(最終更新日:2019-06-19 15:39:11)
  サトウ キヨウコ   SATO Kyoko
  佐藤 恭子
   所属   医学部 医学科(東医療センター)  東医療センター 内科
   職種   講師
■ 著書
1. 部分執筆  血圧の観血的・非観血的連続測定機器「自律神経機能検査」 2015/10
2. 部分執筆  Stress Cardiomyopathy and Takotsubo Syndrome, Primer on the Autonomid Nervous System 2012
3. 全体執筆  神経調節性失神におけるアドレナリン動態の検討「科学研究費補助金研究実績報告書」 2012
4. 部分執筆  Dysautonomias, Pharmacology and Therapeutics: Principles to Practice 2009
■ 学術雑誌
1. 原著  Study of adenylate cyclase activity in NMS patients based on heterotype of α2B-AR gene 2018
2. 原著  神経調節性失神におけるα2B-AR遺伝子多型(Glu9/12ヘテロ型)とアデニル酸シクラーゼ活性量との関係 2017/03
3. 原著  Relationship between human evolution and neurally mediated syncope disclosed by the polymorphic sites of the adrenergic receptor gene α2B-AR. 2015
4. 原著  Possible Association of Human Adrenoceptors Polymorphism in Neurally
Mediated Syncope 2013
5. 原著  ラダーク地域住民の肺高血圧に対する心電図と心臓超音波検査の有用性 2012
6. 原著  高所住民における心房細動 2012
7. 原著  Effects of various doses of aspirin on platelet activity and endothelial function. 2011/05
8. 原著  The effect of donepezil treatment on cardiovascular mortality. 2010/09
9. 原著  Distal sudomotor findings in postural tachycardia syndrome. 2010/04
10. その他  'Labile hypertension' can be due to autonomic nervous system failure. 2009/04
全件表示(17件)
■ 学会発表
1. 起立不耐症・起立性調節障害の実態調査分析 (口頭発表,一般) 2018/10/26
2. 自己免疫機序の関与が示唆された体位性頻脈症候群の治療例 (口頭発表,一般) 2018/10/26
3. Pure autonomic failure with sick sinus syndrome of reduced striatal DAT binding (ポスター,一般) 2018/10/25
4. Stress response and role of autonomic nervous system in Takotsubo cardiomyopathy (ポスター,一般) 2018/10/24
5. 体位性頻脈症候群(POTS)における自己免疫抗体 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)) 2018/09/07
6. Microneurographic evidence of primary hyperadrenergic POTS (口頭発表,一般) 2017/11/04
7. 洞不全症候群を合併した Pure Autonomic Failureの検討 (口頭発表,一般) 2017/09/01
8. たこつぼ型心筋症におけるストレス下での自律神経反応 (口頭発表,一般) 2016/11/11
9. 神経調節性失神におけるα2B-AR遺伝子多型とアデニル酸シクラーゼ活性量との関係 (口頭発表,一般) 2016/11/11
10. A STUDY OF ORTHOSTATIC BLOOD PRESSURE DYSREGULATION IN COMMUNITY-DWELLING ELDERLY (ポスター,一般) 2015/09/05
全件表示(19件)
■ 資格・免許
1. 日本循環器学会 循環器専門医
2. 日本内科学会 総合内科専門医
3. American College of Nutrition Certification Board of Nutrition Specialists
■ 社会における活動
1. 2017/03~ POTS and Dysautonomia Japan: メディカルアドバイザー Link
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2010/04~2012/03  神経調節性失神におけるアドレナリン動態の検討 基盤研究(C) (キーワード:神経調節性失神 、 アドレナリン 、 自律神経 、 アドレナリンレセプター 、 アドレナリン受容体 、 遺伝子多型性)
2. 2014/04~2018/03  たこつぼ心筋症における自律神経異常とカテコラミン受容体遺伝子変異の研究 基盤研究(C) (キーワード:たこつぼ心筋症 、ストレス 、カテコラミン 、アドレナリン受容体 、カテコラミン受容体 、 心交感神経終末分布 、自律神経)
■ 講師・講演
1. 2018/03 起立不耐症の概要 診断や治療について
2. 2018/11 起立不耐症:何がどこまで分かっているのか(東京)
3. 2018/11 当院における重症POTS の治療経験 〜臨床フェノタイプ、液性因子、運動耐容能からの評価〜(東京)
■ 受賞学術賞
1. 2016/11 第69会日本自律神経学会総会 優秀演題賞
2. 2004/07 第五回Neurocardiology Workshop奨励賞
3. 2001/07 第二回Neurocardiology Workshop奨励賞
■ 所属学会
1. 日本内科学会
2. 日本循環器学会
3. 日本自律神経学会
4. 日本老年医学会
5. American Autonomic Society
6. American College of Nutrition