(最終更新日:2019-08-05 18:39:55)
  タカギ カエ   Takagi Kae
  高木 香恵
   所属   医学部 医学科(東医療センター)  東医療センター 内科
   職種   講師
■ 著書
1. 部分執筆  アプラミラストの強皮症皮膚硬化に対する線維化抑制効果「難治性疾患政策研究事業 強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドライン作成事業」 2017/01
2. 部分執筆  日本人全身性強皮症患者におけるNailfold videocapillaroscopyの有用性の検討「厚生労働省「強皮症・皮膚線維化疾患の診断基準・重症度分類・診療ガイドライン作成事業」」 2017/01
3. その他  環状ホスファチジン酸誘導体(2ccPA)の強皮症皮膚線維芽細胞に対する線維化抑制効果「厚生労働科学研究費補助金、難治性疾患克服研究事業;強皮症における病因解明と根治的治療法の開発;平成27年度 総括・分担研究報告書」 2016/03
4. その他  日本でのNaifold videocapillaroscopyの全身性強皮症診断における有用性の検討「厚生労働科学研究費補助金、難治性疾患克服研究事業;強皮症における病因解明と根治的治療法の開発;平成27年度 総括・分担研究報告書」 2016/03
5. 部分執筆  妊娠とSLE「リウマチ・膠原病診療ハイグレード 分子標的/Bio時代のリウマチ・膠原病治療ストラテジー」 2015/10
6. 部分執筆  強皮症皮膚硬化におけるTGFβ/ET-1 autocrine loopの作用機序に関する解析「厚生労働科学研究費補助金、難治性疾患克服研究事業;強皮症における病因解明と根治的治療法の開発;平成26年度 総括・分担研究報告書」 2015/03
7. 部分執筆  厚生労働科学研究費補助金、難治性疾患克服研究事業、混合性結合組織病の病態解明、早期診断と治療法の確立に関する研究;平成25年度 総括・分担研究報告書;混合性結合組織病に合併するPAHの早期診断マーカーの確立「厚生労働科学研究費補助金、難治性疾患克服研究事業、混合性結合組織病の病態解明、早期診断と治療法の確立に関する研究;平成25年度 総括・分担研究報告書」 2014/03
8. 部分執筆  厚生労働科学研究費補助金、難治性疾患克服研究事業;強皮症における病因解明と根治的治療法の開発;平成25年度 総括・分担研究報告書;TGFβ1刺激下におけるシルデナフィルの抗線維化作用に関する検討「厚生労働科学研究費補助金、難治性疾患克服研究事業;強皮症における病因解明と根治的治療法の開発;平成25年度 総括・分担研究報告書」 2014/03
9. 部分執筆  「Evidence Based Medicineを活かす 膠原病・リウマチ診療」 2013/04
10. 部分執筆  厚生労働科学研究費補助金、難治性疾患克服研究事業、強皮症における病因解明と根治的治療法の開発;平成24年度 総括・分担研究報告書;日本人全身強皮症患者におけるIL-12RB2遺伝子多型の検討「厚生労働科学研究費補助金、難治性疾患克服研究事業、強皮症における病因解明と根治的治療法の開発;平成24年度 総括・分担研究報告書」 2013/03
全件表示(26件)
■ 学術雑誌
1. 原著  Antifibrotic effects of 2-carba cyclic phosphatidic acid (2ccPA) in systemic sclerosis: contribution to the novel treatment 2019/04
2. 原著  Capillary abnormalities observed by nailfold videocapillaroscopy in Japanese patients with systemic sclerosis 2018/06
3. 総説  全身性エリテマトーデス様症状を呈する原発性免疫不全症 2017/06
4. 原著  全身性エリテマトーデスに対するステロイド投与中に妊娠糖尿病と診断された1例 2017/02
5. 原著  Sildenafil attenuates the fibrotic phenotype of skin fibroblasts in patients with systemic sclerosis. 2015/12
6. 総説  ピロリ菌とリウマチ性疾患 2015/05
7. 総説  リウマチ性疾患における神経病変;リウマチ性疾患と可逆性後頭葉白質脳症(PRES) 2014/11
8. 原著  Cytokine profiles in polymyositis and dermatomyositis complicated by rapidly progressive or chronic interstitial lung disease. 2014/06
9. 原著  Association with low levels of ferritin and IL-18 2014/04
10. 原著  Urinary free light chain is a potential biomarker for ISN/RPS class III/IV lupus nephritis. 2013/05
全件表示(49件)
■ 学会発表
1. CRP陽性全身性強皮症(systemic sclerosis;SSc)患者の特徴 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2019/04/17
2. 全身性エリテマトーデス8SLE)様症状を呈した分類不能型免疫不全症(CVID)の1例 (ポスター,一般) 2019/04/17
3. 全身性強皮症(SSc)患者におけるCD300H遺伝子多型の検討 (ポスター,一般) 2019/04/16
4. 高齢関節リウマチ患者における適切な生物学的製剤(Bio)の検討 (ポスター,一般) 2019/04/15
5. 全身性強皮症(SSc)おけるCD-300多型の検討 (口頭発表,一般) 2019/01/26
6. MPO-ANCA POSITIVITY IS RELATED TO INTERSTITIAL LUNG DISEASE IN SYSTEMIC SCLEROSIS (ポスター,一般) 2018/06/15
7. 皮疹からみた成人発症スティル病 (口頭発表,一般) 2018/06/09
8. ステロイド抵抗性抗SRP抗体陽性筋症に対し、大量免疫グロブリン療法(IVIG)を施行した2例 (ポスター,一般) 2018/04/28
9. 生物学的製剤(Bio)によって治療された高齢関節リウマチ(RA)患者の特徴と課題 (ポスター,一般) 2018/04/27
10. 全身性強皮症(systemic sclerosis;SSc)におけるTET(tem eleven translocation)遺伝子の関与 (ポスター,一般) 2018/04/27
全件表示(135件)
■ 資格・免許
1. 1992/06/01 医師免許
2. 1995/09/22 日本内科学会認定内科医
3. 1998/03/01 日本リウマチ学会リウマチ専門医
4. 1998/12/04 日本内科学会総合内科専門医
5. 2005/04/01 東京女子医科大学医学博士
6. 2005/07/17 臨床研修医指導医
7. 2007/03 都立病院救命医
8. 2009/03/01 日本リウマチ学会リウマチ指導医
9. 2009/04/01 日本リウマチ学会評議員
10. 2016/12/29 競争的資金等 研究倫理教育コース(2016)修了
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 1998/03/27~1998/06/30 MDプログラム Unit B6 テュータ
2. 2005/06/18~2005/06/18 OSCE評価者
3. 2009/01/30~2009/03/31 MDプログラム UnitB3 テュータ
4. 2009/02/21~2009/02/21 OSCE評価者
5. 2011/01/14~2011/03/31 MDプログラム UnitB1-Ⅳ テュータ
■ 所属学会
1. 1992/05~ 日本内科学会
2. 1994/09~ 日本リウマチ学会
3. 1996 日本免疫学会
4. 2017/08 日本肺高血圧症・肺循環学会
■ 職歴
1. 1992/04~1994/04 東京女子医科大学病院 内科 臨床研修医
2. 1994/05~1994/05 東京女子医大附属膠原病リウマチ痛風センター 助教
3. 1994/06~1996/08 東京都立大塚病院 リウマチ膠原病科 医員
4. 1996/09~2002/03 東京女子医大附属膠原病リウマチ痛風センター 内科 助教
5. 2002/04~2004/09 アメリカ合衆国テネシー大学 Collagen disease 科 post doctor
6. 2004/10~2006/09 東京女子医大附属膠原病リウマチ痛風センター 内科 助教
7. 2006/10~2008/09 東京都立大塚病院 リウマチ膠原病科 医員
8. 2011/10~2013/09 東京女子医大附属膠原病リウマチ痛風センター 内科 医局長