<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度
 神経精神科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   西村 勝治
   大坪 天平
   金 吉晴
准教授:
   赤穂 理絵
   稲田 健
   高橋 一志
講師:
   押淵 英弘
助教:
   浅野 瑞穂
   河野 敬明
   川本 恭子
   神庭 瑠美子
   佐藤 萌子
   澤村 実紀
   柴田 結以
   末木 亮嗣
   鈴木 枝里子
   関口 直樹

   辻 かをる
   堤 多可弘
   林 安奈
   松井 健太郎
   村岡 寛之
   森永 頼鷹
   森脇 久視
   山本 舞
■ 概要
東京女子医科大学 神経精神科
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 18 0 0 2  0 3 0 0  0 26  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. AKAHO Rie, DEGUCHI Ichiro, KIGAWA Hiroshi, NISHIMURA Katsuji*:  Obsessive Compulsive Disorder Following Cerebrovascular Accident: A Case Report and Literature Review.  Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases  28 (4) :17-21 , 2019.4
2. GEKA Mayumi, INADA Ken, SHIMIZU Satoru, GEKA Yujiro, TAKAHASHI Yuka, HAMADA Yukihiro, NISHIMURA Katsuji, KIMURA Toshimi:  Effectiveness of Pharmacist-convened Multidisciplinary Clinical Team Meetings in Promoting Appropriate Benzodiazepine Receptor Agonist Use.  YAKUGAKU ZASSHI  139 (6) :931-937 , 2019
総説及び解説
1. 西村勝治:  患者の心に寄り添う透析看護 精神科医と考えるサイコネフロロジー
第15回 通院困難をきっかけに自殺企図を起こした外来透析患者.  透析ケア  25 (8) :73-77 , 2019.8
2. 西村勝治:  器質性、症状性精神疾患
総論(概念と分類).  精神科  35 (特別増刊) :316-320 , 2019.7
3. 佐藤萌子, 赤穂理絵:  心筋梗塞に伴ううつ病.  精神科治療学  34 (7) :25-30 , 2019.7
4. 西村勝治:  患者の心に寄り添う透析看護 精神科医と考えるサイコネフロロジー
第14回 自分の思い描く生活ができず治療に不満を感じている患者.  透析ケア  25 (7) :82-86 , 2019.7
5. 山元健太朗, 河野敬明, 稲田健:  Ⅵ.臓器・系統別副作用各論―重大な副作用を中心に―
ベンゾジアゼピン系やバルビツール系などの治療薬依存.  日本臨床 医薬品副作用学(第3版)下  77 (増刊 4) :425-430 , 2019.7
6. 神庭瑠美子, 稲田健:  初発精神病.  臨床精神医学  48 (71回) :827-832 , 2019.7
7. 西村勝治:  【高齢透析患者の合併症】認知症.  腎と透析  86 (6) :819-830 , 2019.6
8. 西村勝治:  患者の心に寄り添う透析看護 精神科医と考えるサイコネフロロジー
第13回 被害妄想があり、医療者への不信感を表出する患者.  透析ケア  25 (6) :74-77 , 2019.6
9. 西村勝治:  血液透析患者とうつ.  日本医師会雑誌  148 (3) :461-468 , 2019.6
10. 西村勝治, 赤穂理絵:  XX.心不全の併存症-病態・治療-
うつ・不安.  日本臨床 心不全(第2版)下  77 (増刊号2) :228-233 , 2019.5
全件表示(15件)
その他
1. 西村勝治:  内科疾患とうつ病 up-to-date.  精神科治療学  34 (7) :3-3 , 2019.7
2. 西村勝治:  編集後記.  精神科治療学  34 (6) :126-126 , 2019.6
3. 西村勝治:  臓器移植前後のメンタルサポート:今日的課題.  移植  54 (1) :1-2 , 2019.4
ページの先頭へ
■ 著書
1. 赤穂理絵, 小林清香, 武村尊生, 富安哲也, 花村温子, 福田紀子, 満田大, 山内典子:  第3章 精神科リエゾンチームの構築.  精神科リエゾンチーム活動指針  29-50.  株式会社星和書店,  東京, 2019.6
2. 相澤加奈, 池田和隆, 稲田健, 入江智也, 尾崎米厚, 木戸盛年, 木村永一, 小林桜児, 近藤あゆみ, 齋藤利和, 坂上雅道, 白坂知彦, 高田孝二, 高野裕和, 高橋英彦, 田辺等, 常田深雪, 永井拓, 成瀬暢也, 西澤大輔, 原田隆之, 廣中直行, 藤原淳, 舩田正彦, 松本俊彦, 三原聡子, 宮田久嗣, 森友久, 森田展彰, 和田清:  鎮静・睡眠・抗不安薬.  アディクションサイエンス
依存・嗜癖の科学  130-138.  朝倉書店,  東京, 2019.6
3. 西村勝治:  せん妄,症状精神病.  プライマリーケアで診る
高齢者の認知症・うつ病と関連疾患31のエッセンス  176-182.  医歯薬出版株式会社,  東京, 2019.4
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎松井健太郎, 栗山健一, 小林美奈, 稲田健, 西村勝治, 井上雄一: 睡眠関連摂食障害(SRED)および夜間摂食症候群(NES)に対するラメルテオンの治療効果:後方視的ケースシリーズ.  日本睡眠学会第44回定期学術集会,  名古屋,  2019/06
2. ◎稲田健: 精神科薬物療法の出口戦略を考える
抗精神病薬.  第115回日本精神神経学会学術総会,  新潟市,  2019/06
3. ◎西村勝治: せん妄の新たな予防方略とその実効性を高める発症予測の研究展開
予防方略の実効性を高める発症予測―生化学的マーカーから.  第115回日本精神神経学会学術総会,  新潟市,  2019/06
4. ◎西村勝治: 公認心理師との協働と『医師の指示』
一般医療領域(総合病院)の立場から.  第115回日本精神神経学会学術総会,  新潟市,  2019/06
5. ◎川本恭子, 亀井航, 堀圭二朗, 豊見山則子, 櫻井裕之: 重症熱傷のリエゾン・コンサルテーション自殺企図後の顔面熱傷後瘢痕患者の治療について.  第115回日本精神神経学会学術総会,  新潟市,  2019/06
6. ◎大野友梨香, 稲田健, 河野敬明, 堤多可弘, 林安奈, 安楽勇太, 山元健太朗, 西村勝治: 抗精神病薬にて精神病症状が改善しなかった覚醒剤精神病にてメマチンが奏功した一例.  第115回日本精神神経学会学術総会,  新潟市,  2019/06
7. NISHIMURA Katsuji, TSUTSUI Junko: Leaders Round Table:Multi-disciplinary psychiatric team in Asia-Pacific region.  The 115th Annual Meeting of the Japanese Society of Phychiatry and Neurology,  Niigata,Japan,  2019/06
8. ◎外山皓喜, 稲田健, 河野敬明, 林安奈, 山元健太朗, 安楽勇太, 西村勝治: 脳腫瘍術後の症候性てんかんの治療により、精神症状が改善し、化学療法が遂行できた一例.  第115回日本精神神経学会学術総会,  新潟市,  2019/06
9. ◎宮内美貴子, 松井健太郎, 稲田健, 河野仁彦, 押淵英弘, 石郷岡純, 西村勝治: クロザピン使用者における耐糖能異常―本邦全例調査の結果より―.  第115回日本精神神経学会学術総会,  新潟市,  2019/06
10. ◎高野公輔, 小林清香, 富岡直, 中村菜々子, 花村温子, 満田大: 身体疾患患者および医療チームに関わる心理職の能力要件に関する研究
―心理職の視点からの検討―.  第38回日本心理臨床学会,  横浜,  2019/06
全件表示(26件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者