢性心不全の病態解明(観血的、非観血的)および治療、重症心不全治療(薬物療法、非薬物療法、心移植)、急性冠症候群および末梢動脈疾患に対する治療、高血圧・心不全に対する時間生物学的研究、神経性循環調節に関する研究、肺高血圧症の病態解明および治療
腎:大動脈血管石灰化、Ca・P代謝、Hepcidineと貧血、動脈硬化、慢性腎臓病における高血圧の病態と治療、透析患者における急性血液浄化療法、透析療法における新たなモニタリングの開発、腹膜透析の腹膜変化、血液透析の生体適合性
消化器:インターフェロン治療後の再燃も含めたB型及びC型慢性肝炎患者への抗ウイルス療法の検討、クローン病・潰瘍性大腸炎の診断と最新の治療の検討、胃酸関連疾患治療の臨床薬理
呼吸器:炎症性細胞の遊走(特に好塩基球、好酸球)
血液:B細胞性リンパ腫樹立細胞の増殖様式の検討-特に細胞内シグナル伝達系の解析、血液腫瘍疾患におけるテロメラーゼのシグナル伝達の解析
糖尿病:DDP-IV阻害剤の比較検討-1.5AGやグルカゴンの観点から、糖尿病性EDの臨床経過、有痛性糖尿病性神経障害の臨床経過、糖尿病の食事療法と糖質制限について
神経:片頭痛の神経生理学的研究及び視覚誘発電位、脳梗塞における頸動脈エコー所見とEEA/AAとの関連
心療内科:地域住民、外来患者、入院患者における身体疾患と抑うつ
在宅医療:老年医療と高齢者総合機能評価、認知症
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 9 8 2 4 3 8  0 1 0 0  6 15  6 6  0 1
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 樋口千惠子:  中世PD液とイコデキストリンPD液の臨床効果.  腹膜透析2019(腎と透析)  87 (別冊) :58-59 , 2019.11
2. kenji nakano, shinichiro taira, makiko ono, junichi tomomatsu, wataru shimbashi, toru sasaki, hirofumi fukushima, hiroyuki yonekawa, hiroki mitani, shunji takahashi:  Outcome of combination chemotherapy of cetuximab, platinum and fluorouracil to recurrent/metastatic head and neck squamous cell carcinoma.  Japanese journal of head and neck cancer  45 (3) :294-299 , 2019.10
3. Higuchi Chieko:  Comparison of peritoneal dialysis and hemodialysis as first renal replacement therapy in patients with end-stage renal disease and diabetes; a systematic review.  Renal replacement therapy  5 (44) :1-12 , 2019.9   DOI:org/10.1186/s41100-019-0234-7
4. TAKAHASHI Masaki, OZAKI Mamiho, MIYASHITA Masashi, FUKAZAWA Mayuko, NAKAOKA Takashi, WAKISAKA Takuya, MATSUI Yuji, HIBI Masanobu, OSAKI Noriko, SHIBATA Shigenobu*:  Effects of timing of acute catechin-rich green tea ingestion on postprandial glucose metabolism in healthy men.  Journal of Nutritional Biochemistry  73 :108221-108221 , 2019.8   DOI:10.1016/j.jnutbio.2019.108221
5. 山賀彩花, 諏訪邦明, 河原勇貴, 中岡隆志, 佐倉宏, 矢崎恭一郎, 樋口諭, 柳下大悟, 江島浩一郎, 庄田守男, 萩原誠久, 布田伸一:  皮下植込み型除細動器の至適適応と考えられた心室性不整脈疾患の症例.  適応医学  22 (2) :14-21 , 2019.8
全件表示(13件)
総説及び解説
1. 佐倉宏*:  特集にあたって(糖尿病自律神経障害).  内分泌・糖尿病・代謝内科  49 (4) :243-243 , 2019.10
2. 佐藤恭子, 中岡隆志, 佐倉宏:  体位性頻脈症候群(POTS; Postural Orthostatic Tachycardia Syndrome).  内分泌・糖尿病・代謝内科  49 (4) :317-321 , 2019.10
3. 佐倉宏*:  特集にあたって(糖尿病網膜症).  内分泌・糖尿病・代謝内科  48 (5) :317-317 , 2019.5
症例報告
1. 杉浦美恵子, 柴田與一, 斉藤聡志*, 西村芳子, 高橋浩一, 佐倉宏*:  繰り返す一過性神経症状を契機に診断された特発性低髄液圧症候群の1症例.  臨床神経学  59 (8) :530-535 , 2019.8   DOI:10.5692/clinicalneurol.cn-001298
2. Kawaguchi Kenji, Kinoshita Shotaro, Ishikawa Motonao*, Sakura Hiroshi:  Tranexamic acid‐induced fixed drug eruption confirmed by the drug lymphocyte transformation test.  Clinical case reports.  00 :1-2 , 2019.8   DOI:10.1002/ccr3.2442
3. 小笠原壽恵, 江畑希子, 濱﨑樹里亜, マーシャル祥子, 川内喜代隆, 大島孝一, 森直樹, 佐倉宏:  両側副腎腫瘤で発症しBCL,BCL6,MYC陽性を示した血管内大細胞型B細胞リンパ腫.  臨床血液  60 (6) :570-576 , 2019.6   DOI:10.11406/rinketsu.60.570
4. Motonao Ishikawa*, Gaku Yamanaka, Masakazu Takaoka, Ayana Sakurai, Tomoko Ogasawara, Shoko Marshall and Hiroshi Sakura:  Seven-Year Outcome of Two Cases of Depression in Elderly High-Altitude Residents in Ladakh, India.  Journal of depression & anxiety.  8 (2) :000-000 , 2019.6
5. Sugiura Mieko, Shibata Koichi, Saito Satoshi, Nishimura Yoshiko, Sakura Hiroshi:  Levofloxacin-associated encephalopathy with severe hyperventilation.  Internal Medicine  58 (10) :1495-1499 , 2019.5   DOI:10.2169/internalmedicine.1619-18
その他
1. 佐倉宏*:  特集にあたって(日常の糖尿病診療で対応に迷う症例のQ&A.  内分泌・糖尿病・代謝内科  49 (6) :421-421 , 2019.12
2. 鈴木智子, 柳澤慶香, 村岡光恵, 髙木耕一郎, 佐倉宏, 馬場園哲也:  妊娠中の糖代謝と不飽和脂肪酸との関連.  東京女子医科大学雑誌  89 (5) :108-114 , 2019.10   DOI:10.24488/jtmu.89.5_108
3. 佐倉宏*:  高齢者糖尿病の薬物療法.  東京都医師会雑誌  72 (4) :39-46 , 2019.4
ページの先頭へ
■ 著書
1. 樋口千惠子:  腹膜透析液.  腹膜透析診療指針  14-17.  東京医学社,  東京, 2019.7
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Sato Kyoko, Yamaga Auala, Nishimura Yoshiko, SHIBATA Koichi, NAKAOKA TAKASHI, Yoko. Sunami Toshiaki. Hirai Shunya. Nakane, SAKURA Hiroshi,: Autoimmunity and Immunotherapy in Postural Orthostatic Tachycardia Syndrome.  30th International Symposium on the Autonomic Nervous System,  Clearwater Beach, Florida, USA,  2019/11
2. ◎Marshall Shoko, Motonao Ishikawa, Aki Kizuki, Hayato Kato, Toshie Ogasawara, Naoki Mori, Hiroshi Sakura: Glucose tolerance change before and after R-CHOP therapy in 15 elderly patients with DLBCL.  the 11th IAGG Asia/Oceania Regional Congress 2019,  台北, 台湾,  2019/10
3. ◎Motonao Ishikawa, Gaku Yamanaka, Tomoko Ogasawara, Ayana Sakurai, Shoko Marshall, Hiroshi Sakura: An Explanatory model for depression in Ladakh, India: A Comparative study using Semi-structured Explanatory Model Interview.  the 11th IAGG Asia/Oceania Regional Congress 2019,  台北, 台湾,  2019/10
4. ◎Kizuki Aki, Kato Hayato, Marshall Shoko, Sakura Hiroshi, Ishikawa Motonao: The efficacy and safety of SGLT2-inhibitor in elderly patients with type 2 diabetes ; a retrospective review in a single hospital.  the 11th IAGG Asia/Oceania Regional Congress 2019,  台北, 台湾,  2019/10
5. ◎Matsuo Shunya, Marshall Shoko, Kizuki Aki, Kato Hayato, Sakura Hiroshi, Ishikawa Motonao: Correlation between vital signs and admission rates in elderly patients transported by ambulance; a study from a single hospital in Japan.  the 11th IAGG Asia/Oceania Regional Congress 2019,  台北, 台湾,  2019/10
全件表示(34件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者